高血糖:雑学
2018/3/12 | 投稿者: shinomiya

2017年に別のブログ/備忘録で書いていた。
とっても大切な情報が入っていると、今年2018年に読み直して納得した。

先月愛犬モモを高温の臓器だからありえないという脾臓がんでなくしたが、それ以来、炭水化物の悪影響が気になっている、ドックフードは、乾燥のものは、小麦粉の塊というから。そして、犬の世界も癌や皮膚病が増加していると聞いたので。
人の場合も同じ?


"備忘録 3011 オレンジタッパー"から;

2017年7月28日金曜日
「臓器は若返る」拾い読み


玄関横の書架の下の段に、「臓器は若返る」(メタボリックドミノの真実)があった。
2010年に出版。高血糖症の私にとって、大切な書籍の一つです。

拾い読みしました、今日、あらためて。

炭水化物の取りすぎはよくない。
炭水化物は減らす方がよい、肉体労働者でないのなら。
メタボリックなら、炭水化物は減らすべきである。
糖尿病なら、境界線なら特に、炭水化物の取り方に注意がいる。
砂糖や果糖も。
カロリーの原点である。
気を引き締めました。


「臓器は若返る」伊藤裕 ISBN978-4-02-273353-5 朝日新聞出版

酸素を求めるミトコンドリア
ATPを作るときに酸素が必要なのだ。

われわれは、太古の昔より、こうして、「食べること」と「息をすること」で、栄養素と酸素を、われわれの友であるミトコンドリアにささげ続けてきた。その見返りにわれわれはミトコンドリアから多量のエネルギー源ATPを受け取ることができ、そして生き続けてきたのである。

臓器たちが炎症を起こすとき
メタボリックドミノが進行する上では、各臓器で時間をかけて少しずつ進む炎症(慢性炎症)が重要な役割を演じている。高血圧や高血糖などによって細胞でのミトコンドリアの機能が悪くなると、エネルギー分子ATPの産生が障害され、細胞の機能が低下する。そのことを「感知して」障害された臓器で炎症が起こるのだ。そうなるとさらに細胞機能が悪くなるという悪性サイクルが起こってしまう。この悪性サイクルがどんどん回って細胞機能障害が増幅されることがメタボリックのドミノ倒しの推進力の本体なのだ。

炎症は酸素欠乏を感じやすい臓器で起こるのだ。酸素を求める臓器は、酸素不足になりやすい。酸素不足とは酸素がうまく扱えなくなることであり、その結果、活性酸素が生み出され、そして炎症が起こるのだ。先にみたように消化器で臓器全体の30%の酸素を使う。我々は食べ過ぎるとすぐにおなかが痛くなったり下痢をしてしまう。「胃腸炎」はまさに消化器の炎症だ。

さて、高血糖が続くとこのランゲルハンス島に炎症が起こる。先に述べたように、肥満によりもたらされるインシュリン抵抗性に対抗して血糖を正常化しようと、膵臓はインシュリンをたくさん分泌している。ところが膵臓に炎症が起こると、膵臓のランゲルハンス島のベータ細胞が破壊されてしまう。すると、インシュリンの分泌が落ちてしまい、ついに糖尿病の牌が倒れるのだ。

糖尿病で高血糖にさらされ続けると、ミトコンドリアは傷つき、故障してくる。そして、ATP産生能力は落ち、逆に活性酸素の発生は増える一方となる。このことが、高血糖がなぜキケンなのか、という疑問に対する答えだ。
こうして古くなったミトコンドリアを掃除して新しいミトコンドリアに入れ替える仕組みを宿主の細胞は持っている(「ミトファジー」)。

唯一老化しない細胞 − 癌

カロリー制限をすると血糖は低くなり、膵臓から分泌され血糖を下げるホルモンであるインシュリンの必要量が少なくなるため、その血中濃度も低くなってくる。このような状態ではインシュリンに対する感受性は高くなる。

実際に、90歳まで生きた方々の血中インシュリン濃度を測定してみると大変低い。

腹八分目とは?
「いつもおなかが減っている感じ」に

メタボエイジングの研究を進めることになったブレイクスルーは、ボストン、マサチューセッツ工科大学のL.ガレンテによる長寿遺伝子「サーチュイン」の発見である。
また最近彼は、サーチュインを普通よりも多く産生する動物では、寿命が延び、癌、認知症、糖尿病が抑制されることを報告している。
つまり、栄養状態に合わせてサーチュインは、様々なタンパク質の機能をコントロールするわけだ。
サーチュインはカロリー制限によって増えることが明らかにされた。

このように、カロリー制限によって長寿遺伝子サーチュインが活性化しミトコンドリア力がアップすることが、メタボエイジングにブレーキをかけ長生きする鍵となる。

インシュリンの光と影
このように、インシュリンはいろいろな「エネルギー貯蔵物質」が合成されることを促進する。

ただ食べ物を減らすより、積極的に体を動かすほうが、ミトコンドリアをより活性化できるのだ。

したがって、「ちょいきついめ」の運動をすると活性酸素が発生してしまう。しかし、このほど良い量の活性酸素は実は「からだを鍛える」のだ。つまり、高効率のミトコンドリアをつくる刺激となる。
高効率ミトコンドリアとは、ATPはたくさん作るが、活性酸素の発生は低く抑えることができるミトコンドリアであると説明した。ミトコンドリアは、活性酸素を消し去る作用のあるいくつかの酵素を持っている。

有酸素運動を20〜40分、週2〜3回、
美しいピンク色をした筋肉を鍛えてほしい。

(「臓器は若返る」伊藤裕 ISBN978-4-02-273353-5 朝日新聞出版)
  本体700円

2017-7-28





2017年1月18日水曜日
ミトコンドリアを増やす


先日調べていたら、こんな情報がありました。--- 後半に書いた。
有用な、はなしでした。


血糖値のコントロールがうまくいかなくなった時にいろいろ考えると思うのですが、その時にこの反省事項や後半の事柄を知っておくと、うまく持ち直すと思い、自分のためにまとめました。

(事態)(血糖値500超)
昼間はDVD鑑賞で全く動かず、酒粕ドカ食い200g・アイスクリームドカ食い150g・チョコレート100g・林檎半個を夕食がわりに食べ、ビールロング缶・ワインコップ1杯で酔っ払ったあとの二時間後に急に喉が渇いて渇いて(血糖値500超)、水をがぶがぶ飲みました(それ以外自覚症状なし)。それでもダメで、1時間ウォーキングしておさまりました(300)。翌日には200ではあるものの空腹感もあり顔も腫れず全て正常ではあるものの、この10年間でありえない事態。炭水化物制限の反動化、恐ろしや。12月中旬のHbA1c=6.7、しかし朝食後血糖値94で中性脂肪が37なのにLDL=151(HDL86)で、、、心臓がパクパク動悸すること出てきて、セイブル50mgを飲むのをやめた上に炭水化物やお菓子を食べ進めてしまって、今回の反動。。。かも。
16日の前日朝に胃カメラを飲んだので、薬で、腸の最近の状態が変わったのもあるのかもしれないが、10年前の入院後、この超高血糖を許した自分が悔しい。


(志)
※やはり、恐れず、血糖値は定期的に測らないといけないこと、肝に銘じる。
※朝か昼に炭水化物を少なめにとり、夕食は酒と炭水化物と糖類を確実に省く。
※魚か鶏胸肉をよく食べる。
※緑黄野菜をよく食べる。--- 青汁に頼らない。
※朝一は青汁。
※空腹感を快く感じる。
※10〜30分運動を三回以上/日する。
※きつめの運動を1〜2回/週する。
※時間があれば風呂に入る。
※血糖値が高い時、下がるまで、酒と炭水化物と糖類を省く。
※毎週時々、すい臓を休ませる(1日酒と炭水化物と糖類を省く)
※スーパービール酵母とビオヘルミンを忘れず飲む。
※ヘルシーファイバを使う。
※....酢を取る(少量のご飯に吸わせると刺激が消え甘くなる)

一番は、運動を忘れない・・・・・・筋肉もつけること、足。


(資料)男性の19.5%、女性の9.2%が糖尿病
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2016/026191.php?dm=i1612a
糖尿病ネットワーク
【国民健康・栄養調査】 男性の5人に1人、女性の11人に1人が糖尿病

厚生労働省は「2015年国民健康・栄養調査」の結果を公表した。「2015年国民健康・栄養調査」は昨年11月に、20歳以上の男女計6,655人を対象に実施された。
主な内容は下記の通り――

男性の19.5%、女性の9.2%が糖尿病

 「糖尿病が強く疑われる者」の割合は、男性 19.5%、女性 9.2%で、昨年の調査に比べ増えた。男性では50歳代 18.8%、60歳代 22.9%、70歳以上 27.3%、女性では50歳代 6.5%、60歳代 11.4%、70歳以上 17.2%が該当する。この調査の「糖尿病が強く疑われる者」は、HbA1cが6.5%以上、または糖尿病の治療を受けている人が該当する。


(資料)1gの糖質が血糖値を約3mg上昇
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-1163.html
ドクター江部の糖尿病徒然日記 の
糖質の種類及び血糖値上昇率・第三金曜ライブ から:

食の場合で糖質1gは4kcal
  *40%制限:1500kcal x 0.4 / 4= 150g
  *20%制限:1500kcal x 0.2 / 4= 75g

1gの糖質が体重64kgの2型糖尿人の血糖値を約3mg上昇。
  *体重に反比例:体重32kgであれば約6mg上昇
  *1型糖尿人:1gの糖質が体重64kgでは約5mg上昇。



(資料)マグネシウムもタウリンも多く摂取
http://hakuraidou.com/blog/10190/
2型糖尿病予防には緑色の葉もの野菜が有効|英研究 から:

カーター氏の研究チームは抗酸化物質とマグネシウムが豊富であることから緑色葉野菜の有効性を指摘している。

家森幸男先生によれば、高血圧・高脂血症・糖尿病などに関係しているのはマグネシウムとタウリンであることが研究でわかっている。

世界中で調べたところによれば、マグネシウムもタウリンも多く摂取している人は高血圧・高脂血症・肥満が少ないのだそうです。甲殻類に多く含まれるタウリンには、悪玉コレステロールを減少させる効果があるそうです。


(資料)ミトコンドリアを増やす細胞のスイッチがオンになること
http://hakuraidou.com/blog/52965/
スタミナアップ!ミトコンドリアを増やす2つの方法|#ためしてガッテン から:

スタミナをアップさせるポイントとは?
ミトコンドリアを増やす方法のポイントは、
「エネルギー不足の状態」をわざと作ってあげることで、
ミトコンドリアを増やす細胞のスイッチがオンになること。
 1.ちょっときつい運動をする。
 2.食事のカロリーを抑えたり、空腹の時間を長くとる。

ミトコンドリアを増やす方法とは?
 1.ちょっときつい運動をする。
 2.食事のカロリーを抑えたり、空腹の時間を長くとる。


番組では、ミトコンドリアを増やしたり、その働きを助ける栄養素についても紹介しました。
 ●タウリン ●ビタミンB群・鉄
イカやタコ、貝類(牡蠣)などに多く含まれる「タウリン」は、ミトコンドリアを増やす働きがあるそうです。ウナギや豚肉などに多く含まれる「ビタミンB群」やレバーなどに多く含まれる「鉄」はミトコンドリアがATPを作り出すのを助ける働きをしてくれるそうです。

 ●疲れた筋肉のマッサージでミトコンドリアが増加、筋肉の炎症が減少
エクササイズ後のマッサージを受けると、筋肉にはミトコンドリアが増加するとともに、筋肉の炎症が減少していたそうです。

 ●半袖外国人の謎|日本人より欧米人は体温が高い?「ミトコンドリア」「筋肉量」がキーワード

2015年8月26日放送のためしてガッテンのテーマは、「疲れやすい体にサラバ!スタミナUP若返り術」です。

2017-1-17
2017-2-24

KYT20180312MON.晴天

2018/3/12 | 投稿者: shinomiya

前回の投稿が2016年7月29日だから、
随分時間が経ったよ


実は思い出すのだが、その数ヵ月後の9月7日の大病院での半日ドックで意外に血糖値HbA1cが7.4で高くてショックを受けた。8月17日のいつもの最寄りのクリニックは結果は6.7だったから1ヶ月足らずで急上昇??? 
*5月14日も6.9だから・・・クリニックの医者も首ひねったけどね

それ以外にもピロリ菌の疑いを言われ、ドックの当病院での再検査と治療を言い渡された
がんがんとドックの医者から言われたので、加えてバリウムできつい便秘になってしまったので、おかげで完全に影響受けてとっても生活が狂ったよ。

バリウム飲んだあとの午後、確か河原町に出てビール飲んだのが良くなかったとかも言える。ドックの病院に何度も便秘薬取りにいったくらいで、バリウムが固まって死ぬかと本気で思った。


暮れにクリニックでできるというので検査したらピロリ菌=陽性と出た。

翌年、今から言えば去年になる2017年1月の胃カメラの結果は良好だった:
 きれいです、
 異常なし、
 25年前昔の十二指腸と胃潰瘍のあともほぼ消えていた

そして、引き続き駆除の一週間飲み忘れ厳禁の厳しいくすり漬け
ここで問題発生・・・
 7~8日は二女と下呂温泉と宇奈月温泉に行ったのに・・・
 12月後半から不整脈が増えてそれは炭水化物カットの影響かと思い、
 積極的に糖質というかお米や芋など炭水化物を食べた、
 糖質の元お菓子も抑えつつも食べたと思う、
 しかも糖質吸収剤セイブルを飲まなかった・・・
 *これは温和な先生なのに怒られた。
大きな間違いは、
 LG21を飲みすぎた・・・
 *甘くないやつえらんだけどなぁ・・・
 日2~3本とかなり飲んだ、1ヶ月間以上かな。


覚悟はしていたがHbA1cを見て驚き! 最悪の事態・・・
退院して以来の高値

4月19日:HbA1c=8.3
血圧も150~155/96~100

血糖値の記録

1月17日
 7~8日は二女と下呂温泉と宇奈月温泉に行ったのに・・・
 12月後半から不整脈が増えてそれは炭水化物カットの影響かと思い、
 *その頃炭水化物完全カットは心臓発作で有名人が死んでいて危険とあった。
 眠前=514(口渇く)
 *慌てて夜間のジョギング後=289、そのまま睡眠へ
 *原因:酒粕食べ過ぎ
1月18日:翌朝〜
 起床=209(自覚なし良好、空腹感有り、尿無色)
 15時=167・・・正常域に戻る
 眠前=107・・・完全に下がる

4月23日
 3月3~4日は和倉温泉に魚津に妻と行ったのに・・・
 眠前=297(また上昇)
 *原因:昼ビールして夕方熟睡
4月24日:翌朝〜
 起床:192(高いまま!!!)

5月14日
 朝食後:213
 *食後のアイスバーがダメ?
 *前の晩から高かったから輪をかけて上がった?
 *血糖値200超は当たり前の体質と考え諦めた・・・


やっぱり、脱炭水化物・脱糖質に徹底し、毎晩夕食後多少の筋肉つけるきつくない運動と京都市内を週2~3回は3時間歩くことを目標とした。

 8月17日:HbA1c=6.6
 12月10日:HbA1c=6.7
2017年
 4月19日:HbA1c=8.3
 6月4日:眼科へ、眼底等異常なし
 6月28日:HbA1c=7.7
 9月22日:HbA1c=6.8
 10月29日:HbA1c=6.4
 12月4日:眼科へ、眼底等異常なし
 12月13日:HbA1c=6.6
2018年 今年
 2月26日:HbA1c=7.3(また上がった)
 2月27日:眼科へ、眼底等異常なし

目標は"6.4以下"
横浜の70才代のおばさんが突然すい臓がんでなくなったし米寿の母も糖尿病だし・・・

そんなわけで、
三月は毎日眠前の血糖値を測ってから、寝ている:
目標を120以下として。
でも、先日3月6日に眠前=208となった。
3日ほど110~117が続いたので気がゆるみ極細ポッキーを半袋直前に食べて、それが効いた・・・らしい・・・
ジョギングして帰ってきたら=88に下がっていたから、いかに簡単に私の体は血糖値が上昇するかがわかった。それからいかに炭水化物の高血糖は下がりやすいかもわかった。

背中が張って痛い(首を前に倒した時と後ろの倒したときに痛い、じっとしているときはなんともない)のが続いていて、毎日ではないけど、9月中頃から突然始まった。内蔵の病気かな・・・と不安。クリニックの先生からは、すい臓なら胸を張った時に腰の上あたりが痛む、動いている時だけにいたいなら内蔵は関係ないよと。気になるのだったらCTスキャンする紹介状書くよっと。湿布出しましょうか?いらない?その程度?!

この先生、半日ドックの総合病院のドクターとは違って触診をいつもしてくれる。
胸の音を前と背中から聞く、
上向きに寝かされてお腹のあちこちを押して聴診する、


それと、2月は猫の日の翌日23日に愛犬モモが旅に出た・・・
英国に帰っていった・・・小型のコーギー女の子。
 生まれてから一緒だったくりおばさんが旅立ってから三年余、
 やっぱりさびしかったんだよな、
 もっとわかってあげればよかった。
 もう帰ってこない、2月はお世話をしました、
 しんどくなかったよな?
 どうしてもっと気を使ってあげられなかったのか・・・
まだ、さびし〜いよ!!!

二月は他に会社である時期に身近にお世話になった人が二人の、たけむらさん20日、去年9月の写真展で見せてくれたPCの中にあった膨大な海外の写真のとのむらさん14日、そして月の始め頃に、隣の隣のとなりの奥さん、となりの100歳近かったおば〜ちゃんたちも、旅立ちました。去年は同じ頃の1月に会社で入社時にお世話かけ大学の先輩であられた、あらせさんがいなくなったのでほんと〜に寂しいです。とのむらさん、英国はリーズにいたマルバニーさんはどうしているでしょうか?、、、1991年ごろでしたか懐かしいです。

KYT20180312MON.晴天






1月の初めに

2016/7/29 | 投稿者: shinomiya

あれから随分と月日が過ぎた。

HbA1c(NGSP)=6.9 およそ、6.8~7.2を行き来している。

2013年は6.2~6.3だったから高い。
前立腺の値も上がった、1.7(44mmサイズ)。
2013年が0.8だったから、二倍になったということである。

これまでしてきたことは、脱"糖分+炭水化物"であった。
しかし、アルコール飲料が乱している。
高雄病院の先生の言われるとおりである、
すい臓を休ませる一番で即効性のある方法は、
糖質分を取らないことに限る・・・・


最近、血糖値を測定しなくなった。
ひとつはストレスかかること、
出る値に一喜一憂して生活が乱れること、、、、

最近の指標は、
「排尿の勢い」
勢い∝血糖値があり、勢いあるときは血糖値も低い。

脱「糖質」、脱「炭水化物」


KYT20160729晴天

タグ: 血糖値 前立腺

2015/8/4 | 投稿者: shinomiya

グリーンマグマ

これ知っていますか?

青汁」です。

青汁というよりも、グリーンティー

美味しいです。

一番下の娘は、牛乳に混ぜて飲んでいます。

よく混ざります。

葉緑素だと思います。

混ざりっけない青汁です。

毎朝、起きて最初に口にするものです。
絶対オススメです。

クリックすると元のサイズで表示します

2015-08-04-KYT

2015/8/4 | 投稿者: shinomiya

血糖値が上がって、
というよりは、

下がらなくなってから、


2006.4
2007
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015.8


こんなに年月が流れましたヨッ!!!!!

今朝は、146(起床時)
先週は、118(起床時)

何が違うのでしょうね、、、、
毎日、猛暑が続き、新陳代謝は絶対に良いはずなのですがね!


先週東京に行ったのだけども、新聞技術展示(JANPS)なるものがあって、出張できるとのことで出向いたのだけども、「変な咳」をもらってしまいました。
咳き込んで咳き込んで、今もまだ、一向に取れません。
多分あいつだと思います。
話なんかするべきではなかった。
自己本位な嫌な奴で、
何年も前のことを、
未だにちびちび言うのです。
なぜ会いに行ったのか、、、、、、


2015-08-04-KYT


2014/11/13 | 投稿者: shinomiya

ブログを引っ越したいがわからないと書いたが、

やっぱり

引っ越さない、ことにした。
このまま、このTeacupにとどまるつもり。

久しぶりに、2006年ごろの高血糖が止まらなかった頃の文章を読んでいた。
いろいろ、手探りで、苦労していたのを思い出すよ。

いま?

HbA1c=7.0 だ。
国際基準に合わせた基準(NGSP値)だから、旧基準=6.6 だ。
+0.4、予定よりも高い。

四月末に入院してインシュリンを打っていた時から、8年と半年たった。

2014-11-13-KYT

2014/2/11 | 投稿者: shinomiya

久しぶりの投稿。
お引越ししたいのだけど、わからないまま。

2013/9/17 | 投稿者: [N/K]

----集計中------------------------

時をさかのぼる:

2013年/Hba1c/空腹時血糖値月平均

09: ---/131.9(~9/17)
08: 6.3/121.2
07: ---/126.2
06: ---/145.8
05: ---/132.7
04: ---/153.7
03: 6.6/140.3
02: 6.8/147.5
01: 6.8/171.0(n=3)

2012年

12: 6.8
11: 6.5
10: 6.5
09: 6.5
08: 6.3


9-17-2013[NK]

2013/9/10 | 投稿者: nk

久しぶりに、本当に久しぶりに、自分のブログに戻ってきた。

あれから、ずいぶんと経つ。
しかし、ず〜っと、血糖値とは取り組んできた。

2013年4月末、医者と別れた。
----
どうですか? いい(良い)薬が出たんですよ〜。
試してみませんか、もうそろそろ・・・・
--
この言葉に、そして、
----
患者は看護士の言葉に従うものだッ!
看護士の言葉は、医者の言葉だッ!
質問をするなッ!
-----
が最後の会話というか言葉であった。


このときのHbA1c=6.6-6.8(旧の値)=7.0-7.2(国際基準値)
*+0.4が新基準で新値。
確かに高かったけど、食事療法と運動でクリアしたかった。


9月の健康診断では、HbA1c=6.3(旧の値)=6.7(国際基準値)
7月後半から青汁を飲み始めた。

朝空腹時の血糖値:140-170mg が、110-140mgに下がった。
効果ある

目標は、110-120mg

2013-9-10-nk-



タグ: 青汁

2012/4/25 | 投稿者: 私

昨年12月(間違いなくそう思う)から悪化している。
11月末日に「6.4」(ヘモグロビンA1c)だったのが、
1月中旬に「7.2」(0.8アップ)

そして、節制して、
2月に「6.7」(0.5下がった!)
3月に「6.9」(0.3の差に戻った

そもそも、2006年の4月の緊急入院以来の、
最高値(7.2)を突破してのことなのです。]


ブログを再開します


4月に入ってからから、インシュリン日記と称して、
睡眠前の値を、
測定始めました
(久しぶりの再開です)、、、

20日以上経ちましたが、
良くない。

140以下に目標定めていますが、
160あたりが多くなっている、、、
運動しても、
下がり切らなくなっています。

インシュリンが欠乏したか?
 睡眠前「237」->「137」起床
 睡眠前「209」->「144」起床
 睡眠前「117」、「118」
という数字があるので、
欠乏はしていない。
※していたら、睡眠中に下がらない。


//////////////////////////////////////////


そこで、改めて、炭水化物ダイエットを、
厳密に行うことにしました。

カーボン値のことだよ

倖田來未も言っているように(どこかで又聞きした)、
夕方6時以降は、炭水化物を口に入れない
夕方6時前には夕食をすませる
を実行することにした。

肉は食べます、、、主食にはしませんがね


それと、

(1)炭水化物「1g」=血糖値「3mg/L」
   ※繊維質も含める
   ※ゆっくりと血糖値は上がる、
    しかし、食べた分はかならず血糖値になる。

(2)糖質「1g」=血糖値「3mg/L」
   ※直接血液に入るため、
    血糖値は、点滴のように急上昇する。


(3)血糖値を下げるのは「筋肉」しかない。
   ※筋肉が衰えると不利。
   ※筋トレは週1回、
   ※普段は有酸素運動やストレッチ運動が効果あるのだ、
    自転車で散歩、縄跳び、スポーツできるときは羨ましいね、、

(4)悪いストレスは、効果を邪魔する。
   ※高血圧も、血糖値も、コレステロールも、
     みな、ホルモンバランスが崩れた結果です。
   ※パソコンで仕事する私は、
    「キーボードで打ち込む姿勢」をそのまま6時間持続できる。
     ※息を詰めて6時間作業が出来る。
      これは、大変なストレスを体に与えています。

(5)生活習慣病は、
   栄養を高効率で吸収できる人ほど、
   病気になりやすいのだ、
   と思う。
   
   食べた後、便秘は禁物(すっかり栄養吸収します、毒素も)。
   高効率な高燃費エンジンだと思って、
    1、たくさんの種類の素材を少しづつ食べる。
      ※その土地で取れるものを食べる
    2、おなかがすかないのに、いつもと同じだけ、食べない。
      ※「がばっ」と減らす、
    3、夕食は、少しだけ、、、、年配になるほど、、、、
    4、粗食(サプリメント)や素材の種類の少ない食事は禁物
      これ、栄養が足りなくなるのだそうな、、、
      

は、いつも覚えておきたいことです。

20120425KJ@O

2010/2/17 | 投稿者: nk

2008年2月以来の、二年ぶりの記事、、、、

あのころは、ヘモグロビンA1cは5.8程度だった。
今は、6.4だよ、、、
この一年、6以上のまま。


2009/2/1 | 投稿者: NK

● よくやるよねぇ〜、ご苦労さん
    ----- そんな小さな金額で一生懸命にやって、、、
● 人がいいんだから、
    ----- 困ったものよ、人の言いなりになって
● それでいいと思ってるのかッ!
    ----- 完璧にやれ!


「忘私尽他」

今年の元旦に、山科毘沙門の館長さんからいただいた言葉です。

人から何言われても、信じたい。
しかし、ストレスを感じるなぁ・・・


クリックすると元のサイズで表示します

2009/1/31 | 投稿者: NK

AOLのブログが、今晩閉鎖されるので、ぎりぎり引っ越してきました。1月中に引っ越さないと思いつつ、忘れてていたのです。本当にぎりぎりでした。全く忘れていたのに、どことなく頭をよぎり、神のそよ風が吹いたのかもしれません。

(余談)
しかし、今、ワープロして感じるのは使いにくいATOK。癖がありすぎて、設定が勝手に変わって、ローマ字変換ができなくなるわ、英数字が入力できなくなるは、糖尿病にはストレスのかかる!!! あっという間に、30分も無駄な時間が過ぎました。やっぱり、はじめから付いていたのに戻します。1月は使ってきたのに、もったいない。もっとも、誤字脱字がなかったのは良いのではありますが、設定が直感的でなく、複雑(癖がある)ではストレスかかります。ホンマ、残念!!!


「ホッとしました」と書きたかっただけです。

2009/1/31 | 投稿者: NK

メタボリック バカにできないよ

健康診断で、異常なかったって安心していても、血糖値は「本当」のこと記録されていない 朝、空腹時の値計っている理由は、他の値を正しく検査するためで、「血糖値」だけは食べてしっかり食べてその後に計らないとわからんのじゃ

すなわち、メタボの怖いのは糖尿病で、空腹時はほとんどのところ低いのであって(治療中の糖尿の私ですら)、食べた後の高血糖が響いてるのです

正常な人は、上がらないのです。特に、夕食食べた後は下がりにくくて、夜の間中上がり放しで、朝頃に下がってくるのです。

問題は、上がっている時間で、その時間が長いほど「糖尿病」なのです。
私、入院前の数年、朝の空腹では「110〜130」、入院前の一年前は「少し高いねッ」で、「134」でした。しかし、入院直後、たっぷり食べた後は「200以上」でした。信じられませんでした

最近は夕食のメニューを厳重にして、「160前後」に回復してます、、、、

「糖尿病」、なんだそれッ、ってバカにしてる人、調べてはどうですか?血液の糖化度を調べる検査があって、健康診断では言わなければしてくれませんが、ヘモグロビンA1cを計ってはどうでしょうか?
この値は、空腹時の血糖値とは無関係に、どの程度血液に糖分が含まれているのかがわかるのです。過去2ヶ月間位の血糖値の平均みたいなものです。高血糖になってる時間が長いと、高くなります。
入院直後、「10」を軽く超えて「危ない」といわれました。
普通、最大「5.7」程度です。
若い人や正常な人は、「5」前後らしいです。
私、努力して、この上限値を目指し維持に努めてるところです。

世間の皆さん、甘くみてはいけません。一度でも「糖尿病」になると、正常には戻れません。進むだけなので、食事や運動やストレス低減など・・・毎日努力の生活になります。膵臓の病気で、ホルモン(インシュリン)が聞かなくなる病気ですから、自分の体質や正確に合わせて「無理しない!+どろどろした生活につきあわない!」

2008/10/19 | 投稿者: Author

何回目の検査になるのだろうか、、、

〆゛.... 新横浜の労災病院へ行く、、、

〆゛.... 机の上の「キッパリ!(たった5分間で自分を変える方法)」眺めている・・・

〆゛.... お勧めです、この本。





AutoPage最新お知らせ