中年オヂさんの、呟き転じて人生備忘録となる・・・      なお、画像の無断転用はお断りします。

2017/8/17

−5000円?  泥沼より

定価から−5000円・・・こう聞くと皆さんは…

おっ!

ですよねぇ?

アタシもご多分に漏れずそう思い、ついポチっちゃいました(汗)

クリックすると元のサイズで表示します

で、届きました。

クリックすると元のサイズで表示します

ふむふむ…

クリックすると元のサイズで表示します

4両目!



で、何処が−5000円かって?

クリックすると元のサイズで表示します

↑これ!

リベットが、たった1個欠けているだけです。気にする人は気にするんでしょうねぇ・・・ありがたやありがたや(糞爆)


故あって、Assyパーツを追加で買おうと思ってKATOのHPを覗き、車体のみで税込8100円の価格に半分諦めていましたが、まさかの出会いに思わず…

ポチっとな!


しか〜し、そうは問屋が卸さない! 

アタシの思ったモノが微妙に出来ない事が判明し、のっけから躓いちゃいました。
不良在庫を増やさないためにも、アレを作っちゃおうかなと絶賛妄想中!


これは、神様の悪戯か?
それとも矢印のしっぽが生えたヤツの陰謀か?

それより、陽の目を見るのか??(糞爆)


2017/8/13

懐かしの急行型電車…  泥沼より

最近、コレに嵌っている方がいるので、そっと背中を押しておきます…



早く見たいなぁ(糞爆)

2017/8/7

クモハ12がやって来た!  泥沼より

天○堂の“アレ”を購入するつもりで貯めていた500円玉貯金…
KATOからクモハ12の発売予告が出た後に、これがクモハ資金に早変わり。

そして、遂に開缶の日がやって来ました!

クリックすると元のサイズで表示します

開缶して中身を数えると、予想以上の金額に思わずニンマリ。

クリックすると元のサイズで表示します

ハルバル父さんの如く硬貨を袋に詰め込んで、早速F模型店に赴き予約していたブツを引き取って来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ウチに帰って早速眺めてみます。
出来はエェですねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します

DT−11台車は、少し立体感に欠ける様にも思えますが、これは使えますね。
使い道は今の所無いけど、Assyパーツを頼んでみようかな?


クリックすると元のサイズで表示します

Assyパーツと言えば、コレを発売予告と同時に複数個頼んでます。
まだパーツは届いていませんが、製品から幌枠を外してクモハ41に恐る恐る重ねてみます…

クリックすると元のサイズで表示します

爪穴の形状は微妙に違いますが、修正できる範囲内…

クリックすると元のサイズで表示します

微妙に幌枠の幅が狭いのですが、これなら使えます!
プロジェクトUの車両達のグレードアップが出来ますね。見た目は殆ど変りませんが…(汗)



今回入線したクモハ12は勿論、『プロジェクトU完結編クモハ12027』になる予定ですが、もう2両は…(謎)

ま、とりあえず箱に戻して戸棚に入って頂き…

Good night!(糞爆)





2017/8/2

食堂車を作ろう・・・8  工作室から

今週は久々の3連休だったので、家族が留守であることをいい事に、塗装ブースを引っ張り出して、食堂車と寝台車の塗装を行いました。

クリックすると元のサイズで表示します

仮組をバラして塗装の準備。

クリックすると元のサイズで表示します

今回、初めての『ぶどう1号』に、色調など心配がありましたが、結構エェ感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

床下を黒色、食堂車の車内は散々悩みましたが、マシ29の車内はRMライブラリーのカラー写真からクリーム色に、スシ28は木製の仕切でニス塗であろうから黄かん色を塗ってみました。
この色については、色々悩みましたが、敢えて明るめの色を塗ってみたのですが、窓ガラスを入れて完成させたら、どう見えるのか…

クリックすると元のサイズで表示します

塗装後にマスキングテープを剥がす瞬間…これが一番緊張します。

今回は塗料の吹込みもなく、塗膜もゆず肌にもならず、まずまずの出来でした。

クリックすると元のサイズで表示します
マシ29
クリックすると元のサイズで表示します
スシ28
クリックすると元のサイズで表示します
ナハネ10

再度仮組を行い思わずニンマリ… なかなかエェ感じに出来てきました。

完成までは、まだまだ道半ばと言った所ですが、インレタを発注して秋までには完成させたいものです。

2017/7/24

食堂車を作ろう・・・7  工作室から

暫く足踏み状態だった食堂車の製作・・・

室内をどうするか悩んでいましたが、とりあえず見える仕切だけをと思い、1mm厚のプラ板で作ってみました。

さて、その仕切り板ですが、床板に付けるか車体に付けるかで迷うところですが、塗装後の嵌め込みも考えて、使い分ける事にします。

クリックすると元のサイズで表示します

床板に接着するのは、調理室だけです。
喫煙室及び専務車掌室の部分は別ピースで作り、塗装後に両面テープで貼り付けるものとします。こうする事で、センターピンの逃げを確保する事が出来ます

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

そして、車体には倉庫部分を接着します。

図面を参考に扉の表現等も考えましたが、色々考えるうちに時間ばかり過ぎてしまうので、走れば見えないので、あっさり省略しました。

仕切を付けただけでも、見えない筈の反対側の窓が見えなくなり、印象が変わって来ました。

食堂の机は、塗装後でも取付は可能なので、うまく量産できる方法を考えましょう。


次は、いよいよ塗装です!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ