関係性

 社会のすべてが関係性によって成り立っている。
 この関係性によって多くの市場情報や生活情報を獲得でき、次の一歩への考えもまとめることができ、今までの考えを変えることもできる。
 情報取引の連続性によって、企業間関係や人間関係に信頼関係が結びつき、相互依存関係にまで達することを期待したい。

 

メール

メールは こちらまで

カレンダー

2017年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:nike free run
この記者の口からでる「政治テロ」は権力者のいいぐさであり、客観的に自らを見られない独断的で幼稚な権力者のいいぐさである。
 こんな不真面目な記事を書いて、それが採用される産経新聞にビックリするし、思想的に右か左かではなく、真面目な知性を一切持っていないことが伺える。今の安部政権にシッカリ合致しているとも言える

http://www.popfreerun.com/
投稿者:cheap ugg boots
そして続けて、「長崎市長の銃撃されたとの急報が入った。銃が厳しく規制されているはずの日本で起きてはならぬことが起きた。どんな理由があっても許されぬ政治テロだ。警察もまなじりを決して銃根絶に取り組んでほしい」と結んだ。

http://www.omgcheapuggboots.com/
投稿者:morichan
 abechangさん
 コメントを有難う御座います。
 私とは観点が全く違い、議論する気も起きません。
 ただし、一つだけ言わせてもらいますが、小泉・安部政権によって、一層アメリカの新自由主義に傾斜し、アメリカの軍事経済に合致した動きをしている、ということです。
 そして、日本の大企業もその方向が利益獲得と結び付くと考えています。いわゆる先進諸国の消費経済は落ち込み、最も安全な収益が軍事だからです。このような考えが、経済格差を庶民に強要しています。
 しかし、私たち庶民にとって最も大事なことは質素でも人を傷つけない行動だと思います。石油や原発そして戦争を追わないで、国内の農・漁業を大事にした生活がどれだけ幸せを呼ぶかということです。
 汚い北朝鮮はアメリカ、日本、中国等々の真似をしたがっているだけです。
 “争わない”しかこの先の見通しは立たないと私は思っています。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:abechang
安倍バッシングは朝鮮の利益
戦後の日本の左翼の活動は、ほとんど朝鮮総連が裏で手を引いています。
日本の天皇を打倒し革命を起こさせるのが彼らの目的で、その為に硬軟織り交ぜた工作をしています。

戦時中投獄された共産主義者は朝鮮系がほとんどです。コミンテルン打倒天皇制指令を支持し実行しようとしたのは、朝鮮系がほとんどです。それまでの日本人共産主義活動家はスターリン指令を受け入れず脱退しました。日本人の心情からは受け入れられないものだったからです。戦中投獄された彼らは通名を使っていますが、当時の警察の記録には朝鮮名と日本名が併記されています。戦後釈放され様々な手で日本国籍を手にした彼らは、日本の左翼運動紙の主流になっていきました。

学生運動も朝鮮系の学生が多く学内やセクトで台頭しました。こうした活動家の多くは、マスコミ関係や映画業界、広告代理店などで日本の言論の一角を支配しています。また現在も活動を続ける中核派や革マル派も、トップは朝鮮系です。

安倍バッシングをしきりに煽っているのも朝鮮総連です。NHK朝日問題や長崎銃撃など誤報でネガティブイメージを植え付けるのも彼らの巧妙な手法です。
統一協会ネタをリークしたのも朝鮮総連の影響下にある人間です。
北朝鮮強硬派の安倍を引きずりおろして、国交正常化を推進し日本からの巨額の援助を引き出したいが為に必死なのです。

あなた方の主張の根底にあるのは彼らの意思です。
あなた方の主張が達成されたとき、一番利益を得るのは誰か?それは日本人ではありません。
投稿者:morichan
 水葉さん
 明るいコメントを有難う御座います。
 3Kはとても面白いです。
 私はどうしても眉間にシワを寄せて書き、肩に力が入る習性があります。
 これからは笑い飛ばす位の書き方も学ばなければなりませんね。
 3Kは
  ・やり口が「汚い」
  ・あの時代に「帰る」
  ・読者の心を「壊す」
 余り面白くありませんね。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:morichan
 浜の偏屈爺さん
 コメントを有難う御座います。
 「関係のないエントリーを書いてる者にTBをして」は誠に失礼致しました。確かに、相手の家に許可なく土足で入り込む行為だと思いました。これからは注意いたします。
 ところで、産経新聞の記事が単に慰安婦問題や憲法問題をこの記者の考え方から述べているなら私は問題にしないし、私のブログにエントリーすることはないと思います。
 しかし、どう読んでも論理から外れて慰安婦問題や憲法問題に無理矢理持ち込んでいる姿が見え、私の周りの思想的に左右に関係ない人たちにこの記事を読んでもらって、その感想が私と変わらなかったことから約1ヵ月後にエントリーしました。
 ただし、この記事の最後の部分(長崎市長の銃撃)だけを取り上げたら、何の問題もないのですが、記事全体からの文脈から判断して批判しました。
 しかし、産経「新聞との関係は絶ってしまう」では、「懐を狭くしませんか」には考えさせられました。情報受け入れの範囲は広げておかなければなりませんね。
 本当に有難う御座います。これからも批判をお待ちしています。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:morichan
 kaetzchenさん
 二度のコメントを有難う御座います。
 改めて、この産経新聞の記事を読み直し、「論理的におかしいと反発した記事を書いた優秀な記者や,視聴率より右翼マスコミとしてのスジを通すディレクターはどんどん左遷させていった」が予測できます。
 また、他のブログエントリーの中身と関係ないTBが多く、申し訳なく思います。ただし、どうしても読んでもらいたいブロガーさんにTBをし、闇雲にはやっていません。これからは注意深く行動をしたいと思います。
 ちなみに、私は政治・経済・社会・思想等々のTBは全て受け入れていますので、気にせずTBしてください。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:morichan
 BLOG BLUESさん
 いつも有難う御座います。
 この記事を読んだとき、この記者はどの事件を主題にしても、彼の言いたいことを書くんだろうな、と予測できます。
 しかし、新聞ならこのような銃乱射や個人攻撃テロと係わりなく、慰安婦問題や憲法問題を堂々と自らの考え方を述べれば良いだけです。
 多分、全ての社会問題を彼の言いたい主題に持ち込みたいと考えているからだと思います。まさに、今が好機とばかりに。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:morichan
 lamerfonteneさん
 コメントを有難う御座います。
 産経のこの記事については、私の印象だけではなく、周りの人たちにも読んでもらいその印象が同様なものであったことからエントリーしました。
 短い記事からどう読み取るかはとても難しいからです。
 そして、みなさんのコメントから記事の奥をもう少し覗ければと考えています。ですから、私の知らない情報はとても有り難いです。有難う御座います。
 

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:kaetzchen
浜の偏屈爺さん,はじめまして.kaetzchen です.

| 仲間からの賛成は省みる必要はありません 反対の意見を述べる側(貴方の意見に反対だとして)の意見を注意深くモニターするという関係はとても大事だと思います

私もそう思いますね.私も思想的には反対であるものの,なぜサンケイが産業経済新聞から堕落してしまったのか,という思いは関西人だけに大きいです.

恐らく首都圏の人はサンケイというと単なる赤新聞・右翼新聞だと勘違いしているのではないかと思います.朝日新聞と産経新聞はある部分似た所があって,東京本社発行の紙面と大阪本社発行の紙面がぜんぜん違う,という特性があります.皆さんも一度で良いから大阪本社の産経新聞(とサンケイスポーツ)を読まれてみて欲しい.右翼イデオロギーがかなり減少した,ただのエンターティメント新聞,大阪の土着新聞です.朝日もまた同様.


| 関係のないエントリーを書いてる者にTBをしておいて自分と関係ないと断じる新聞との関係は絶ってしまう---この辺りの貴方様のやり方は懐を狭くしませんか 少し心配です

 関係性さんは以前からそうなので,私は気に留めてません.(^^;) 気に入らなければ,保留または削除すれば良いんですから.goo ブログならそういう機能もありますし.


http://blog.goo.ne.jp/kaetzchen/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ