母の日  家族

毎年誕生日、母の日には息子夫婦からプレゼントが届く。
「いいのに・・・」と思いながらも
「今年は何かな〜」
と、つい楽しみにしてしまう。

母の日の前夜、息子から

オーダー枕もってる?
母の日のプレゼントにしたいんやけど

とメール

とっさに

そんな高価なものはイランよ
セレブ生活してるわけでもないし
オーダー枕はイランから

と返信してしまい息子の気持ちを
逆なでしてしまった。。。

翌日の母の日に、花キューピットで
アレンジメントフラワーが届いた

クリックすると元のサイズで表示します

いろんな思いがあり
風呂場で泣いた。。。

老いては子に従え
ができない性分は
やはり母に似てしまったんだろうな

半面教師にしてきた母なのに
母に似てきた自分が嫌になる。
0

子は親の背をみて育つ  ひとり言

昨夜は中秋の名月で孫から「お月様きれいよ〜」と電話がかかってきました。

娘は節目節目の行事ごとをとても大事にしており、「親が子供に経験させてやる」
ということを徹底しています。

昨夜の夕食はベランダで、手作りの団子コロッケを月見をしながら食べたらしい。

仕事&育児&家事で大変なのに、ホンといつもマメにして立派です。

幼稚園の一部のママ集団からは「一人っ子だからできるのよね〜」
みたいな嫌味を言われ、傷ついて泣いてしまうこともあるけど、
精神的にも強くなったと思う。

ママ集団って、個人で接してる時には普通なのに、集団になるとボスママの影響か?
いや〜な集団になってしまうみたい。

子供は親の背をみて育つのに、ママ集団は自分の意思に反して?ボスママの言動に
右へならえ〜なんだから。

きっと数年たったら後悔する。

集団でおしゃべりする時間があるなら、自分の子供にもっと目を向けてやればよかった。と



0

プラチナエイジ  夫婦

お昼のドラマは滅多にみないんだけれど、最近かかさずみてるのが「プラチナエイジ」

主演の榊原郁恵さん・池上季実子さん・宮崎美子さんが三者三様の妻を演じており、なかなかいい味をだしてます。

60歳前後の夫婦の生き方を描いているけど、若干現実離れしているところも面白い。

今日の宮崎美子さんのせりふで
「失ってみたから変われる」

ドキッとした・・・。

私がいつも思っていることだから。

私は50代後半だけれど、周りの友人・知人が別居してるとか、仮面夫婦とか、離婚した話とかをよく聞く。

たいがいは宮崎美子さん扮する和子のような不満が原因らしい。


生活の心配はないけれど、夫が敷いたレールの上にのっかってるだけ。
夢も楽しみもない・・・これからは好きなように生きたい。というのが和子の言い分。


わからないことはないけれど、波乱万丈を経験した夫婦なら鼻で笑ってるかもしれない。

そりゃ今まで子育て・仕事(専業主婦も含む)・家事に頑張ってきた妻は、男の人のように飲みに行ったり、自分だけのためにお金を自由に使ったりしないで、子供と夫を優先させてきたからだろう。

けど、そんな波風たたない生活を維持していくことも、波乱万丈を経験した妻は
平凡に生活している人が羨ましい・・・と考えてると思う。

経験しないとわからないもの。

失って変われるのは、後悔と反省があるからだと思う。

今日のストーリーで純一が
「60代の夫婦は感謝の気持ちが流れている」

なかなか言えない言葉だけれどジーンときた。

感謝という言葉が60歳の誕生日に言ってもらえるような妻でありたいけれど、
なかなか重い言葉です。。。

0

たかが金魚されど金魚  ペット

10年以上前に卵からかえった最後の1匹、赤から白に変身した我が家の金魚。
10日前に死んでしまいました。

2日の夕方、何となく水槽に目をやると金魚が水面に横たわって動いていなくて、
びっくりして指でそっと触ると、少しだけ口をパクパク。

ポンプがつまっていて酸素がとまっており、仮死状態でした。

慌ててポンプの管をはずして口元にあててやると、数分後に口をパクパクしだした。
1時間その状態を続けてやると、ひっくり返ってエラ呼吸しだした。

ポンプを掃除して、水を半分かえてやり、底にたまっていた餌をネットでとってやると、ひっくり返りながらもひれを動かしポンプのそばで必死に呼吸しだした。

クリックすると元のサイズで表示します

赤っぽいウンチも出したので、何とか生き返した・・・と不安ながらも、23時まで見守った後就寝した。

翌朝6時に目覚めると、夫が「残念ながら金魚ちゃん・・・」

と言ったので水槽を見にいくと、水面に横たわってピクリとも動かなくなっていました。

そのままにしておくのが嫌だったので、すぐに裏庭を掘り、埋めてやりました。

土をかける前に「ごめんね・・・」と言うと涙がでた。

私がもっと早くポンプのつまりに気がついてやれば・・・急に水が濁ったこともわかっていたのに・・・。

娘は寿命や、と言うけれど
息子も生き物はいずれは死ぬ、と言うけれど

自分の不注意でもっと生きていただろう命を絶たせてしまい、しばらく落ち込んでしまった。

たかが金魚 されど金魚 
0

あと一日  ひとり言

明日でやっと精神的ストレスから解放されます。

というのも、お隣さん(身内ですがあえてそういいます)が,
外壁と屋根のリフォームで2週間嫌な思いをしました。

詳細に書くと、我が家のことがわかってしまうのですが、身内でありながら他人以上に他人。
ということがよ〜くわかりました。

普通ならこういう配慮があるのに・・・と自分の価値観で考えると腹立たしい。 

だからお隣さんに対しては考え方・接し方を変えることにしました。

身内だと思うから腹がたつ。ならば他人と思えばいいんだ。
他人なら、非常識なことをされたら関わらないし疎遠にもなれる。

こんにちは おはようございます

この2パターンの挨拶だけしていれば、何が起きても無視できる。

そうしよう。。。


0

久しぶりです!  

6年ぶりに一時停止していた「しあわせの木」をあけてみました。

娘のことでいろいろあって、ブログを閉鎖していました。

世の中には匿名のブログ主をつきとめて、その内容を着色してあらぬことを言いつけたり、陥れたりする人間がいて、娘がその被害にあい、親である私のブログを悪人に利用されたら・・・と思い閉鎖しました。

でも、おかげさまで、娘は新しい土地で家族3人幸せに過ごしております。

娘家族を陥れた人間を、いまだに許せないけれど、娘が笑って過ごすことができるようになったのも、汚い人間のおかげ。。。

こうなる運命だったにちがいない。

恨んで生きていくよりも、おかげさまで・・・と感謝して嫌なことは忘れよう。


0

我慢ではなく辛抱  家族

 暗闇の日々を送っていた娘に、ようやく光がさしてきた様子。

結婚して1年5カ月・・・笑ってるよりも、泣いて電話してくることのほうが多かった。

恋愛中はあんなに大切にしてもらったのに、一転して孤独の中に放りだされて、毎日が針のむしろだっただろうに・・・。

娘が泣きながら言っていた。
「ママには悪いけど、もしMがいなかったら、とっくに死んでいた」って。。。

私もそう思った。一番支えてほしい夫に、厳しい言葉を投げられ、子供がいなかったら生きていなかっただろうな。私自身も経験したから、娘の言ってることがよ〜くわかる。

だからこそ、娘には強くなってほしかった。

幸せにしてもらいたい、ではなく
幸せにしてやるんだ。

いつまでも「守ってほしい」「幸せにしてほしい」では、母親になんてなれやしない。

娘からしたら、辛い時だからこそ理想論ではなく、優しく愚痴を聞いてほしかっただろうに。厳しいことしか言わない私に、逃げ場がなかっただろうに。

我慢は不満がたまって爆発するけれど、辛抱は転機を運んでくれるもの。

ピンチはチャンス。



0

まっいいか〜  買い物

 1か月前に動かなくなったマッサージチェア・・・。5年前に購入した直後から大きな音がしたりして、調子が悪かった。

1年前にエアーがまったく使えなくなり、それでも「まっいいか〜」で、夫がマッサージチェアに毎朝座るのが日課だった。

動かなくなって1か月。肩こりがひどい夫は修理にだしてほしそうな顔をしていたけれど、中古車ぐらいする高額電化製品。修理代のことを考えると簡単に決断できない。

迷いに迷って、マッサージチェアのメーカーHPから、メールで現状を相談してみた。

担当者の方から、すぐにお返事をいただき、どこの部分が悪いかをリモコンの液晶で表示できることを教えてくれた。

すぐに指示通りにしてみると「エラーNO10」と液晶に表示された。メールで連絡し、修理日時の電話がかかってきて、修理者が今日来てくれた。

5.6万を覚悟していたが、担当者の方がいい方?だったのか、3万きっかりの見積もりだったので、そのまま修理してもらった。

約1時間、フット部分を全部交換し、本体のベルトも5か所交換、両サイドプレートも交換。人間だったら大手術だ。

購入した直後の状態より良くなった。・・・修理者に、実は5年前に展示商品を半値で購入したことを話すと。

テレビ・マッサージチェア・冷蔵庫など、店舗で電源が入った状態で展示している商品は、1日中電源が入ってるので、どんなに安くなっていても購入しないほうがいい。本体に傷がなくても中の部品の消耗が激しい。

とくにマッサージチェア・テレビは一般家庭の6倍の消耗・・・とのこと。

確かにそう言われてみたら、そうなのよね〜
量販店で買っても、5.60万はするマッサージチェア・・・それが半値より安くなっていたし、ちゃんと点検をしてカバーも新品にして納入する・・・と販売店の人が言ったから、その甘い言葉を信じてしまった。

結果的には3万の出費で、半値プラスアルファの割引は結局チャラどころか、病弱状態のマッサージチェアが売れて、喜んでいたのは販売店のほうだった・・・というわけ。

部品の消耗が激しいことを隠していた量販店に腹がたつ。
買い物上手を自負する私も、今回だけはいい勉強させてもらった。

気をつけよう。甘い言葉とおまけの値引き。
0

不安な日々  家族

 母の手術・入院生活は終わったけれど、娘から電話・メールがくると、いまだにドキドキしてしまう。

また何かあったのか・・・

電話の第一声を聞くまでがドキドキ。
何とか前向きにやっていけそうだけれど、私の肩はずっとぱんぱんに張ってるし、時々後頭部に激痛が走る。更年期?

自分のことなら、自分自身が辛抱なり努力をしていくけれど、娘・息子・親・きょうだいのことになると、本人次第で状況が変わってしまう。だから自分の悩みよりも辛い。

不思議なもので、夫のことで悩むことのほうが楽になってる。

私は何のために生まれてきたんだろう・・・って、思うと悲しみがどっとくるけれど、他人からすると「幸せ」そうに見えるらしい。

それでもいいか・・・と今日もプラス思考で乗り切れた。。。
0

変身  ペット

4年前に卵からかえった我が家の金魚。100近い稚魚がいたけれど、4年たった今は2匹になった。

金魚の寿命は知らないけれど、水槽の中にたくさんいた頃は、けっこう追いかけっこしたり、えらをつつき合ったりして弱い金魚は次々に死んでいった。

残った2匹は強かったのか?金魚に聞いてみないとわからないけれど、2匹になってからもつつき合ってはいた。

ある時、1匹の金魚の体が白っぽくなってきた。病気かな・・・死んでしまうだろうな・・・と夫と話していたら、赤い金魚が白い金魚に変身してた。

クリックすると元のサイズで表示します

白く変身してからは、2匹のつつき合いはなくなり、いつも仲良く寄り添っている。

クリックすると元のサイズで表示します

弱肉強食のような厳しい世の中で、生き残るためには強かさが必要なのかもしれない。攻撃は最大の防御・・・ではあるけれど、相手を傷つけたら何らかの形で自分自身も傷ついてるはず。

きれいごとではあるけれど、やっぱり自分の心が変われば環境は変わり、環境が変われば周りが変わる。

自分の価値観を否定されると、今まで積み重ねてきた自分の人生を否定されたようで辛い。頭ではわかっていても心が納得してくれないから変れない。

金魚のようにいっきに変身できたらな。
金魚に教えられた。
0

進化するMちゃん  家族

早いもので、孫のMちゃんも9日で7カ月になった。8日の夜に、娘が「Mが立ってた〜!!」とびっくり写メを送ってきた。

本人は何がなんだかわからないで、急に目線の位置が変わったから、きょとんとしているだけ。

子供は日々進化・成長しているけれど、大人になると頭で考えることが多くなり、なかなか成長できない。

純粋・無垢なMちゃんを見ていると、人が何を言ってもなんと思われても、この可愛い顔さえ守ってやることができれば、どうでもいい。



Mちゃんに救われた。
0

母の入院  家族

 孫の結婚式前に、重症貧血で救急車で運ばれた母。
輸血をして我が家の近所の病院で診察してもらい、これからは自覚をもって生活改善をしていく、と言っていたのに・・・また救急車で運ばれて・・・入院&手術。

今まで何度同じことをくりかえしてきたのだろう。
我が母ながら情けなくて悲しくなる。

年金もなければ生活保護を受ける気もない母。
「生活保護を受けるくらいなら死んだ方がマシ」
とプライドの高さだけは立派。。。

息子2人が収入のない母の面倒をみているのに、自分の生活態度を指摘されると逆切れする母。

「お金を出してるからと息子や娘に偉そうにされ、何のために生きてるかわからない」

母の口癖

弟たちは、そんな母でも寛容で優しいけれど、娘の私は、今まで傷つけられた母の言動を思い出して、さらに傷ついてしまう。

なんでこんな母の元に生まれてきたんだろう

何度そう思ったことか。
そのたびに弟から諭され、納得しないまま自分の傷を「我慢」という薬でふさいできた。

そんな時、弟の婚約者からメールがきた。
父の葬儀で一度しか会ったことがないけれど、温かい文章だった。


病人を抱える家族は、つらく、大変なものです。
私は一年半前の父が倒れた際に、そんな思いを体験しました。

一人で東京出張に行ったときでの出来事でした。
心肺停止・意識不明・ICU・・などといった恐ろしい言葉の情報のみしか入らない状況で、心配、不安な思いで東京へ駆けつけました。

 
見ると無残な姿。朝、行ってきます、と普通に出かけたのに・・・。
全身、チューブと管だらけ、人工呼吸器、大きな機器に繋がれ、信じがたい状態でした。
意識、反応もなくそんな状態が五日間ほど続きました。


ようやく意識が戻ったあとも、脳に障害が残っていないかを心配する日々が続きました。
なんとかその問題も乗り越えられた後も、私は心配な思いが消えることはありませんでした。
 
家族みんなは、退院できるまでなって、やっと安心、喜びました。
私の消えない心配というのは、その後の生活についてでした。命拾いしたのも、通報してくれた人や
救急隊員、病院の人たちのおかげでした。

家族はだた生きて、生きてと願う思いだけで、お見舞い、看病しました。“命拾い”という言葉だけあって、
意味正しくないかもしれませんが、拾われた命だと思うのです。人から拾い届けられた命です。
本人の生命力、運もあるとは思いますが、意志とは関係なく助けられたのです。

 
今まで好き放題、何にも縛られることなく自由に生きてきた父でした。これから人生復帰して、タバコ厳禁お酒も以前のように飲むことは許されません。

倒れる以前に私は、父に聞いたことがありました。タバコとお酒飲まれへんようになったらどうする?と。
返事は、死んだほうがマシ、生きてる意味ない、楽しみない、と言っていました。

これを聞いたことがあったので、私は元気になったからこそ心配でした。
実際生きる楽しみをなくしてしまったのです。本人曰くのですが。

ですので、けっこう大変でした。何十年も吸ってきたタバコの禁煙、控酒、機嫌の悪い日々が続きました。
それでも家族で支え、入院当時の大変な話(本人は記憶にないので)を聞かせ続け、
どれだけ大事に思っているかなど伝えました。

それが通じたのか、なんとか禁煙して一年半。今はもうどうでもいいわ、と言っていました。
お酒は、質より量から量より質、という飲み方へ移行して若干我慢してもらっています。
飲めない分、吸えない分、食事が美味しくなったみたいで以前より量が増え、それとともに体重も増えてしまいましたけどね・・・。

 
お母様を想う気持ち、お兄様のお手紙を読んで私もまさに同じように感じ、思い、願ったことを思いだしました。

自分のことはあまり自分では分からないもので、他人の思いはなかなか伝わらないもので、難しいものです。
 
でも、あのお手紙や、家族みんなの心配、少しずつでも伝わっているのではないでしょうか・・。
それを信じ、願っています。

そして、治療に専念し、少しでも早く復帰されますように・・。



弟の婚約者は、お父様の病気が原因で、拒食症になっていた。最近になってようやく仕事に行けるようになったらしく、食事も少しずつだけれどとれてる様子。

弟がどん底で苦しんでいる時に、支えてくれた彼女・・・と弟から以前聞いたことがある。
だから彼女が拒食症になってホルモンバランスを崩し、ウツ状態になっても、彼女と別れなかった弟。

お互いが、どん底にいる時に支えてもらった・・・そんな思いがあるから、二人の絆は動じないのかもしれない。

若い人に教えられた。。。
0

油断大敵  家族

今朝、娘と電話で話し中の時、突然
孫のmちゃんの鳴き声がして、娘の悲鳴。。。

mちゃんが、ベッドの棚に置いていたタバコ(お婿さんの)を食べたらしい。
娘は泣きながらも、すぐに口の中のタバコをとりだし、母乳を与えたら
タバコのニコチンが溶けてしまう、ととっさに判断。

念のために病院に 連れていき、大事には至らなかった。

生後6カ月になったmちゃんは、ハイハイするようになってから、一時も目を離せなくなった様子。

クリックすると元のサイズで表示します

今までにも危険を感じたことはあったものの、今回のように命にかかわるような
ことがなかったからか、タバコの置き方が無頓着だったみたい。

私と電話をしていて一瞬でも目を離した娘も、タバコを置いていたお婿さんも
親として猛省したらしい。

そういえば、私も息子に一生の傷を残してしまった経験が。

好奇心旺盛な3歳の頃の息子が、カミソリが入ってる箱を開けて、
親指を深く切ってしまった。
泣きながら救急病院に運んだっけ。。。

以来、私はカミソリを購入したことは一度もない。

子供の怪我・事故は親の責任。
親の油断が子供に怪我をさせてしまう。
0

恐るべしブログ  ひとり言

久しぶりのブログ更新。
ブログをしている意味がわからなくなって、もうやめるつもりだった。

ブログがあるから、家族が自分の心の中を言葉で発信しなくなるし、
ブログがあるから、友人にも近況を知らせたり、会ったり
しなくなってしまった。

芸能人でもそうなりつつある。
ブログを通してファンに近況をリアルタイムで発信するから、
芸能レポーターはブログチェックをいかに数多くできるか、で
昔のように突撃取材なんてしなくなってる。

不特定多数の人が見るから、匿名ブログがほとんどだけど、
中には悪意をもって、そのブログの主を突き止める人もいる。

ネットは便利だけれど、使い方を誤るととんでもないトラブルに巻き込まれてしまう。

実際、娘は匿名ブログを地域の人に突き止められて、

「あそこのお嫁さんは、すごいことをブログで暴露している」

というふうに、噂話に尾ひれをつけて、
同居の両親、お婿さんの兄弟の耳に入れられ
離婚問題にまで発展している。

娘のブログを直接見たわけでもないのに。

私は基本的に人の噂には惑わされないけれど、噂話というものは
悪意をもった内容が多い。
にもかかわらず、心が弱い人は噂話に惑わされる。

腹立たしいよりも、情けない。
0

ご無沙汰してます!  ひとり言

 しばらくブログ更新をする気になれなくってご無沙汰しておりました。

父の納骨
息子の婚約
娘の里帰り

・・・と家族の行事が続き、気がつけば年度末。

娘のベビーももうすぐ誕生で、9月には息子の結婚式です。
桜が満開になる頃には初孫誕生で、新しい年度は笑顔で過ごしていけそうな。。。

芸能人の離婚会見と、政治家の涙の続投表明で、嫌な気分になっていたけれど、WBCの優勝で、ほんの少しテレビ画面が明るくなったような。。。

今日は寒の戻りで、じっとしてると寒いです。

雨が降ったかと思えば日差しが差すし、お天気まで明暗を繰り返しているのかな?

イチロー選手のようになれたらいいのだけれど。。
0




AutoPage最新お知らせ