●蝶のインデックス><●蝶撮影総括:2016年, 2015年, 2014年, 2013年, 2012年
■最近写真を追加したチョウ: 【蝶-12】ウラナミシジミ(10/1)【蝶-17】チャバネセセリ(10/1)【蝶-112】クジャクチョウ(9/16)【蝶-11】ヒメアカタテハ(9/16)【蝶-84】シータテハ(9/16)【蝶-74】オオウラギンスジヒョウモン(9/16)【蝶-64】クロアゲハ(5/20)【蝶-45】アゲハチョウ(5/7)

2017/12/9

【蝶日記】小笠原保全講演会  蝶日記

■ 2017.12.9 多摩動物公園
今日はオガサワラシジミの保全に関する講演※を聞きに多摩動物
公園に行ってきました。講演会に申し込むと入園が無料となるた
め、ついでにチョウの温室にも寄るつもりでしたが、世の中そん
なに甘くなく、講演が終わった時刻には閉館していたのでした。。。
パンフレット

多摩動物公園では2005年から生息域外保全※を担当し、累代飼育
に向け試行錯誤を続けてきたとのことで、その苦労話が報告され
ました。
※自然災害などで現地の個体が激減した際に、現地に放すための
 個体を育成する保険的取り組み

<概要>
2013年までの取り組みでは交尾に成功したのは2回と少なく、食
草にかぶせる吹き流しのサイズや、成虫を放つ温室のサイズを変
えるのみでは、安定的に交尾を成功させるのは難しい状況であっ
た。また大温室は大きすぎるので実験には不向きであった。そこ
で、同じころ、ツシマウラボシシジミの繁殖に成功しつつあった足
立区生物園で実験を行うこととした。その理由は、ツシマウラボ
シシジミでの実績と温室のサイズがチョウを放つに充分広く、そ
の後チョウを回収することを考えても広すぎなかったため。
実験の結果、♂がテリ張りの体勢に入ってから♀を放つ(予め吸
蜜させておき、♂の目の前に持って行って脅かして飛ばせる)こ
とにより、交尾を成功させることができた。この時、テリ張りを
している♂が♀を追う時の飛翔が、実験回数と共に徐々に直線的
になる(要は上手になる)様子も観察され、この経験をもとに、
2016年、多摩動物公園に新たな温室を新設、テリ張りから交尾成
立に適した空間を再現し、♂12匹、♀9匹を放つ実験において、
9ペアの交尾に成功した。2017年12月現在、7世代目の幼虫を育
成中とのこと。

いやー、素晴らしいですねー。チョウの温室に放たれる時期は未
定とのことですが、是非一般公開してほしいです。

クリックすると元のサイズで表示します

※マメ知識:多摩動物園は17時閉館の際、昆虫館は16:30に閉館
 となる。。。知らなかった。。。
0
タグ:  講演会

2017/11/25

【蝶日記】晩秋のチョウ散歩  蝶日記

■ 2017.11.25 立川&国立市
ムラサキツバメに会いに立川の公園と矢川の緑地を散策しました。
1週間前にも来たのですが、曇って気温が下がってしまい不発だっ
たので、曇らないように祈りながらの散策です。いつものポイン
ト付近で娘がムラサキツバメを見つけてくれました。GJです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ムラサキツバメ

その後、国立市に移動。ムラサキツバメは見かけませんでしたが、
ヒメアカタテハ(未撮影)、ルリタテハなどに会えました。

クリックすると元のサイズで表示します
ルリタテハ

クリックすると元のサイズで表示します
ウラナミシジミ

クリックすると元のサイズで表示します
モンシロチョウ

クリックすると元のサイズで表示します
ベニシジミ

クリックすると元のサイズで表示します
ハト

クリックすると元のサイズで表示します
スズメ

クリックすると元のサイズで表示します
キセキレイ

■ 2017.11.11 青梅市
天気が良かったので青梅市の木の多い公園を散策。ムラサキシジ
ミに会えました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ムラサキシジミ

■ 2017.11.5 草花丘陵
今年最後かなーと思いつつ、いつものフィールドを散策。新鮮な
ツマグロヒョウモンがいてびっくり。その他ウラナミシジミやア
キアカネっぽいトンボにも会えました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ウラナミシジミ

クリックすると元のサイズで表示します
ベニシジミ

クリックすると元のサイズで表示します
ツマグロヒョウモン

クリックすると元のサイズで表示します
キタキチョウ

クリックすると元のサイズで表示します
モンシロチョウ

クリックすると元のサイズで表示します
ヤマトシジミ

クリックすると元のサイズで表示します
アキアカネ?

クリックすると元のサイズで表示します
サギの一種

クリックすると元のサイズで表示します
イソシギ

というわけで、今年出会ったチョウは106種類になりました。
今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

・前回の蝶日記は:秋のチョウ散歩三連発

1

2017/11/18

【蝶-140】オオミスジ  生物写真(主に蝶)

オオミスジはその名の通り大きなミスジチョウです。初め
て見たのはオオムラサキの産地でしたが、最初はオオムラ
サキと思って目で追ってました。飛び方と翅の形が違うの
で。「?」と思って、更に目で追ったところ、木の陰に止
まったのでようやく写すことができました。また会えるか
と思い掲載を躊躇していましたが、その後会えていないの
で一旦掲載とします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2014.7.26 北杜市長坂町

年1回発生(6月−8月) 越冬は幼虫
食草はバラ科のスモモ、ウメ、アンズ、モモなど

[蝶140、タテハ37]

1



AutoPage最新お知らせ