2017/1/16

先週の献立:1/14~1/15  料理・献立

クリックすると元のサイズで表示します

寒かった!

岡本町はこの冬一番の寒さを記録しました(^^)

そんななか、ふだんはあまり出かけないかみさんが、どうしたことかお出かけ三昧。
そんな異変でまずます異常気象に・・・ちがうって(^^;

クリックすると元のサイズで表示します
■1月14日(土曜日)
年末の忘れ物をとりに港北IKEAへ。

ちょっと行くつもりが、かみさんの「あれもほしい」「これもほしい」「買いかえなきゃって思ってたのがあるし、ここなら買える値段!」爆発!

ってことで、まな板に電気スタンド、絨毯にテーブルセンターと気がつくと袋いっぱい。
逆に家の中の古いものがなくなりリフレッシュ。そんな高いもんじゃないし、これはこれでGOOD!

お昼は館内のレストランでランチ。
定番ミートボール、ベジタブルカレー、オードブル盛合わせ、チーズケーキ、コーヒーで2160円なり。すべてが1Fのフードマートで売っていて購入可能。

IKEAは食堂は”試供品展示場”とわりきっているらしくこの値段設定。すばらしい。
おもわずおみやげにシナモンロールを買ってしまった(^^)。

・朝食:白菜ぞうすい(昨夜の水炊きベース)、あたたまります。
・昼食:IKEA

クリックすると元のサイズで表示します
・夕食:たきこみごはん、白菜煮込み、味噌汁

どんどん寒くなってくるので早めに就寝

クリックすると元のサイズで表示します
■1月15日
この寒い中(寒いから?)、恒例”世田谷のぼろいち”。
とくに買うものはないけんど、ま、歳の風物詩ってことで(^^)

で、もう、こんでるこんでる。山手線状態。
最近は観光バスでやまのように人が来るし、外人さんも多い。

30年以上も行ってると、だいたいのみせは把握?してるので眺める程度。
昔はともかく、今は骨董はじめみなプロの店で”ほりだしもの”など無い(^^;
うまいもの、まともな食べ物も無い(断言)!

さっさと帰ろうとおもっていたけど、案の定かみさんがひっかかりまくり・・・って、何も買わないのですが・・・・気がつけば4時。

3時間以上も異常寒波の元で無飲食看破ってシャレてる場合じゃない。
ほんと頭痛くなりました・・・・帰宅して気絶(^^;

クリックすると元のサイズで表示します
・朝食:ひさびさに皆いるのでパン&チーズ
    ・デンマークチーズとブルーのピザ風
    ・IKEA特製シナモンブレッド(冷凍生地をオーブンで焼く)

クリックすると元のサイズで表示します
    ・チョコクロワッサン、ベーコンエッグほか
 
・昼食:朝が遅かったのでパス
・夕食:そば、かきあげ(OZEKI)、白菜の煮物(まだ出てる^^;)ほか

夜、TVで日本固有種を守ろう。外来生物駆除大作戦って番組をみる。
わたしには、どうみても純血主義、人種差別じゃなかった動物差別のジェノサイド(虐殺)番組にしか見えなかった。

ミドリガメ、カミツキガメ、草魚に雷魚、連れてこられた動物に罪は無い。
両親が日本人以外の外国人は”外来種”だから皆出て行けというのか?

いまやグルーバル化は避けられない現実だし、”まじりあう”のは宇宙とエネルギーの基本原則。

さてトランプさん、来週の就任後、現実どういう策をとるのでしょう?(^^;

  

2017/1/13

小さいけれど大きなニュース:横田空域と羽田空港  家族の話題

クリックすると元のサイズで表示します

トランプさんがいろいろ吼えてますが、ま、ビジネスでは「最初にガツン!」とやって、それから交渉で”折り合いを見つける”のは常套句。

政治の世界では”根回し”だの”わいろ(献金)”だったりするのでしょうが、時間ばかりかかる。ストレートでわたしは好きです(^^)

JapanTimes 1月11日の1面隅に面白いニュースをみつけました

東京オリンピックに向け羽田空港の国際線発着回数を増やすため、政府は米軍が管制権を持つ「横田空域」を通過する形で新ルートを調整していることがの10日、政府関係者への取材で分かった。米側は、実務者間での調整で飛行を了承している模様
(MACおじさん概約)。

詳細は東京新聞の以下をご覧ください。
横田空域についても分かりやすく説明されています

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017011090135732.html

横田空域は日本会議と同じくアンタッチャブルな案件。
このニュースを報道したのは

・東京新聞
・佐賀新聞
・北海道新聞

だけでした。

これだけでも日本のマスコミ報道は操作されていることがよくわかる事例。
トランプさんが「マスコミ批判」をして、それがメディアに叩かれていますが、はなから「なかったこと」にしちゃう日本のマスコミって何・・・????

いつもお話していますが、まだまだ日本は米国の占領国なんでしょう(^^;

*写真はMACおじさん撮影。転載不可

PS:何度でも載せます。
占領日本の実態を知りたい方は以下のキーワードをググッてみてください(^^)

・日本会議(第2次安倍内閣の閣僚19人のうち13人が懇談会のメンバー)

・フジヤマ会合、米戦略国際問題研究所(CSIS)

・日米経済協議会(Japan-U.S. Business Council)、U.S.-Japan Business Council,Inc.(米日経済協議会)

・日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく要望書(The U.S.-JapanRegulatory Reform and Competition Policy Initiative)、日米経済調和対話

・横田空域、日米地位協定、日米防衛ガイドライン

2017/1/12

おすすめ(しません?)映画:この世界のかたすみで  おすすめ本/映画他

クリックすると元のサイズで表示します

おすすめ(しません?)映画:この世界のかたすみで

【ばかやろーー度:★★★☆☆:よくわからん(^^;】
----------------------------
「ばかやろー度」は、まったく個人的採点による評価です(^^)★は5点が最高。
5つ★は「オレの時間と金返せ!」、4つ★「金返せ!」、3つ★「暇つぶしには最適」、2つ★「見て損はなし」、★ひとつ「是非!」、☆のみ「トイレに行く暇がないぞ!。最高!」
----------------------------


まずこれは反戦映画です。

終戦(敗戦)の玉音放送を聞いた後の、みなの「しょうがない」「おわったおわった」という消極的関心事にひとり

「さいごの一人まで戦うんじゃなかったのか!」

「竹やり持って玉砕するんじゃなかったのか!」

ほんわかした全体の中で、ここだけ人が変わったように慟哭する彼女の姿を明確に描いたことでそれがあきらかです。

ただ、全体に漂う

「戦争中もこんなもんだった」「家族は仲良く暮らしていた」「雑草食べて創意工夫で乗り切った」「生活は大変になったけど普通に生活してた」「戦後はなんとなく復興してしまった」

という描き方は、戦争を容認しているようで”反戦”がいまひとつはっきりしない・・・

若い人は「戦争って悲惨って聞いたけど、実際はそれほどでもなかったのね」って思いかねない。はたして、ほんとうに反戦映画として見るのか・・・。
このへんで☆を減らしました。

実は私、あれこれ3年ほど広島で生活してました。大学院が広島大学だったからです。

下宿していた先のおばーさんは原爆体験者(被爆者)でした。
一度、大学のアンケートで被爆体験を聞きに行きましたが
「話したくない、思い出したくない」と簡単に断られました。

広島時代、別なところでいろいろ悲惨な話を聞きましたが、とてもここに書けるものではありません。家族が、人が目の前で解けるんですから・・・・

沖縄でも同じような話を沢山聞きました。

今回「となりぐみ(配給組織)」の話がよく出てきますが、これも実際は非国民的活動をしている隣人を軍隊に通報するための「監視組織」だったそうです。

通報すると軍から食料がもらえたので、それほしさに「理由もなく隣人を売る」人も多く、結果死刑になったこともあったと聞くと・・・・戦争の悲惨さはこんなもんじゃないとも思えます。

沖縄では、「自決しない人を無理やり防空壕に閉じ込め爆弾を放り込んだ話」や「自決は天皇陛下の命令であると信じ汚れる前に自殺した女子高校(全員)の話」などなど、むちゃくちゃな話を多く聞きました。

けど、そんな話の映画だったら見ない!

若い人はもっと見ない!(^^;

金払ってまで嫌な思いしたくないもん。

そういう意味では”ほどほどの反戦映画”として成功し、「戦争のばかばかしさ」を多くの若い方々にみてもらったのは大いに評価されるべきと思います。

できれば米国で上映してほしい・・・・・・


さて、こんなあほらしい悲惨な"戦争に行かない"には二つの方法があります

1)戦争をしないこと

2)戦争になったとき、現場に行かなくてもよい立場(軍のえらいさん)になってお
くこと

”間違いだらけの会社生活”は(2)の視点でかかれていることをお気づきのかたも多いと思います。

なぜなら(1)はかならず起き、今回のように巻き込まれざるをえないからです。
311震災も、福島の原発事故も戦争のひとつです。

(2)は卑怯だと言う方もいらっしゃるでしょう、でも、わたしは”無駄死に”はいやです。
非難されようが批判されようが”いきのびる”ほうを選びます。

「いきてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ」(^^)


PS:「君の名は」がキネマ旬報2016のベスト10から漏れました。外国映画でもローグ1がはいってない。
商業的に成功した映画は娯楽映画なので評価対象外って"上目線”なんでしょう。

ま、すでに数千部しか出ていない衰退雑誌の評価など、レコードのない時代のレコード大賞と同じく時代遅れですが(^^;

2017/1/11

先週の献立:お正月備忘録編(2)  料理・献立

クリックすると元のサイズで表示します

ことし南九州は暖かかった。

最高気温が20度。最低気温が15度なんて日も
(帰る日の羽田の氷雨模様に震え上がる)。

今日はかみさんはじめGirlsは全員着物。
朝6時起床で化粧に着付けに大奮闘。

で、いつまでたっても脱がない・・・・・みせびらかしに城山観光ホテルへ。

運転手兼カメラマンはツライヨって、ま、みなきれいだからよいか(^^)


地方都市の良いところは
・”狭い範囲に集中している”から移動時間が少なくてすむ。だいたい車で15~30分圏内

・デパートもひとつだけ。専門店も少なく、商品購入に迷わない。
 ま、価格競争はそれほどないわけでもありますが・・・・・実際ほとんどの店は高校の同級・同窓だわ(^^;

・逆に選択肢が無い。
 トップが独走して二番手が大きくおくれる(もしくは無い)。
 ハイクオリティを選択すると・・・・東京のようにライバル店が存在しない。
 旅行者には良いが住民となると飽きる!

今回の店もおおいにその方向があるのですが、ま、かみさんや子供たちは旅行者だから良いか(^^;

クリックすると元のサイズで表示します
■城山観光ホテルの朝定食
俗にいう朝食バイキング

昨年、和食部門の”鯛茶漬け”が全国コンクールで準優勝。料理長は「なだ万」出身。
洋食部門のパン(20種ほどあり)も自家製で、ここは古くからあり何度も賞をとっている。

ということで、和食から、洋食、豚骨などの郷土料理、はたまたカレーに豚骨ラーメンと何でもある。そのクオリティが高い。

クリックすると元のサイズで表示します
名物の鯛茶漬けはもちろん、デザートのクオリティにびっくり!
焼プリンをはじめパティシエがきちんと作ったもの。

2500円(サービス込み、税別)ですが、コーヒーとケーキだけで元が取れると思います。
早起きして行ってみてはいかが(6:30~10:00、予約不可)(^^)

http://www.shiroyama-g.co.jp/stay/breakfast/

クリックすると元のサイズで表示します
■鶴鳴館 鶴屋のお弁当
鹿児島で京料理?

何店かある。開店当初は良いのですが、だんだん味が濃く甘くなる。
料理長の舌がかわるのか、そうしないと九州のお客はこなくなるのか(多分こちら)・・・

創業明治30年。老舗。
以前はホテルでしたが廃業。いまは仕出し専門。

お正月、親戚友人知人が集まったのでお弁当をお願いする。

ここだけは30年味が変わらない!
南九州で味わう京懐石もなかなか(^^)

http://cataering-kakumei.com/
*2段3500円。おわん付。食器はすべて陶器で重い。
 配達、回収すべてやってくれるので準備も後始末もなく、それ込みの値段だと思います。


ぱんぱかぱああああんん・・・それでは、今回の一等賞の発表です(いつから??)

クリックすると元のサイズで表示します
■鰻だウナギだ、末吉(すえよし)だ!
いつも書いてますが、東京の名店、ミシュラン掲載店はほとんど行きました。もちご接待(だって高いんだもん)。
出張も行きました、日本全国行ってない県、たべてない郷土料理はほとんど無いと思います(^^)

で、結論。
「ほんとうにうまいものは地元にしかない。
 鮮度だけじゃなく、素材のなにか大事なものが移動すると消えてしまう」

半分東京人として残念ですが断言します、ここよりうまい鰻丼は無い!

豪快に大盛の鰻(大隅産)をごはんと一緒に”わしわし”掻きこむ。

今日だけはダイエットのことは忘れる。
人生の幸せのかなり上位にいくと確信します。

https://www.pref.kagoshima.jp/ag01/sangyo-rodo/nogyo/syokuiku/suishinten/nav
i/kagoshima/wasyoku/unaginosueyoshi.html


さてさて、次回は父の一周忌。2月末。

はたしてだれが行くのか、なにが起こるのか、和解はあるのか・・・・

おまえはStarWarsかあああああぁ(^^;


2017/1/10

先週の献立:お正月備忘録編(1)  料理・献立

クリックすると元のサイズで表示します

ながらくお休みをいただきました。
家族で九州へ帰省しました。

12月31日〜3日はKAKERU2.0、4日よりGirls二人が入れ替わり、日曜日夜、帰京。
かみさんとほぼ10日間、あれやこれやの毎日。

人が多くて期間が長いと・・・トラブルも起きる。
古今東西、嫁と姑・・・etc

なんじゃかんじゃの調整含め、休んだのか休日出勤だったのかよくわかりませんがぁ・・・・喧
嘩はあっても掴み合いまではいたらず、特におおきな事故もなかったので・・・目的も果たせたことですし良しとしましょう(^^)

あれこれ書いててもご退屈でしょうから、今回は、ま、”こんなものを食べた”総集編ってこと
で!

クリックすると元のサイズで表示します
■おおみそかいえば定番かも鍋。
お刺身や、煮物といっしょに出てくるかも鍋。

クリックすると元のサイズで表示します
最後に蕎麦が投入され年越し蕎麦にはや代わり。で、このキャベツが旨いんです(^^)

それにしても今年の紅白歌合戦、面白かった。
どなたかいってましたが「豪華の無駄使い!」

椎名林檎&AYABANBIとPERFUME。
ナカタ組のひきいる両者のぶっとびはすごかった。
多分、その凄さはほとんど理解されていないと思います(^^;

感動したのはタモリさんとマツコさんの「田舎から出てきた地方審査員の夫婦!」
突然場面が替わって二人が出てくる、そのたび家族は毎回大爆笑。特に

「おとうさん、もうステージにたどりつかないから、アメ横でカニ買って帰りましょうよ」

「そうだな、マツバガニでも買うか」

「そんな、お正月はタラバに決まってるでしょう。で、おとーさんはいつも私よりたべる本数お
おいんだから・・・・・」

このくだりでわたし笑いすぎておなかいたくなっちゃった(^^)


クリックすると元のサイズで表示します
■お正月はおせちでしょう
やっぱ、いろいろあってもこうじゃなきゃお正月じゃない!

東京から、かみさんが山のように持ち込み盛り付け。

ことしのおとそは薫長(大分県日田)の生原酒。Girls大感激。甘くておしい!

クリックすると元のサイズで表示します
■初詣は照国神社
島津斉彬を祭った神社。天文館から”表参道(表記的には間違っていない?)”をあるいてすぐ。

下級武士、西郷隆盛や大久保利通の抜擢、溶鉱炉や軍艦の建造、海外・蘭学への精通など先進的
な名藩主のイメージがありますが、このかた生まれも育ちも江戸薩摩屋敷(品川)。

薩摩藩藩主になったのは後の話で、実はバリバリのシティボーイ!
だからこんなおしゃれな政治ができたんでしょう(^^)

クリックすると元のサイズで表示します
■天文館といえば白熊
子供の頃はただの食堂のカキ氷だったのですが・・・・大ブレーク。

いまでは食堂(2F)よりこちらがメイン。こじゃれた店に生まれ変わってます(^^)

白熊とマンゴー白熊。
むかしはもっと巨大で4人で食べきれないほど。それでも大きい!

雪のように軽くサクサク。そしてなかなか溶けないのが不思議???
こればかりはここでしか食べられない!

http://mujyaki.co.jp/

クリックすると元のサイズで表示します
■ケーキといえば”老舗明石屋の洋菓子部”
薩摩藩御用達銘菓「かるかん」の老舗明石屋(あかしや)が近年開業したケーキ店。

2代目が和菓子をモチーフにしたケーキを作ったことで有名に。黒豆、和栗、抹茶・・・・

で、実はこの2代目高校の同級生なんですが、「おい、ただ、グラマシーNYをぱくっただけだろ
」って言ったら・・・苦笑い(^^;

おしいです。生クリーム控えめで私も食べられます。そしてなんと、ケーキを買うと飲み物がつ
いてくる!。絶対お得。

クリックすると元のサイズで表示します
右は珍しいゴルゴンゾーラの塩ケーキ。
たしかに塩大福ってあったよな・・・絶妙。我が家のGirls 超推薦(^^)

www.akashiya.co.jp/
本店(山形屋横)、薬師店(鶴丸高校前)がお勧め

*続く


2017/1/9

ちょっぴり遅い謹賀新年  家族の話題

クリックすると元のサイズで表示します

あけましておめでとうごじます。

ようやく九州より東京へ戻りました。

皆様へは遅いご挨拶となりましたことお詫び申し上げます。


クリックすると元のサイズで表示します

本年も皆様にとりまして良い年であることを願っております。

今年もよろしくおねがいいたします(^^)

2017年 新春 MACおじさん

2016/12/29

間違いだらけの会社生活 第65回:最終回  間違いだらけの会社生活

クリックすると元のサイズで表示します
by 浦沢直樹(転載不可)

間違いだらけの会社生活を書くきっかけは、若い方が会社というものを多分に”良いほう”に誤解しているのをよく見かけるようになったからです。

たしかに激烈な就職活動を勝ち抜き、選びに選んだ会社でしょうから「ひいきめ」に見てしまうのは仕方がありません。

途中、ご存知の通り電通での過労死自殺もあり、その報道を見るたびに「ちょっとちがうんだよなーー!」との感を強くしていました。

企業の労働(雇用)の考え方と、就職(就労)する方の考え方に、誤解があるのはお互い不幸です。そんななか、ふと某大企業の経営者のことばを思いだし、このコラムをスタートしました・・・


「白い猫、黒い猫より、ねずみをとるのが良い猫」


会社はボランティア組織でも慈善団体でもありません。
それ自体が利益を上げることを目的とした法人。人格を持った「金の亡者」です。
それ以上でもそれ以下でもありません。

いや、最近はグローバル化がすすみ、国境、人種を超え、ひたすら利益追求のためだけに驀進する”歯止めのきかない恐ろしい化け物”にかわりつつあります。

いっぽう、働くことは人間としてマストです。
というか人類(生物?)創生のときから

「自分の食い扶持は自分でかせぐ」

これが大人になる条件です。ですから働くことはあたりまえのことです。
(そうでない人を「ごく潰し」と呼びます)

ただ、昨今の外的環境の変化は早く、かつシビアすぎます。
そんなかで自分のしあわせを見つけていくことは至極困難になっています。
で、行き着く先は「過労死」!


■労働時間の現実
先の電通事件にしても、企業での過労死など日常茶飯事。
表に出ないだけで、上場企業なら月一人くらいは普通の世界です。

考えてもみてください、普通に仕事をしていればお客様もあり、5時に帰るなんてことはありえません。
だいたい7時くらいまで仕事をして、納期や締日近くに休日出勤。その前後は9時から10時くらいまで残業する突貫作業が日常。

これだけで、2時間*20日=40時間+4時間*2日=8時間+休日出勤8時間で合計56時間。
私の感覚では、月80時間残業が一般的企業のほんとうの姿でしょう。

もちろん、80時間分の残業代がでるなんて上場企業でも夢物語。
当社では「ボランティア」、電通では確か「自主的自己啓発」と呼んでいました(^^;

会社には組合との36協定という残業時間制限規定があるので、これが上限。
普通は「裁量労働時間制度」で20時間固定、あとはサービス残業というのが実態です。

■「やりたい仕事につけるか」
わたしが自分でやりたい(会社に入るときこれがやりたい!と宣言した)と思う仕事に就けたのは35歳のとき。働きはじめて10年かかりました。

では10年が無駄だったかというとそんなことはなく、今思えば現場の仕事を覚える、仕事の変化に柔軟に対応する、自分の適性を確認するのに大いに役立ったのが事実です。

実際、波乱万丈の会社生活の中で、4人の子供を育て、いまでも現役ではたらいていられるのはそのおかげで、まったく関係ないと思っていた多くの仕事を経験させてくれた会社に感謝しています(^^)。

自分の思ってもいない仕事、コミュニティ(転勤)、次元(海外)に強制的に放り込んでくれるのが大企業の良さ。

逆に「これこそ私の一生の仕事!」と思ってる方には、すぐに実力を発揮できるのがこれまた中小企業の良さです。

■伝えておくこと:3つの真理とひとつの教え
これまで、会社員になるかたに、すでになって悩んでいる方に、親として子供たちに、私の35年間の会社員生活のノウハウを書いてきました。

1年のながきになりましたが、まとめてみると至極シンプルです(^^)


1)コントローラブルとアンコントローラブルを見極める
 ・アンコントローラブルなことにエネルギーを使わない

2)バーチカルとホリゾンタルを正しく選択する
 ・”太く短く”、”細く長く”自分の生き方を選択する。面積は同じしかない。

3)すべては”空”である
 ・宇宙の法則は完璧な乱数でできている。Nothing is written
 ・人生はロシアンルーレット


そして肝要なことがもうひとつ

「人間はこころからは分かり合えない」

そのなかで共有・共感するものをみつけることがコミュニケーションの基本であり
多様性を認めることが持続をささえる力となる by:平田オリザ

理解できない、交われないからこそコミュニケーションの努力をする。
「個」を尊重し、他者と交わることを意識し、「共有・共感」の世界をつくってゆく。

そして、ひと(個人)も、会社(法人)も、あなたのまわりをとりまくすべてのことにたいし

「すべてを理解できると思わないこと」by ジョン・キーツ



・・・・・ふうううぅ・・伝えたいことを伝えることができ、今ほっとしています(^^)


では最後をむかえるにあたり、若い皆さまに本当につたえたかったことを書きます。
じつはこの一言のためにこのコラムを書いてきたとも言えます。


☆☆☆☆☆「会社はたくさん、家族はひとつ」☆☆☆☆☆


会社はいくらでもある。替りがある。

あなたと家族はひとつしかない。替りが無い。かけがえのないものである。

ねずみをとって かつ自分も家族も大切にする猫になってほしい。


「猫はこびてもへつらわない」




【閑話休題そして追記】

先日、高校の同窓会がありました。

みな来年60歳で一旦定年。
上場企業の部長、役員、起業した社長etc・・・ま、同窓会ってのは成功したひとしか来ないので(^^;。

みなに聞いてみました。どうやったらビジネスで成功する????
ほとんど同じ答えでした


「会社に言われたことではなく、自分のやりたいことをやった!」


自分でやりたいことは、どんなに大変でも、どんな苦境に陥ちいっても

「必ずやりとげてみせる!」

ってドライブがかかる。自分の意思で行動する。自分のためだから!

そう、台湾番外編の言葉をおもいだしてください



「真剣に働いている人の目は、野生の動物のように生き生きとしている

 働かされていると思っている人の目は、死んだ魚のように濁っている!」



------------------------------------------

長い間のおつき合いありがとうございました。
皆さまどうぞ良いお年をおむかえください!

*29日より冬休みにはいり、お正月は一人残った母に会うため家族で帰京します。
 アップできる日があれば、ぽつぽつと適当に(^^)
 1月10日前後から再開の予定です。よろしくお願いいたします。



2016/12/27

おすすめ(しません?)映画:スターヲーズ ローグ・ワン  おすすめ本/映画他

クリックすると元のサイズで表示します
おすすめ(しません?)映画:スターヲーズ ローグ・ワン

【ばかやろーー度:☆☆☆☆☆:今年みた中で最高の映画!】
----------------------------
「ばかやろー度」は、まったく個人的採点による評価です(^^)★は5点が最高。
5つ★は「オレの時間と金返せ!」、4つ★「金返せ!」、3つ★「暇つぶしには最適」、2つ★「見て損はなし」、★ひとつ「是非!」、☆のみ「トイレに行く暇がないぞ!。最高!」
----------------------------


スターヲーズ全作品(7作)のなかで、ひょっとして最高かもしれない!

サイド・ストーリがこんなに気合はいってて良いのだろうか?
本編より素晴らしいんじゃないか?。来年の”れいちゃん”は大丈夫か・・・(^^;

とにもかくにも是非見に行かれることをお薦めします。
スターヲーズを見たことのない方でも充分楽しめます。それほど完成度が高い!

話は4章(1作目)の印象的シーン、フォログラフの中でレイア姫が「重要な情報をR2D2の中に格納しました。このロボットをどうか連合軍の基地まで届けてください!」というくだり。

R2D2が持っていたのは「デススターの設計図」。無事たどりついたR2D2を前に、司令官が

「この地図を入手するために多くの仲間が犠牲になりました」

って、あの話(^^)

すばらしかったところをいくつか(ネタバレになるといけませんので多少抽象的に)

・脚本が素晴らしい。
 多くの新しい出演者が登場するので、最初「わけわからん状態」になるのですが、最後はちゃんとまとまります。ご安心を

・映像がすばらしい
 戦艦どおしの戦闘やXウイングの戦闘シーン。フアンなら「こんな場面が見たかった」、「こんなシーンがあればなああぁ」ってのが全部はいっている。全部入り!(^^)

・適度なわかりやすさ。
 いまどき(更に未来)、地図のデータログがハードディスクってことはありえないよな・・・っと突っ込まれるのは判ったうえで「あえてする」勇気。

 こんなんが多くのシーンであります。突っ込みどころ満載。
 でも、だからこそ普通の方でも逆に「直感的にわかる。そして共感できる」。
 これはすごい!

・フォースが出てこない
  いくつかのシーンはありますが、実質的にフォースの戦いは無い。
 
 「フォースがなくったってスターヲーズは作れるんだ!」

 この気概が映画の全てを支えている。だから名作(^^)

・ダースベーダが出てくる!
 やっぱですね、スターヲーズといえばダースベーダとあのテーマ曲。
 出てきた途端、画面が引き締まる。こりゃ歌舞伎の世界

「まってました、死星(デススタ)屋!」おもわずおひねり投げちゃう(^^;

・音楽の素晴らしさ
 基本ジョン・ウイリアムズのテーマに則ってますが新しい曲も多数。
 一方、これまでの7作を尊重し、同じようなシーンでは同じ曲が流れる・・・彼女の父の死の場面では、4作ルークの育ての親の死の場面と同じ曲が流れる。
 細かい、そしてフアンをぐっとつかむ。

・多くの日本映画へのオマージュ
 共和国軍の主役は7人(おとーさん含む)。そう7人の侍。
 他にも、「座等市」「隠し砦の3悪人」「ラピュタ」などなど多くの名作のシーンが・・・(^^)

今回、作品の映像、音楽のクオリティが格段に良い(ロンドンフィルのオーケストラパートがきちんと聞ける)ので、良い映画館で見られることをお薦めします。

最後に大サプライズがあるのですが・・・多分この数秒のカットがあった(CGかも?)から、この映画製作がスタートしたのかもしれない(^^)・・・映画をお楽しみに!。

PS:ハリソン・フォードのあの名せりふもちゃんと・・・・「I have a BAD feeling!」・・・・探してみてください(^^)


2016/12/26

先週の献立:12/23~12/25 備忘録  料理・献立

クリックすると元のサイズで表示します

3連休でした。

クリスマスだというのに日中20度、暑い!
娘が「クリスマスパーティ用に新調した服が暑くて着られない!」と嘆いております(^^;

来週末は帰省の準備で忙しそうなので、今のうちに用事を済ませておこうとバタバ
タ。
バタバタしないはずなのに「バタバタ」

どうなっとるんじゃあああああぁぃ・・・・・・

■12月23日
8月の車検で指摘され延び延びになっていた車の整備、近くのイエローハット用賀店にお願いする。

これまでの整備工場に見積もりをとったら「あまりにも高い!」。
いくら今年10年選手だといえ、どうみてもぼったくり。しかも店は9時5時で土日休み。
車検に通るだけの整備と代行手続きだけお願いする。

この車、あと数年で廃車予定(実家に父の買った新車がある)。
もうこの整備工場とも縁が切れても構わないしぃ・・・(^^)

てなわけでイエローハット。すぐ近くにあった。
いやはや良くできている。

・電話で時間と整備内容の予約をする:土曜日の12時にきてくれとのこと
・車で行くとピットに案内される。
・受付すると担当者が売り場に連れてってくれる

「今の車に合うのはこの棚のこれです。
 高いのはこれですが、いま特売でこれが安いです」

オイル、オイルフィルタ、バッテリー、ワイパーブレードを選ぶ。
安いのを選んでも”おこられない!”(^^;

締めて21,524円なり。整備工場の半額。

清算が終わればピットに送られ取り付けしてくれる。
金額には整備費と廃棄料が込み。

途中でピットから電話!

「タイヤだいぶ磨り減ってます。
 今なら年末決算価格で安いです。
 あと、今ブリジストンですので、ヨコハマタイヤに替えていただければメーカキャッシュバックで更にお安くなります。もうリフトアップしてますので交換料も安いです」

いくら?

「35,384円です!」

「1本?」・・・・「いえ、4本で工賃、廃棄料込みでええええす」

「まじかよ・・お願いします」(^^)

てなわけで、車、けっこう新品になってしまった。
車検もやってくれるとのこと。こりゃもう少し乗るかあああああぁ・・・・ぼろだけど・・・マンダリンで笑われたけど・・・・

・朝食:いつものシリアルヨーグルトほか
・昼食:カレー
・夕食:クリスマスカナッペ大会&ケーキ

クリックすると元のサイズで表示します
■12月24日(土曜日)
ワインの飲みすぎで少し頭が痛い(^^;

いつものように起き、コーヒーを入れ音楽を聞く。
スピーカーを対向法にして部屋が広くなった。

音はそれほど変わらないが、スピーカーが離れている分さすがに小さな音だとまとまらない。
ま、そのうちなんとかなるでしょう。オーディオは邪魔にならないのが一番

午後から実家の仏壇横に置く棚を買いにIKEAへ。
なかなか良いガラス棚。7999円なり。二つ買う。

で、これを棚に取りに行ったところ”重い”はんぱなく重い!
ふたつで50kgは確実にある・・・・これを車に積んで帰って、宅急便屋に持ち込んで交渉して・・・乗せたり降ろしたり・・・気が遠くなる。

字の通り「腰が重い」(^^;

で、聞くと配送してくれるという。
見積もってもらうと九州まで26000円!
本体より高いじゃんかよと思いつつも、これからの作業を思うともうお願いするしかない!

はい、頼みました。
ぎっくりごし予防費だと思って(^^;

で、思わず「全ての用事が済んだ」のでうれしくて舞い上がり、「クリスマスキャンドル1000円」をどこかに置き忘れる・・・・だめじゃん!

・朝食:サンドイッチ
・昼食:IKEAでアイスとコーヒー
・夕食:カナッペの残りとスモークサーモンサンドほか

クリックすると元のサイズで表示します
■12月25日(日曜日)
どうもどこかで風邪をひろったみたい。

体が重い(飲めない酒の飲みすぎという説も)
かみさんにマッサージしてもらいお昼寝。
いつものように早起きしたが、午後から横になる。すこし良くなる。

夕飯のビーフシチューができたところで、かみさんと二子へ散歩。
パタゴニアが新店舗開店。そういえば子供たちは良く着た。とにかくよく持った。

で、店員さんがたまたまカナダのウイスラー(スキーのメッカ)にいたとのことで、カナダ話で盛り上がる(^^)

せっかく山を降りたので、新しい東急ホテル30FのダイニングBARで一杯。
スパークリングワインとクランベリーカクテル。
やっと子供に開放されたんだなああああぁ・・・とかみさんと感激!。

そこまでは良かったんだど、家に帰ってお風呂に入ると、これがぬるい。寒い。
一気にかみさんが、いやおかんが、すいませんベタで・・・・悪寒がかけめぐる(^^;。

夕食もそこそこに布団へはいってバタンキュー。

ええええっと、なに食べたんだっけ・・・・・(^^)




2016/12/25

メリークリスマス from 岡本町  家族の話題

クリックすると元のサイズで表示します

メリークリスマス!

恒例の家族のクリスマス カナッペ大会

クリックすると元のサイズで表示します

全員が成人した昨年あたりから、ジュースからリカーへ
好きなものをすきなように

クリックすると元のサイズで表示します

かみさんの大好物スモークサーモンは黒パンといっしょに

クリックすると元のサイズで表示します

ことしのワインは長野ヴィラデスト メルロー2010.
玉村さんとこの初めてのビンテージ。

毎年届くうちの一本。長野のワインの木を思いながら乾杯!

クリックすると元のサイズで表示します

チーズ盛り合わせ。
ハーブクリーム、ブリ、チェダー、ブルー(これだけケース入り^^;)ほか
瓶はニシンの酢漬け

クリックすると元のサイズで表示します

最後はやはりケーキでしょう(^^)
おなじみ定番、グラマシーニューヨーク。


今日の恵みを感謝し、健康であることをよろこび、

今日食べるものと、寝るところのある幸せが世界中のすべての子供たちにあらんことを・・・・

かみさま、サンタ様、日本のクリスマスはもう良いから、シリアにいってあげてください(^^)





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ