関係性

 社会のすべてが関係性によって成り立っている。
 この関係性によって多くの市場情報や生活情報を獲得でき、次の一歩への考えもまとめることができ、今までの考えを変えることもできる。
 情報取引の連続性によって、企業間関係や人間関係に信頼関係が結びつき、相互依存関係にまで達することを期待したい。

 

メール

メールは こちらまで

カレンダー

2017年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:nike requin tn

 それにしても、ここのところ医療制度等をブログで扱い、医療に立ち向かう人たちの現状とそこでの悩みをこの演劇で見せられた気持ちだ。
 しかし、残念ながら、この舞台は医療人の病気に立ち向かう姿が中心で、患者の心の揺れや悩みを追求し切れていない不満は残った。


http://www.nikerequinstn.com/
投稿者:morichan
 kokemomoさん
 おはようございます。
 今の政府は弱者イジメの法案をすぐに通し、それへの抵抗力のない庶民を甘く見ています。
 「赤ひげ」の気概を見せなければ、「良心」に気が付かない人たちが最も被害を被ると思います。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:kokemomo
こんにちは。
>それを解決するための仕組みが見つからないじれったさを覚える。
社会のあらゆるところに問題が見えてきますが、その問題が日を追って顕著化し、解決どころかますます悪くなるばかりです。すべての人が良心を持っている社会ならば、それは幸福へとつながるけれど、ほんの一部の人しか良心を持たない現実社会の中では、良心を持つことは本当につらいだけです。
私はここで良心を持つ人だけが暮らす世界を作りたいのです。

http://ch11440.kitaguni.tv/
投稿者:morichan
 nobさん
 コメント有難うございます。
 じっと耐えて、新しい記事を待っています。特に、「医療問題と格差」には、実体を持たない私にとって大きな期待です。
 舞台の「赤ひげ」の勇気を実際の場で患者に見せられるようにお互いに頑張りましょう。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:nob
不真面目で更新していないブログへのTB有り難うございます。
十勝でも数年前に前進座の「赤ひげ」公演をしましたのでその時のことを思い出しました。
私のブログは滅多に記事がアップしませんがそのうちぼちぼち入れますので、気長にお待ち下さい。

http://nobnob.blog.shinobi.jp/
投稿者:morichan
 junさん
 優しいコメントを有難うございます。
 医療に係わらず、若者がワクワクできる世の中を私たちも望んでいますが、何か悪くなる一方です。
 少しは若者の気持ちも聞いてあげないと、とjunさんのコメントから感じました。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:morichan
 これお・ぷてらさん
 いつもお世話になっています。
 「経済格差」の拡大に加えて、「教育基本法」の改悪によって国家が庶民の心にまで手をつっこみ、「法人税減税」で一層「格差」を拡大させようとしています。
 ここでの被害者は病院にも行けず、やる気のある医療者でさえ気力を失くさせます。
 「赤ひげ」は単純明快ですが、医療の原点を見直すには多くの人たちに見てもらいたいです。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:morichan
 RYUさん
 コメントを有難うございます。
 私の知る限り、医療に係わる人たちがかなり疲れていて、映画や舞台で見る医療者とかなりの乖離があるように見えます。
 社会保障という制度が年々捻じ曲げられていることが、前向きな医療者を減じているように思えます。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:jun
一番大事な健康に携わる人は、いい人であって欲しいです。1,2年生の頃関わった子が内科医になって県立病院に勤務しています。優しい子でお年寄りに評判がいいらしいです。それに安住せず技術を磨いて人の役に立って欲しいと遠くから祈っているものです。彼は「赤ひげ」どう思っているのかなあ。会って話したくなりました.TB有り難うございます。

http://red.ap.teacup.com/tyoiba6/
投稿者:これお・ぷてら
morichanさん、いつもコメントやTBありがとうございます。
私ももう4年ほど前になるのでしょうか、前進座『赤ひげ』をみました。「構造改革」によって医療や福祉が切り捨てられ続けているとき、医療の場で奮闘する医師像と医療をとりまく人びとを描くこの劇は、もっと観られてしかるべきかもしれませんね。
今後とも宜しくお願いします。

http://blog.goo.ne.jp/longicorn/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ