〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2017/11/13

U's +Futures主催 魚野川ヤマメ発眼卵放流   フィッシング

週末は秋の恒例行事となったヤマメ発眼卵放流でした。

主催は4年前の夏に小出アングラーズベンチ池田さんの協力で
立ち上げたグループ「U's +Futures」

土曜日は当宿に前泊した18名と懇親会も行いました。

クリックすると元のサイズで表示します

深夜まで盛り上がります(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

そして、昨日の朝、当日参加の方々を交え、現場へ。
まず、内水面水産試験場から参加していただいた佐藤氏に解説をお願いしました。

クリックすると元のサイズで表示します

人口産卵床造成に必要な砂利集め

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

産卵床に適した場所を選んで河床を整えます。
河床を平らにした後、こぶし大の石を敷き、砂利を入れます。

クリックすると元のサイズで表示します

必要な石は大量なので、バケツをリレーして運びます。
特段、ここに人手を必要とするのです。

クリックすると元のサイズで表示します

発眼卵はすでに中で動いています

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

釣りビジョンでお馴染みのあの方たちも参加してくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

水中の様子
こうして砂利にパイプをうずめ、発眼卵を200〜300粒入れます。
その後、そっと上から砂利をかぶせて卵が流れないように埋没させるのです。

クリックすると元のサイズで表示します

完成

クリックすると元のサイズで表示します

そして、こちらも本番?
バーベキューの始まりです

クリックすると元のサイズで表示します

魚沼名物のホルモン

クリックすると元のサイズで表示します

焼きそば

クリックすると元のサイズで表示します

天然キノコ汁

クリックすると元のサイズで表示します

焼き鳥もあります

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

今年の参加者は50人を超えました。
集合写真に入り損ねた人もいたそうで、申し訳ありません・・

大所帯となった U's +Futures

ある初参加の人が
「今後は釣りに一層思い入れが深まる」と言っていました。

ご協力いただいた方の数には主催者の私が一番驚いています。

こういった活動が『釣り師のたしなみ』になる日は近いのかもしれませんね。

来期は発眼卵放流以外にも何か行えたら、と、考えています。

皆さんの中にも何か案があれば、是非、ご教示ください。



クリックすると元のサイズで表示します

画像の一部はU's +Futures広報担当で
フライフィッシャー・ライター・フォトグラファーなどで活躍中の
イッチーから拝借しました。


皆さま、寒空の中、ありがとうございました!
またお会いしましょう。


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ