2009/11/9  0:00

洗車  サイクリング

かれこれ一ヶ月間も初号機に乗っていない日々が続いておりまつwwwプッ

9月下旬のサバイバルツーリング「ツール・ド・房総半島」を
我ながらにして見事に制限時間内に完走したことの達成感で満腹になったことや、
その前後の家庭内のちょっとしたトラブルによって、
走る気になれないというスランプ(?)が続いていて、
約1ヶ月近く初号機はサイクルカバーに包まれたままですたwwwプシャ

そしてお休みの今日、スランプを打破する意気込みで
初号機がいつでも走れる恥ずかしくない状態に戻す事にしますた。
つまり、洗車でつ。

変速機とその周辺の油汚れはロードレーサー乗りとしての恥。
汚れたロードレーサーでいくら豪快に走っても、
高速な回転で空気に触れるという意味では呼吸器に相当するチェーンと変速機が汚れていたら、
いくら綺麗な景色と空気を感じても、その確かな美味しさを感じ取る事ができないwwwぷ

用意するものは

クリックすると元のサイズで表示します

左がディグリーザー(油落とし)で右が洗剤。

ディグリーザーは強力な油落としのため、フレームの塗装を剥がす心配があるので取り扱いには十分な注意が必要となる。
主にチェーンの洗浄として活用しまつ。

洗浄前のスプロケットとチェーン

クリックすると元のサイズで表示します

まずはチェーンの洗浄

クリックすると元のサイズで表示します

ディグリーザーを含ませたチェーンの洗浄器を取り付けて、ペダルを回転させる。
すると

クリックすると元のサイズで表示します

たちまち真っ黒な油が除去される。

そして洗剤をスプロケットに吹き付けて、柔らかいブラシで撫でるように擦る。

クリックすると元のサイズで表示します

これだけでは完全に油を除去できないので、最後に初号機全体に水をかけて
砂埃と変速機に付着したままのディグリーザーと洗剤をいっきに洗い落とす。

すると

クリックすると元のサイズで表示します

油で呼吸困難だった初号機のスプロケットが息を吹き返すwwwぷ

あとは細かな部分まで水分を取り除いて注油して完成♪

これで、いつでも走れる状態になりますたよっと♪

クリックすると元のサイズで表示します
(タイトル:「初号機とたまたま写った見知らぬお母さん」)
www:∵ゞ(≧益≦;)プッ

しばらくは遠出(日帰りチャリツアー)が出来ない状況だろうけど、
せめて地元の荒川CRのキツい風を感じることが出来る日が訪れることを楽しみにしつつ。


んじゃ、またな
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ