2014/2/9

連れて帰りたかったもの☆  生活

日本へ本帰国が決まったら、これだけは買って帰りたいと思ってたものがありました。
それがこれ↓
クリックすると元のサイズで表示します
アルザス椅子です。
背もたれの部分にはいろいろなデザインがありますが、私はこれが一番大好きです。

ネットで個人がいらなくなった物を売るle bon coinというサイトがあります。
そこで見つけ、出品者と連絡を取って実物を見に行き、気に入ったら買うというシンプルなもの。

実は私、こちらの日本人ママさん会の方のお宅へお邪魔した際、そのお宅に置かれていたbanc de coin「角用ベンチ椅子」に一目惚れしまして・・・で、上記のサイトを教えてもらい、ここ最近ずぅーーーっとサイトとにらめっこしておりました。
毎日「今日はお目当ての品が出てるかなぁ〜」なんて。。。
欲しかったものはそのベンチ椅子(椅子の座席部分に収納スペース有り)とテーブル、更にアルザス椅子が付いてたらなお良し!という実に注文の多い私・・・。(たまにあるんです!こんなすべて揃った素敵な品物が!実は少し前にも見つけて連絡を取ったらすでに売れてた・・・ってこともあったりなんかして・・・。)

でもジーーーッと待ってたかいがありました!
お目当てのものすべてそろった品が出品されて、大慌てで連絡を取りましたよ!
サイトの写真がちょっと見にくくて品物の状態が心配でしたが、実際に品物を目にしたらもう興奮!!!
ベンチもテーブルもいい状態だし、アルザス椅子が私の一番好きなデザインの物だったしで即買い・・・。
出品者との連絡や品物を見に行くまでのワクワクドキドキ、更に見た後の興奮で帰りの車の中で疲れきって頭痛まで引き起こした私・・・。精神的に疲れたみたい。
いろいろね、心配しちゃうんですよ。連絡を取るのに「私のフランス語がちゃんと通じるかなぁ〜ちゃんとしゃべれるかなぁ〜」「出品者さん、いい人だといいなぁ〜」「品物の状態がいいといいなぁ〜。ってかボロボロだったらどうしよ・・・また探さなきゃ。」とかね。
いやなんでそんなに心配してるのって?海外に住む日々夫婦なんてこんなものですよ。
言葉の壁って本当に結構ぶ厚くて高いです・・・。
私、この6年半の海外生活でハッキリわかった事があります。
「女は愛嬌」って言うでしょ。
海外生活の女性、しかも日々夫婦の奥さんは「女は度胸・根性」です。
何度も心が折れる事がありましたが、グッとこらえて前に進むしかないんですよね。。。
旦那さんがフランス語を話せる方ならいいですけどね、うちは無理。
そしたら自分が動くしかない!しかも自分がどうしても手に入れたいものなら尚更頑張るしかないもんね。

今回このお目当て通りの品物を手に入れられた運は、頑張った6年半の海外生活へのご褒美だと思ってます。
私、えらいぞ・・・お疲れさんwww
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ