2017/8/5

今期アニメのおすすめ・・・ベテランの大活躍  アニメ
 

 

2時間掛けて、今期アニメお勧め記事を書いていたら・・・ブラウザーが落ちた・・・。
あまりのショックに・・・自転車に乗って来るゎ・・・。

きっと、帰る頃には「よたろう」さんとか「ハノイの塔」さんが紹介記事を完成させている事と期待します。

・・・房総半島を二日間、海水浴をしながら自転車で走って帰ってきたら、「よたろう」さんと「ハノイの塔」さんがコメント欄で記事を完成さえて下さっていました。ありがとうございます。

・・・でも良く読むと、あれれ、お二人ともお勧めアニメが私と違うぞ・・・・!!。まあ、この多様性こそがアニメや漫画の奥の深さである訳ですが。




クリックすると元のサイズで表示します
『サクラダリセット』より

河野裕原作のライトノベルのアニメ化。私の大好きな川面信也監督の作品ですが、実は私、彼の作品だと気付きませんでした。『のんのんびより』や『田中君はいつもけだるげ』で見せた、たっぷりと間を取った演出はされておらす、かと言って『ココロコネクト』の様な「良質なラノベアニメ」とも違います。今回、川面監督がチャレンジしているのは、原作の持つ「硬質なリリシズム」をいかにアニメ化するか。

原作はラノベの文庫で発表された後、シリーズ7巻全てが「角川文庫」で再版されています。大人が小説として読むに堪える内容。この様な作家には、桜庭一樹や、有川浩が思い当たります。

人々が不思議な能力を持つ咲良田(サクラダ)において、完全記憶能力を持つ少年と、過去の3日間をリセットする能力を持つ少女、そして彼らの中学時代の友人?で謎の死を遂げた未来予知能力者の少女を巡る物語・・・そう書くといかにもラノベ的な展開を想像しますが、様々な不思議な能力者が引き起こす様々な些細な事件が、やがれ一枚の絵に収束していく様は極上のミステリーと言っても過言ではありません。

アニメは淡々とした会話劇で進行します。主人公のケイは脅迫観念に近い正義感で自身の行動を規定し、一方ヒロインの春埼(はるき)は幼少の頃は自己と自分の周囲の区別が付かない程、自我が希薄な少女。それゆえに春埼は人間の感情という物が理解できない。春埼は他人の心の痛みと自分の心の痛みを区別する事が出来ず、それが故に、傷ついた人を見ると無条件にリセットの能力を使います。しかし、その効果は自身にも及ぶので、彼女自身もリセットを使った事すら忘れて2巡目、3巡面の時間を繰り返すのです。

「世界のあらゆる事象を3日間、無かった事に出来る」という最強の能力は、彼女自身もその影響を受ける事で、全く意味の無い能力になってしまいます。しかし、ケイはリセットの影響を受けません。そう、春埼とケイが組めば、リセットによって世界を変革する事だって可能なのです。

春埼はリセットの能力使用に自分なりの制約を掛けています。それは、困っている人、悲しんでいる人が居たら無条件にリセットを使うという縛りです。それによって彼女は能力の恣意性を避け、公平性を担保しています。そんな彼女ですが、強い正義感に縛られるケイの為ならば、自分の能力を使っても良いと判断します。彼女は「ケイが望むなら」リセットを使うと決心するのです。仮にケイに邪な気持ちがあれば悪用されるリセットですが、ケイならば信じられると考えた。

二人を組み合わせる事で意味を持ったリセットの能力を咲良田の管理局は放置はしません。「奉仕部」という部活に所属させ、「よろず相談」的なお助け活動で彼らの能力を活用し、そして能力の使用を報告させる事で管理します。

よろず相談の内容は、「猫を探して欲しい」など他愛の無い内容が多いのですが、その些細な事件の裏で、何か大きな事件が進行しているというのが、この物語の醍醐味です。

能力には様々な制約が存在しますい。リセットの場合3日しか巻き戻せず、リセットから24時間以内は再度のリセットは不可能。さらにセーブポイントを設けなければリセットが出来ません。さらには能力同士の序列があって、能力の影響を受けない人や打ち消せる人も存在します。この様な能力に関する緻密な設定によって、この物語は複雑な論理ゲームとしての側面も持ち合わせています。

文章も論理的で、会話も意図的に感情が排除されています。「〜ピョン」とか「〜るん」なんて会話が当たり前のラノベにあって、ある意味突出した作風ですが、複雑で緻密な論理ゲームの不要なノイズを混入させない為に、会話から「あいまいさ」を排除する事を目的としているのでしょう。

結果的にこの物語は非常に「硬質」な質感を獲得しています。実は現代の優れた純文学に同類の作品を見出す事が出来ます。例えば『となり町戦争』三崎亜紀や、『ミサキラヂオ』の瀬川 深のに近い。硬質で磨き上げられた言葉のリリシズムを感じる事の出来る作品です。

一方で物語の描く世界は、不定形で柔らかく優しい。超能力を持つ人達の街という設定から恩田陸の『常野物語』を想起しますが、「純文学的なエンタテーメント小説」と評した方が相応しいのかも知れません。

作者自身は、「会話の持つ不確かさを排除したかった」と語っている様です。これ、「会話の持つ不確かさがトリックのネタ」となる事の多い昨今の推理小説のアンチテーゼとも言えます。

実は私、アニメの視聴を止めて原作を大人買いしてしまいました。(久々です)

川面監督はアニメで原作の持つ「肌合い」を最大に再現していますが、それでも「文章で読みたい」と思わせる作品です。そして、様々な事象の関係が複雑なので、アニメを一通り観ても理解が難しいという点が・・・アニメ作品としてのハンデキャップ。

原作ではバラバラな時系列を揃える事で、アニメは視聴者の理解を助けていますが、それでも2回とか3回観ないと私などは「ゲームのルール」が理解出来ませんでした。

この作品の見どころは、小さな事件がパズルの様に集まる事で徐々に大きな絵が見えて事にあります。しかし私的には、感情をほとんど持たない春埼が、ケイとの繋がりにおいて「論理的に感情を獲得しようとする」事に興味をソソラレました。

春埼をAIに置き換えるととても面白いSF小説になるでしょう。リセットという能力を持つAIが自我を獲得する物語・・・そう解釈できるのではないでしょうか。

作者は「言葉の理解の限界」にも非常に自覚的で、一見論理的に見える会話でも、様々な解釈の祖語が生じ、それこそが自我の存在の証である事を春埼を通して何度も描こうとしています。これもAIと自我の関係のシミュレートを強引の解釈する事が可能です。

『サクラダリセット』は単なるラノベやミステリーでは無く、むしろ緻密な思弁的小説=SF小説と捉えた方が相応しい。

前期からの連続2期作品ですが、私的には今年一番の「興味深い」作品。アニメは小説完読後にじっくりと味わいます。



クリックすると元のサイズで表示します
『ボールルームへようこそ』より

なんの取り柄も無い中3男子が、ふとしたきっかけで社交ダンスの世界に足を踏み入れ、そして才能を開花させるというお話。これ、少年漫画では王道の展開で、テーマはスポーツだたり、将棋だたり、自転車だったりしますが、社交ダンスというんがミソ。

原作マンガは本屋で「買え!買え!オーラ」を出しまくっていますが、私はアニメが初見。イヤー、素晴らしい作品です。特にダンスシーンの動画だけでもご飯が5杯は行けます。

この手の作品の主人公は隠れた才能を持っていますが、主人公の才能は「見る=観察する」こと。とにかく夢中になってダンサーの動きを見る事で、その動きを自分の物とする。そしてパートナーの動きも「見る=感じ取る」事で、ダンスで一番重要なペアーの一体感を達成する。当然、人一倍の努力や練習が無ければ「チート能力」になってしまうので、その辺りの匙加減が絶妙の作品です。

今期一番、「大人の視聴に耐える作品」としてお勧め。こんなの観たら、『コードブルー』が面白く無くなっちゃう・・・。



クリックすると元のサイズで表示します
『アホガール』より


これもマンガ原作のアニメ化。とにかく突き抜けてアホな女子高生と、彼女に日々迷惑を掛けられながらも、ついつい世話をしてしまう幼馴染男子のドタバタ劇。総監督は『アクションヒロイン チアフルーツ』の草川啓造。

草川監督は私的には岸誠二監督や渡部高志監督に近いイメージ。アニメならではのテンポとエッジの効いた演出を得意とする監督。私的には2009年の『アスラクライン』がツボ。

頭をカラッポにして楽しむ作品ですが、主人公の母親が出て来ると笑いのテンションメーターが振り切れます。



歌は両方ともangelaという二人組。ハフナーの主題歌シャングリラの裏でアホガールのリズムトラックが鳴っているのがミソ。シャングリラのボーカルトラックの音程もちょっと操作してますかね。こういう遊びの前に著作権はあまりに無力・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
『恋と嘘』より

ネットマンガから登場した作品。

超少子高齢化社会の日本では、少子化対策の為、政府がコンピュターで配偶者を決める「ゆかり婚制度」が法制化されています。男女は16歳になると政府通知によって将来の配偶者を知らされ、それ以外の人との恋愛を禁止されます。

しかし、主人公の根島 由佳吏(ねじま ゆかり・男子)は小学生の頃から思い焦がれていた相手が居ます。政府通義が来る直前に思い切って告白に至りますが、何と彼女・高崎 美咲(たかさき みさき)も彼を好きだった。普通ならハッピーエンドとなってここで話は終わりますが、「ゆかり婚制度」でカップルになれない二人にとっては道ならぬ恋。

彼女は「彼に思いを伝えた事を一生胸に刻んで後70年はは生きていける」と言い、別れを切り出しますが、根島の政府通知の相手・真田 莉々奈(さなだ りりな)が二人の関係に興味津々、二人の恋を応援すると言い出したから話は変な方向へ。恋人と婚約者との男女3人に、さらに根島の親友の秘めた恋心も絡んで、物語は視聴者の予想に反して複雑な展開を見せ始めます。

少女漫画にありそうなお話ですが、こんな原稿を持ち込まれても、編集者の多くが「古くさい」とか「ありがち」とか「ひねりが無い」と言ってボツにするでしょう。現在の漫画読者は刺激に慣れていますから「王道恋愛もの」は世に出難い。

そんな作品や作者の受け皿になっているのがネットの漫画サイトですが『Re Life』と『恋と嘘』は多くの読者の支持を受け、アニメ化までされています。

話の本筋は「変化球」ですが、表現自体は非常に「素直」な作品。「ゆかり婚」というアイデアから丁寧に様々なシチュエーションを紡ぎ出していきます。「次どうなっちゃうんだろう??」というハラハラドキドキとは対極で、じっくりニヤニヤ高校生男女の関係を楽しめる良作だと思います。おいしい水を飲んで「幸せ」と感じる感覚に近い。



クリックすると元のサイズで表示します
『ナナマルサンバツ』より


これもマンガ原作。

競技クイズに熱中する高校生達の物語。雰囲気としては弱虫ペダルの自転車がクイズに置き換わった感じ。少年漫画の王道展開の作品ですが、普通に面白い。

私などは夜中にヘッドホンで視聴しながら、クイズの答え大声で叫ぶ始末・・・。

ところで、この作品、コメント欄にもありますがヒロインの声優が「超棒」。こんな棒読みは最近のアニメでは珍しいのですが、声をあてているのは女優で歌手の川島海荷さんという方。

声優以外の人を起用すことで有名なのは宮崎駿監督や細田守監督ですが、彼らは「声優の演技」を嫌って、あえて普通の俳優を起用します。一方で、劇場作品などで声優以外の役者さんが声をあてる場合は「話題作り」のケースが多い。「〇〇さんが声優に初チャレンジ!!」なんんてワイドショーで取り上げて宣伝する為。

今回の川島海荷さん起用はTV局か事務所の無理押しだろと言われていますが、「下手にも程が在る」「彼女の声を聴きたく無いから視聴を止めます」なんて評価が多数。

・・・・私は慣れました・・・。というか、ギャップ萌えです。かわいらしいヒロインが低めのハスキーボイスで、活舌悪く喋る。このミスマッチ感が癖になって、又今週も観てしまいます。

ところで伝説の「棒」と言えば『ゼーガペイン』の花澤香菜。今では押しも押されぬNo1声優さんと言って過言ではない彼女ですが、ゼーガの棒読みは「神」。彼女自身、「今やれと言われても決して出来ない」と語っていますが、あの「棒」があるからこそゼーガは名作たりえ、最後に感動の嵐に襲われる。



クリックすると元のサイズで表示します
『賭ケグルイ』より


これも漫画原作。

「小林靖子ここに在り」といった感じの作品でしょうか。息子が5歳位の頃に戦隊モノの『メガレンジャー』で知った脚本家です。普通のOLをしていた彼女はある日、日曜朝の戦隊ものを観て「これなら私にも書ける」と脚本を勝手に書いてTV朝日のお客様相談室宛てに送った。それがプロデューサーの手元に運よく届き、彼の指示の元、脚本教室に通ってデビューしたという経歴の持ち主。

そこから頭角を現し、『メガレンジャー』では新メカ登場回を任され、『ギンガマン』ではメインライターに。『仮面ライダー電王』では大人も関心する複雑なストーリーと新なライダー像を作り上げ、さらに佐藤健をスターに押し上げた。

最近は『進撃の巨人』のシリーズ構成でヒットを飛ばしていますが、彼女の作品の魅力は「厚みのある世界感」。アニメや特撮などは所詮は子供のお話で薄っぺらいものが多い中で、彼女の描くキャラクターには血が通っています。作品の中で登場人物は苦悶し、成長し、書かれたキャラクターとしてでは無く、作品の中で生きる人物として行動する。そんな彼女の作品の魅力が最大に味わえるのは『ウィッチブレイド』だと私は思っています。

「金持ちの息子や娘が通うギャンブル公認の高校」に転校して来た蛇喰 夢子(じゃばみ ゆめこ)はいかにも清楚なお嬢様。しかし、彼女はギャンブル狂だった。物語は学校をギャンブルで支配する生徒会と夢子の対決の構図ですが・・・このアニメ(マンガ)、狂っています・・・。

「さぁ、さぁ、さぁ、掛け狂いましょう!!」

顔芸、声芸の極致のアニメですが、作画も声優さんの演技も素晴らしい。特に夢子の声を演じる早見沙織の豹変ぶりには息を飲みます。これが『聲の形』の硝子役だと思うと、声優さんって本当に凄いですね。

ところで小林靖子に話を戻しますが、原作を未読なので彼女がどういう魔法をこの作品に掛けているのか良く分かりません。彼女自身、「原作物を手掛ける時にはアニメとしてまとまりが良くなるような最小限の調整を心掛け、設定なストーリーの大きな改変はしない」と語っています。

ただ、彼女お手がけた原作物は、『灼眼のシャナ』にしろ『ジョジョの奇妙な冒険』にしろ『進撃の巨人』にしろ、原作以上に一巻したリズムと力強さに貫かれています。普通なら「こんなのアリエナイじゃん」と視聴中止しそうな作品を、グイグイと引き込むあたりが、今作における彼女の手腕なのかなと・・・。

OP、EDともに水準を超えていますが、特にEDが素晴らしい。ギャンブルの緊張感と高揚感をモデルウォークと綱渡りに例えて表現していますが、脳内麻薬出まくりの演出です。


クリックすると元のサイズで表示します
『メイドインアビス』より

これもマンガ原作。

『サムライフラメンコ』でヒンシュクを買った(私は大好きですが) 倉田英之のシリーズ構成・脚本。

1〜3話までを倉田英之が脚本を担当していますが、彼の脚本の持つ「空気感」は本当にスイバらしい。「間を書ける」脚本家です。映像も背景アートはどこのジブリだよと思う程の力の入れようで、クォリティーで評価するならば今期No.1作品。

毎週放映されるアニメでこのクオォリティーを維持できるのか心配にもなりますが、キャラクターの造形が単純なので、動画を動かす労力とお金を背景に振り向けましたって感じでしょうか。毎週、期待に胸を躍らせながらモニターに見入っています。



クリックすると元のサイズで表示します
『Re CREATERS』より

騎士と魔法少女とロボットと魔導士が戦う・・・・「おいおい、そんな同人誌みたいなストーリーって在りかよ」と思わずツッコミを入れてしまいそうな作品。

アニメや漫画ファンならば誰もが一度は妄想した事が在りそうな、世界感が異なる作品のバトルロイヤルを商業メースのTVアニメで実現した意欲作。

監督は『Fate Zero』の「あおきえい」。Fateシリーズも似たような構造で歴史上の人物を魔法によって現代に召喚して戦わせる物語でしたが、今作で召喚されるのは人気アニメやラノベや漫画の登場人物。

魔法少女がSFアニメの主人公と渋谷でマジバトルするとか、ファンとしては嬉しすぎる映像のオンパレード。魔法少女があまりに強すぎて、ちょっとチートなので早々に死亡退場してしまったのは残念で成りませんが、エロゲームの女の子が登場したので、今は彼女がどうストーリーに絡むのか興味津々。まさか色仕掛けで敵を篭絡するなんてチート技か?!

二期連続作品ですが、登場人物も多く、動画シーンも良く動くので「万策尽きた」のか?特番が多いのが難点。盛り上がって来ると特番になっちゃう・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
『僕のヒーロアカデミア』より

ヒーロやビランが当たり前に存在する世界で、ヒーロを目指す少年の成長を描く、ジャンプの王道マンガのアニメ化。脚本は黒田洋介。

さすがは黒田洋介とボンズと唸らずにはいれない作品。とにかく面白い。



クリックすると元のサイズで表示します
『サクラクエスト』より




クリックすると元のサイズで表示します
『アクションヒロイン チアフルーツ』より



上記二作品は以前に記事にしているので、作品の魅力はそちらで。


以上、今回はバラエティーに富んだ良作が沢山あって面白い。特に『ボールルームにようこそ』は普段アニメなどご覧になられない大人の方にもお勧めです。


<追記>

「よたろう」さんと「ハノイの塔」さんが熱いコメントを書いて下さっています。興味のある方はコメント欄も是非。








2

2017/8/15  9:38

投稿者:人力
ハノイの塔 さん

「人がバタバタ死ぬ」演出は、アニメにリアリティーを与える大発明ですが・・・後味は悪い。この原点は「アーアサ王伝説」辺りにあるのでしょうか・・・。

短編アニメ、『徒然フレンズ』を2話で切っていましたが、3話以降が滅茶苦茶面白くなってて・・・。これ、しり上がりに面白くなりますね。

『終り物語』・・・原作シリーズも扇ちゃんが出て来てから無理やり引き延ばした感じでしたが、強引にまとめてしまうのは流石は西尾維新。

ただ、彼の作品に意味を見出そうとしても無駄である事は確かですよね。「無意味の意味」を追求する作風ですから、言葉の数々は音楽の様に次から次へと消えて行き、その過程で様々な情景や感情が浮かんでは消え去って行く。まさに淀みに浮かぶ泡沫(うたかた)の如き作風は、言葉遊びとしての日本文学の実は正当な継承者なのかも知れません。


2017/8/14  23:34

投稿者:ハノイの塔
サーバインってなに? と思ったら、OVAに出てくる機体でしたか。
(OVA見たけど、名前はすっかり忘れてた。だって中身が……)

機体が変わってガッカリ、なのは、エルガイムとマーク2かな?
(それほど大きく変わってませんけどね。
あれは、オリジナル・オージェが一番格好いい。笑)

ちなみに私は、人がバタバタ死ぬ話は嫌いです。
あっさり人が死ぬのはやっぱり嫌だなあ、と思ってしまいます。
(人でも動物でも、命は貴重だと思いたい)

前回述べませんでしたが、5分アニメで面白いのは
・信長の忍び(2クール目、結構歴史に忠実)
・てーきゅうは、そろそろやめればいいのにと思いつつも、時々おもしろい(笑)

先日、終物語の集中放送がありましたが、原作同様
中身がどんどん薄くなる一方でした。

2017/8/14  10:12

投稿者:人力
よたろう さん

サーバイン、カッコいいですね。これこそダンバインの
上位機種ですね。ビルバイン、お前は要らない・・・。

「ナイツ&マジック」全話見ました。・・・横手美智
子、さすがに上手な展開ですが・・・死生観にリアリテ
ィーの無いロボ物はサビ抜きの握り寿司みたいな印象を
受けます。

アスラクラインに心が揺さぶられるのは射影体という、
幽霊の様な儚げな存在すらも消えてしまいかもしれない
という無常観。

「ナイツ&マジック」や「クロ・ムクロ」に欠けている
ものは消失の恐怖=死の恐怖。

皆殺しの富野程では無くとも、テコ入れで主要人物が死
ぬという演出を克服して尚且つ、リアリティーを獲得し
ロボットアニメって何か在るかな?

ロボットもオリジナルがカッコいいけど・・・何故、今
風のロボになっちゃうのよ。背中に手は要らん!!(オ
ールドファンの魂の叫び)

2017/8/10  21:46

投稿者:よたろう
『ダンバインの上位機はサーバインってそれ一番言われてるから』
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26980665
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20347760
明らかに玩具屋(クローバー)の都合で生まれたビルバインですが私は結構愛着ありますよ。
だって…一昔前のスパロボでは鬼畜性能で重宝したからっ!

私はやはり、スパロボや模型などで色んなジャンルのロボに触れていますからそれぞれの良い所があって気に入った物は多義に
わたります。
因みに件の「ナイツ&マジック」はダンバインのメカデザでお馴染みの宮武一貴氏も参加していますよ。
アスラクラインが好きな人力様だったら本作の戦闘シーンは絶対おススメですよ。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm31544360

>・・・でも良く読むと、あれれ、お二人ともお勧めアニメが私と違うぞ・・・・!!。
私のコメントは今までもこれからも人力様やこのブログをよく見る“じてんしゃ”“けーざい”“いんぼーろん”が得意なフレ
ンズに対して
ガツン!!と一石を投じることを信条としてますので、それが「クール毎に20本以上アニメを見るのが得意なフレンズ」の務め
です。
勿論記事に上がっている作品も幾つかお気に入りですが。

2017/8/9  4:49

投稿者:人力
ハノイの塔 さん

『Re CREATERS』は内輪的な内容になりそうな所を絶妙なバランスを保っていますよね。総集編があんなに面白い作品は他には思い当たらないし。

『徒然チルドレン』、最初は『アホガール』より面白いと思ったんだけど・・・アホガールに駆逐されてしまいました・・・。家内が近くのスーパーで「高級バナナ」を見つけて目を輝かせた時に、我が家にもアホガールが居る事に気付きました。夏にバナナハンガーにバナナをぶら下げないで欲しいんだよね。ショウジョウバエが寄って来るから・・すみません、家庭内の問題でした。


『実力至上主義の世界』は岸誠二監督ではありますが、どうも劣化版俺ガイルに見えてしまって・・・。でも視聴してますよ。

『セントルー』は1話半分で切りました。カワイイですけど・・半人馬はちょっと・・・。実家の近くに競馬場があって厩舎など身近だったので、リアルに馬糞を連想しちゃうんです。

2017/8/9  4:40

投稿者:人力
よたろう さん

沢山視聴されていますね。私はむしろ「切る」事を心掛けています。1分でビビー!!と来ない作品は観ない。そうしないと・・・寝る間が無くなっちゃう。

ただ、好きな作品は何回も見直しちゃいます。今季は『恋と嘘』をニヤニヤしながら何度も観てます。それと草川監督繋がりで久しぶりに『アスラクライン』を全話見直しました。いかにもラノベ原作の作品ではありますが、あのゴッタ煮の世界をエンタテーメントをして成り立たせる手腕はさすがかなと・・。キャラクターに魅力も感じます。

「ロボット」は普通に好きですよ。大人になってから息子とダンバインのプラモ作る程度には。ビルバインも秋葉の虎の穴が出来たての頃に超合金みたいなのを買いましたが、あれはカッコ良く無かった・・。ライディーンの方が飛行変形ロボとしては上手。

『ダンバイン』、富野作品の中では評価が今一つですが、ロボはカッコよかった。話も「人の欲望」のてんこ盛りで、よくあんな内容の作品を小学生相手に放映していたのだと、今更ながら呆れちゃいます。(良い意味で)

ちなみにマーベルは俺の嫁。

最近の角が沢山生えてる系のガンダムは嫌いかな。むしろアスラクラインの様な重量感のあるメカが好き。後、ボトムスみないなミリタリー系のやつも好きですね。まあ、あまり収集するとカミサンや子供の手前キモチ悪がられるので・・・。

今、私の一番のお気に入りサイトはこちら。

http://www.ne.jp/asahi/nob/co/link/DigiramaSearch/

フィギアと実写のフォトショップ合成ですが・・・嬉し過ぎる内容です。

2017/8/6  22:00

投稿者:ハノイの塔
前回の続き。

ナイツ&、アホガール以外では、
・異世界食堂…ただ食事を出しているだけなのに、なぜか面白い
・徒然チルドレン…恋愛物が短編でも面白いと初めて知った。恋と嘘より、高評価。
 恋嘘は、原作者が女性なので、やっぱり感覚が違う。
・実力至上主義…監督の岸誠二は、ダンガンロンパ、暗殺教室で、
異常な設定の高校を書くならこの人、という定評が出来てしまったのだろうか
・天使の3P、妖怪アパート…くしくも、共に4回過ぎたところで方針転換?
 そのままだったら、視聴中止かと思っていた。
・潔癖男子・青山くん…話題に出ませんが(私も全く期待していませんでした)意外と面白い。
 ただ、主人公以外に焦点を当てようとすると、途端につまらなくなるので、これから不安。
・アビス…レグくんの腕はどこまでも伸びていくが、どう考えても
体内にあれだけのワイヤが収まっているはずがない(笑)
 あと、大穴の底まで絶対に光は届かないはずなのだが、そこは何か設定があるのでしょう。
・ゲーマーズ…OPでNEW GAMEには戻れない、と何度も繰り返しているが、
喧嘩を売っているのだろうか?(調べたら、制作会社は別でした。笑)
・セントール…人馬でも可愛いものだと初めて知った(さすが日本アニメ)
 しかし、どうやって服を着ているのかさっぱりわからない(笑)
・ひなろじ…これも話題に出ていませんが、個人的には好み。
(女の子が可愛ければいいんだ)

全体的に先期より小粒ですね。(視聴数も少ない)

2017/8/6  21:10

投稿者:ハノイの塔
今期は録画数26本でした。(先期より、視聴中止が多い)

今期のベストは、やはりナイツ&マジックでしょうか。
(裏でアホガール。笑)
出だしが幼女戦記なのはちょっとアレですが、設定も書き込みも凄い。
書き込みが凄いアニメは途中で休まないと最後までいけないのですが、
これは総集編なしで頑張ってほしい。(個人的に2クール希望ですが、予定では1期)

書き込みが凄いといえばレクリエータですが、さすがにここにきて
2回お休みしなくちゃいけないようで(笑)
しかし、前回の中身はさすがというべきで、もう今年度No.1アニメといっていいのでは。

・この業種では、人格と能力はあまり比例しない
・締め切りを切って後ろにズラすなら、誰でも出来る
・何かと言うと出来ないだの、思い浮かばないだの、幼稚園児か!

素晴らしい台詞のオンパレード(笑)
ラストへ向けて期待が高まります。

ちなみに川島海荷も、少しは上手くなっているのではと好意的に解釈しています。
(作品自体は、まあまあ面白い)

※次回へつづく

2017/8/5  7:18

投稿者:よたろう
『川島海荷の棒読みを、耐えられる者は幸せである。』

心豊かであろうから・・・

『プリンセス・プリンシパル』はアニオリ枠ではチアフルーツより万人向けなスチームパンクスパイアクションですね。
「ジョーカー ゲーム」を観て「キャラの見分けが付かない(スパイにとっては誉め言葉)」と切った人にお勧めですw

人力様はロボアニメを語る時、キャラ、シナリオ設定等を語れど『ロボその物魅力』についてはあまり興味は無さそうですね。
バンダイとのタイアップも決まった「ナイツ&マジック」は単純なロボアニメと言うより
「ゲームや模型でロボを弄るのが好きな人向け」萌えアニメと言った方が正しいですね。
ダンバインを皮切りに始まった「ファンタジーロボアニメ」ですが科学技術が発展し洗練された現在。
「SF世界で巨大搭乗型ロボを成立させる」事自体限界が生じている様に私は感じます。
対して中世期風ファンタジーなら「操者の魔力で動く巨大な甲冑」「効率的な殺戮の現代戦とは対照的な国家や貴族の覇権を賭けた戦」
と巨大ロボを成立させる「言い訳」は幾らでも成立させられそうです。
主人公のエルは最初、ダンバインのショット・ウェポンみたいな立場のキャラかと思いましたが。
実際はショットの野望とは無縁で政治にも権力にも一切興味も無い「ただひたすらカッコいいロボを造り乗り回したい」
という実にラノベ風でありマッドな思考の持ち主です、実在する人物で例えるならヴェルナー・フォンブラウンでしょうか。
彼の「美学」に共感できるかが視聴のふるいですが。
人力様の仰る通り私はガンプラ第二(SDガンダム)世代で、「アーマードコア」の様なカスタマイズロボットゲームに触れた世代。
嵌らない筈がありませんw

2017/8/5  7:14

投稿者:よたろう
『グルグルと異世界スマホはRTA(Real Time Attack)を観てるようだ。』

でも、私の思い出補正と独自の演出のお蔭で圧倒的にグルグル派ですが。
今期はあらゆるジャンル、あらゆる趣向に全方位に嵌るアニメが多いので私にとっては前期以上のラインナップです。
「コレだ!」と言える覇権が思い浮かばないのも否めませんが。

人力様が挙げた物以外で単純にタイトルを羅列すると。
SUN:セントール、ナイツマ、プリプリ
MON:妖怪アパート、天使の3P、異世界食堂
TUE:徒然、NEW GAME‼、グルグル
WED:実力至上主義、はじギャル
THU:異世界スマホ、GAMERS!
FRI:ゼーガペイン(再)、RWBY、将国
SAT:シンフォギア
加えて前期以前から引き続きの物も多いので総録画数は29ですね。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ