2018/6/19

2018年6月 近況  演奏会情報

お蔭さまで元気に過ごしております。公演監督を務める『魔弾の射手』の稽古の合間を縫って、数日間台湾に滞在してきました。8月24日に代々木上原のムジカーザで歌う『愛の妙薬』のリハーサルも順調に進んでいます。
週末には、NHK−FMで、思い出深いハイドン「四季」の演奏が放送されますので、ご都合つけばお聴きください。

♪放送予定
NHK-FM《N響ザ・レジェンド》
Haydn:Oratorio≪Die Jahreszeiten≫ハイドン<オラトリオ「四季」
2018年6月16日(土)と23日(土)の両日 夜7:20から9時
二回に分けて放送されます。 

http://www4.nhk.or.jp/nkyolegend/  番組情報

シュタインのオラトリオ「四季」(2) 檀ふみ 【解説】池辺晋一郎
「オラトリオ「四季」から「秋」」 ハイドン作曲 (27分20秒)
「オラトリオ「四季」から「冬」」 ハイドン作曲 (31分20秒)
ハンネ…(ソプラノ)豊田喜代美
ルーカス…(テノール)佐々木正利
農夫 ジーモン…(バス)多田羅迪夫
(合唱)国立音楽大学
(管弦楽)NHK交響楽団
(指揮)ホルスト・シュタイン
〜NHKホールで収録〜
(1987年11月6日)
四季」は「天地創造」と並ぶハイドン晩年のオラトリオの傑作で、
四季の移り変わりを通して神のはたらきを称える壮大な作品です。
オペラ、声楽曲を得意としたN響名誉指揮者ホルスト・シュタインによる1987年の演奏です。


■東京二期会オペラ劇場『魔弾の射手』オペラ全3幕
日本語および英語字幕付き原語(ドイツ語)歌唱、日本語台詞上演
台本:ヨハン・フリードリヒ・キント
作曲:カール・マリア・フォン・ウェーバー

会場: 東京文化会館 大ホール

2018年7月18日(水) 18:30
19日(木) 14:00 21日(土) 14:00 22日(日) 14:00

開場は開演の60分前
上演予定時間:約3時間(休憩含む)

主催:文化庁、公益財団法人東京二期会
制作:公益財団法人東京二期会

文化庁委託事業「平成30年度戦略的芸術文化創造推進事業」
《ハンブルク州立歌劇場との共同制作》

指揮: アレホ・ペレス 演出: ペーター・コンヴィチュニー
合唱: 二期会合唱団 管弦楽:読売日本交響楽団
http://www.nikikai.net/lineup/freischutz2018/index.html  公演情報

公演監督を務める『魔弾の射手』
ドイツオペラの金字塔ともいえる作品を二組の精鋭歌手たちが
歌い演じます。演出家到着前に音楽やディクションもしっかり
創りあげ、次の世代の歌手たちに私が助言できることは余さず
伝えておきたい。字幕は故岩下眞好氏の奥様の岩下久美子さん。
今回もよいチームで最高の公演が仕上がる予感がしています。
皆様、ぜひご来場ください。


■二期会バッハ・バロック研究会 CONCERT Vol.8
〜バッハ&バロックへの誘い〜(いざない)   7月2日(月)より発売

第一部 バッハ&バロックのアリアより
ヘンデル「メサイヤ」HWV56 より"Rejoice" シオンの娘よ大いに喜べ

バッハ「マタイ受難曲」BWV244より"Blute nur" 血を流されるがよい、愛する心よ

   カンタータBWV78より"Wir eilen mit schwachen" われは急ぐ
                           
                                 他

第二部 
カリッシミ『イエフテ』 Carissimi《Jephte》

バッハ カンタータBWV39"Brich den Hungrigen dein Brot"
                    あたえよパンを飢えたる者に


出演
 ソプラノ:井内理恵 石井恵子 大河原美紀子 太田三美 大原一姫 高草木玲子
      田島朱季子 立原圭子 野崎由美 藤永和望 前中榮子 
松堂美枝子 水野しのぶ  民秋 理(合唱) 水野由加里(合唱)
 アルト: 井口雅子 橋爪万里子 前田美樹
 テノール:齊藤義雄   鳥海 寮(合唱) 寺島弘城(合唱) 
 バス:  中川郁太郎  多田羅迪夫  ほか    
合唱指揮:佐々木正利
ピアノ: 鈴木真理子 山口佳代
オルガン:飯 靖子

2018年10月13日(土)13:30開演(13:00開場)
Hakuju Hall  https://www.hakujuhall.jp
入場料:4000円(全自由席)
主催:二期会バッハ・バロック研究会
後援/マネジメント:公益財団法人東京二期会
お問い合わせ:二期会チケットセンター 03−3796−1831


■二期会サロンコンサート
Vol.199 ホワイトデーに贈る愛のうた
2019年3月14日(木) チケット発売:2018年11月14日(月) 
出演:別府美沙子(S)・岡村彬子(Ms) ・*多田羅迪夫(Bs-br) 山口佳代(p)

会場:カワイ表参道コンサートサロン パウゼ
http://shop.kawai.jp/omotesando/floor/2f.html
19:00開演(18:30開場)全席自由席 \3,500 (税込)

クリックすると元のサイズで表示します
台湾にて

クリックすると元のサイズで表示します
「愛の妙薬」リハーサル

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

第20回 館林第九合唱団シャトルコンサート
2018(平成30)年7月1日(日)
14時00分開演(13時30分開場)
館林市三の丸芸術ホール
1500円(自由席)
当日券有
こちらもお待ち致しております。

第一部
○合唱(多田羅迪夫指揮、ピアノ伴奏 飯野景子)
  @「バビロンの河のほとり」(パレストリーナ作曲)
 A「イエス、わが喜び」(J・S・バッハ作曲)
B「来い、のどかな春よ」(ハイドン作曲)
 混声合唱とピアノのための「七つの生きるうた」
  (新実徳英作曲、詩 渕上毛錢) より
  C1雨、
  D2ぶらんこ
  E3出発点
  F7花骸(はなむくろ)
  G5この木
  H6約束
第二部
○ピアニストの独奏
@木村美紀ピアノ独奏
 ・モーツアルト作曲「ピアノソナタ第3番 第4楽章」
A飯野景子ピアノ独奏
 ・ピアソラ作曲 「アディオス・ノニーノ」
○講師の独唱(伴奏担当は、B飯野、C木村)
B相馬奈苗 モーツアルト作曲 歌劇《コジ・ファン・トゥッテ》より
  「Come scoglio(岩のように動かず)」
C渥美史生 ヴェルディ作曲 歌劇《リゴレット》より
  モノローグ「Pari siamo!(俺たちは同類さ)」 
第三部
○合唱(多田羅迪夫指揮、ピアノ伴奏 木村美紀)
  館林第九合唱団愛唱曲集より
 @夏の思い出
  A椰子の実
 B浜辺の歌
 C大地讃頒
 D愛のコーラス
   Eきみ歌えよ
○みんなで歌おう
   ふるさと(文部省唱歌)
http://tatebayashi-daiku.la.coocan.jp/page010.html
4

2018/3/30

2018年 春に  公演情報

皆様お元気でお過ごしでしょうか。

春は別れと出会いの季節でもあります。

花の季節を迎え、空を見上げれば満開の桜。そして2018年の Easter(復活祭)もすぐそこです。今年のイースターは4月1日なのですね。

2018年2月6日、東京オペラシティ コンサートホールで、文化庁助成「新進芸術家海外研修制度」で各国で研鑽を積んだ若い歌手たちの演奏を聴いてきました。http://www.ints.co.jp/special_concert2018/index.htm

3月には、館林少年少女合唱団の定期演奏会、音楽劇〈笛吹きパパゲーノ〉を振り付きで歌う子供達の歌声に未来を感じ、故郷の香川県での声楽講座などに出向きながらも、このところ週4回のペースでジムに通い、元気に充実した日々を送っています。

東京二期会は、5月19日(土)と20日(日)に、めぐろパーシモンホールで、若い世代の精鋭たちがこぞって出演する二期会ニューウェーブオペラを予定していて、今年の演目はヘンデル『アルチーナ』。鈴木秀美さんが指揮するのも楽しみです。

7月には、東京二期会『魔弾の射手』の上演があり、私は公演監督を務めます。
多彩な管弦楽と躍動感溢れる音楽でドイツ・ロマン主義を確立した名作。今から楽しみでなりません。

自身の演奏としてもいくつか新たなチャレンジを予定しています。

7月には『愛の妙薬』ハイライトで、薬売りドゥルカマーラを歌いますし、8月には敬愛するプリマとご一緒するコンサートの企画などが進行中。二期会サロンコンサートにも来年のホワイトデーなのでまだ先ですが、若いプリマ二人と共演。すでに初回打ち合わせを行い、「ホワイトデーに贈る愛のうた」と題し、愛にまつわるすてきな曲の数々をお届けする予定です。

http://www.nikikai.net/concert/salon2018.html

10月13日には、富ヶ谷のハクジュホールで、バッハ・バロック研究会の8度目の定期演奏会を行います。
カリッシミ作曲のオラトリオ「イエフテ」を上演予定です。


東京二期会オペラ劇場 《ハンブルク州立歌劇場との共同制作》
■ウェーバー作曲『魔弾の射手』日本語および英語字幕付き原語(ドイツ語)歌唱、日本語台詞上演

2018年7月18日(水)19日(木)21日(土)22日(日) 東京文化会館
[指揮]アレホ・ペレス [演出]ペーター・コンヴィチュニー
[出演]大沼徹 /藪内俊弥  米谷毅彦 / 伊藤純  嘉目真木子 / 北村さおり 冨平安希子 / 熊田アルベルト彩乃 清水宏樹 / 加藤宏隆
    片寄純也 / 小貫岩夫  金子宏 / 小鉄和広 石崎秀和 /杉浦隆大  大和悠河 [合唱]二期会合唱団 [演奏]読売日本交響楽団
Co-produced by Tokyo Nikikai Opera Foundation and Hamburgische Staatsoper
Presented by Tokyo Nikikai Opera Foundation
DER FREISCHÜTZ
Carl Maria von Weber
Conductor:Alejo PEREZ
Stage Director: Peter KONWITSCHNY

WED. 18. 18:30, THU. 19. 14:00, SAT. 21. 14:00
& SUN. 22. 14:00 July 2018
at Tokyo Bunka Kaikan (Japan)


http://www.nikikai.net/lineup/freischutz2018/index.html

http://www.nikikai.net/english/season/freischutz2018.html  ★English


二期会バッハ・バロック研究会CONCERT Vol.8
バッハ&バロックの調べ
J.S. バッハ:カンタータ39番 G. カリッシミ:イエフテ
2018年10月13日(土) 14:00開演 Hakuju Hall
4,000円  2018年7月2 日(月)発売予定
後援/マネジメント 公益財団法人東京二期会 主催:二期会バッハ・バロック研究会
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
3

2018/1/17

2018年迎春のご挨拶  公演情報


今年は暖かな新年でした。皆様お元気でお過ごしでしょうか。
一月も後半となり、街では早くも節分コーナーが用意され、寒さの中にも春の兆しが待ち望まれる時期となりました。
「冬来たりなば春遠からじ」If Winter comes, can Spring be far behind.皆様にとって充実した1年でありますように。

お蔭様で、昨年も多くの素晴らしい演奏会に出演し、多くの嬉しい出会いがありました。

國立台灣師範大學音樂系でのオペラハイライトの指導と指揮で長期間台北市に滞在したり、故郷香川での声楽講座、館林第九合唱団の皆さんと青少年が一緒に歌った「第九」、
50周年を迎えた合唱団鯨の記念公演で、J.S.バッハ「マタイ受難曲」イエスを歌うなど、長期に亘る日々の積み重ねの成果を感じることができた一年でした。

日本音楽コンクール(毎日新聞社とNHK主催による日本音楽コンクール声楽部門)の審査委員などをしていると、東京藝術大学入学のため故郷の坂出から東京に出てきた若き日を懐かしく思い出します。

日々の健康に感謝し、2018年も毎日を大切に過ごしてゆきたいと思います。
自身のコンサート出演情報などはまた追ってお知らせ致します。


東京二期会は2月のワーグナー『ローエングリン』、3月のベッリーニ『ノルマ』〈セミ・ステージ形式上演〉に続き、5月に若手声楽家を中心とした、二期会ニューウェーブ・オペラ劇場ヘンデル『アルチーナ』を上演します。指揮は鈴木秀美さん!
昨年末の神奈川フィル「第九」では、体調を崩され、ピンチヒッターで急遽、甥の鈴木優人さんが指揮をなさいましたがお元気になられて本当によかった。

鈴木秀美さんのインタビューをこちらのサイトでお読みください。
http://www.nikikai.net/enjoy/vol312_03.html

http://www.nikikai.net/lineup/alcina2018/index.html 公演詳細


そして、東京二期会は、2018年7月、ウェーバー(Carl Maria von Weber)作曲『魔弾の射手(Der Freischütz)』を上演します。演出はペーター・コンヴィチュニー(Peter Konwitschny )。今回も私は公演監督を務めます。
二期会では1976年の日本語訳詞上演以来となり、原語歌詞による上演は初の試みとなり、  このジングシュピール(Singspiel歌芝居)を、台詞部分は日本語で、歌唱部分は原語のドイツ語で上演します。

コンヴィチュニー氏が二期会オペラを初めて演出したのは2008年『エフゲニー・オネーギン』でした。以後、『サロメ』『マクベス』など上演を重ね、はや10年。
素晴らしい作品と精鋭キャストを得て、スタッフ、キャスト全力を尽くして臨みます。
どうぞ楽しみになさっていてください。

http://www.nikikai.net/lineup/freischutz2018/index.html  公演詳細


《ハンブルク州立歌劇場との共同制作》
東京二期会オペラ劇場
カール・マリア・フォン・ウェーバー『魔弾の射手』オペラ全3幕
日本語字幕付き原語(ドイツ語)歌唱、日本語台詞上演

2018年7月18日(水) 18:30 19日(木) 14:00 21日(土) 14:00 22日(日) 14:00
東京文化会館大ホール

開場は開演の60分前
上演予定時間:約3時間(休憩含む)

指揮: アレホ・ペレス
演出: ペーター・コンヴィチュニー

主催:公益財団法人東京二期会
公演監督:多田羅迪夫

写真は2017年12月の公演より
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
5
タグ: 2018年 ご挨拶

2017/11/30

2017年 年の瀬に向けて  公演情報

早いもので明日から12月です。皆様お元気でお過ごしでしょうか。
私は10月7日合唱団鯨・黒岩英臣指揮「マタイ受難曲」を終え、その後も台湾、高松など各地へ出向き、すっかりブログ更新を怠ってしまいました。
芸術は長く人生は短し、日々是好日、日々是精進。皆様もよき年末年始をお過ごしください。

【第31回館林第九演奏会】
助成: 文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
■2017年12月09日(土)開場:1:30 PM 開演:2:00 PM
●会場:館林市文化会館・大ホール
指揮: 松尾葉子
ソプラノ: 石上朋美 メゾソプラノ: 三輪陽子 テノール: 城 宏憲
バリトン: 多田羅迪夫(合唱音楽監督) Bass-baritone: Michio Tatara 

合唱: 館林第九合唱団、館林市立第一中学校3年生、館林市立第二小学校6年生、館林市少年少女合唱団
Chorus: Tatebayashi Chorus (for No.9th)

曲目: 館林市歌(ピアノ伴奏)作詞:土岐善麿 作曲:信時 潔 編曲:遠藤雅夫 
    ベートーヴェン/交響曲第9番 ニ短調 作品125〈合唱付〉
     Ludwig van Beethoven / Symphony No.9 in D Minor Op.125 “Choral”

全席自由 一般3,100円・学生1,500円

http://tatebayashi-daiku.la.coocan.jp/page010.html
館林第九合唱団コンサート情報

お問い合わせ
館林第九合唱団 事務局長(篠村宏明)080-5538-8619 群馬交響楽団 027-322-4316

館林市文化会館 0276−74−4111
板倉町中央公民館 0276−82−2435
明和町ふるさと産業文化館 0276−84−5555
(株)オトワ楽器 0276−74−1012
ロートルメゾン西の洞 0276−75−1560
エモリピアノ(明和町) 0276−74−6667
珈琲 茶奏 0276−73−0078


神奈川フィル
■【ベートーヴェン・ディスカバリー】
2017年12月15日(金曜日) 19:00 開演 18:20開場
●会場:神奈川県立音楽堂 
指揮:鈴木秀美
ソプラノ:中江早希 アルト:布施奈緒子 テノール:谷口洋介 バスバリトン:多田羅迪夫
フォルテピアノ:小倉貴久子  
主な演目 ベートーヴェン/ミサ・ソレムニスニ長調Op.123 より
ベートーヴェン/交響曲第9番ニ短調Op.125 より
ベートーヴェン/晩年のピアノ作品
6つのバガテルより、アレグレット・クワジ・アンダンテ、
晩年の弦楽四重奏曲
弦楽四重奏曲第12番より第2楽章(Vn鈎�c梢諭�捷消匣算辧「Va安保惠麻、Vc鈴木秀美)
料金 席種一律 6,000円 


■ベートーヴェン「第九」
2017年12月22日(金曜日)   19:00開演 18:20開場
●会場:横浜みなとみらいホール
指揮:鈴木秀美
ソプラノ:中江早希 アルト:布施奈緒子 テノール:中嶋克彦 バスバリトン:多田羅迪夫  神奈川フィル合唱団
ベートーヴェン/交響曲第9番ニ短調Op.125「合唱付き」
※この公演は休憩がございません。
料金 S7,000円一般販売枚数終了 A5,500円残席僅少 B4,000円残席僅少 
ユース(25歳以下の方)各席種1,000円 
シニア各席10%引き
料 金:¥4,000
http://www.kanaphil.or.jp/Concert/concert_calendar.php?date=201712#498

問合せ先 神奈川芸術協会 045-453-5080
神奈川フィル・チケットサービス 045-226-5107
http://www.kanaphil.or.jp/
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
7

2017/10/27

坂出高校 創立100周年記念式典・演奏会  公演情報

香川テレビ KBN放送予定
坂出高校 創立100周年記念式典・演奏会
【9月30日の演奏会の様子が地元香川テレビで放送されます。】

  香川県立坂出高校は、在校生800名を超える中西讃地方最大規模の高等学校に成長、卒業生は27,000 名を超え各界で活躍しています。
音楽界に優秀な人材を輩出する音楽科は、平成29年には創設五十周年を迎えます。その音楽科のOB・在校生による演奏会が百周年記念式典のメイン行事となっています。
3時間にわたって行われる式典と演奏会を2時間番組でお届けします。
多田羅 迪夫(S40 卒、バリトン)東京藝術大学名誉教授 /大島 洋子(S46 卒、ソプラノ)東京藝術大学講師 /小濱 妙美(S52 卒、ソプラノ)京都市立芸術大学教授 /若井 健司(S53 卒、テノール)香川大学教授 /真鍋 恵子(H5 卒、フルート)日本フィルハーモニー交響楽団首席フルート奏者(9月30日 レクザムホールで開催)
10月27日(金)19:30〜21:30
10月30日(月)9:00?11:00
11月3日(金)19:30〜21:30、11月11日(土) 10:00 〜 12:00
http://www.kbn.ne.jp/community/pickup/entry-1709.html

四国は音楽の盛んな県です。母校が100周年を迎え、私も9月の記念演奏会に参加させて頂きました。
また、10月9日に東京芸術劇場での合唱団鯨「マタイ受難曲」の翌日、小田原市民会館での小田原市民合唱祭の審査に行って参りました。
また、台風の合間を縫って、10月16日より21日迄、台湾へ。
そして10月24日(火)には、東京オペラシティコンサートホールで、日本音楽コンクール声楽部門の本選がありました。
「芸術は長く人生は短し」されど、各地で様々な環境、様々な年代の演奏を聴くことで私自身も常に鼓舞され日々さらなる精進をしようという
思いに駆られます。私も今年の「第九」シーズンに向け、warming up に励みます。
皆様の人生にいつも音楽がありますように。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
5

2017/10/10

マタイ受難曲  公演情報

2017年10月7日(土)合唱団鯨創立50周年記念J.S. バッハ『マタイ受難曲』字幕付き原語上演
東京芸術劇場コンサートホール記念の公演にイエズス(Jesus)で出演させて頂き、感慨も一入です。
黒岩秀臣先生とはこれまで何度もご一緒させて頂きましたが、満席の会場で一年半をかけて練習を重ねた合唱団の皆さんの力強い歌声、ご一緒したソリストの皆様、オーケストラの皆さんのエネルギーが一体となって、私自身深く心に刻まれる一日となりました。
公演へ向け尽力なさった役員、スタッフの皆様にも心より御礼申し上げます。
クリックすると元のサイズで表示します
7

2017/8/12

残暑見舞い  公演情報

残暑お見舞い申し上げます。
東京二期会とグラインドボーン音楽祭との提携公演『ばらの騎士』は7月の東京公演が無事に幕を閉じました。この公演は10月に愛知、11月には大分でも上演します。http://www.nikikai.net/lineup/rosen2017/index.html

この時期は猛暑や台風の影響なども気になりますが、皆さま、体調にご留意ください。
私は『ばらの騎士』東京公演のあとすぐに指導を続けている台湾へ。合唱コンクールの審査や来年のオペラ公演のオーディションなどの合間を縫って、ジム通いを続けています。
9月、10月には「ロ短調ミサ」「マタイ受難曲」と大好きな作品への出演が続きます。     それぞれ大切な記念公演にソリストとしてお招きいただき、心引き締まる思いです。

年年歳歳花相似 歳歳年年人不同(唐詩選)
変わりゆくもの、変わらないもの、長きにわたり演奏活動を続けてゆける幸運に感謝しつつ、今年も元気に夏を過ごしたいと思います。
暑さの折、皆様もお身体大切にご自愛くださいますよう。



東京アカデミー合唱団第63回定期演奏会・秋山和慶指揮者就任50周年記念
■J.S.バッハ ミサ曲 ロ短調 (BWV 232)
2017年9月18日(月・祝日)16時開演
東京オペラシティコンサートホール
指揮:秋山和慶 東京交響楽団
半田美和子(ソプラノ) 谷地畝晶子(アルト) 鈴木准 (テノール) 多田羅迪夫(バス)
https://www.tokyo-academy.com/
SS券  7,000円 S券  6,000円 A券  5,000円 B券  4,000円 C券  3,000円   


合唱団鯨創立50周年記念・第69回定期演奏会
■ J.S.バッハ 「マタイ受難曲」Matthäus-Passion (BWV244)
字幕付原語上演
日時:2017年10月7日(土) 13:00開場 14:00開演
会場:東京芸術劇場 コンサートホール(池袋駅西口)

指揮:黒岩英臣
テノール(福音史家):畑 儀文
バス(イエス):多田羅 迪夫
ソプラノ:松原 有奈
アルト:栗林 朋子
テノール:望月 哲也
バス:宇野 徹哉
クライネス・コンツェルトハウス管弦楽団
合唱団鯨
ゆりがおか児童合唱団
合唱指揮:松村 努
合唱副指揮:服部陽介
合唱:合唱団鯨

チケット:S席:4,500円 A席:3,500円 B席:2,500円 学生・車椅子席:1,000円
お申込み・お問合わせ
合唱団鯨 URL http://kujira.org/
Tel/Fax 03-3998-9050(高橋)
主催:合唱団鯨
助成:公益財団法人朝日新聞文化財団、公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
5

2017/6/30

館林第九合唱団2017  公演情報

館林第九合唱団のシャトルコンサートが近づいて参りました。
近隣の皆様、そして都内からも意外と近いので、お時間あればぜひお運びください!

              
館林第九合唱団の創立30周年記念の「第九」を、第二小、第一中の生徒の参加を得て、改装なった館林文化会館大ホールに満員の聴衆の皆さんと共に祝って頂いてから、早や半年が経ちました。合唱団の音楽監督たる私は、不測の体調不良によりその場に居合わせることが出来なかったことは、とても残念に思っています。でも大成功だった昨年に引き続き、今年年末の館林第九合唱団にとって第30回目の「第九」演奏会には、より進化したものをお聴かせする事が出来ると思っています。
さて、再び体調を取り戻した私は夏期恒例の『シャトル・コンサート』へ向かって準備を進める事が出来ました。本日の演奏会で皆様に聴いて頂くのは、瀬戸内寂聴さんの詩に千原英喜さんが作曲した合唱組曲「ある真夜中に」です。
寂聴さんの人生観のうちでも恋愛をテーマとした詩を、日本合唱界で常に話題を呼んでいる作曲家の千原さんが、その詩に心から共感して作曲した4つの混声合唱曲は熱い情熱と魅力を放つ音楽で、皆さんを恋愛への憧れにいざなうことでしょう。
そして、いつも私のアシスタントを務めてくれている新進の声楽家たちと、いつも素晴らしいピアノ伴奏を担ってくれているお二人のピアニストたちが、本来のソリストとしての実力をいかんなく発揮して演奏してくれるのも、聴きものです。
コンサートの冒頭には、「うみゆかば」で有名な信時潔先生作曲の「館林市歌」の混声合唱曲版(遠藤雅夫編)を、後半には団の愛唱曲選集をお聴き頂きます。
では、「シャトル・コンサート」をお楽しみ下さい!  音楽監督 多田羅 迪夫


ご来場の皆様、私たちと一緒に合唱を始めませんか? 初心の方にも懇切丁寧な指導をお約束します。まずは一度聴講を!


■第19回 館林第九合唱団シャトルコンサート
2017(平成29)年7月9日(日)
14時00分開演(13時30分開場)館林市三の丸芸術ホール
音楽監督:多田羅 迪夫
後援:館林市教育委員会、館林市文化協会
出演者:混声合唱 館林第九合唱団
相馬奈苗、渥美史生、木村 美紀、飯野 景子
指 揮:多田羅 迪夫
ピアノ伴奏:木村 美紀、飯野 景子

演奏曲目
第一部
○合唱
@館林市歌(新編曲)
※館林市歌♪
市政施行2年目の1956年2月29日制定された。作詞者土岐善麿(とき ぜんまろ、1885年 - 1980年)は歌人、国語学者として戦前・戦後にわたり活躍。作曲者信時潔(のぶとき きよし、1887年- 1965年)は東京音楽学校(現東京藝術大学)教授を務めた日本を代表する作曲家の一人で代表作『海ゆかば』はあまりにも有名です。原曲は混声二部の曲ですが、今回演奏されるのは館林第九合唱団の発足30年を記念して、作曲家遠藤雅夫氏に混声4部合唱への編曲を委嘱し今年完成したものです。

混声合唱とピアノのための組曲 「ある真夜中に」
  千原英喜作曲、瀬戸内寂聴 詩 より
A愛から悩みが生まれ
Bこの星に生まれて
C寂庵の祈り
Dある真夜中に
第二部
○ピアニストの独奏
@飯野景子ピアノ独奏
 ・ホルスト作曲 組曲「惑星」より「木星」
A木村美紀ピアノ独奏
 ・リスト作曲 「愛の夢」
○講師の独唱(伴奏担当は、B飯野、C木村)
B渥美史生 ヴェルディ作曲 歌劇《ドン・カルロ》より〈死の時が来た〉
C相馬奈苗 マスネ作曲 歌劇《サンドリオン》より〈やっと家に着いたわ〉 
第三部
○合唱
青島広志:混声合唱のための編曲集「日本のうたT」より
  (1)お使いは自転車に乗って
(2)虹と雪のバラード
(3)夜明けのスキャット(縮小版)
(4)真夜中のギター
館林第九合唱団愛唱曲集より
(5)浜辺の歌
(6)赤とんぼ
(7)きみ歌えよ
入場料
1500円(自由席)
プレイガイド 前売り販売所は設けていません。当日券をご購入ください。

クリックすると元のサイズで表示します



館林第九合唱団と一緒に「第九」を歌いませんか!
http://tatebayashi-daiku.la.coocan.jp/


■2017年(平成29年)12月9日(土)館林市文化会館大ホール
合唱音楽監督:多田羅 迪夫

館林市歌  土岐善麿 作詞、信時潔 作曲、遠藤雅夫 編曲
ベートーヴェン作曲 交響曲 第九番 ニ長調 作品125「合唱付」
出演者
指 揮  松尾葉子/管弦楽 群馬交響楽団
      (館林市歌は多田羅迪夫指揮/ピアノ伴奏 木村美紀) 

混声合唱(約300名)
館林第九合唱団/館林市少年少女合唱団/館林市立第一中学校第三学年(約150名)/館林市立第二小学校第六学年(約48名)



クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
6

2017/6/10

青葉色濃き  公演情報

青葉色濃き季節となりました。

2017年6月2日(金)3日(土)の二日間、すみだトリフォニーホールにて、鈴木秀美指揮・新日本フィル定期演奏会 ハイドン:オラトリオ「天地創造 Die Schöpfung」バス・ソロ(大天使ラファエルとアダム)に出演させていただきました。
支えてくださるすべての皆様に心より感謝しております。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

旧約聖書の「創世記」とミルトンの「失楽園」をもとにした英語台本をドイツ語に翻訳したものに作曲されたこの作品は、フリーメーソンに属していたハイドンの理想が色濃く反映した素晴らしい傑作ですが、バロックの達人の鈴木秀美さんと新日フィルの名手たち、瑞々しく高らかな合唱(Coro Libero Classico Aumentanto, chorus)とともに、舞台と客席が一体感を持って終演することができました。

ウィーン古典派を代表するハイドンが200年以上前に創出したこの作品が、複雑な現代社会にあっても色あせるどころか大きな感動を呼び起こし、人間世界における愛と幸いについて深い思いを巡らせる心のよすがとなり、次の時代への希望を繋いでゆくエネルギーを与えてくれた気がしています。

鈴木秀美さんとは12月の神奈川フィル特別コンサートでもご一緒させて頂きます。
一期一会の演奏へ向かって、日々精進していきたいと思います。

【出演情報】
♪日本の歌はお好き?
〜 「アリアはお好き?」番外編 〜日本の歌特集
2017年6月28日(水)19:00
MUSICASA (ムジカーザ) 151-0066 東京都渋谷区西原3-33-1
Tel.03-5454-0054  Fax.03-5454-0053◆Access
小田急線・東京メトロ千代田線
[代々木上原駅]東口より徒歩2分
http://www.musicasa.co.jp/information/index.html

新旧作曲家の名曲を日本のメロディーの豊かさ、日本語の美しさを大切に演奏します。

大中恩 : ソプラノとバリトンのための歌曲集「月曜日の詩集」
山田耕筰 : からたちの花 / 寺島尚彦 : さとうきび畑
武満徹 : めぐり逢い / 信長貴富 : ヒスイ   他
久保由美子(Sop) 多田羅迪夫(Bs-br) 小笠原貞宗(Pf)
粕谷ひろみ(Act)
¥4,000(一般)
¥3,000(中・高校生)
¥2,000(小学生)
*ワイン&ソフトドリンク付

■2017年9月18日(月・祝日) 16時開演 東京オペラシティコンサートホール
東京アカデミー合唱団J.S.バッハ「ロ短調ミサ」(秋山和慶指揮 東京交響楽団)
https://www.tokyo-academy.com/


■2017年10月7日(土)14時開演 東京芸術劇場コンサートホール              合唱団鯨創立50周年記念第69回定期演奏会
J.S.バッハ「マタイ受難曲 BWV244」イエス役
 (黒岩英臣指揮・クライネス・コンツェルトハウス管弦楽団)にも出演致します。


神奈川フィル特別コンサート
■神奈川フィル・ディスカバリー・コンサート
ベートーヴェン/ミサ・ソレムニスニ長調Op.123 より
ベートーヴェン/交響曲第9番ニ短調Op.125 より
ベートーヴェン/晩年のピアノ作品、晩年の弦楽四重奏曲より

2017年12月15日(金) 19:00 開演 18:20開場
神奈川県立音楽堂
指揮:鈴木秀美
ソプラノ:中江早希 アルト:布施奈緒子 テノール:谷口洋介 
バスバリトン:多田羅迪夫
ピアノ・フォルテ:小倉貴久子  

オーケストラの生演奏と楽曲の魅力に迫るトークでお届けする「神奈川フィル・ディスカバリー・コンサート」今回は楽聖ベートーヴェンが作曲した交響曲第9番「合唱付き」がテーマ。
「第九」が作曲された時代背景、同時代のベートーヴェンによる作品群から見える「第九」のモチーフなど、演奏とトークの両面からのアプローチが、第九の今まで知らなかった側面に迫ります。神奈川フィルとの「第九」の公演を1週間後に控え人類の偉大な音楽遺産に改めて光を当てます。
料金:席種一律 6,000円 
神奈川フィル定期会員の方は10%引き
《セット割りのご案内》
第九+ベートーヴェン・ディスカバリー:第九料金(S・A・B・ユース)+4,000円(ベートーヴェン・ディスカバリーの特別料金)
例)7,000円+4,000円=11,000円(S席一般の場合)
※セット割りは両公演同時申し込みのみ 
チケット発売日
7月20日(木)【一般発売】 7月13日(木)【定期会員、ブルーダル・サポーターズ、フレンズ会員先行】
問合せ先 神奈川芸術協会 
クリックすると元のサイズで表示します

■ベートーヴェン/交響曲第9番ニ短調Op.125「合唱付き」
2017年12月22日(金曜日)   19:00開演 18:20開場
横浜みなとみらいホール

指揮者:鈴木秀美
ソプラノ:中江早希 アルト:布施奈緒子 テノール:中嶋克彦
バスバリトン:多田羅迪夫  神奈川フィル

料金,S7,000円 A5,500円 B4,000円 ユース(25歳以下の方)各席種1,000円,シニア各席10%引き

http://www.kanaphil.or.jp/Concert/concert_calendar.php?date=201712


館林第九合唱団
ソプラノ、アルト、テノール、バス全パート募集中
http://tatebayashi-daiku.la.coocan.jp/page005.html

そして東京二期会では、2017年7月イギリス・グラインドボーン音楽祭との提携公演R.シュトラウス「ばらの騎士』(指揮:セバスティアン・ヴァイグレ/演出:リチャード・ジョーンズ 管弦楽:読売日本交響楽団
2017年7月26日(水)/27日(木)/29日(土)/30日(日) 東京文化会館 大ホール)東京公演へ向け、リハーサルが重ねられています。素晴らしい作品に充実のキャストたち。こちらもぜひお運びくだいますようお願い申し上げます。 
http://www.nikikai.net/lineup/2017shusai.html
5

2017/5/22

掲載情報  公演情報

暫くブログの更新が滞ってしましましたが、元気に過ごしております。
これまでにも時々原稿を書かせていただいていた歌・合唱・オペラの雑誌「ハンナ」が先月号より月刊となり、【声楽家たちはいま】のページ(声楽家たちがいま、取り組んでいることや、伝えたいこと、タイムリーな話題)でご紹介頂きました。

僕の門下生・宮里直樹君が僕の上に位置して、下には、やはり僕の門下に在籍した小野和彦君がいる中に僕が挟まっているのを見るのも、面白い感覚です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(掲載原稿)
新緑の眩しい頃となり、今年も美しい5月がやってきました。最近は連日のようにスポーツジムで筋トレをしながら、健康の為にすこしずつ胴囲をスリムにしています。筋肉をつけすぎないよう好きな水泳で長距離を泳いだりしていますが、目標が定まっているので心地よい疲労感です。当面の目標として、6月2日(金)3日(土)に、新日フィル定期トパーズ〈トリフォニー・シリーズ〉で、鈴木秀美指揮によるJ. ハイドンのオラトリオ「天地創造」のバス・ソロ(大天使ラファエルとアダムの2役)を歌うのでしっかり練習を重ねています。また9月18日(月・祝日)には、東京オペラシティコンサートホールで、秋山和慶指揮者就任50周年記念東京アカデミー合唱団J.S.バッハのミサ曲「ロ短調ミサ」のバス・ソロも並行して練習しています。10月には、「マタイ受難曲」のイエスのオファーも頂いていて、私のライフワークともいえるバッハの演奏が続くのはとても嬉しいですね。大好きな作品を演奏できることに日々感謝!

東京藝術大学卒業(在学中に安宅賞受賞)、同大学院修了。イタリア留学後ドイツの歌劇場の専属歌手としてM.フレーニ、F.ボニソッリ等と共演。『ニュルンベルクのマイスタージンガー』ハンス・ザックスを筆頭に数々のオペラ、オラトリオで活躍。東京藝術大学名誉教授。二期会会員。香川県坂出市出身 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://www.chopin.co.jp/Hanna/ 
月刊「ハンナ」2017年6月号



J. ハイドン オラトリオ「天地創造」

2017年6月2日 (金)19時 開演
2017年6月3日 (土)14時 開演
すみだトリフォニーホール

指 揮:鈴木秀美
中江早希 S  櫻田亮 T多田羅迪夫 B
合 唱:コーロ・リベロ・クラシコ・アウメンタート
新日本フィルハーモニー交響楽団
https://www.njp.or.jp/archives/930


J.S.バッハ ミサ曲 ロ短調
東京アカデミー合唱団第63回定期演奏会
秋山和慶指揮者就任50周年記念
2017年9月18日(月・祝日)16時開演
東京オペラシティコンサートホール

指揮:秋山和慶 東京交響楽団
半田美和子 S 谷地畝晶子 A 鈴木准 T 多田羅迪夫 B 

https://www.tokyo-academy.com/
クリックすると元のサイズで表示します


■合唱団鯨 創立50周年記念 第69回定期演奏会
J.S.バッハ マタイ受難曲 BWV244(字幕付き)
クリックすると元のサイズで表示します
指揮 黒岩英臣
 福音史家 テノール 畑 儀文
 イエス  バス  多田羅 迪夫
      ソプラノ 松原 有奈
      アルト  栗林 朋子
      テノール 望月 哲也
      バス   宇野 徹哉
 管弦楽 クライネス・コンツェルトハウス管弦楽団
 合唱  合唱団鯨 ゆりがおか児童合唱団
2017年10月7日(土)14:00開演 東京芸術劇場 コンサートホール

http://kujira.org/blog/2016/11/18/%E6%AC%A1%E5%9B%9E%E6%BC%94%E5%A5%8F%E4%BC%9A%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/


2017年3月、藝大多田羅門下生の藝大に残った最後の学生がいよいよ卒業。門下30年来のOBも参加し大追い出しコンパは三時間半に及びました。門下生は男声が多いですが、皆の益々の活躍を祈っています。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
2017年3月、藝大多田羅門下生の藝大に残った最後の学生がいよいよ卒業。門下30年来のOBも参加し大追い出しコンパは三時間半に及びました。門下生は男声が多いですが、皆の益々の活躍を祈っています。


■東京二期会 リヒャルト・シュトラウス『ばらの騎士』
http://www.nikikai.net/lineup/rosen2017/index.html

http://www.nikikai.net/lineup/rosen2017_aichi_oita/index.html
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ