関係性

 社会のすべてが関係性によって成り立っている。
 この関係性によって多くの市場情報や生活情報を獲得でき、次の一歩への考えもまとめることができ、今までの考えを変えることもできる。
 情報取引の連続性によって、企業間関係や人間関係に信頼関係が結びつき、相互依存関係にまで達することを期待したい。

 

メール

メールは こちらまで

カレンダー

2017年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:nike lunar shoes
しかし、白物家電業界でも自動車業界でも品質(Quality)、コスト(Cost)、納期(Delivery)のQCDを基準に、下請企業の選別や圧力を増している。そして、下請企業にとってこれへの対応を重視することが「生き残りの必須課題」であると、日経新聞はまとめている。

http://www.bestlunarshoes.com/
投稿者:morichan
 東西南北さん
 こんばんわ。
 「労働者の労働条件の向上をどのようにして確保していくか」が大問題です。
 キャノン会長の偽装請負問題は蔓延し、その内、「合法化」されると私も思います。
 資本主義社会である限り、企業は経費を削減し、収益を最大化しようとします。
 そのために、一方で、正規労働者を非正規にすることによる経費削減と政府と連携して労働者の雇用方法の自由を勝ち取り、他方で、法人税率の縮小によって企業優遇を政府にさせます。
 結局、政府そのものを変えない限り、下層の労働者は増え、法人税の削減分を消費税に求めることになります。
 大事な友人を蹴落として、自分の雇用条件を少し良くしたからといっても、明日は他の人から同じ事をされます。
 仲間を増やし、地道に議論しながら会社の雰囲気を如何に変えるかを整理しなければなりません。そして、根本は政府の姿勢(下層の切捨て)を変えさせることが重要だと思います。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:東西南北
ほんまに大変ですが、「文句があるなら経営者になればええやんか」「自分で金借りてリスクとってからいえや」「所詮はつかってもらっているだけありがたく思えや」「代わりなんか今、なんぼでもおるしや」「ふまんゆうても無駄やぞ」などが、蔓延している雰囲気の中で、どうしたら正規雇用へなれるかを考えている現状やと思います。

 今よりも少しでもええ待遇を実現するためには労働組合から離れて、上司に気に入られようとして、隣の奴に負けんように働いて、上司と会社に貢献して、労働組合系の奴を無視して、潰して行く。

 選挙のことなんか考えている時間があれば、仕事のスキルをあげていくか、友達づくりで遊びに出かけて人脈づくりとストレス解消となっています。

 こうした情勢の中で、労働運動と選挙運動を結合し、労働法を改正し、労働行政を労働者救済の性格で体制強化するしか方法はありませんが、対話活動と学習活動が非常に困難であり、難しいですが、やるしかありません。

 年収400万円以上は残業代なしのホワイトカラー・エグゼンプション。解雇自由の金銭解決。労働条件の労働者無視の労使協議制。

 今現在、政府が審議している労働契約法制、労働基準法の見直しの方向です。

 偽装請負が発覚したキャノンの会長は「労働者派遣法が悪いからだ」と脱法行為に対し、開き直っていますから、偽装請負が合法化される日も近いのではないかと感じます。

 派遣法では3年たてば企業は直接雇用の義務を負うし、製造業では1年です。ただし、雇用先が派遣社員を指揮・命令できます。

 請負契約では請負先は請負人に指揮・命令できません。

 偽装請負は実態は派遣なわけです。しかし、企業は雇用義務を免れ、社会保険料の支払い義務を免れるので、偽装請負にしているのです。

 問題は、労働者の労働条件の向上をどのようにして確保していくかなのですが、冒頭にあるような困難な情勢なわけです。

 ほんまに、出世競争の制度は最悪であり、人間をむちゃくちゃにする制度だと考えます。

http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/9a038090ed1745f878a4fd893aab7fdb/53
投稿者:morichan
 アンドレ・アカシさん
 いつもお世話になっています。
 「脱下請け町工場連合」は叩かれ続けてきた中小・零細企業が立ち上がった事例です。そして、これを成功に導くには経営者だけでなく、社員やパートも一緒になって行動することが大事だと思います。
 「格差」で負けてばかりいないで、少しでも体力のある者が立ち上がり、体力のない者にも応援してもらい、勇気を与え合う構造が生まれるなら、面白い将来が描ける可能性もあります。
 企業の収益よりも働く者たちの生活水準を上げることができれば、消費意欲も生まれます。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:morichan
 ゲゲゲのイチローさん
 こんにちは
 間違いなく、親会社の主導権で取引のメッシュ化が進み、下請け企業は生きるためにもう一つの親会社を探すことによって、この構造が生まれたと理解できます。確かに、商品の「無個性化」はあり得ると思います。これが価格競争と結び付く可能性は大きいですが、親会社は見栄えを変えた製品を次から次へと発売しますので、価格競争は見え難いと思います。
 しかし、この構造から抜け出る零細企業が新たな戦略として横のつながりを強めていることも事実です。負け組みの「反攻」に期待しています。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:アンドレ・アカシ
TBをいつもありがとうございます。私も朝日の「脱下請け町工場連合」の記事は思わず切り抜いてしまいました。このような現象には今の政府が描いているのとは別の将来の日本の可能性が感じられます。

http://blog.goo.ne.jp/akasi_go/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ