関係性

 社会のすべてが関係性によって成り立っている。
 この関係性によって多くの市場情報や生活情報を獲得でき、次の一歩への考えもまとめることができ、今までの考えを変えることもできる。
 情報取引の連続性によって、企業間関係や人間関係に信頼関係が結びつき、相互依存関係にまで達することを期待したい。

 

メール

メールは こちらまで

カレンダー

2017年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:morichan
 景野禎夫さん
 コメント有難う御座います。
 「自民党に都合のよい民主党」は正しい論理だと思います。「野党共闘」の連続によって、「自民党に都合のよい民主党」に変化を与えます。
 私自身、ブログを書きながら、コメントを受けながら、変化していく自分に気が付いています。
 変化のための「共闘」です。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:景野禎夫
日米関係を軽視するような政党と手を組んだ民主党には「猛省を」うながす、みたいな、思いっきり偉そうなコメントをした自民党のエライさんがいましたが、
彼らにとっては、自民党に都合のよい民主党でいてほしいということでしょう。
野党は野党で、その第一の目的は与党政府を倒すことであるのは間違いなく、その一点で共闘することも間違ったことではないと思います。

http://blog.goo.ne.jp/zzzmain/
投稿者:morichan
 nobさん
 コメント有難うございます。
 来年は都知事選、参議院選と民主主義の大きな境目があります。これに失敗すると、「消費税」増税が現実化し、「格差」でしいたげられている人たちは、「憲法」より政府のニンジンという「メシ」を選ばざるを得なくなります。
 そこにはもう、民主主義はありません。
 何が何でも野党共闘で、これを防がなければ、病院代も払えない庶民が多くなります。
 庶民への“イジメ”や“差別”だけは許せません。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:nob
morichanさん、こんばんは。TBありがとうございます。
 「決して野党共闘が失敗したのではない。共通政策の立て方――各年代・各職業の要求――を一定の時間をかけて整理しなければならない。そうすれば、庶民の期待する野党共闘が勝利できると思う。」とのご意見、同感です。
 糸数さんを知事にしたいとの一点で集まったのですから、野党共闘は「寄り合い所帯」かも知れませんが、それでも与党候補に迫る支持を結集したのです。
 平和と民主主義を守る勢力がここで元気をなくしたら、政府与党の思うつぼ。結果はポジティブにとらえようではありませんか。
 沖縄知事選は4年先ですが、来年には参議院選挙があります。ここでどれだけ平和勢力が議席を伸ばすことができるか、日本の未来に希望を持って頑張りたいと思います。

http://nobnob.blog.shinobi.jp/
投稿者:morichan
 unaさん
 いつもコメント有難う御座います。
 最低限の生活が保障されていなければ、民主的に選挙を行うことができないと言えます。有権者は政府の脅しに乗ってしまうのも無理はないと思います。
 それだけに、選挙時に提示する政策は大事だと思います。
 「キレイな海も空も」大事だと言える社会にしたいですね。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:una
TBありがとうございます。
沖縄知事選は残念でした。
理想より現実を・・でしたね。
誰だって、明日のお米が必要ですものね^^;
キレイな海も空も空腹が満たされてこそ存在価値があるのかもしれません。
少し前の新聞で、がん患者が息子さんの学費の為に、生命保険を売る云々の記事がありました。病気治療の為に、家も何もかも失って、最後の砦の保険さえも手を付けなければならない、この国の貧しいからくり・・
人事ではないですよね?

http://blue.ap.teacup.com/una3310/
投稿者:morichan
 ゲゲゲのイチローさん
 こんにちは。
 私もしばらく休もうかとよく考えます。しかし、余りに多くの問題が世の中に表れると、口惜しくてついつい書いてしまいます。
 多分、長く続くコツは、ブログ間のコメントのやり取りではないでしょうか。そして、そのやり取りを基に、問題を整理すると、次の課題(記事)が生まれます。
 社会の実態は、様々な地点から見ないと全体像が見えてきません。相互のブログの重要性はそこにあります。お互いに励まし合い、書き続けましょう。ただし、休み休みで行きましょう。急がずに。
 ゲゲゲのイチローさんの記事で私も助けられています。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:morichan
 McRashさん
 コメント有難う御座います。
 余りにも困窮者や困窮地域に冷たい政策を自民党は行ってきています。ですから、嫌な基地でも受け容れざるを得ない状況を知る必要があります。
 しかし今、沖縄県知事選の敗北が、元の民主党に、自民党に擦り寄る民主党に戻らせないかを心配しています。
 「地元の声をきちんと聞き、広く集めること」をきちんとすれば、野党共闘は可能なんですが。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:ゲゲゲのイチロー
こんばんは
いつも元気をもらいます。
最近ブログ書くのが嫌になりかけるのですが、morichanさんや、一生懸命真剣に書かれて方のブログを拝見すると、くじけそうな気持ちが少しだけ立ち直るのです。



http://middlers.seesaa.net/
投稿者:McRash
いつも興味深い記事をトラックバックいただき、ありがとうございます。今回初めてコメントをさせていただきます。

今回の沖縄県知事選挙、勝利した与党推薦の仲井真氏が、当選を決めた後の早い段階では、メディアに対して「(米軍基地について)ベストはやはり県外移転」というコメントを残しています。このコメントを引き出すことができただけでも、惜しくも4万票届かなかったとはいえ、野党共闘の効果はそれなりにあったのではないかと見ています。

既に仲井真新知事は安倍政権側に随分擦り寄っているような報道を見ますが、沖縄県民の民意は敏感に反応するでしょう。事実、稲嶺現知事も、やはり県民の声を無視して国政与党にべったりの県政を行うことはできませんでした。

民主党の小沢代表は、地元の声をきちんと聞き、広く集めることを若手議員に常々指導していると聞きます。そうした努力を、それぞれの野党が手を携えて重ねていくことが、野党共闘をより実のあるものにすると、あたしも思いました。

http://mcrash-f2.workarea.jp/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ