奈良ジュニアファイターズ

奈良ジュニアファイターズは、奈良市少年軟式野球連盟に所属する、1977年に設立された少年野球チームです。三碓小学校をホームグラウンドとして使わせていただき、土曜・日曜日に練習しています。現在、奈良市最大の登録部員を擁していますが、1部から3部まで学年や上達度によりきめ細かく指導しています。随時入団を受け付けています。興味のある小学生の皆さんは一度練習を見に来てください。

 
第29期 T部戦績 07/11 新人戦 優勝 08/03 ライオンズ杯 3回戦敗退 08/05 市長杯 3位 08/07 産経杯 ベスト8 08/07 まほろば大会 準優勝 08/08 T部リーグ戦 全勝優勝 08/11 会長杯 2回戦敗退第29期 U部戦績 07/03 弥生杯 優勝 07/05 4月トーナメント 優勝 07/06 U部リーグ戦 優勝 07/07 6月トーナメント 優勝 07/07 U部トーナメント 優勝 07/08 市民体育大会 優勝 07/09 毎日大会 ベスト8 07/10 市民体育大会 準優勝
第30期 U部戦績 08/03 弥生杯 優勝 08/05 4月トーナメント 優勝 08/06 U部リーグ戦 全勝優勝 08/07 6月トーナメント 準優勝 08/07 U部トーナメント 準優勝 08/08 市民体育大会 優勝 08/09 毎日大会 優勝 08/11 新人戦 優勝

月曜日はアクセス集中!

管理人としては嬉しい悲鳴なのですが、月曜夜はアクセスが集中しているようです。1日あたり最高250件を越えるアクセスを頂いております。つながらなかった!というお声も頂戴しております。申し訳ございませんが、時差アクセスをお心掛け下さいますよう、お願い申し上げます

なお、当ブログでは記事エリア・写真エリアともに満載状態が続いており、新着情報をお届けできない場合もございます。ご理解・ご了承下さいますよう、お願い申し上げます。

また、立ち寄った皆さん、掲示板http://8729.teacup.com/fighters/bbs?from=bbstickerももっと活用してくださいね。卒団生井上翼ママの投稿のようにいろいろな思いや、選手諸君の伝言など楽しい掲示板にしましょう。写真も投稿できるようにしてみましたまた、本文中のコメントを頂いたものは、できるだけ管理人が記事上に掲載して見易くいたしますので、応援メッセージどしどしお寄せください。
13
投稿者:teacup.ブログ 運営担当

引退試合

2/21は生駒に遠征しての6年生合同チーム『鳥見JF』の解散試合。
13人の戦士達の小学校最期の試合です。
非常に晴れた良い天気の野球日和となりました。
下田スポーツ少年団、フレッシュJapan、矢田・昭和・城ヶ丘合同チームが集結して盛り上げてくれました。

それでは、試合の模様を。
第1試合の相手は下田スポーツ少年団。
鳥見JFの先攻で始まった試合は、初回に白石の四球、田中のレフト前ヒットなど出塁するも、いずれも走塁ミスで結果は三者凡退。

後攻のマウンドに上がったエース脇はランナーを許すも粘り強いピッチング。
2回には一死1・2塁のピンチも長谷川・平野の名コンビでダブルプレーで切り抜け、攻守で盛り立てます。

試合が動いたのは4回。田中のヒットから二死2塁の得点機に瀬村のライト線へのタイムリーが出て、ようやく先制。

5回には近藤の2ベースなどで無死2・3塁のチャンスに中本の絶妙なバントが近藤の好走塁を呼び、2ランスクイズ成功。
試合はそのまま脇がピシャリと完封してくれました。


続く第2試合はフレッシュJapanとの対戦。
2回に鎌田の好守でゲッツーを取るなどしのぎつつも2点を先制され、追いかける展開となったこの試合は、3回表に筒井のレフト前ヒット、長谷川のレフト前ヒットなどで二死満塁と攻めるも、後続なく無得点。
その後チャンス無く、逆に4回に更に2点を失って完敗でした。


3試合目は矢田・昭和・城ヶ丘連合軍との対戦。
この試合も鳥見JFの先攻ではじまり、初回に長谷川のヒットから脇の右中間へのタイムリー2ベースなどで2点を先制。

3回にも田中のライト前タイムリー、西島のレフトライナーの犠飛などで2点を追加。
4回には保井の右中間へのクリーンヒットもありました。

先発の西島はエラーなどで3点を失うも、逃げ切って完投勝利。


第4試合は6年生の最後の試合、引退試合となりました。
相手は再度、下田スポーツ少年団。
この試合もやっぱり鳥見JFの先攻ではじまりました。

2回に脇のレフト前ヒットで二死1塁から、白石が右中間をライナーで破り、打球が対面グランドのバックネットまで達するホームランで2点を先制。

更に5回に一死2塁からまたも白石が右中間を破るタイムリー2ベースで3点目。

投げては筒井・脇の完封リレーで完勝。
最後の試合を勝利で飾りました。


◆本日の試合結果
 鳥見JF 3−0 下田スポーツ少年団
 鳥見JF 0−4 フレッシュJapan
 鳥見JF 4−3 矢田・昭和・城ヶ丘
 鳥見JF 3−0 下田スポーツ少年団


この日は鳥見JF最後の日。13人がそれぞれ最後の雄姿を見せてくれました。
夜には解散会の宴会も開かれてとうとう店じまいです。
なんちゃってコーチ『すこあらー』のブログ投稿もこれにて幕を閉じさせていただきます。

長らく御愛顧いただきましたが、楽しんでいただけましたでしょうか?
JFって楽しそうで、それでいて強そう、っていうのを伝えるのをモットーにがんばってきました。

やっぱり主役は子供たち、選手なんです。
それぞれ個性があって、子供たち全員が野球を楽しめるのが少年野球です。

その一端を伝えることができたなら、そしてこのブログを見て野球にかかわるきっかけとなったのなら、非常にうれしく思います。

また会う日まで。
再見。
あうふびーだーぜーぇん。。。
13
投稿者:すこあらー

Final LeagueD

2/15は昨日に続きFinal Leagueの5日目。
他チームはほとんど消化しており、我々だけが昨日3試合、今日2試合とやや強硬なスケジュール。
しかも今日の2試合とも勝たなければ、決勝トーナメントへの出場が厳しい状況です。
上牧健民グランドまで遠征し、2試合を戦ってきました。


それでは早速、試合の模様を。
第1試合の相手は畝傍子供会。
後攻の鳥見JFは初回に長谷川のレフト前ヒットから一死3塁のチャンスをつくり、
手堅く1点を先取。
3回には平野のヒットから瀬村タイムリーなどで2点を追加し、3−0とリード。
しかし4回に2点を返され、3−2。
更に5回にはレフトオーバーの長打を打たれ、あわや同点かという場面で長谷川の中継も良く、
ホーム寸前タッチアウトでなんとか勝利。


続く第2試合の相手は五條イースト。
最後の最後に厳しい相手ですが、最後まで決勝トーナメントを賭けた緊張感ある試合ができるのも幸せなことです。
この試合は初回にエラー2つとバタバタするも、
近藤−脇のリレーで1失点に切り抜けます。

3回に長谷川が右中間の一番深いところにライナーで持っていくと、
二死ということもあり俊足を飛ばしてホームに突っ込みますが、判定はタッチアウト。
瀬村・白石にもヒットが出るも、後続なく4回まで無得点。

迎えた5回、白石がエラーで出塁して二死3塁から
平野のレフト前クリーンヒットがタイムリーとなりようやく同点。
しかし、試合はそのまま1−1のドロー。
この試合はエラーあり、走塁ミスありで、勝てた試合を落としてしまいました。

◆本日の試合結果
 畝傍子供会 2−3 鳥見JF
 五條イースト 1−1 鳥見JF

今日の結果は1勝1分。
トータル6勝2敗2分で勝ち点20点。
この結果、1位が21点の陸西ファイターズ、2位が20点のJapanレッドスターズ、同率2位に鳥見JF、
4位が17点の三郷町スポーツ少年団となりましたが、
わずかに対戦成績から決勝トーナメント進出ならず。

これで、鳥見ゼブラーズと奈良ジュニアファイターズの6年生合同チーム卒部大会は全日程を終了しました。
6
投稿者:すこあらー

Final LeagueC

2/14はFinal Leagueの4日目。
雨で試合消化できなかった分、今日は強硬日程で3試合が組まれています。
しかも前日の雨でグランドコンディションが心配される中、
上牧健民グランドまで遠征し、3試合を戦ってきました。

先週、全国制覇した河合のT君との対戦以来、まったく調子を狂わされた打線が復活しているかどうかが鍵を握ります。


それでは早速、試合の模様を。
まず第2試合の戦う相手はJapanレッドスターズ。
やはり心配された打線の調子はおかしいまま。
四球1だけのノーヒットノーランに抑えられ、チャンスも無く惨めな完封負け。
エラーあり、長打被弾など完敗でした。

食事休憩の後、気を取り直して第4試合。
菅原小学校との対戦。
初回に相手エラーから近藤が出塁すると、一死二塁から内野ゴロの間に好走塁で一気にホームインして先制。
3回にエラーやスクイズなどで1点を返され同点に追いつかれるも、その裏、近藤のタイムリーと、またも近藤の好走塁で2点を追加して3−1とリード。
試合はそのまま西島が5回を完投して勝利。

続く第5試合。
八木北ドリームズとの対戦。
3回に白石の2ベースヒットから一死3塁まで攻めますが、後続なく無得点。
終わって見ればチャンスはこの1回きりでした。
先発の近藤が5回をノーヒットノーランに抑える好投を見せるも、打線沈黙で0−0のドロー。

◆本日の試合結果
 鳥見JF 0−3 Japanレッドスターズ
 菅原小学校 1−3 鳥見JF
 鳥見JF 0−0 八木北ドリームス

今日の結果は1勝1敗1分。
トータル5勝2敗1分で勝ち点16点。
決勝トーナメントまで残り2試合です。
1
投稿者:すこあらー

壮行試合

2/8の鳥見JF合同チームは三宅健民グランドに遠征しての練習試合。
この時期で練習試合もないですね。壮行試合5試合を戦いました。

晴れた空ながら、日差しの有無で寒暖の差が激しい一日でした。
西島・瀬村のバッテリーは審判講習に参加で、やや打線が厳しい布陣です。
2/11に鳥見・JFとも卒団式を迎えるので、JFの渡辺・林・北村・新原はこの日で引退。4名にとっては最後の試合となりました。

……午前中は筆者が所要のため欠席。試合の詳細はわかりませんが2試合を戦い、1勝1敗。

昼から行われた3試合目の相手はEFKクラブ。
後攻の鳥見JFは先発の近藤が四球1被安打1の好投で5回を零封。
しかし打線の方も、先日のT君の豪腕に狂わされた打線の調子はいまひとつ。
最終回に長谷川がレフトオーバーで快足を飛ばしてホームを衝きますが、相手中継よくホームタッチアウト。
終わってみれば打者15人で終わってしまい、わずかにこの長谷川の3ベース1本だけでした。

第4試合の相手は平安。
初回にエラー2つなどで無死満塁のピンチながら、先発の林が打たせて取るピッチングで無失点で切り抜けると、
2回、先頭の田中がレフト線を破る3ベースで出塁すると、内野ゴロの間に先制。
しかしその裏、すぐに1点を返され同点に追いつかれると、4回に長打を浴び3失点。
しかし守備で鎌田が好守備を見せてリズムをつくり、最終回に林がレフト前ヒットで意地を見せるも、打線は元気なく完敗でした。

第5試合はふたたびEFKクラブ。
この試合は4名にとっては、ラストゲーム。
試合の方は、初回に連打され2失点ではじまると、4回を終わって0−3。
最終回に田中がレフトオーバーHRで意地を見せると、更に内野安打で出た近藤が足でかき回して1点差。
林・新原が貴重な四球を選び無死1・2塁。期待されての代打・白石がファーストゴロで一死2・3塁。その後は後続なく無得点。


◆本日の試合結果
 鳥見JF 1−0 山陵やまと
 鳥見JF 1−3 北磯城ブルーオールスターズ
 EFKクラブ 0−0 鳥見JF
 鳥見JF 1−4 平安
 鳥見JF 2−3 EFKクラブ


結果は1勝3敗1分でした。
でも4名にとっては試合結果よりも5試合もでき、最後の思い出となったことでしょう。
1
投稿者:すこあらー

志貴グッドボーイズ招待トーナメント

2/7の鳥見JF合同チームは志貴グッドボーイズ招待トーナメント。
晴れ渡った青空のもと、第二浄化センターに10チームの6年生合同チームを集めての大会です。
3つのブロックに分かれての予選リーグと、勝ち上がれば決勝トーナメントを戦います。
志貴グッドボーイズには昨年JFを卒団した先輩達の3人が入団しており、いいところを見せたい一日です。

まずは予選リーグ。
11時過ぎに始まった試合の相手は、河合町スポーツ少年団。
なんと全国を制覇したT君を擁する強豪がいきなりの相手です。
既に1試合を落として後のない河合町スポ少が、全国レベルの投手が本気で立ち向かってくれるので、考えようによっては滅多にないチャンスです。
豪腕投手にどこまで通用するものか、対戦を楽しみに臨みました。

……しかし、結果はパーフェクトに抑えられ、打者15人で12三振。完敗どころか相手にもなりませんでした。
試合はそれでも先発の脇が負けじと好投し、投手戦。
散発ヒット2本に抑えながら、わずかに一発1本に沈みました。


続くフレッシュJapanとの対戦。
今度は軟投派のピッチャーに全くタイミングあわず、あまりの落差がありすぎました。
この試合もノーヒット。
試合はそれでも先発の近藤が負けじと好投し、投手戦。
散発ヒット2本に抑えながら、わずかに4裏にタイムリー1本が出て1失点。
こちらも完敗です。


◆本日の試合結果
 鳥見JF 0−1 河合町スポーツ少年団
 フレッシュJapan 1−0 鳥見JF


結果は予選リーグで敗退。
投手陣はがんばってくれたものの、打撃陣がさっぱりでした。
できることなら7回戦を戦いたかったですが、選手達にはいい思い出になったことでしょう。
3
投稿者:すこあらー
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/38 
 

JF掲示板

JFで野球がしたい子は・・・

まず体験入部で雰囲気を知ってみてね。下のメッセージボックスに連絡の上、三碓小学校に遊びに来てね。

ホームグランドは?

三碓小学校をホームグランドとしています。

メッセージBOX

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
AutoPage最新お知らせ