2012/7/15

第1回「AT in 福井」開催  

去る1月22日、大阪で行われたアレクサンダー・テクニークのワークショップ。

自身にとって初めての参加。そして、バジル先生とも初対面。

出張もやっています。」

帰り際に聞いたこの言葉に僕の中の何かが反応。。。そして。。。

およそ半年後の7月14日、午後12時過ぎ、バジル先生と僕はヨーロッパ軒総本店で福井名物ソースカツ丼に舌鼓を打っていました(^^)

福井でのワークシップ開催、特に、音楽家に限定したという点でおそらく初めてのワークショップ開催は、意外なほどリアクションが良く、とんとん拍子に事が進み、2日連続開催というおまけまで付きました。

まず、14日午後からは、仁愛女子短期大学にて音楽学科の学生8名(Pf,Fl,Cl,Vo)さんに短い講座。

バジル先生の一言、そして、手

それによって劇的に素早く良くなる学生さんの音に「おお〜」「すご〜い」「変わった変わった」大きな感嘆の声が上がりました。

バジル先生のテクニークのおかげですが、決してマジックなどではなく、音を良くしたのは皆さん自身なんですよね。

あまりにもあまりにも劇的な変化の連続で、会場の好奇心は鰻登り

講座が終わってからも、先生のところに歩み寄ってくる学生さん。

この辺のおとなしさが福井っぽいのですが(「もっと早よ聞かんか〜い」)

一泊していただいて、15日は大人の部(Pf,Vn,Vla,Cb,Fl,Tp,Hr)。クリックすると元のサイズで表示します

音を出すなら良い部屋でやりたい。

僕自身のこだわりから、福井交響楽団が練習会場として使っている、ハーモニーホールの練習室1を会場にしました。

大人数の集団レッスンということで、進行は手探り状態。

終わってみれば「行き当たりばったり」感が少しあり、立案者としては大いに反省しました

でも受講者の皆さん、特に、個人的に見て貰った人たちは抱えていた悩みから解消されたようで笑顔(^^)

その顔を見て、反省すべき点は沢山あれど、嬉しい思いに包まれました。

ちょっと前までは、自分が上手になりたくて、上手な人たちから刺激を受けたくて、県外へ一人で出かけていき、JAOや国文祭やワークショップに参加してきました。

でも、最近、年のせいか(笑)、ちょっと変わってきました。

「自分の周りを上手にしたい。」

個人の楽しみに閉まっておくよりも、それを周りに広めていく方が自分の楽しみがより大きくなることに気づいたからです。

例えば、2番ホルンさんの音がどんどん良くなっていること、僕自身、とっても嬉しいです。

だってそうじゃないですか!ハーモニーもユニゾンもより豊かな響きになっていくわけですから。

他の管楽器も弦楽器もどんどん音がよくなっていったらオケの響きはどうなるだろう、と想像すると、興奮してしまいます

音楽家の皆さんが素晴らしい音をコンサートで奏でてくれる

返ってくるものは、言葉に出来ないほど大きいのです!

第2回、やりますよ!

皆様、どうぞご参加下さい。

そして他人の喜びも共有していきましょう!

4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ