Virginie Ledoyen et le cinéma français

女優ヴィルジニー・ルドワイヤンとフランス映画の話題をお届けします。
Un blog sur l'actualité de Virginie Ledoyen et le cinéma français

 

カレンダー

2018年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Webmaster
「高校教師」には様々なバージョンがあってドロンが言う3時間の完全版を見たことがある人は少ないでしょうね。この作品の製作にドロン氏本人がどこまで関わっていたのかはちょっと解りませんね。裁判沙汰になったのであれば、このインタヴューで言及されてもいいような気もします。フランスではDVD化されていますが、完全版ではないようです。日本でも発売されていますよね?
投稿者:トム(Tom5k)
あっ、すみません。引用させていただいたのは「その1、6、9」でなく、「その1、6、8」でした。


http://zidai.exblog.jp/
投稿者:トム(Tom5k)
takagiさん、こんばんは。
またまた、当ブログ記事で、その1、6、9を引用させていただきました。
ところで、
>『高校教師』は大好きな作品だったがフランス版は薄められてしまったんだ。・・・映画もカットされたんだ。

とのドロンの言葉・・・古いキネ旬(「高校教師」公開時)では、ドロンが製作者である前提で、彼に対してズルリーニが抗議文を公表し、映画のフランス版フィルム没収を要求し、民事で争うとまで公言していたという記事を読んだことがあります。
このドロンの発言は、他のドロンのプロダクション以外のところで、短縮版、タイトル変更がおこなわれていたかのようなニュアンスですね???
その後の進展(事実確認などの)がどうであったのか興味のあるところです。
では。

http://zidai.exblog.jp/
投稿者:Webmaster
コメント、有難うございます。このインタヴューの和訳がまだこうして読まれているのが
確認できて嬉しいです。ドロンとドヌーブが共演したのは、メルヴィル監督の作品『リスボン特急』でしたね。ドロンはあの『8人の女たち』に出演依頼を受けていたそうですが、辞退してしまい、残念でした・・・
投稿者:紺ちゃん
アランドロンとカトリーヌドヌーブの愛のささやきを、探していてこのコメントに出会いました、彼の思い入れが大変興味深く再認識させられました。最近「サムライ」を観る機会があったのですが、私が若いときに観ていたらこの映画の良さが解らなかった気がしました。
投稿者:Webmaster
僕はこの作品見ていますが、正直あまり印象に残っていません・・・日本では豪華なBOX SET でDVDが発売されていますよね?機会があったら、再見したいと思います。
投稿者:チェイサー
『高校教師』をドロンさん自身がこれほど絶賛している文章を読むのは私の記憶ではこのインタビューが初めてです。ズルリーニ監督がドロンさんに出演依頼するに当たって、その時点でマストロヤンニに先に出演交渉していたことを正直に話した潔い態度が、ドロンさんの心の琴線に触れて出演を決めたというのがドロンさんらしくて感動的です。3時間バージョンもぜひ観て見たいです。

http://blog.goo.ne.jp/chaser34
投稿者:Webmaster
横浜にお住まいの方、これを見逃す手はありませんぜ・・・

http://www.institut.jp/agenda/evenement.php?evt_id=564

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

SHOPPING

CONTACT

フランス映画人専属翻訳家 仕事ください
管理人へメール
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ