HOME

私の家庭菜園のページにようこそおいでくださいました、なにもありませんがよかったらホームページのほうも見てくださいね。

2016/11/27

畑に蒔いたガーデンクレス  ガーデンクレスの栽培

水耕栽培で断念したものの畑にスペースができたので種も余っていることだし蒔いてみた。
2016年11月16日に蒔いた種は11月22日には発芽していた、多分このまま成長するものと思う。
今後の成長経過はHPの畑の写真集に掲載することにした。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/24

富有柿の剪定  富有柿の収獲

11月22日に予定されていた柿の木の剪定は業者さんの急な車の故障で中止となってしまい翌日の23日になった。
9時ころに若いスタッフがやってきてすぐに作業がはじまった、既に柿の木はおおよその葉は落ちていて実も少ないこともあったが小雨がぱらつく中の作業ではあったが驚くほど速い作業時間で効率の良い作業ぶりだった。

昨年まで頼んでいた業者さんは中年の女性だったこともあったのか作業時間が格段に遅かったことを感じた。

今回頼んだ業者さんはネットで探しあてたものだったが満足のいく仕事ぶりで意外に良い印象だった、来年も頼むことにした。
このスタッフによるとこの木は病気に罹っているとの事で殺菌剤を施した方が良いとのことだったのでついでだったので来年の春ごろに殺菌剤を施してもらうことにした。

今回お願いした業者さんは庭クイックさんで値段もお手頃ごろだった。

収獲した実はたったの15個ほどでそれまで木に残っていた数個の実はほぼ小鳥たちの餌となりそれはまったく許せることだったがともかく通行人に盗まれえてしまったのがとても悔しくて許せない気分だった。
やはり若い枝についていた実は数個で数は少ないもののかなり大きく形の良いものがあり今までこんなに良いものは採れなかったのでうれしかった。

今年の我が家の富有柿は裏作。
又来年を楽しみにする。

クリックすると元のサイズで表示します

剪定後の柿の木

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/23

オクラの種を収穫した。  オクラの栽培

この時期になって2個ほどが鞘の軸までもが茶色く枯れてきたので採取した。
間もなく採取時期を迎える2個ほどもあるので楽しみにしている。
あいにく夕方で採光が良くないが撮影した。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/8

種になり始めたオクラ  オクラの栽培

ここ4,5日ほどでオクラの実の鞘が茶色くなり始めて種の様相をしてきた、2本ほどの鞘が色が変わってきたが他の実は未だ濃いグリーンのままでいる、昨日は立冬でここ2,3日でやっと冬らしい寒さが来ている、意外に種になるまでは時間がかかるものでこの先1っか月ほどたたないとすべての実が茶色くはならない様子。

2016年11月8日撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/6

富有柿の収獲・試し採り  富有柿の収獲

今年は柿は不作のようだ。
近所の柿も同じく全く実がならないものもある。
天候不順が原因だと思う。

それでも我が家の富有柿は数は超少ないがそれでも50個ほどはなっている、特に大ぶりの若枝からなっている実は数は30個ほどと少ないもののそれは優秀で形も市場に出回っているような本来の富有柿の形状をしていて大きさも直径8,9cmと大きい実となっている、しかしこの良い柿は若枝になっているもので高さも低くて手の届くほどの高さになっているものが多くて通行人が誘惑に誘われ思わず持ち去りたいと思う様な手が届く高さで地上から1.6mほどのちょうど良い高さもありでかなり盗んで行ってしまったものが多。
いわゆる世間でいう「柿どろぼう」である。
未だ実は青みがありもう少し木において赤みが増すのを待っているにも関わらす盗んで行ってしまい、私としてはとても口惜しい思いがして、盗まれるよりは早く採ってしまった方がましだと思い、手の届くところになっている実は全て採ってしまうことにした。

手が届かない少しに高めになっている実は残しておき木で熟成を待つことにした。

今月22日に庭師さんに来てもらい剪定を兼ねて実採りもしてもらうことにしてある。

親木になっている高い場所にある実は既に熟成していて赤みも十分で小鳥たちの恰好の餌となっていて一日中小鳥たちが来ている、小鳥たちは毎年この柿を楽しみにしている、通行人に盗まれるよりは小鳥たちの餌となった方がましなので、これ許せるというものだ。

親幹から出ている大ぶりの若枝、かなり数が少ない。

クリックすると元のサイズで表示します

未だ青みがある若枝から採った実

クリックすると元のサイズで表示します


少し高い所にある若枝になってる実、この高さでは小鳥立ちには人に警戒する低さで小鳥たちも実をついばみにくい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


親木全体の実、かなり少ないが良く熟していて小鳥たちが一日中来ている。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/10/2

いちじくが熟しはじめた  いちじく

6月22日に実がついているのを確認したいちじくがどうやら順調に成長したらしくて実も大きくなり熟し始めた、よもやこの実がここまで成長するとは思いもしなかったので喜びはひとしおだ。
間もなく収穫しないと実が割れてしまいそうな気配、ここ2,3日様子を見て収穫しようとおもっている。

2016年10月2日撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/10/1

オクラの種採りの準備  オクラの栽培

9月下旬からオクラの種採りの準備を始めた。
来年もまたこのミニサイズで鉢植えでも容易に栽培できる良質のオクラの種を採っておきたいと思う。
今日の時点で既に長特大サイズの実に成長していてに大きさは長さが17cm、直径が3cmほどの大きさにまでなっている。
このまま放置して実が茶色くなるのを楽しみに待っている。

収穫可能な実の大きさよりずっと大きく成長している種採り用のオクラの実。
左側の小さめの実が収穫サイズで右側の種採り用に残してある実より倍の大きさ。
2016年9月30日撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/9/20

ゼンターリ顆粒水和剤  レモン

8月に入ってレモンの害虫被害がひどいのでネットで検索した結果、ハマキ虫による被害であったことが分かった、新しく出た柔らかい葉がすべて縦に丸まってしまいそのうち葉のあちこちにしみのようなものができて虫食いが始まりやがて枯れてしまうといった現象だ。
そこでゼンターリ顆粒水和剤というハマキ虫にも効く殺虫剤を購入した、なるほど一か月ほど使ってみたがそれなりに効果も確認された、今少し朝晩涼しくなり、水に溶かして噴霧器で施すのも面倒になったのでここ一週間ほどは施薬をしていない、ままなく朝晩の気温が下がるようになればハマキ虫の被害も収まるものと楽観している。

クリックすると元のサイズで表示します

ハマキ虫の被害で新葉が丸まってしまっているレモン

0

2016/8/3

ガーデンクレスの栽培中断  ガーデンクレスの栽培

ガーデンクレスの栽培を中断した。
理由はべとっと底に溜まった魚系の肥料のようなものがこの高温の為に腐敗して腐敗臭を部屋中に放ってきたため、このまま放置しておくとますます腐敗臭が強くなりそうでゴキブリや蚋が集まってきそうな気配のので放置しておけない状態になるため。
それに蒔いた種の数量の割には発芽したものが少なく発芽率も良くない、こうした種に肥料をコーティングしたものはこの夏場の暑さには栽培に適していないものと思う。
冬場ならば又違うのかもしれないし、こうした水栽培でなく土に蒔けばまた違うのかもしれない。
いすれにしても今回のガーデンクレスの栽培は止むを得ず中断することにした。
0

2016/8/2

大きい花が咲くようになったオクラ  オクラの栽培

このところオクラの花が大きくなった、これまでは直径3cmほどでそれなりに実も小さかったがここにきて咲き始めているいるのは直径が8cmほどでそれなりに実も大きなものをつけている、今日まで実の収獲はほぼ2個ずつの収獲で6回ほどは収穫している。
葉も大きくなりこれからは大きめの花が咲くのかもしれない。


大きくなったオクラの花、後ろにある実は小さな花の実。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ