■ 飛騨高山の風雅陶器 〜 小糸焼窯元のBlog ■

飛騨高山の風雅陶器・小糸焼窯元のBlogへようこそ。
このページでは、日々の作陶の様子、やきものの話、
地元・飛騨高山の風景などをお届けします。

Koito Pottery ~"the Traditional and Modern" TAKAYAMA Pottery

www.koitoyaki.com

 
〜 土と火から、ちゃわんができる。、、、、、不思議ですね。
四季折々の自然の中で、その不思議さを感じつつ日々作陶に励んでいます。

小糸焼窯元 長倉 大 (ながくら だい)
 Dai NAGAKURA, Potter


風雅陶器・小糸焼窯元〜 Koito Pottery
〒506-0055 岐阜県高山市 上岡本町 1丁目136番地 ( 工房 / 直売店 )
TEL 0577−32−1981、フリーダイヤル 0120−34−1981
E-mail : info@koitoyaki.com

小糸焼窯元のホームページ、ご覧下さい
■ 直売店、「お店のブログ」はじめました。こちらからどうぞご覧ください ■

Profile:
’64 高山生まれ
大学で金属工学を学んだ?のち、
瀬戸でやきもの修業。郷里で窯元を継ぐ
趣味は屋根上りとお昼寝です。
This site is written in Japanese.
 Please see English page
about my studio. Click Here.


小糸焼窯元のトピックス


立秋も過ぎ、急に秋めいてきました。でも紫外線はとても強いです。高山にお越しの際はぜひ小糸焼窯元にもお立ち寄りください。

新しい方式の陶器のワインクーラー、出来ました!詳しくは小糸焼Web販売のページをご覧下さい。(画像をクリックしてください)



→特許取得済み
ワインクーラーのページ



小糸焼窯元では、ただ今、「スマホを捨てて、町に出よう!」キャンペーンを、こっそりと実施しております。

Studio D-N-Q

スタジオD-N-Qは、焼き物のさまざまな手法の追求や実験を行うために、小糸焼窯元内に作った「工房内工房」です。小糸焼とはひと味違ったテイストをご覧ください。
 →こちらからどうぞ

小糸焼ライブカメラと温度・湿度

小糸焼窯元工房から飛騨の里通りを望む景色と気温・湿度が見えます
   →画像をクリック!

飛騨の里通りの外気温と湿度
週間気温変化



飛騨高山天気情報

今日の天気
雨量レーダー
明日の予報天気
提供 CBC気象情報
■飛騨高山の天気は こちら■

飛騨高山への行き方

・自動車で、、
(到着ICは「高山」)

*高速道路優先サーチですので、必ずしも最適ルートとは限りませんのでご注意です。

関東方面からお越しの方は、到着ICを「松本」に設定し、その後国道158号線で来られると概ね良いと思います。
・鉄道、飛行機、船で、、

*「行き方ナビ」では、遠方では飛行機利用のみの結果が出る場合があります。陸路も含む案内は、
こちらをご利用下さい。

Misc

World Clock
Sun Light Map
Sun and Moon Rise/Set
time in central Japan
Click for Takayama, Japan Forecast
Solar Activity
Moon Phase
CURRENT MOON
Quotes

世界最大の映画祭

昔の記事

RSS

2016/8/19


、、というのはもちろん爆買い目当てです。

場所は、朝市で有名な高山陣屋前、


クリックすると元のサイズで表示します


左は高山陣屋・朝市、マツモトキヨシが入るのは、通りを渡ったアジアン雑貨(なんだよそれ^^)のビルです。

やがて終わるだろうとあらかじめ予想されていた爆買い、ド高いもの、たとえば10万の炊飯器とかトイレ(?)などの売れ行きががっくし落ちて、家電量販店ラオックスなどでは営業利益90パー減な現在、

、まあSKIIなどの化粧品、ドラッグ類なんかは良いんじゃないでしょうか。というか、そういう小物類に客がシフトしているそうで。

ということで、がぜんレーゾンデートルなのが高山市ですよ旦那。

いちばん観光客があつまる赤い橋のたもと(ここは自撮りがゾロゾロいて危なくてクルマではぜったい通りたくないところ)、マツモトキヨシが見逃すはずはありません。

中々面白いことになってきました。


⇒小糸焼ブログのトップへ

2016/8/17



そんなものないって^^



クリックすると元のサイズで表示します


このように、こちら山奥では去年よりも蜂の巣が多い、、ような気がします。毎日駆除に走り回っています。が、台風はまだ7ヶしか発生しておらず、この感覚的な感想をもってしても台風と蜂の巣に関係はないと言えます。

ある言いたいなら、科学的な証拠(ハイカラには「エビデンス」と言いますね)、出してきてみろって。


⇒小糸焼ブログのトップへ
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/241 
 
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ