関係性

 社会のすべてが関係性によって成り立っている。
 この関係性によって多くの市場情報や生活情報を獲得でき、次の一歩への考えもまとめることができ、今までの考えを変えることもできる。
 情報取引の連続性によって、企業間関係や人間関係に信頼関係が結びつき、相互依存関係にまで達することを期待したい。

 

メール

メールは こちらまで

カレンダー

2017年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:shox r4
 しかし、このシナリオは、グリーンランドや南極の巨大な氷床が今の状態を保つという仮定に基づいている。グリーンランドや南極西部[ウェッデル海から西、ロス海から東の部分]の氷床がもし融解するようなことになれば、海水面は12メートル以上上昇するとオッペンハイマー氏は語る。
 ピューセンターのアイリーン・クラウセン所長は、いくつかの自治体、とくに海岸沿いのところは、政策立案において気候変動を考慮し始めねばならない時期にきていると語る。“手をこまねいていたら、将来信じられないほど大きな負担を強いられることになる”。

http://www.okshoxr4.com/
投稿者:air max ltd
「地球温暖化」は天候異変も起こし、農・水産物の生産危機を真っ先に受けることになり、貧困国への差別が進むと考えられる。いよいよ安全な食品が減り、危険な工業的加工食品が一層増えることも示している。「食料の安全格差」を明確にする時代でもある。今もすでに起きている「経済格差」が「食料の安全格差」と結び付いているが、未だに殆どの人たちがそれほど感じていない。しかし、それが鋭く感じる時代がそこまで来ていることを示唆している。

http://www.air-max-ltd.com/
投稿者:nike free 3.0
「地球温暖化」は天候異変も起こし、農・水産物の生産危機を真っ先に受けることになり、貧困国への差別が進むと考えられる。いよいよ安全な食品が減り、危険な工業的加工食品が一層増えることも示している。「食料の安全格差」を明確にする時代でもある。今もすでに起きている「経済格差」が「食料の安全格差」と結び付いているが、未だに殆どの人たちがそれほど感じていない。しかし、それが鋭く感じる時代がそこまで来ていることを示唆している。

http://www.nike-free-30.com/
投稿者:morichan
 千年虫さん
 「石油の世紀と『石油ピーク』」の論文を有難う御座います。多分、これが実態であり、このように考える必要があると思います。
 「自然と共に生きる知恵を創造する」「まず無駄をしないこと,話題のゼロエミッションも,浪費社会と決別することが前提」「『マネー・効率優先,市場至上主義,勝者がすべてを取る、大量のゴミと共に人をも捨てる社会』は止めにしたい」は、まさに的を射てると思います。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:千年虫
トラックバックありがとうございます。
朝日新聞に掲載されている対策、間違いではないけどご都合主義。これから10年のヴィジョンを敢えて書いていないように取れます。ホントに分ってないだけかもしれませんが。

一年ほど前に発表された基本的な論文を、昨年四月に自分のとこに転載していたのでリンクしておきます。

http://plaza.rakuten.co.jp/1000nenmusi/diary/200604120001/

http://plaza.rakuten.co.jp/1000nenmusi/diary/200604130000/

アパ耐震偽装の報道が遅れた理由について考察を書こうと思ったのですが、当たり前すぎてつまらないし、面倒なのでやめました。

http://plaza.rakuten.co.jp/1000nenmusi/
投稿者:morichan
 junさん
 おはようございます。
 junさんのブログの「unlearnとunteach」が言い当てていると思います。
 「老人世帯が増えると、雪を片付けるのに、どうしても灯油やら、電気やら余計消費せざるを得ないという現実もあります。高いところから見れば、とんでもない悪循環を繰り返していることになります」という矛盾を明かにしていることは“unlearn”という生活の中で“学びほぐす”ことをしている成果だと思います。
 しかし、毎日の生活に追われ、考えることも学ぶことも拒否した人たちは“unlearn”をしていないのかも知れません。
 この社会がここまでひどくなっても、自分たちがここまでしいたげられていても、“unlearn”の作業がないために、身近な政治や経済の「悪循環」に気が付かず、憲法の危機を作り出していると思います。
 「う〜ん、どうしましょ」を皆で学びほぐしましょう。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:morichan
 ゲゲゲのイチローさん
 いつもコメントを有難う御座います。
 自然に全てを返す生活を要求してもままならないと思います。しかし、これからの環境破壊が進む20〜30年を50〜60年に引き伸ばし、その間に代替エネルギーの研究をしなければならないでしょう。
 それには、競争社会で無駄を多く作り多く消費する社会構造を変えることだと思います。一人一人の生活の中での努力と「格差」是正に向けた連帯がこの競争社会を変えることができると思います。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:morichan
 unaさん
 アメリカは京都議定書の批准拒否をし、戦争経済にドップリ浸かっています。丸まる環境破壊者で、それを後押しする日本も。
 日本の進み行く方向を変えさせ、私たち自身一人一人考え、議論し、行動することを置いては有り得ない状況になってきました。
 貧しくても安心できる社会、戦争のない社会、それを保障する憲法を私たちは持っています。先ず、これを手放さないことが重要だと思います。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:jun
TB有難うございます。
私の住む雪国では今年は異常な暖かさです。ほとんど雪も降っていません。昨年のこれまた異常な大雪のときは、今頃4mを越えていたのに・・・。ここらあたりの人はここ数年の暖冬で結構楽に暮らしており、この程度の雪であってほしいと思っていたのですが、昨年の恐ろしい降りようと、今年の暖かさを経験すると、誰もが一種の不気味さを感じているのではないかと思います。
「これは普通ではない。地球がおかしくなっている。」と。
そしてまた老人世帯が増えると、雪を片付けるのに、どうしても灯油やら、電気やら余計消費せざるを得ないという現実もあります。高いところから見れば、とんでもない悪循環を繰り返していることになります。う〜ん、どうしましょ。

http://red.ap.teacup.com/tyoiba6/
投稿者:ゲゲゲのイチロー
こんばんは
久しぶりに休みを取りましたのでノンビリしていたら、もうこんな時間になってしまいました。
もっと早くコメントしておけばと後悔しております(いまから急用で外出するところです)。
最近作の四編をザ〜と拝見させて頂きました(あくまでもザ〜となので内容を正確に把握していないかもしれませんが)。
先日、ある方のブログで地球温暖化問題を取り上げられていらっしゃるのを拝見したところ、結論として温暖化回避は原子力利用だと結ばれていたので、驚いてその方にコメントしたのですが。
化石燃料における地球温暖化は深刻な問題であるが、それと原子力利用を、同レベルで語るのは危険だと、毒を制するのに毒を使用するようなものだと、短期な効果は得られても、地球丸という限られたスペースに共存している人類にとってどちらを選んでも滅亡への道だと書きました。
では、と訪ねられても私自身わかりませんが。
自然から生まれ、自然に帰る新たなエネルギーが、一日も早く完成、普及することを望みます。


http://middlers.seesaa.net/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ