関係性

 社会のすべてが関係性によって成り立っている。
 この関係性によって多くの市場情報や生活情報を獲得でき、次の一歩への考えもまとめることができ、今までの考えを変えることもできる。
 情報取引の連続性によって、企業間関係や人間関係に信頼関係が結びつき、相互依存関係にまで達することを期待したい。

 

メール

メールは こちらまで

カレンダー

2017年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:nike free 3.0
最近の日本の周りの海水温度が世界の平均値より高いのは、原子力発電所が必要な冷却用海水を取水口から取り入れ使い終わった水を放水口から排出することが原因と言う人もいる。女川原子力発電所1号機はこの復水器出入口における冷却用海水温度データについて、温度差の計算値が7.0℃を超えた場合、計算機上の温度差は7.0℃となるよう、不適切なデータ処理を行っていたことが昨年末に確認されている。
 温度差が7.0℃もあったら、普通以上の海水温の上昇が納得できる。

http://www.nike-free-30.com/
投稿者:nike free run
たとえ、参院選に狙いを付けても、素晴らしい提案なら私も支持したい。ものを深く考えられない安部首相であるが故に、様々な技術開発による温暖化防止は良いが、単に「低炭素社会づくり」にだけ眼が行っているとしたならかなり危険な状況である。これらの記事から、安部首相の背後に原子力に強い日立等の大企業が言わしているのではないかとさえ感じる。

http://www.nikefreerun.info/
投稿者:morichan
 jun(tyoiba6)さん
 おはよう御座います。
 今日はさわやかな東京ですが、原発周辺の海が徐々に侵されていくことを思うと、思いっきり深呼吸をしたい気にはなれません。
 そして、東京者は遥か遠い辺野古の海が軍によって犯されていく姿をボンヤリ見ている、と思うと無性にくやしく思います。
 このままでは本当に「海は、命の源」は遥か遠い昔の話になってしまいます。
 拝金主義の小泉・安部の頭の中には「海は、命の源」はないと思います。それを他人事のような態度を取る東京者は知らず知らず受け入れているとしたら、こんなに恐ろしいことはないと思います。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:morichan
 Nukerさん
 新しい情報を有難う御座います。
 「研究結果に関して、ガブリエル環境大臣は、『原子力発電は安く、CO2を排出しないという神話は一掃すべきだ。原子力発電は、気候保護対策の選択肢とはならない』とコメントした。【ドイツ連邦環境省】」を読み、そんなことだろうとは予測していました。
 どうしても権力者が原子力発電やその再処理をしたがる理由は、CO2以外にありそうですね。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:jun
すみません、さっきのコメントはjunです。
いつの間にか変わっていて・・・。

http://red.ap.teacup.com/tyoiba6/
投稿者:tyoiba6
今晩は いつもTBありがとうございます。
ちょっと前ですが日本海の海水温度の上昇が激しいというニュースがありました。
私はすぐに原発だ!と思いました。
見学した人から聴いたのですが、排水口付近では、お化けのようなワカメがわんさかだったそうです。それを見た彼女は背中が寒くなったと・・・。
コイズミ氏が、「環境と経済は両立(共存?)する」と安倍氏をけしかけたと、新聞のどこかで見ました。ひどい話ですね。

http://red.ap.teacup.com/tyoiba6/
投稿者:Nuker
原子力でCO2排出が減ることは無いでしょう。

http://www.eic.or.jp/news/?act=view&word=&category=&oversea=1&serial=15941
投稿者:morichan
 ニッパチさん
 「環境」を口にし、そのために「原発」や「再処理」を公然と言える神経が信じられないです。それに異論を唱えない多くの国家やメディアもです。
 その意味で、多くの国家から嫌われている平和主義の「憲法」を守ることは、世界の庶民の「環境」を守ることだと思います。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:morichan
 luxemburgさん
 訪問して頂いて有難う御座います。
 毎回毎回記事をエントリーする度に、怒りが燃え上がり、それがまた次のエントリーをさせます。
 こんな怒りの環境を速く失くさないと、回りの人たちにまで怒りを蔓延させているような気がします。
 「美しい国」や「美しい星」と平然と言える幼稚な権力者を失くさない限り、怒りは蔓延しそうです。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:morichan
 nakayosiさん
 コメントを有難う御座います。
 「環境」のために細かな配慮や技術は庶民の中には沢山あるのでしょうね。私たちはそうして経費を節減しています。それにしても、燃費が良くなる技術はいいですね。
 しかし、政府が「環境」を口にすると、その背後に隠された何かを疑います。
 これからも宜しくお願い致します。
 

http://green.ap.teacup.com/passionnante
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ