関係性

 社会のすべてが関係性によって成り立っている。
 この関係性によって多くの市場情報や生活情報を獲得でき、次の一歩への考えもまとめることができ、今までの考えを変えることもできる。
 情報取引の連続性によって、企業間関係や人間関係に信頼関係が結びつき、相互依存関係にまで達することを期待したい。

 

メール

メールは こちらまで

カレンダー

2017年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:air max ltd

資本主義社会に入りきれていない私などが返答するなら、
“必要なモノを必要なだけ作ればいい”
となってしまいますが、これは膨らみすぎた資本主義最前線におられる方々には冷たく響くでしょうね。でも、申し訳ありませんが、私たちの未来に思いを馳せたとき、やっぱり最前線から撤退していただくしかない、と思います。どう考えても、必要でないモノを作り続ける社会に未来はありえません。


http://www.air-max-ltd.com/
投稿者:nike free run
わが社も新年の営業を始めたが、ほとんど電話が鳴らない。
 それでも、いつか来る注文に向けて黙々と社員は作業を続けている。
 彼らの眼は、私に新しい売り先を探して来いと言っているようである。
あればとっくに行っているのだが、アブナイ手形をもらいに売り歩くわけにもいかない。次の手立てが見当たらないのである。市場が見当たらないのである。見当たらない市場に競争戦略(経営学者が大好きな用語)がある訳もない。

http://www.popfreerun.com/
投稿者:morichan
maisyさん
かなりの人が感じていることなのかもしれないですね。
また、そちらにも伺います。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:maisy
いつもTBありがとうございます。
お正月1年ぶりに弟に会いましたが、同じようなことを言ってました。
なんだか、「ロボット研究会」なるものを立ち上げるのだそうです。(?)

http://blog.goo.ne.jp/open-m/
投稿者:morichan
kamoさん
今年も生き抜きましょう。

実際には無駄を切り詰める考え方は、その裏に、生活に余裕を持たせ芸術・文化・スポーツ・人との付合いを楽しめる生活があるはずです。
しかし、今のこの状況は、経済的に余りに貧弱なため否応なく無駄を切り詰める考え方になり、その反面としての生活のゆとりさえない状況だと思います。
とても悔しい状況です。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:kamo
 morichanさん、今年もよろしくお願いします。

 しかし「どれほど無駄な買い物をしてきたか」というのは面白い物言いですね。

 私としては、必要も無く車を買い換えたり服を買い換えたりの環境にやさしくない消費は先細ることが好ましいです。

 しかしそれは果たして環境の制約が訪れるのが先か、それとも私たち自身が気付いて手を打つのが先かは、なかなか難しい問題だとも思います。

 「無駄」に物を生産しなくても生きていける社会を追及したいものです。

 ところで、拙ブログにてまた「生きづらさ」の問題について考えましたのでご覧下さい。

 http://blue.ap.teacup.com/perie/
投稿者:morichan
愚樵さん
記事に利用していただき有難う御座います。
幅広く、皆で語る場が増えることは本当に嬉しいし、それをヒントに次の行動を起こしたいと思います。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:愚樵
morichanさん、こんにちは。

新たに更新した拙ブログにて、当記事の一部を引用させていただきました。

事後承諾になりますが、よろしくお願いします。

http://gushou.blog51.fc2.com/
投稿者:morichan
愚樵さん
あけましておめでとうございます。

愚樵さんの指摘はまさにその通りだと思います。
少量生産で僅かな売上をみんなで分け合う以外にありません。この行動を続けられれば、新規の需要も見つけられ、新製品を作り出し、そこでまた少量生産を続ければよい訳です。
問題は、家族の生活だけでなく、マンションのローンに追われている社員たちです。彼らも少量生産の状況を続けることが不可能になってきています。
企業の生産には仕入、販売、借入が複合的に混ざって動いていますが、実は、個人の生活も同様な状況にあるのです。
このことも汲み入れて企業の永続性を考えていますが、50歳前後の人たちには余りに暗い状況ですので、「撤退」を口にすることがなかなかできません。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:morichan
BLOG BLUESさん
あけましておめでとうございます。
本年もよろしく。

一度手にした富や利権を放そうとしない者たちから強制的に取り上げない限り、「分け合う」という仕組みを作れません。
その意味で、政治を変えなければ前に進まないと思います。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ