関係性

 社会のすべてが関係性によって成り立っている。
 この関係性によって多くの市場情報や生活情報を獲得でき、次の一歩への考えもまとめることができ、今までの考えを変えることもできる。
 情報取引の連続性によって、企業間関係や人間関係に信頼関係が結びつき、相互依存関係にまで達することを期待したい。

 

メール

メールは こちらまで

カレンダー

2017年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:cheap nike air max
この心理的「円安」は、金融機関(大手から中小まで、そして郵便局まで)や証券会社が外貨預金や投資信託を庶民の小銭を吸収する論理として、“ドルやユーロの金利が高いので金利の安い円では全く増えない”とお客に薦め続けてきた。そして、現実に日本政府による介入を遥かに超える71兆円が投資信託に投資され、「円安」は進んでいる。心理的「円安」は今では実態としての「円安」となっている

http://www.hotnikeairmax.com/
投稿者:nike requin tn
政府が抱えている外貨を一定程度売ることによって、円高で買ったときのものであるから円安の今なら利益が膨大で、減税に回すこともできる。そして、円安が是正されれば、素材輸入価格も下がり、大手企業の利益を下げるが中小・零細企業の収益は安定する。尚且つ、素材に直結したガソリンやトイレットペーパーなどの値下げが実行され、消費者の苦しみも少しは低減する。

http://www.nikerequinstn.com/
投稿者:nike free 3.0
・・それが、日本の低すぎる金利がもたらした歪(ゆが)み」と説明し、後者は円安すぎると答える企業の増加を「海外ファンドによる日本企業の株買占めが広がるなかで、円安が続くと、海外から見て株が割安になり買収攻勢が強まる、との危機感も高まっているのだろう」と解説している。

http://www.nike-free-30.com/
Morichannさん!しばらくです!
残念ながら私の応えられる範囲の議論>>どう説明したらよいのでしょうか?私もこの応対にはとまどっております?

私も説明が下手なものですから、どう説明したらよいか解らないでいた状態です。2〜3の言葉を書き込みます。

@一つの細胞が成長して維持できなくなり細胞分裂を起こします。
A組織大きな団体の構成は個人の集合体で成り立つてます、個人が成り立たなくなればいずれ団体も成り立たなくなります。今まさに団体、組織を守る余り個人をおろそかにし団体組織の維持が危険にさらされておるようですよ?

B宇宙工学でも最初から大きい実験をしませんね、小さい実験でいろいろ検討して大きな人口衛星などを打ち上げますね。ものの現象を捉えるためには小さい現象が成り立たなければ大きな現象もなりたたないといゆことではないでしょうか?

私が細分化問いゆのは大きな組織団体の指導者が小さな現象を捉えて大きな団体に応用していただきたいための細分化です。

国際競争もしなければならないので、大きな団体も維持しながら、小さい単位のものの捉え方を覚え大きな団体に応用し国際社会に君臨していただきたいと思うのですがね?

http://seiiti-syouji.at.webry.info/200612/article_1.html#trackback
投稿者:杉浦ひとみの瞳
トラックバックしていただきありがとうございます。
法律が専門なために、世の中法律で動いていると錯覚しがちな経済音痴ですが、経済の動きを適切につかむことが社会の動きをつかむことを実感しています。
もっと勉強しなければいけない分野です。

参考になるエントリーが多く、何度もうかがわせていただいています。

http://blog.goo.ne.jp/okunagairi_2007
投稿者:morichan
 仙台のくまさん
 残念ながら、私が応えられる範囲を超えた議論ですので、これ以上は進みません。
 ただし、私は「政府は決め細かな政策を打たないから」ではなく、庶民のための政策にはその気がないから、だと思います。ですから、昨日エントリーした「介護問題」も悲惨な状況になっていると思います。
 どの政府でもそうですが、先ずは誰の立場に立った政府かで大きく違うと思います。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
長官が増える事以外考えられない>>。。。長官といえども人の子、範囲の広い管理を与えられたら決め細かな判断に欠けます。

参考までに>>。。。。日本の軍隊が強かった原因は内務省といゆ現場の状況を速やかに中央に伝える役目を持つたことです。要するに現場から中央まで速やかに把握する機能をもたせたからこそ強い軍隊を維持できたはずです。それをみぬいたアメリカは戦後すぐに解体させたはずです。
要するに今の中央の行政は現場の把握が余りにも遅く後手後手に回っておるようですよ。
政府は決め細かな政策を打たないから、ヒヅミが出るのだと思いますがね?

http://seiiti-syouji.at.webry.info/200612/article_1.html#trackback
投稿者:morichan
 仙台のくまさん
 早速の返事有難う御座います。
 全体の規模を小さくするのではなく、細分化することなんですね。
 農業の場合、本来、細分化されているものを企業経営を導入して大規模化しようとする政府の動きがあります。決して良い方向に進んでいるとは私も思いません。
 しかし、政府部門の細分化によって長官が増えること以外には私の思考から外れて、残念ながらコメントできません。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
大変失礼しました、下のコメントで間違えました。機会を機械に訂正して読んでください

http://seiiti-syouji.at.webry.info/200612/article_1.html#trackback
早速のコメントありがとうございます、morichanさん!

政府を小さくするのではなく、政府の部門、たとえば、農林水産省を農林省、水産省のように小さくしてゆくことでしょうね?どうも人はどれだけの範囲の管理能力があるかでしょう。今の能力は機会の経済能力で考えられておるようですが、どうも、人が判断するものですから、人の管理能力で規模を考えられるのがベターと考えますがね

http://seiiti-syouji.at.webry.info/200612/article_1.html#trackback
1|2345
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ