〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2018/5/28

魚野川水系 ドライフライ  フィッシング

5月も間もなく終わります。
魚野川水系もご多分に漏れず、ドライフライに良い季節です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

週末宿泊の常連フライマンは翌週のためのリサーチ釣行で爆釣でした。

数ももちろん、大型が出ています。

ただし、流域によって水量に差があります。

来週末は「もつ煮込み」を仕込んでお待ちしてます!


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2018/5/27

スペイキャスティングスクールにお邪魔しました  フィッシング

今日は日曜日ですが、午前中から身体が空いたので、
ルアータックルのテストを兼ねて本流に出ました。

クリックすると元のサイズで表示します

10時半ごろにエントリーした下流部。
水温は14℃になっていました。

不注意から水没し、ウェーダーを脱ぐ羽目になったので、納竿(笑)

結果はバラシひとつ。

濡れた身体を乾かした後、アングラーズベンチ主催の
下澤孝司スペイキャスティングスクールにお邪魔しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりに会う人も多くいます。
好天の下、川原での談笑は楽しいですね。

内緒の魚野川情報交換もしました(笑)

また、アンティーズハウスもフライフィッシングイベントをやりたいものです。


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2018/5/26

美しい画像を残す魚の撮影セミナー魚野川のお知らせ 講師Gijie編集長  フィッシング

デジタルカメラだけでなく、スマートフォンのカメラ機能が向上したことと
SNS人口上昇で、誰もがフィールドカメラマンの時代です。

そんな中、実は、かねてから釣果画像を上手に撮る方法を
お伝えするスクールを開きたいと考えていました。

スポーツフィッシングを愛好する人は
釣果の撮影後、リリースすることでその釣りを完結する人は多いはずです。

せっかくなら、まるでプロカメラマンが撮るような画像を残したいですね。
フィルムカメラのころと違い、美しい画像を残すことは思ったより簡単です。

ところが、SNSなどにアップされる画像の一部には
「リリース後、間もなく死んでしまっただろうな」と思わせるような画像もあります。

例えば、、、

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはギリギリセーフでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

この画像は分かりやすいと思いますが、
いわゆる「眼が逝ってしまっている」画像です。

黒目が瞳の中央になっている写真の魚の多くは
リリース直後に泳いで行ったとしてもその後は生きていない可能性が高まります。

やり取りの過程やフックの刺さりどころ等々で弱ってしまい、
蘇生不可能なことも少なくはありません。
が、陸上げ写真や水温の高い岸際で撮影した写真など、
後天的要素で弱っていったのであろう、と思われる画像も多く見ます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これは僕の撮った画像ですが、顔をアップにしてみました。

僕はメカ音痴なので、必ずしも撮影が上手という訳ではありませんが
生気のある表情が画像の美しさに連動しているのではないかと思います。

不特定多数の人々に釣果画像を見てもらうことも多い昨今、
どうせなら単なる記録写真ではなく、
「綺麗な写真だね」と言ってもらいたいですね?

実は、ほんの少しの気遣いと工夫でそれが実現するのです。

20数年前、魚画像の撮影と構図に革命をもたらした雑誌「Gijie」
この雑誌が創刊されたころ、私はまずその構図に感動しました。

当時、「ギジー撮り」という言葉が産まれるほどだったのですが、
今回はその張本人である編集長を講師にお迎えしてセミナーを行います。

参加の方はストック画像のデータをお持ちいただければ、
プロジェクターで投影しての解説もしてもらいます。

美しい構図、撮影場所、魚を弱らせない方法等々を学びましょう。

■日程
8月4日(土)〜5日(日)

■場所
アンティーズハウス&魚野川水系

■参加費
8,500円(2食付、税別、講習費込)

■予定スケジュール

8月4日
18時ごろ集合(日中は魚野川で釣りをお楽しみください)
19時ごろ夕食
20時ごろ〜 座学・ストック画像から読み取れる改善点の解説、懇親会

8月5日
朝食後、フィールドへ移動し、実釣。
(移動途中に飲み物や昼食などを購入します)
釣果とともに撮影の実演と解説
各自撮影の実践

※14時ごろ解散予定

必ずしもカメラを持っている必要はありません。
スマホでの参加も歓迎です。

■お申し込み
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/book.html

025-783-3442

当日は一般宿泊も受け付けているので、セミナー参加の旨、お伝えください。

クリックすると元のサイズで表示します

ギジーをご存じない方は、書店などでどんな画像が載っているのか
参考のためにお確かめください。

お気軽な参加をお待ちしております!

2018/5/25

本流釣行から鮎放流  フィッシング

今朝は超大物レインボー情報があった場所へ向かいました。
お客さんに紹介しようと思っていたのですが、今週は大場所狙いの人がいないので、
自分でやっちゃおうと気合の早起きでした(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

田植が終わった田んぼも多く、米農家の繁忙期も終盤です

クリックすると元のサイズで表示します

早朝の水温は10℃ほど。
水位は、ほぼ平水です。

核心でヒットしたのは中型の岩魚。
でも、本流の大場所でこのぐらいの岩魚が釣れることはとても良いことです。

ランを探りきるには逆岸に立ちたいと思い、
車で移動している間に他の釣り人が入ってしまったので、
本格的な攻略は次回にします。

後ろ髪は引かれましたが、車に戻ると鮎放流の時間がせまっていたため、納竿しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今日はバケツリレーも

クリックすると元のサイズで表示します

今日放流した鮎は昨日より一回り大きく、放流直後から遡上しました。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は良い天気になりそうです。
夏日になるでしょう。


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2018/5/24

魚野川 鮎放流始まりました  フィッシング

本日、1回目の鮎放流をしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

6gほどの鮎幼魚
7〜8cmです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

7月15日にダイワ鮎マスターズ 上信越大会があるので、
みんな張り切っています(^^)

マスターズは当宿から5〜6分の流域が会場なので、
出場の方の宿泊も歓迎です!

放流動画
https://www.youtube.com/watch?v=BpQ6R5uZhfs


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ