2007/7/4

楽器のお値段  ホルン

■20年近く前初めて買ったホルンがアレキサンダー103MB。当時の価格で80万円程度でした。今、同じ物を買おうとすると120万するようです。同様に?先日まで80万円台だった、憧れのウィンナホルンYHR-601が、一気に120万円台に跳ね上がるそうです材料費の高騰や手間賃によるものだそうですが、だいたい、製造物の値段はほとんどが人件費ですから、詰まるところ、作るのが面倒ということなんでしょうか?この値段では、ちょっとウィンナホルンをやってみよう!と思う人がいなくなります。実用品から嗜好品の部類に入ってしまいます。ウィーンフィル・ホルンを救ったのと同じメーカーとは思えません…。
0



2007/7/6  17:53

投稿者:massy

最近買われた方がご自分のブログに601Dの写真を貼られています。それを見ると、はっきり傾いてました目

2007/7/6  17:21

投稿者:あらぎゃわん

オーダーされましたか。
それはすごい。
Wヤネシッツスタイルでしょうか楽しみですね。

2007/7/6  12:51

投稿者:massy

120万なら諦めますよね。
よかったぁ…オーダーしておいて(^^)

2007/7/5  12:39

投稿者:あらぎゃわん

もうあきらめるしかないかもしれませんなぁ。

2007/7/5  12:21

投稿者:massy

ただ飾っておくだけの嗜好品としてなら、いくら高くても何も言いませんが、実際に吹いて楽しむウィンナホルン愛好家が増えて欲しい身としては、この価格設定には嫌悪を抱きます。
シングルホルンなのにヤマハのホルンで最高級品の部類に入りますし、(たぶん)世界で一番高いウィンナホルンと言うことになりますから。

神のお告げ、実は数ヶ月前に聞きまして。
年明けには披露できるかと思います。

2007/7/5  7:39

投稿者:パブロン・カゼデス

けっこうなお値段ですが、弦楽器と比べるとそれほどの金額でもない気もします。
JAOとか行くとヘッケルのファゴットとか、金のフルートを吹いている人も見かけるし...
値上がり前にさっさと買いなさいという神様のお告げかも....

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ