関係性

 社会のすべてが関係性によって成り立っている。
 この関係性によって多くの市場情報や生活情報を獲得でき、次の一歩への考えもまとめることができ、今までの考えを変えることもできる。
 情報取引の連続性によって、企業間関係や人間関係に信頼関係が結びつき、相互依存関係にまで達することを期待したい。

 

メール

メールは こちらまで

カレンダー

2017年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:shox r4
その象徴が、年末年始に大きく注目された派遣村である。それ以後の派遣村に関する報道は散発的なものでしかなかったが、4日の朝日新聞夕刊では、派遣村が表す新たな社会像を高く評価する論考が相次いで現れていることが伝えられている。しかし、折りしも同じ4日の本紙では、『就職の壁 自立模索』という見出しのもとに、五ヵ月後の派遣村の厳しい現状が報告されている。

http://www.okshoxr4.com/
投稿者:moncler jacket
第1回は2005年10月にロンドンで(第1回国際平和省会議、と称していた)、第2回は2006年6月にカナダで行われ、私も参加しこのブログで報告しました。そして第3回が、この日本で9月21日から10月3日(本会議は21−25日)まで開催されます。

http://www.goodmonclerjacket.com/
はじめまして。
こちらの記事に、とても、とても共感しまして、私の拙いブログで、ご紹介させて頂きました。
もし、不都合がありましたら、ご連絡ください。宜しくお願いいたします。

http://blog.livedoor.jp/naru153/
投稿者:morichan
 1984年さん
 コメントを有難う御座います。
 いま進んでいる「平和省プロジェクト」は「防衛省」への敵対的仕組作りです。基本は反戦を世界に広げようとするものです。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:1984年
平和省ってどっかであったような、、、と記憶をたどって検索してみたら、、、

ありました、平和省という戦争をする省が。
これって防衛省という侵略をする省があるのと同じでしょうね。
投稿者:morichan
 千年虫さん
 「最強の防衛策はどことでも仲良くすること」という解説文を私もこれから使わせていただきます。
 「協力金」まで有難う御座います。ブログ間の関係性が実態のあるものに変わる瞬間を実体験しました。これからも頑張れます。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:千年虫
国家の行動原理が利害で膨張が生理なのはしょうがないとしても、戦争が必要ではない訳で。
戦争や国防の動機は利益だといっても、争う当事者にとっては害しかあり得ないはずです。アメリカ国民にとっても。
最強の防衛策はどことでも仲良くすること、具体的な関係の構築が望まれる、ということで、その担当部署と窓口を各国に作るのはいい考えですね。
きくちさんは信用できるひとだし。僅かですが協力金を振り込ませていただきます。

ところでブログ開設一周年おめでとうございます。これからも健康に気を付けて持続されんことを。



http://plaza.rakuten.co.jp/1000nenmusi/
投稿者:morichan
 unaさん
 いつもコメントを有難う御座います。
 結局、どこかで、知らず知らずのうちに、一緒に腕を組んで進んでいくのでしょうね。一大衆同志で、身体を張って。そのとき、逃げていく政治家が分かります。ハリマオについていけないやましい政治家が明らかになります。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:morichan
 BLOG BLUESさん
 嬉しいコメントを有難う御座います。
 もう見ているだけでは許されない状況になってきましたね。
 私の母親は死ぬまで戦後一貫して憲法改悪を恐れていました。そんな時代が目の前まで来てしまいました。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:morichan
 junさん
 どうも平和憲法を持っている国がそれを活用せずに廃棄しようとし、持っていない国が平和憲法に憧れを抱いているという構図のようです。そして、「平和省」が出来上がった国があるという事実は、空想の運動ではないということではないでしょうか。
 企業収益の源は消費にあり、最も安定的収益のための戦争と「格差」による安い労働力を切り離すことはできません。ですから、どの政党も、どの議員も平和を口にしますが、この大企業と手を切らない政党・議員は信用なりません。今の政権が「防衛大臣」を置く理由はそこにあります。アメリカの現政権の主要ポストを戦争や石油の企業出身者で占めている理由もここにありそうです。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ