関係性

 社会のすべてが関係性によって成り立っている。
 この関係性によって多くの市場情報や生活情報を獲得でき、次の一歩への考えもまとめることができ、今までの考えを変えることもできる。
 情報取引の連続性によって、企業間関係や人間関係に信頼関係が結びつき、相互依存関係にまで達することを期待したい。

 

メール

メールは こちらまで

カレンダー

2017年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:air jordan sale
軽度者というが、半数以上は寝床からの起き上がりに手すりや介助が必要とされる。日本医師会総合政策研究機構がある自治体を対象にした調査では、軽度者の85%は自力で立ち上がることができないという。
 様々な立場から介護にかかわる私たち福祉関係者は、今年3月から3回、都内で『福祉用具国民会議』を開催し、福祉用具を利用している約100人の軽度者にアンケートを実施した。多くは、用具を上手に使って自立的な生活を継続している実態がわかった。

http://www.salesairjordan.com/
投稿者:morichan
 harayosi-2さん
 いつもお世話になっています。
 医療制度に係わっていないと、理解できない分野です。しかし、その実態を聞いたり読んだりすると、政府のこの分野への圧力は凄まじいばかりです。
 シッカリお互いに書いていきましょう。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:harayosi-2
いくつもTBありがとうございます。
医療制度についてボチボチ書いています。
2本ほどTBさせていただきます。

http://blog.goo.ne.jp/harayosi-2
投稿者:morichan
 アルバイシンの丘さん
 コメント有難う御座います。
 私の息子は難病(クローン病)で、現在の治療は無料です。しかし、何時この制度が変えられるか不安を抱えています。
 私たち親がいなくなった後、その治療費を自ら稼ぎ出すことは難しいと思います。
 アルバイシンの丘さんの従兄弟と同様に、この国で将来不安を抱える人たちはかなり多いと思います。まさに「憤りが脳天を突き抜け」、奴等許さんという思いがフツフツと湧き出てきます。
 弱者を“救えない”どころか、“イジメ”をする政府に圧力をかけなければなりません。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:アルバイシンの丘
TB有難うございます.私の従兄弟が生まれつきの身体障害者で,自分で起き上がることが出来ません.今は親(つまり私の叔父)が面倒見ていますが,驚いたことに,改悪された法の所為で,叔父達が亡くなったらその従兄弟は施設に入所できないのだそうです.憤りが脳天を突き抜けます.
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ