2017/4/23  0:22

あたし、アンジェリュス!解消に時間のかかる気持ちがあるの。  

あたし、アンジェリュス!アンジュ!
割り切れない気持ちがあったっていいじゃない。
気持ちって、物じゃないの。
物理的に処理なんてできないのよ。
処理に時間がかかって当然よ。

やり切れない気持ちがあったっていいじゃない。
気持ちって自分のものなの。
誰かにどうにかしてもらおうと思わずに、自分で解消するしかないのよ。

子供って、その場その時で気持ちを終わらせることが多いの。
だけど、いろんなことを経験すると、時間がかからなきゃ解決できない、解消できない気持ちってたくさんあることに気づいていくの。
そんな気持ちをたくさん抱えることが、大人になるってことじゃないかと、あたし、思うの。

解消しにくい気持ちって、悲しみや苦しみや後悔やいろんな気持ちが複雑に絡み合っているの。
それを解きほぐすと、少しずつ楽になっていくの。
大人の感情って、単純じゃないのよね。



クリックすると元のサイズで表示します

2017/4/23  0:22

あたくし、テレーズ!相手に要求するよりも。  

あたくし、テレーズ!
人間は、とかく自分を他人に投影しがちです。
ですから、他人の気持ちを大切にするようにと言う人を見ると、あたくし、この人は自分の気持ちを大切にしてくれるようにと他人に要求しているのかなと、勘ぐってしまいます。

自分の要求を自分のものだと口に出せない人は、多いです。
自分のことなら言えないけど、人のことなら言えるという人は、たくさんいます。

あたくし、他人にこうしろ、他人にこうした方がいいと強く勧める人を見ると、それはその人の願望なのかと疑ってしまいます。
他人にそうした方がいいと言うことで、自分のできなかったことや自分の失敗したことを気持ちの中で解消できるのですから。
特に、相手より上の立場に自分を置きたい人は、他人に何かを勧めることで、自分は経験者だと誤魔化すことができ、自分が出来ないものを隠し得るのです。

あたくし、他人にとやかく言うよりも、まずその前に自分の願望を自分で認めてはいかがかと思っていますが。

子供を育てている方、上司や先輩、教師と呼ばれる方は、相手に何かを要求する前に自分の中にある願望に気づいていただきたいと、あたくし、思っております。



クリックすると元のサイズで表示します

2017/4/23  0:21

俺、ウィンウィン二世!同情すると。  

俺、ウィンウィン!
自分は体が悪い、自分は精神的に弱っているなど、自分のできないこと、弱さを強く主張する奴には気を付けろよ。
自分をかわいそうと思わせて、相手を操作しようとする奴がいるんだ。
相手の同情心を動かして、自分の都合のように相手を利用する奴がいるんだ。

親は、子供が弱いと、何かしら子供のためにしてあげようと考えるだろう。
子供は、そのような親の気持ちを利用して、自分の都合の良いように話を持っていくんだ。
そして、わがままに振る舞うことが当然だと思い込んだ子供は、親が思い通りにならないと、自分はこのように苦しいんだ、自分は特別なんだ、自分は弱いんだと親にアピールするんだ。
で、親が思い通りに動いてくれないと、親の罪悪感を煽るんだ。

このようなわがままな子供のような奴って、大人の中にもたくさんいるぜ。
相手の同情心につけこんでくる奴って、多いぜ。

俺、自分の弱さを主張してくる奴を見ると、自分の気持ちが動かないように、できるだけ相手を客観的に観察するんだ。
それが、相手に利用されない一つの方法だからな。
同情の気持ちを持つと、相手からの罪悪感で操作されやすくなるぜ。
同情心に流されるなよ。
で、同情って気持ちより、相手のために何ができるかを考えて動けよな。



クリックすると元のサイズで表示します

2017/4/22  0:14

あたし、アンジェリュス!大豆もやし。  

あたし、アンジェリュス!アンジュ!
もやしって、和洋中のどの料理にも合うと、あたし、思うの。
肉などの付け合わせにしてもいいし、スープやサラダに入れてもいいし、とにかく万能な野菜じゃないかと思うの。
協調性たっぷりの野菜よね。

だけど、火を通しすぎてしまうと、溶けてしまうわ。
手早く調理しなければいけないわ。
そして、どんな味付けにも馴染んでくれるの。
自分を主張せずに、その場に溶け込んでしまうの。

でも、大豆もやしは、自分を主張するの。
なかなか溶けたりしないの。
調理した後でも、それなりに存在を主張するの。
その歯触りや味が嫌だ、他の野菜との協調性が普通のもやしよりも少ないと思う人がいるかもしれないけど、食べてみるとなかなか美味しいの。

あたし、大豆もやしのようになれたらなって思うの。
周りに合わせながら、周りを引き立てながら、それなりに自分を主張できる存在でいたいと思うの。



クリックすると元のサイズで表示します

2017/4/22  0:14

ぼく、アシル!無心って。  

ぼく、アシル!
無心になると集中力も増すし視野も広がるって言われるけど、無心になるって、どういうことだろう?

無心って、邪念のないことだよね。
無心って、執着のないことだよね。
無心って、気持ちに左右されないってことだよね。
自分の損得勘定を捨てることなのかな?
うまく行く行かないにとらわれずに、予測不安を持たないってことかな?
その場その時に生じる感情に左右されないってことかな?

ぼく、無心って、幼な子の心じゃないかと思うんだ。
そこにあるものを否定せずに、まずは受け入れてみようという心じゃないかと思うんだ。

大人になると、自分の経験から、色んな気持ちが生まれるようになっちゃうよね。
こんなことをしてはいけないとか、こんなことは危険だとか、こんなのは無意味だとか、否定の気持ちが生じることが増えてくるんじゃないかな。
そして、そこにあるものを認めることがだんだん難しくなっていくんじゃないかな。

ぼく、幼な子のように、そこにあるものを受容する気持ちを忘れたくないって、最近考えているんだ。



クリックすると元のサイズで表示します

2017/4/22  0:14

私、サラ!出会いって。  

私、サラ!
四月になって、新しい人と知り合ったという方は、多いでしょう。
また、今まで親しかった人と離れた方も、多いかもしれません。

人と人ととの出会いとは、本当に不思議なものです。

自ら計らったわけでもなく、良い人と知り合うこともあります。
長年離れていた人と、再会することもあります。

もちろん、嫌な人と出会うことだってあります。
その人と出会ったせいで、嫌なことが起きることだってあります。

でも、私、人との出会いって、宝物のようだと思うのです。
良い人と出会うと嬉しいです。
嫌な人と出会うと、なぜこんな目にあうのかと思ってしまうこともあります。
とはいえ、良い人でも嫌な人でも、自分を成長させるチャンスを与えてくれるのです。
どのような人でも、自分の人生の一部なのです。

一期一会と言いますが、私、どのような出会いでも、自分の人生を築き上げていくチャンスだと、感謝したいと思っています。
また、人との別れも、自分の人生の一部を構築してくれた相手だと、感謝したいと思っています。



クリックすると元のサイズで表示します

2017/4/21  0:00

あたし、アンジェリュス!責められたら。  

あたし、アンジェリュス!アンジュ!
あまりにも不合理なことが続くと、あまりにも納得できない責め方をされ続けると、誰だって、気持ちを閉ざしてしまうわ。
特に、身近な人、親しいと思っていた人に不合理な責め方をされると、思ってもいないことで非難されたりすると、人間嫌いになったり、人間を避けてひとりで閉じこもったりしてしまうわ。
場合によっては、精神的なストレスから、体を壊してしまうわ。

そのような時は罪悪感に陥らずに、考えて。
本当に自分が間違っているかどうかを考えて。
お前は間違っているんだ、お前が悪いんだと他人に言われても、言われた通りだと思い込む必要はないの。
相手は自分の落ち度を他人になすりつけようとしている可能性だってあるの。
相手は状況を理解せずに、他人を責めている可能性だってあるの。

自分が悪いと思いがちな人は、特に考えて。
正しいか正しくないかは、感情的に決めることではないの。
善悪判断は、理性的に考えなければいけないの。

自分が悪いんだと思ったら、本当に自分が悪いかどうかを理性的に考えるの。
相手の感情的な判断を引き受けるって、相手の気持ちに飲まれちゃうことよ。
相手と自分の感情に線引きをして、自分の感情を横に置いて、理性的に考えるのよ。



クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ