〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2015/11/8

アイマトラウト新ルアー 完成しました  フィッシング

11月に入り、スキースノーボードの宿として
ウィンターシーズンへ向けて準備を進めている昨今ですが
先日、利根川でアイマトラウトから来年リリースするルアーの最終テストをしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはアムズデザインの開発部、カメラマンとプロアングラー辺見哲也氏。


さて、僕の本流ルアー釣りは「波」を探す釣りです。
川には表層の流れを見ただけでは分かりにくい流れが水中にあります。

以前、裏方としてお手伝いした
スカリ60ディープは沈下速度にこだわることで、
強制的にボトムにある緩い波=「底波」をとらえることを目的に作ってもらいました。

また、ウォブリングを極力抑える(動きすぎない)ことで、
レーンとレンジのキープをしやすくしました。

このパフォーマンスは本流の大物狙いに適しています。
現に僕の魚野川における大物釣果のほとんどは、これを使っています。

しかし、ときとして、沈下速度が速すぎると、
その不自然さから魚には見向きもされないことがあります。

そのため、スカリディープは魚がいると思われるところよりも
かなり上流に着水させ、魚が定位しそうな流速の底波をキープしながら流すことが理想です。
(キャスティングはアップクロスが多くなります)

無粋な言い方をするとエキスパート向けになります。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、今回のルアーは「底波」より「沈み波」を捉えることにこだわりました。
形状は60mmのスリムシンキングです。
ヘビーシンキングと言っても良いかもしれません。

僕の経験上、スリムミノーは魚からの「見切り」を
ファットなミノーより抑えられます。
しかし、市場でのスリムミノーは非常に選択肢が少なく、
しかもシンキングとなると、見たことがありませんでした。
(あるのかもしれませんが)


製作に当たり、技術者を泣かせた僕の要求は
・スリムシンキングであること
・水平フォールをすること
・タイトローリングアクションにすること  でした。

いくつものテスト品を断腸の思いでボツにしながら、
完成を一度はあきらめたものの、禁漁ギリギリの9月についに理想形ができ、
そして、完成しました。

水平フォールはゆっくりと沈むので、
より自然な流下を演出でき、波を探す釣りがしやすくなります。

スカリシリーズのようにテール重心の方が飛行姿勢が良いので、
飛距離を出しやすくなりますが、水平フォールにこだわったために
中央に重心を持たせました。
(とはいえ、使用感では飛距離も充分出ます)


僕の狙いは、本流トロ瀬の大場所でクロスからダウンに流し、
ブレイクラインに送り込む釣りに効力を発揮するようにしたつもりです。
その際にはレーンのキープとラインテンションの調整により、
ローリングアクションが生きてきます。

ミノーのパフォーマンスの主流となっているウォブリングが強いものは
このような釣り方をするとミスバイトや見切りが多くなると考えています。
そこで、ローリングアクションが欲しかったのです。

「ブリブリ」ではなく「ピロピロ」と、いう感じでしょうか(笑)
端的に言うと本流フライの流し方を模倣しやすくなっています。


また、今回はロングビルではないので、引き抵抗は少なく、
瀬のターンの釣りにもマッチします。
(ガンガン瀬の連続ターンにも使えます。)

クリックすると元のサイズで表示します

この画像は9月30日の最終日に魚野川本流上流部のガンガン瀬で
キャッチした岩魚です。
(ルアーは視認性を重視したプロト)

瀬のファーストリトリーブでは水面直下に近いレンジの釣りになりますが、
その際には動きにウォブも加わるので、アピール度が高くなります。

初心者にもエキスパートにもポイントによっても汎用性が高く、
ハイウォーター時の渓流にも効力を発揮すると思います。

スカリシリーズとこれを併用すれば
面白い本流ルアーフィッシングができるはずです。

カラーリングにもこだわって、10アイテム程度を製作中です。
今月中にはラインアップを公開できると思います。

20日にはカラーバリエーションも試すべく、犀川で撮影を兼ねて実釣する予定です。
どうぞお楽しみに!


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442








2015/11/11  13:42

投稿者:マスター
来週、行ってまいります。
そこそこサイズのヒレピンが出ればありがたいです!

2015/11/10  21:11

投稿者:M
おっ!犀川に出撃ですか。
自分も犀川では市販品を改造したこの手のミノーを使ってます。
犀川のスレたトラウトには華美なアクションより魚の目の前を
ゴミのように流れながら時折ギラッとロールするようなアクションが有効かと(^^)

開発中のこのミノー、期待が持てそうですね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ