2018/6/22

戦場のヴァルキュリア4 プレイ開始  ふと思いついた事。

今週はじめからプレイ開始。

ゲームをすると「隙間時間」がなくなります。

個人的には読書は「隙間時間」を要します。

隙間時間とは「無駄な時間」ではなく、止まって考え込んだり、回想したり。

このブログの記事も「隙間時間」から生まれた疑問だったりを備忘録的に記事かしています。



つまり、ゲームをすると必然的に読書やブログ更新ができづらくなります。

ゲームは思考のジェットコースター、わんこそばは真実で「考える暇なく次々と楽しみを提供」してくれる。





戦場のヴァルキュリアは初代のみプレイ。

2、3は予算からかPSPのみとなり解像度の低さに阿鼻叫喚し未プレイ。


シミュレーション部分はスパロボより好きですね。

ただ時間がかかる。

UI部分に改善点が多い。

・敵移動時に早送りができない。ただでさえ遅いのに。
・敵移動時の視点が悪くてどこ移動しているのかわからない。
・味方行動選択の矢印認識範囲が狭すぎる。
・たくさんあるパワーアップ系の選択を一括にできずいちいち一つずつしなければならない
 →毎話10分かかる面倒臭さ・・・。


物語はよくあるアニメのような誇大表現で(例えば怒ったらとりあえず殴るとか)辟易気味ですが、これはアニメと人間を媒介する翻訳機の性能が悪いからなので、大目にみれます。

アニメ=誇大表現、パッと見で役割がわかる顔が完全覇権を握っているので、細かなニュアンスを浴びたいならインディーズまた大手が遊び枠で作った作品を選ぶしか。

今月中にクリアしたいです。

そろそろニーアオートマタかモンスタハンターワールドを始めなければならないので。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ