関係性

 社会のすべてが関係性によって成り立っている。
 この関係性によって多くの市場情報や生活情報を獲得でき、次の一歩への考えもまとめることができ、今までの考えを変えることもできる。
 情報取引の連続性によって、企業間関係や人間関係に信頼関係が結びつき、相互依存関係にまで達することを期待したい。

 

メール

メールは こちらまで

カレンダー

2017年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:nike free 3.0
この節約術が難なくできる庶民の保身能力とその力強さを感じる。同時に、この中に誰でもできる環境への配慮がありそうである。貧乏人はいつでもエコな生活をしてきたし、今もしていることに気付かされる。逆に見れば、誰がこの環境悪化を進めているかを推測することは簡単である。

http://www.nike-free-30.com/
投稿者:ugg boot outlet
ある大手Y銀行の支店長や担当営業マンと融資で話し合いを持つ度に言われることとよく似ている。“社長のとこしはこちらにも回してくださいよ。金利を抑えないで、少し高めで借りても大丈夫でしょう。それに節税にもなりますよ。”零細企業の収益をかすめとる気持ち悪い上場企業のあり方を示している

http://www.hotuggbootoutlet.com/
投稿者:morichan
 kokemomoさん
 ワクワクする話ですね。
 同時に、強い環境への思いと極寒で生きてきた人の粘り強さから学ぶことが多そうです。
 ついつい環境を語りながらファストな生活と効率の生き方をしてしまいます。
 先月に家のリフォームが終わりました。お互いに話し合える建築組合にお願いしました。言うまでもなく、何一つ私はできません。言うだけです。
 ここで問題なのは、壊した部分が再生不能な合成板と石膏ボードですので、新たな国産無垢材でリフォームしましたが、一切再利用できない工事でした。
 庭の水やりや近所の人たちが自由に活用できるようにドラムカンに雨水を集める工事もしました。来年にはソーラーシステムを屋根に乗せようと話し合っています。
 多分、都会の建物の多くはペラペラな材木が使われていると思います。このような建物の再利用は不可能でしょう。この残念な状況が高度経済成長期に効率優先で完成し、無垢材を見つけることができなくなっているのかも知れません。
 私は4年前に大怪我(腰椎骨折)を海外でし、2〜30分以上かがんだり重い物を持ったりはできなくなりました。肉体的にできない分、他人を頼らざるを得なく、私ができることを探しています。
 大変さを喜びに変えるkokemomoさんを尊敬します。完成への途中途中の家作りの画像をたまにエントリーしてください。そして、完成時には私たち家族はお祝いに行きたいと思います。一歩一歩を学びに行きます。
 楽しみにユックリ待っています。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:morichan
 三介さん
 本当に有難う御座います。
 森を見るとき、川や海の環境と一体で考えないといけないと思います。
 そして、その環境に適した多様な森を守ることが、いかに大事であるかをこの絵と音楽は教えてくれます。
 同時に、これを守れない私たちの心が痛いです。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:kokemomo
morichanさん、いつも時間をかけたていねいな取り組みご苦労様です。社会問題に目を向けながらも、自分でできる範囲からの行動の大切さの発信はとても大事ですね。差別や争いや貧困のない社会の実現こそが私たちの求める未来ですが、そのためには、今を一人一人がどう生きるかがそれを可能にする第一歩だと私も思っています。
私たちは6年前からコツコツと自分たちで家を建てています。古い家を解体し、柱や壁板や天井板やレンガを再利用しています。リユースこそが環境に負荷をかけないもっとも効果的なことだと思っているからです。でもそれ以上にこうした古い材の持つ魅力は何物にも代えがたいものです。ただそれの大変さ!ほこりまみれになって解体し、時には水で洗い汚れを取り、使えるようにするには、新しいものを買ってきて使う、何十倍もの手間がかかります。効率優先の今の社会では、当然見捨てられてしまうのも理解できます。でも買ったほうが安い!それ自体が本当はおかしなことなのですね。
大切な地球に守られるために・・・私たちはずいぶんとこの家造りでは勉強しました。グラスウール換算で200ミリにもなる外断熱、電気を使わないパッシブ換気、コンポストトイレ、毛管浸潤トレンチによる生活排水の処理、日射を有効に取り入れるために多数の窓の設置、そしてその窓の5重ガラスなどなどなど・・・です。5重ガラス窓はお金の関係でまだ一部にしか入ってませんが・・今はボイラーを何にしようか検討しているところです。エコキュートも検討しましたが、低周波症候の原因になることがわかりましたし、第一、ここでは冬マイナス30℃を超えるので使えないことがわかりました。最近木材ペレットのボイラーが普及し始めたようですのでそれを検討しています。こうした家を業者に建ててもらうといったいいくらかかるのか見当もつきません。相当なお金持ちでもない限り無理なことでしょう。でも自分でやれば・・・・?こうして始めた、初めての家造りはわからないことばかりで本当に苦しく大変です。でもとっても楽しくもあります。自分たちでものを創り出す楽しさ・・・それは未来をも創造することになるからだとも思っています。どんな小さな一歩でもいい・・それがプラスに向かう一歩なら・・・morichanさん、いっしょに歩きましょうね。
さてこの家作り、後何年かかるのでしょうか・・・?

http://ch11440.kitaguni.tv/
投稿者:三介
こんばんは、今「KATEK」さんという方
http://katek.exblog.jp/
のブログを覗いていたら、
世界の森、紹介HP「forests-forever」を発見。
http://www.forests-forever.com//
幻想的な音楽と共に、
絵が動いてますよ。紙芝居か幻燈みたいに。

http://blogs.dion.ne.jp/ivanat/
投稿者:morichan
 愚樵さん
 反論の余地はありません。
 しかし、今置かれている消費者群の構造の中で、「金がなくても生きられる社会」は遠い存在です。特に、都会の消費者群は農・漁業から切り離された生活をし、尚且つ、貧困率の上昇によって、安い加工品を買わざるを得ない生活を強いられています。言い換えれば、農・漁業からの産物の“落ち”(低級品)に何らかの怪しげな物と味の素で加工品に仕上げられた商材にしか手が出せない多くの庶民が増加し、本来の農・漁業を圧迫している可能性が高いと思います。
 また、都会の庶民が何坪かの畑を借りて野菜作りをし、若干の食事の足しにし癒しをそこからもらうという行動が見られますが、これもまた、農・漁業を圧迫しているのかも知れません。
 いずれにしても、「農本主義経済」が遥かに遠い存在に感じられ、今日明日の行動に生かせません。その意味でも「ひとりひとりの心掛け」では歯が立たない状況にありそうです。
 それでも私は、環境悪化を止められませんが、遅らせる役割が「ひとりひとりの心掛け」にはあると思っています。そうしながら、「金を中心にまわる経済制度を根本から見直す」仕組み作りに消費者群を引っ張っていく必要があると思います。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:愚樵
全記事では私のコメントを取り上げていただき、ありがとうございます。

環境問題の解決は、まずは私たちひとりひとりの心掛けから始まるのは間違いないですよね。私たちの消費生活がどれほど資源を浪費しているか、それを知るだけでも資源節約の動機付けになり、動機ができれば行動も出来るでしょう。

ですが、残念ながら、それだけでは足らないように私は思っています。「私たちひとりひとり」の資源節約では、それを合計しても環境悪化には歯止めはかけられない。さらに「私たちみんなで」資源を浪費しないような手立てを考える必要があると思います。

「私たちみんなで」というのは、経済の問題です。私たちは消費者ですが、私たちひとりひとりでは消費者になることはできません。「私たちみんな」という関係性があるからこそ消費者になれるのですが、その関係性のなかに「環境の有限性」という要素が組み込まれていない。それが現在の経済の仕組みですが、これをなんとかしなければ、消費者という立場のままでは出来ることは限られているように感じるのです。

「金がなくても生きられる社会」とはすなわち、金ので関係性がない社会です。そうした社会では、人間は生き延びていくのに自然環境との関係性に頼らざるを得ません。そこで出来上がる経済は、必然的に「環境の有限性」が組み込まれた経済になります。

かつてフランスのケネーが提唱し日本では江戸時代に出現した、農業生産を経済の仕組みの中心に据える「農本主義経済」はまさしくそうした経済制度でした。そうした経済制度を見習い、金を中心にまわる経済制度を根本から見直す必要があるように思います。

http://gushou.blog51.fc2.com/
投稿者:morichan
 nakayosiさん
 こんにちは。
 nakayosiさんの感覚は正しいと思います。環境問題で利益を上げ、北朝鮮のテポドン問題は防衛省の利権謳歌させている事実が最近明らかになってきています。
 そして今、千葉県の習志野にパトリオットミサイルが配備されるところです。また誰かの懐を肥やすのでしょう。
 結局、無駄な金を使わないことが最大の環境保護であることは間違いないようです。このことを意識するかしないかが最も大事になります。
 「金がなくても生きられる社会」、こんな社会が欲しいです。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:morichan
 千年虫さん
 しばらくです。
 知らず知らずの内に、電力を垂れ流し、ガソリンを垂れ流していた生活を切り詰めようとすると、家庭内軋轢が勃発し、ある一定の範囲から先に進めることが中々難しいです。
 無駄な電気料を東京電力に払っていたのを全てのコンセントにスイッチを付けて待機電力を削減しています。やっとこの作業が家族全員に定着し、なるべく車を動かさず、歩きで対処することによって自然や季節変化を感じられるようになりました。
 問題はこの先です。
 千年虫さんの節約努力を楽しみや達成感に変えた生活スタイルに近付くには、まだまだ時間がかかりそうです。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ