Virginie Ledoyen et le cinéma français

女優ヴィルジニー・ルドワイヤンとフランス映画の話題をお届けします。
Un blog sur l'actualité de Virginie Ledoyen et le cinéma français

 

カレンダー

2017年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Webmaster
どうも、わざわざありがとうございます。このドロンのインタヴュー和訳は多くのドロンファンが本当に喜んでくれたので、やって良かったと思っています。今後も自由に引用して下さい。トムさんの記事も読ませて頂いてます。ドロン氏の映画の新作が見たいです。
投稿者:トム(Tom5k)
takagiさん、ご無沙汰しておりました。
当ブログの更新記事で「回想するアラン・ドロン:その6」の一部を引用させていただきました。
こちらのインタビュー翻訳記事は、本当に素晴らしいものばかりで、わたしの記事でこれからもたくさん引用・参考にさせていただきたいと思っていますので、よろしくお願いします。
では、また。

http://zidai.exblog.jp/
投稿者:Webmaster
このインタヴューでは代表作と言える多くの作品について、ドロン自身が言葉を寄せていますから、ファンならずとも興味引かれるものがありますが、反面自分の好きな作品が話題にならなかった場合はがっかりですね。僕は『ゾロ』や『レッドサン』などへも言及して欲しかったのですが、残念ながら話題にならなかったんですね・・・残り4回分も楽しみにしていて下さい!
投稿者:チェイサー
takagi様、今回もドロンさんの言葉の数々に感銘を受けました。ありがとうございました。『パリの灯は遠く』に関するドロンさん自身の熱い思いがよく伝わってきましたし、あまり私は名作とは思わないアントニオーニの『太陽はひとりぼっち』がドロンさんにとってもキャリアの中でさほど重要な位置づけには置いていないこともわかり、さすがだなと感じました。

http://blog.goo.ne.jp/chaser34
投稿者:Webmaster
コメディは苦手とコメントするドロンであるが、来年初頭に公開予定の新作は、正にそのコメディだ。ドロンの役はジュリアス・シーザー!!予告編を見よ!(ただしドロンは写らない)

http://asterix.cine.orange.fr/

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

SHOPPING

CONTACT

フランス映画人専属翻訳家 仕事ください
管理人へメール
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ