関係性

 社会のすべてが関係性によって成り立っている。
 この関係性によって多くの市場情報や生活情報を獲得でき、次の一歩への考えもまとめることができ、今までの考えを変えることもできる。
 情報取引の連続性によって、企業間関係や人間関係に信頼関係が結びつき、相互依存関係にまで達することを期待したい。

 

メール

メールは こちらまで

カレンダー

2017年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:moncler jacket
氷河湖イムジャ・ツォは世界自然遺産に指定されたサガルマータ国立公園の中にある。この下流にはわずかな平地に集落とイモ畑が広がる。
 夏に雪が降るヒマラヤは、欧州アルプスよりも温暖化に敏感とされる。「湖も村も国立公園内なのに政府は無策だ。

http://www.goodmonclerjacket.com/
投稿者:morichan
 七紙さん
 貴重な意見を有難う御座います。
 因果関係はともかく、温暖化だけは進んでいると思います。それによって、より一層弱者にその負担が増しています。
 私は、温暖化問題も貧困化問題も戦争も全てが繋がっていると思っています。
 無駄な消費は止めて、美味しい水と空気を再生したいです。未来の子供たちのために。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:七紙
ご返事ありがとうございます。

現在グローバル化の名のもとで経済成長根本主義で環境を破壊している勢力が、テロ対策の名目で戦争を引き起こし、それがもっとも大きな環境破壊であることにはまったく同意いたします。
私が言いたいのは環境を語るときはあくまでも科学の視点から見なければダメだということなのです。
1987年頃から明瞭になった北半球の昇温傾向がCO2起因とすると、過去にこれを上回る温暖化があったヒプシサーマル期(7000〜5000年前)や中世温暖期(1000年〜500年前)の説明が付かないことになることです。
中世温暖期とその後の小氷期によりアルプスの氷河は標高差にして400メートルも変動しました。これは気温にして2.5℃の変動にあたります。しかしIPCCはこれを「欧州限定の気候変動に過ぎない」と意図的に過小評価することにより、現代温暖期を過大に扱おうとしています。(実際には永久凍土の変動から、欧州限定ではなく全球的なものであったことが分かっています。しかし今でもIPCCはこれを認めたがりません)

CO2の排出売買などというきわめて政治的な討論がなされるようになり、地球温暖化論はすでに科学の手を離れてしまったと思います。
投稿者:morichan
 七紙さん
 おはよう御座います。
 温暖化の要因がCO2であるかどうかはまだ疑問です。ですが、気候異変が世界中で猛威をふるいだしていることは事実です。
 特に、身近では、日本の沿岸での獲れる魚の種類の変化が激しくなっています。
 このような中で、戦争を止めること、経済成長率政策を止めることだと思います。
 少なくても「環境破壊派」を戦争志向派であり、その背後にいる大資本であると思っています。私は「CO2温暖化論に異を唱えるもの」を「環境破壊派」と捉えるのは大きな間違いだと思います。温暖化には様々な要因が複合的に絡んでいると私も思っています。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:morichan
 綾乃☆さん
 端的なコメントを有難う御座います。
 結局、被害をひどく被っている地帯は、最貧地であったり、自然の中で生きている人たちです。
 質素な生活に満足して、ゆったり暮らすことが温暖化に抵抗することだと思っています。「のんびりブログ」は好きな表題です。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:七紙
近藤邦明氏という方がおられます。近藤氏は政治姿勢は左派に属し、長年環境保護活動をしながらも、CO2温暖化論を明確に批判してきました。「環境保護は市民グループからも権力からも距離を置くべき」というスタンスを貫いています。
ここではCO2温暖化論の矛盾点を細かに記載することは避けますが、IPCCによる過去データの改竄やシミュレーションの過大評価(観測結果を無視し、不確かなシミュレーションを絶対視している)、そしてアル・ゴアに至ってはそのIPCCの主張とも真っ向対立した、ほとんど荒唐無稽といっていい主張をしています。
はっきり言いまして昨今の温暖化論は情緒的に過ぎます。シロクマの着ぐるみをつけてプラカードを掲げるのはもはや科学の領域ではありません。
せめてCO2温暖化論に異を唱えるものを「環境破壊派」という短絡的なレッテルを貼ることだけはやめていただきたいものです。
投稿者:綾乃☆
投稿者:morichan
 nakayosiさん
 毎度です。
 海外進出する大企業は、日本で汚染を進めて、今度は海外で進めています。言い換えれば、日本じゃ儲からないので海外でというところです。
 大企業は温暖化に対して技術開発を行い利益を取りながら対策を練っていますが、いままで出している量を半減させても環境悪化をとめることはできません。大事なことはCO2を全く出さないで、尚且つ、地球上の炭酸ガスを減らす技術が大事になっています。
 そうでなければ、農水産物に多大の被害を被り、貧富の差は一層進むことになります。
 新自由主義は現代の侵略戦争です。もうここに来て、国家間の問題ではなく、金を支配している階級が支配されている階級への侵略戦争だと思います。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:morichan
 unaさん
 いつもコメントを有難う御座います。
 温暖化の原因がCO2でないとしても、産業革命以来地球上に煤煙と熱を異様に排出してきたことは事実です。そして、鉱工業の発展は戦争と共に推進され、副産物として旅客機、船舶、自動車という商業にも進出し、戦後の日本も朝鮮戦争と副産物に乗り高度経済成長を実現してきました。この後を追って、中国やインドが台頭してきています。
 世界中でこの地球をいじめているとき、私たちができることは何か、いまこそ真剣に考え実行するときです。
 それには経済成長なしで生きられる仕組みを作ることだと思います。ただ大雑把にそのように言ってもラチが明きません。
 具体的には、自分のお金を大事にし、なるべく消費しないこと。特に、大企業や電力会社・ガス会社を喜ばせないことだと思います。
 昨日、一晩中、息子が居間のコタツを点けっ放しで消すのを忘れて自室で寝たため、無駄な電気料を東京電力に払ったことになり、それを今朝叱ったばかりです。本人も反省しきりでした。
 何しろ分かり易い行動は、無駄なものは持たないこと、お金を大事にすること、そして、食べ物は近くで生産されたものを買うことです。長距離のトラックを少なくさせることにも貢献します。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:nakayosi
「日本人は一番悪い。あなたたちがした事絶対忘れない」

と言われたのは35年も前、200海里問題で船が出られずに食うや食わずに密漁船に乗って、露助の監視船に拿捕され臨検されて北朝鮮の通訳に言われた言葉。

世界に進出する日本人が、歓迎するふりしながらシタタカに利用されてるの知ってるのかなあ・・・・とずっと思ってました。

日本人は一番悪い・・・・

morichanとunaさん、そしてオレは外して欲しいね。地球で一番やさしいのにね(^-^/

http://white.ap.teacup.com/nakayosi/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ