やまがっこう

 

カレンダー

2017年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

掲示板

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
雀さん ありがとうございます

そうなのですね〜
難しいけれど、そのことを自覚して初めて「何から始めるのか」を考えられるのでしょうね。

電力の問題も、地球環境の問題も、一人一人が避けて通ることはできませんよね。

今回の京都議定書延長に関する事でも、いろいろと考えさせられましたが、地球市民一人一人がいろんな事に関わり合っているので、難しいですね。

単純な(加害者対被害者)という図式が、もう成り立たなくなっていますものね。
投稿者:雀
大切なのは一人一人が加害者であり、被害者であることを自覚せねばと言うことでしょうね?
それぞれがその自覚を持たない限り、真の解決にはなりません。ことは世界的な問題ですよね?
投稿者:やまがっこう
マリリンさん ありがとうございます

請戸漁港や請戸川河口から眺めた太平洋は、本当に穏やかで美しかったです。

請戸の街並みものどかで、僕も3ヶ月間お世話になったのですが、とっても大好きでした。

震災さえなければ、今頃マリリンさんに請戸漁港で水揚げされる近海物の美味しい魚介類を紹介していたかもしれません。

請戸の街は3.11の津波で流されてしまいましたが、その後の原発事故で警戒区域に入ってしまい、瓦礫の撤去も復旧作業もできず、3.11の時のままです。

請戸地区だけでなく、警戒区域内の海岸沿いの津波被災地はそうなのです。

この先の見通しは困難な状況が予想されますが、だから、なおのこと、記憶を記録にとどめて皆さんで共有しなければならないと思います。
投稿者:やまがっこう
kotohananaさん ありがとうございます

kotohananaさんにとって、浪江町は母校があった町なのですね。毎日常磐線の竜田駅から浪江駅まで通って、車窓から双葉郡の風景を眺めておられたのでは、双葉郡の想い出がたくさんおありですよね。もちろんお友達もたくさんおられたことと思います。

夜ノ森駅のツツジは、僕も何度も見にいったし、懐かしいです〜。夜ノ森は桜並木が素晴らしいのですよね〜。

浪江町も、楢葉と福島の往復の途中に何度も立ち寄りましたし、車の免許を取る前は、常磐線の浪江駅まで電車で行って浪江駅前から国鉄バスの福浪線で福島まで行っていたので、僕も懐かしいです〜。たしか、「マツバヤ」というお店がありましたよね。今は「サンプラザ」になっていると思いますが。

ソフトボール部で頑張っておられたのですね〜。kotohananaさんの元気なご様子が目に浮かぶようです〜♪

部活で頑張っておられたのでは、なおのこと母校と浪江町への思い入れが深いと思います。

kotohananaさんが双葉郡の現状を悲しまれておられるお気持ち、本当に、手に取るように分かります。というか、このお気持ちは、kotohananaさんや僕を含めて双葉郡で生まれ育った人々の共通の気持ちと思います。

原発事故で汚染された郷土双葉郡をなんとかして元に戻して欲しいです〜。

相馬野馬追いに出陣する騎馬武者のように、楢葉郷と標葉郷に宿る神々に祈りたい気持ちです。

国も東電も誠意ある対応を行わないと楢葉郷と標葉郷の神々と祖霊から天罰が下ると思います。

京都からのkotohananaさんの双葉郡を想う叫びを、何とか各方面に届けることができればと願っています。
投稿者:やまがっこう
空さん ありがとうございます

双葉郡の海岸沿いの場合は、津波被害にプラスして原発事故被害ですから、津波被害の復旧にすら着手できていない状態なのです。

長期間帰宅困難区域や居住制限区域になるような区域から避難されている方々には、根本的かつ永続的な補償と支援を行わないと、生活の立て直しができないと思います。

一時的なばらまき行政で対応できるものではないので、そこはきちんと実施すべきですね。

天災からの復旧が原発事故が原因で出来ないということは、もうこれは人災です。国はそのことをきちんと認識して欲しいですね。
投稿者:マリリン
こんな穏やかな海があんな風になってしまうなんて・・・。
今この場所はどうなってしまっているのでしょう。
このように記憶にだけじゃなく、記録に残しておかなければいけませんね。

http://blogs.yahoo.co.jp/twbqq756
投稿者:kotohanana
実は実は、私は浪江高校に行っていましたので、浪江は私にとってもすごく大切な思い出の場所なんです。海の方は行った事が無いのですが、町の中はウロチョロしてました〜。
ソフトボ−ル部に所属していましたので、部活が終わると毎日駅前の喫茶店でエビピラフを食べ、また家に帰ってもご飯を食べる…なんて事してました。
あの頃木造校舎だった学校は、冬は隙間風がとっても寒く制服の下にジャ−ジを着てダルマのようになりながら過ごしてました。

毎日お世話になった常磐線。富岡、夜の森、大熊、双葉、浪江…車窓からの眺めが大好きでした。特に夜の森駅のツツジは綺麗でしたよね。勝手に学校を早退して、桜を見に行ったこともあります(後で父にばれて大目玉でしたが…)

双葉郡は私にとっても大切な時を過ごした、思い出がいっぱい詰まった大事な大事な場所です…。
TVで双葉郡…と聞く度に胸が詰まる思いです…。「楢葉を、富岡を、大熊を、双葉を、そして浪江を元通りにして帰して〜!!」と叫びたくなります…。ほんとに帰して欲しい…(泣)
投稿者:空
津波によって失ったものは、時と個人の力を積み重ねれば再生できるでしょうが´_`原発による奥深く根強い被害は果てなくあらゆる分野にダメージを及ぼしていますね×o×´Д`´Д`TдT´_`'_';`へ´この賠償は一時的な物品や金のばらまきではなく、永続的な医療費軽減等で対応するべきだと思っています`へ´ 先ずは仕事と健康と文化&環境 ̄^ ̄ 一時的なばらまかれたものは決して良い効果をもたらさないことは過去の原発行政で実証済みではないでしょうか?´з`


http://blog.goo.ne.jp/vegastar/0

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ