関係性

 社会のすべてが関係性によって成り立っている。
 この関係性によって多くの市場情報や生活情報を獲得でき、次の一歩への考えもまとめることができ、今までの考えを変えることもできる。
 情報取引の連続性によって、企業間関係や人間関係に信頼関係が結びつき、相互依存関係にまで達することを期待したい。

 

メール

メールは こちらまで

カレンダー

2017年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:air presto
ハンガリーの作曲家バルトーク(1881−1945)は、1940年に第二次大戦を避けてニューヨークに移り、ピアニストとしても活躍した。
 健康を害していたが、当時ボストン交響楽団を率いていた指揮者セルゲイ・クーセヴィツキーが、自身の生誕70年と楽団のために作曲を依頼したところ、驚異的なスピードで「管弦楽のための協奏曲」を完成(1943)した。そして、1944年にカーネギーホールで初演された。

http://www.airprestostore.com/
投稿者:morichan
 kojitakenさん
 コメント有難う御座います。
 私も是非、弦楽四重奏曲第6番を直ぐ探しに行きます。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:kojitaken
弊ブログへのTBどうもありがとうございました。
バルトークのオケコンは、バルトークにしてはわかりやすいし、内容もともなった素晴らしい作品ですよね。
私はドラティ盤と、ステレオ初期の「弦チェレ」とカップリングしたライナー盤の2種のCDで聴いています。
悲劇性を伴った晩年の作品としては、弦楽四重奏曲第6番も感動的です。バルトークがハンガリーで書いた最後の作品だったと記憶しています。

http://caprice.blog63.fc2.com/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ