2018/2/15

米株に握られる日本株の運命・・・トランプラリー以降何が変わったのか?  時事/金融危機
 

クリックすると元のサイズで表示します
ダウ平均株価(3年)


クリックすると元のサイズで表示します
日経平均株価(3年)

■ トランプラリー以降、出来高が増大したダウ ■

投資をされている方は短期の値動きが気になると思いますが、陰謀論者の私は長期の値動きが気になります。

ちなみに上のグラフはダウ平均と日経平均の3年間のグラフですが、ダウはトランプラリー以降出来高が増大し、明らかに市場が過熱している事が分かります。

1980年代以降のアメリカの「商業不動産バブル」、「ITバブル」、「不動産バブル」の平均継続期間95か月(約8年)。最長はITバブルの120か月です(10年)。(前のバブル崩壊から次のバブル崩壊の間の期間)

リーマンショックが2008年9月ですから)今年は10年目に当たり「ITバブル」並みのバブルの継続中だと言えます。バブル末期は相場が急騰する事が観測されていますから、トランプラリー以降のアメリカの株式市場は、明らかにバブル末期の状態にあると判断されます。

■ 日経平均株価はダウに吊られて上がっただけ ■

一方、日経平均株価の出来高を見ると、最近はトランプラリー以降は出来高が低下しています。それなのに株価は上昇しています。これは日経平均株価がダウの上昇に吊られて上がっただけで、市場が盛り上がっている訳では無い事を示しています。

だから、直近の下落後も値を戻す勢いがあるダウ平均に比べ、日経平均は戻りが悪いというか、下落傾向に歯止めが掛からない。

細かく見れば、ダウでの損失を日本株を売って穴埋めしている・・・などと説明されるのでしょうが、いずれにしても市場参加者の「勢い」に違いがあります。

■ トランプラリー以降のアメリカ株が異常なのでは? ■

改めてダウ平均株価のグラフを見ると、トランプラリー以前と以後の出来高の違いが際立っています。トランプ政権はFRBの金融緩和継続や、ボルガールールの緩和や減税、さらには公共投資の拡大を約束していましたから、市場がこれを好感したと解釈されますが、そんなに急激に「期待」が膨らむものなのでしょうか・・・。

政権運営も経済運営も未知数で、むしろマイナスのイメージの強いトランプ政権で「根拠無き期待」がこれ程までに膨らむ法が異常では無いでしょうか?

■ AIが作り出した相場? ■

昨今のビットコインの暴騰と暴落に当たり、仮想通貨の世界での「Webbot(ウェブボット)」の暗躍が話題になっています。

「Webbot(ウェブボット)」は未来予知型AIとも言えるもので、投資家達のチャットやSNSでの発信をクロール(収集)して、市場の先読みをするソフトです。そして、投資家達の期待を先読みして「期待が高まる様な相場を作る」事までしています。

これは「ポンプ・アンド・ダンプ」という手法で、株式市場などでは意図的に相場を吊り上げて暴落させる事は法律に触れます。ただ、仮想通貨の世界ではグレーゾーンで、実際に仮想通貨の支配者達は、二つ異常の仮想通貨の取引を繰り返して相場を吊り上げていた事が分かっています。

とは言うものの仮想通貨が無限に生み出され無い限り、そうそう相場は吊り上げられませんが、ドルと連動すると言われたテザー(Tether)がドルの裏打ち無に発行されていた様で、これを使って仮想通貨市場が吊り上げられていたらしい。

同様な事が株式市場でも実行可能なのでは無いか?

1) トランプ政権発足と同時に株の買い上げを行い相場を上昇させる
2) 「トランプラリー」という「期待」をネットやマスコミで振りまく
3) 先物を使って相場をグイグイと引き上げる
4) 海外の投資マネーや個人投資家の資金を引き寄せる
5) 頃合いを見て、先物を絡めて相場を下落させる

単独では不可能ですが、いくつかのAIが協調すれば不可能ではありませんし、特定の銘柄の株価操作をしている訳では無いので、法的にも問題が有りません。(協調がバレなければ)

■ 「頃合い」がいつなのか? ■

上の書いた様な内容は投資に興味が在る方ならば凡そ分かっていらっしゃるでしょうから、多く方が気になるのは「頃合い」がいつなのかという点。

これは「バブルの継続限界」と同じ意味ですから、経験的には過去はITバブルの120か月(10年)が一つの目安となります。

10年と言うのは単なる「経験則」であって、実際には金利水準がバブル継続条件を満たさなくなった時にバブルは崩壊します。今回の株価下落の直接的原因も米長期債の急激な金利上昇でした。

実際にはFRBの利上げや、日欧の金融緩和の縮小がジワジワと市場を締め上げて行きます。日本は国債購入額を年額80兆円から、金利操作付き異次元緩和に切り替えた時点で60兆円に縮小し、さらにはこれを60兆円にまで絞っていますから「ステルステーパリング」を実行しています。

確実に市場に供給される資金が減少している中で、FRBがジリジリと利上げを実行する訳ですから、今後の市場は利上げに相当に敏感になるハズです。

■ 市場は勝手に崩壊するのでは無く、誰かが崩壊させる ■

バブル崩壊は勝手に起こると思われていますが、必ず仕掛けたヤツが居ます。日本のバブル崩壊の時の株の暴落も、アメリカの投資銀行が「日本売りファンド」を組んで、株と日本国債を買い上げた後、日本国債を売り浴びせて金利を吊り上げ、次に株を売り浴びせるという波状攻撃で暴落を演出したものです。

金融緩和バブルがいつまでも継続出来るもので無い異常、バブルを仕掛ける連中は、自分達の資金が十分に稼いだ後、安全な場所に逃避させ終わったら、今度はバブル崩壊で利益を拡大します。

AIが市場を支配する現在、フラッシュクラックは一瞬で発生し、これから個人投資家が逃げる事は不可能です。だから、ここから先の市場は丁半バクチであって、まともな投資では無い。

■ 最期に生贄になるのは庶民の資金 ■

実はここからが本日の主題なのですが・・・・

個人投資家が得をしようが、損をしようが私には関係の無い事です。ある種のギャンブルなのですから、スリルを楽しめば良い。

問題なのは、年金資金(GPIF)や、個人年金の運用資金、保険会社の運用資金、投資ファンドなどの運用資金がバブル崩壊に巻き込まれて大きく棄損する事です。

現在、金利が消失した世界で、日本人の多くが無自覚にリスク性の資産を保有しています。かんぽ生命の個人年金や学資保険が元本保証で無い事を理解している人は少ない。庶民がコツコツと貯めたお金が少しでも増える様にと掛けている保険や年金が、今度のバブル崩壊によって「溶ける」或いは「燃える」・・・・。

下手をすれば、中小の金融機関の幾つかが破綻する可能性も有ります。生保、損保だって破綻する可能性は低くありません。生保が破綻した場合は、掛け金が8割になって別の生命保険会社に引き継がれますから、加入者は2割の損失を被ります。

投資信託は仕方無いと思います。だって、リーマンショックで多くの方が損をしたのですから、こんなものを買う方が悪い。

この様に、大規模なバブルの崩壊は、最後は個人の資産を巻き上げる事で収束します。そもそも市場には初めから全ての人の利益は存在しないのですから、1割の勝者に9割が負けるのです。


21

2018/2/13

「疑似知性」と「知性」・・・AIは本当に人間には勝てないのか?  分類なし
 

落書き程度の記事。



AIブームは何度か起きていますが、現在のブームは「深層学習」のプログラミングの発達に支えられています。深層学習の原理自体は相当以前から存在しますが、多数の処理過程を高速に処理するコンピューター技術の発展によってAIが著しく進歩し、さらにビックデータと結び着く事で、「利用価値」が生まれて来ました。

「深層学習」は人間の脳のニューラルネットワークをモデルにした様なもので、最初の学習こそ、元になるデータや、学習プログラムノパラメーターを細かく人間が設定してあげる必要が有りますが、ある程度AIが学習すると、学習速度もデータ処理速度も飛躍的に向上します。

最近話題の量子コンピューターは処理速度が現在のコンピューターとは桁違いに早いので、量子コンピューターが実用に至ると、AIの学習スピードはさらに向上します。現在のAIが生まれたての子供の脳だとすると、次世代のAIはそれなりの「疑似的思考」をこなす様になるかも知れません。

データ処理や単純作業はコンピューターの得意とする所ですが、この過程に「試行錯誤」が加わると考えればAIの特質は理解し易くなるかも知れません。

AIは与えられた作業に対して様々なシミュレーションを瞬時に大量に行い最適解を高速で見つけて行く事は得意ですが、現在はその「思考(試行)過程」を人が調整しています、これすらもAIが自律的に行う様になると、作業の内容によっては人間は太刀打ちできない分野が増えてきます。

それとAIの怖い所は、初期学習を飛ばせる所でしょう。先行するAIが学習して取得した内容はコピー出来ます。人間がオギャーと生まれて長い時間を掛けて習得する学習や経験をコピーで済ませ、さらにはコピーで増やせる訳ですから、これは非常に恐ろしい事です。

科学技術はある「境界点」を越えると急速に進歩する傾向が有ります。AIでは「同時に処理できる数」が飛躍的に増えると、どこかの時点で「境界点」を突破して、人間の知性を「超える」可能性も有ります。そもそも脳の働き自体がニューラルネットワークの電子的活動なのですから、これを機械が模倣出来ない訳が無く、現在の技術で不可能であっても、将来的には充分に可能になる。

とまあ、こんな事を言うと、ペジイコンピューターみたいに国からお金が沢山貰えるらしい・・・。SFファンの私は・・・AIの進歩を見てみたい。それこそAIが自我を獲得したらどうなるのか、興味は尽きません。SFって未来を予見するんですよ。ハイラインの「夏への扉」を読むと驚きますが、現在は当時の「夢物語」のはるか先の技術を私達は利用しています。
5

2018/2/13

労働の質の低下・・・機械以下の労働者  分類なし


■ レンジフードの換気扇モータのベアリング交換に挑戦 ■

キッチンのレンジフード(換気扇)の騒音が大きくなっきた。多分、ベアリングのグリースが切れたのだろう。21年間使っているので、そろそろ交換の時期です。

モータ単体の部品販売はメーカーがやっていません(これ、システムキッチンをリフォームさせる為の罠だよね)。部品交換では無く、レンジフード全体を交換する必要が有ります。

全体を交換するなら、ダメ元でモーターを分解してベアリングを交換してやろうと、ベアリングを抜く工具を近くのホームセンターへ買いに行きました。

■ ホームセンターの店員の質って、いつからこんなに酷くなったの? ■

陳列作業をている若い男性店員に「ギアプーラー在りますか」と聞いたら、無言で手にしていた段ボールを床にドン!と置いて、無言で案内してくれた。商品は確かにそこに在ったのですが、腹が立ったので買わずに他のホームセンターに行った。

次のホームセンターで、工具売り場で暇そうにしていた中年店員に「ギアプーラー在りますか」と聞いたら「・・・」。どうやら分からないらしい。彼は詳しそうな他の店員に尋ねようとしたが電話中。隣に居た若い女性店員がスマホで検索して、「コレですか?」と画面を私に見せてくれた。「そうそう、コレ」と言うと、案内してくれた。

・・・ネットよりも随分高い金額だったので、家に帰ってネットで「ポチっとな」したら、翌日には届いた。

■ リアル店舗の店員が専門性や商品知識を失ったらネット通販に負ける通販 ■

工具は使い方のコツなどを知りたいからリアル店舗で買いたい。ところが店員の質がここまで低下すると、ネットの方が情報的にも勝ってしまう。ネットには換気扇のベアリング交換のブログ記事が沢山アップされているし、工具のネット通販の詳細説明も、売り場に有る商品のパッケージよりも詳しく書かれています。

確かにホームセンターのアルバイト店員などは時給が安く、商品知識の習熟意欲も生まれて来ないだろう。しかし、それでは日本人のサービス業の労働は、どんどんネットに奪われて行く。あるいはやる気のある外国人店員の方が気持ち良く買い物が出来る。結果的にリアル店舗の仕事を失った人は、amazonなどの流通倉庫で機械でも出来る仕事に就く事になる。

ところで換気扇・・・ギアの騒音が無くなったが、モーター軸が曲がったのか、今度はカラカラと小さな騒音がする・・・。色々とクヤシイ。
5

2018/2/13

収穫祭は始まっている・・・誰かが売っている  時事/金融危機
 

■ 「バブルだ」「いや、バブルじゃない」 ■

先々週末からの世界中での株価下落も一段落して、今週のダウは上昇から始まっています。これで投資家の皆さんは一安心と思っている事でしょう。

直近の下落は、米国債の金利の急上昇が原因とされますが、そのまま世界の株価が「バブル崩壊」になると予想するアナリストはほとんど居ません。

年明けから一本調子に上昇し続けた米株価はどこかで調整されるだろうと誰もが予測していただけに、米国債金利が「良い切っ掛け」となったと考えている投資家も多いでしょう。

ところで、「バブル崩壊の法則」なるものが有る様で、「金融機関の貸し出し総額がGDPの1.6倍を超えるとバブルは崩壊する」傾向が有る様です。

現在は米国の金融機関の貸し出し総額はGDPの1.3倍、日本は1.4倍だそうで、これだけを見るとバブル崩壊までは猶予が有るとも言えます。

■ 市場がババで埋まる前にゲームを降りているヤツが居る ■

「バブルが崩壊する時、1割が逃げ延び9割が損をする」という事も良く言われます。この法則、1割の投資家が先読みが出来るのでは無く、1割がバブル崩壊を仕掛ける側と解釈するべきだと私は考えています。

市場で運用される資金には2種類の資金が存在すると私は考えます。一つは「利益を上げ続ける必要の無い資金」、そしてもう一つは「利益を上げ続ける必要の有る資金」。

「利益を上げ続ける必要の無い資金」とは、言い換えれば「自己資金」で、返済の必要の無い資金。だから、リスクが少し高くなったら利確して現金化しても問題が無い。

一方「利益を上げ続ける必要の有る資金」とは、ファンドなどの資金で、ある程度の派フォーマンス(金利獲得)を課せられている資金。これらの資金は、リスクが高まっても、市場を徘徊し続けます。そして最後はカモになる。

私個人としては、「利益を上げ続ける必要の無い資金」は既に市場から引き揚げられていると妄想しています。先々週からのボラティリティーの拡大は、ヘッジファンドなどが空売りを絡めて利益を拡大する動きだと妄想しています。そろそろバブルの維持が難しくなる頃合いと判断していると・・・。

既に市場はババで埋め尽くされており、そのババを上手く相手に押し付けたヤツが儲かるゲームに代わっている事に注意が必要なのです。

■ 人は損をすると取り返したくなり、他人の利益を憎む ■

「アメリカや世界の景気は順調に拡大しているから、まだまだ株価は上昇する」と多くのアナリストが予測し、個人投資家の皆さんもそう考えています。「まだまだイケる!」・・・と。これは「自己暗示」の一つであり、市場の大半がその暗示に掛かっている間はバブルは崩壊しません。

どうして自己暗示が必用かと言えば、人は損をすると取り返したくなり、他人が得をする事が許せない
生き物だからです。これはDNAに焼き付けられた生存本能で、それ故に多くの方がバブル崩壊に巻き込まれます。

バブルの末期にはボラティリティが拡大しますが、人間の本能が市場からの撤退の判断を遅らせるのです。


■ 既に「将来のリスク」が「将来の利益」に見合わなくなっている ■


私は臆病な人間なので、現在の市場は「将来の利益が将来のリスクに見合わなくなっている」と考えます。

確かに市場に踏みとどまれは、これからも利益を上げる事は難しくありません。しかし、同時にバブル崩壊に巻き込まれて大きな損失を被るリスクはどんどん拡大します。

冷静な方ならば、「十分稼いだから、ここらで利確しておこう」と考えます。この様な方は底値で買った方が多いハズ。

一方、バブルが拡大した頃に「儲かるらしい」と市場に参入した人達は、「未だちょっとしか稼いでいない」と考え、結局バブル崩壊に巻き込まれます。

特に平均株価に連動するETFなどに投資されている素人がカモになる。

■ 最期の安全な売り時がやって来る ■

ここから暫くは、株価は薄商いの中で洗い値動きを繰り返すでしょう。確かにダウは2万5千ドル台に、日経平均は2万3千円台になるかも知れませんが、一方でリスクは拡大し続けます。

どこを利確のポイントとするかは人それぞれですが、今が最後の「安全な売り時」では無いかと、臆病な私は妄想しています。


まあ、逆指標と言われる当ブログですから・・・あまりアテにはなりませんが・・・。
12

2018/2/7

最初が肝心だ・・挨拶しておこうじゃないか  時事/金融危機
 

イエレンは去った。

今度のパウエルってのはどんなヤツなんだ?

小物だよ。ちょっと脅かせば、そうそう利上げも出来まい。

仕掛けはバッチリだぜ。

じゃあ、就任のプレゼントを贈ろうじゃないか。







パウエルFRB新議長就任に合わせたタイミングは、まさに市場からの利上への警告の様。

かつて日本の大バブルが弾けた時は、アメリカ国内で「日本暴落ファンド」が組まれ、その金で日本国債と日本株が買い上げられた。そして、一斉に日本国債を売却して金利を跳ね上げて株が売られ易い状況を作り、そこで株の売り浴びせをした。当然彼らは空売りで大儲け。

日銀は指値オペでこの様な不穏な動きを封じ込めますが(たぶん)、FRBは直接米国債金利をコントロール出来ません。ここが怖い所。

信号待ちや会社のエレベーターの中で普通のサラリーマンが株の話をしているのを頻繁に耳にする様になりました。巷に靴磨きが増えると・・・そろそろ収穫祭の時期かなあ・・なんて思う今日この頃。


イエレン時代のマジックワードは「雇用は緩やかに回復している」だったが、最近のマジックワードは「世界の実態経済は堅調」。実際の市場のゲームは雇用とも実体経済ともかけ離れた所で展開しています。
10


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ