関係性

 社会のすべてが関係性によって成り立っている。
 この関係性によって多くの市場情報や生活情報を獲得でき、次の一歩への考えもまとめることができ、今までの考えを変えることもできる。
 情報取引の連続性によって、企業間関係や人間関係に信頼関係が結びつき、相互依存関係にまで達することを期待したい。

 

メール

メールは こちらまで

カレンダー

2017年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:morichan
kamoさん
この1年、貴ブログで本当に色々と学ばさせて頂きました。
「反貧困」の戦いを全く無視できない社会になり、2009年にはここを重点に行動して行きたいと思います。
私達の関係性を強めていき、少しでも「前進」を手に入れましょう。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:morichan
tetsuさん
今年1年、日々の母子の濃密なかかわりを見させていただき、この子供たちを皆で守らなければと思っています。
2009年は少しでも安心できる社会にしたいですね。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:morichan
もえおじさん
その通りだと思います。
ただし、米ドル本位制に従っている日本は、いつまでもここから抜け出せないと思います。たとえGMが駄目になっても、その替りをトヨタがアメリカでの生産を強め、世界企業としての役割を演ずるからです。
結局、日本人のために生産しているのではなく、日本企業は自らの企業のために行動することになります。要するに、彼らのために我々を利用して国家が動いていることになります。
この構造を変えない限り、この不況は繰り返されると思います。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:kamo
 morichanさん、カモブログへのコメントありがとうございました。

 今回は「生きづらさ」をテーマにしましたが、「生きづらさ」について考えることは、社会の在り方を理解することと不可分の関係にあることが分かってきます。

 今年もブログ交流、不十分とはいえさせていただきました。
 来年はもっともっと関係性を密にして、世界を変えるためにお互いがんばりましょう。

http://blue.ap.teacup.com/perie/
投稿者:morichan
unaさん
大変な時代だけにお互いに頑張りましょう。
来年も宜しくお願い致します。
投稿者:tetsu
いつもトラックバックありがとうございます。2008年の私のテーマは、「反貧困・脱自己責任論」でした。もし今、なにかの面接を受けることがあって(ないと思うけど)、「尊敬する人は?」と聞かれたら「湯浅誠さん」と答えます(笑)。

若者が使い捨てにされ、子どもの希望が奪われることに、母親たちは大声で異議申し立てをしなければと思います。2009年は、家族や友達とともに私も市民としての責任を果たし、失格政治家に退場してもらう一年にしたい!来年もどうぞよろしくお願いします。

http://orange.ap.teacup.com/tettyann2004/
投稿者:もえおじ
> 米国は、消費を拡大し海外から輸入を増やし、さらに海外が資本を米国に輸出することで経済成長できる。

しかし、これはいつまでも続けられない。 実際に、米国の自動車産業は、(かつての電気産業のように)空洞化しつつあります。

同様に、雇用を大切にしなければ、いずれ経済全体に跳ね返ってくる訳であり、いつまでも続かないことは明らかです。 大切なのは、労働分配率を上げることで、労働者が豊かさを享受できる社会を取り戻すことです。
投稿者:una
>私たちはどんな悪政にも黙って付き従う羊の群れではない・・

まさにその通りですね。
来年こそは、私たちの心意気を示し
真のチェンジを実現させたいものです!

morichanさんこちらこそ勉強させて頂き
たいへんありがとうございました。
良いお年をお迎えください!(^^)!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ