今年の漢字  雑感

2005年の年末から書いております私の「今年の漢字」。
過去はこんな感じでした。

2005年「考」ー職場や生活が変わり、いろいろ考えることが多かった年
2006年「聴」ー記事が見つからなかったのですが、とにかく音楽と人の話を聴きまくった年
2007年 なし
2008年「激」ー弾く曲も人間関係も激しく、一カ所に留まらなかった年
2009年「基」ー揺り動かされた自分の基盤を立て直し、原点に返った年

毎年いろいろ考えるのですが、今年はすぐに決まりました。
2010年は、



です。

ようやく仕事が決まり、新しい仲間や新しい自分の業務に愛情を持って接し、この先もずっと一緒にいたいと思える彼に出会い、ペルノのおかげで自分の中の愛に気づくことができました。

一年を通してずっと、本当に暖かい愛に包まれていたと思います。
来年もこの愛を受け止め、自分からも暖かくて気持ちのいい愛を返していければなと思います。

来年も愛する皆が幸せでありますように。
よいお年を!

クリックすると元のサイズで表示します
今年私の部屋に来てくれた方にはおなじみの「樹の絵」。
ペルちゃんを描き足しました!
1

オカメinポルテ  ペット

毎年秋冬の我が家の風物詩、オカメinポルテ。(2005年その12005年その22009年

今年は2月頃にも写真を撮っていました。

クリックすると元のサイズで表示します
だいぶ身体が大きくなっていましたね;

そして2010年末バージョンです。

クリックすると元のサイズで表示します

この子は彼からプレゼントしてもらった子です。

ペルノが天使になってからわりとすぐの頃に雑貨店で見かけて、
「あー…ペルノにそっくりだな…」と感傷に耽ってしまい、買おうかどうしようか迷っていたところそれを見た彼が
「あっ!これペルちゃんじゃん!買ってあげる!」と言ってすぐに買ってくれました。
それからは毎日私と行動を共にして、出雲にも一緒に旅をしてきました。

ポルテもこの冬、見かけてはいたもののなんとなく買えずにいたのですが(ペルノが遊んでいたところを思い出して少し辛くなったので)、コンビニで見かけた時に彼が
「あ、これペルちゃんが好きなやつだよね。買ってお家にしなきゃ!」
と言ってくれました。

自分からわざわざ寂しい方に意識を向けてしまったり、ごちゃごちゃ余計なことを考えてしまう私をすごくシンプルに、笑顔になれる方に促してくれる彼に、本当に感謝しています。
天使のペルノと、この子と、彼と、この先もずっと一緒にいたいと思います。

…ってなんかノロケ記事みたいになっちゃったな!(でも否定はしない)
すみません…
1

ペルちゃんの定位置  ペット

毎月1日はペルノの日です
というわけで今日はペルちゃんの写真を。
あっ、もしかして今までに貼ったことのある写真とかぶるかもしれませんが、そのあたりはご容赦を…。

さて、普段私がベッドに腰掛けてPCを見る時は、椅子の上にノートを置いてます。
ペルちゃんは最初は膝の上とかに乗ってるんだけど、そのうちに私が見ているウィンドウの横にちょこんと移動したりします。

クリックすると元のサイズで表示します
この写真は会社のデスクのモニターの横にも飾ってます

ときどき後ろに半分かくれて「じー…」と見たりすることも。

クリックすると元のサイズで表示します
じー

その定位置で居眠りすることも多いんですが、時にはこんな位置でうとうとしたりも。

クリックすると元のサイズで表示します
ぐー

キーボードを打つにはさほど邪魔にはならない位置だけど、どうしてもときどき手が触れてしまいます。
眠いので羽が膨らんでて、そのふかふかした感触もすごく好きだったりします。
(ちょっと怒られるけどね)

さて、いよいよ師走。
何かと忙しい時期ですが、楽しくがんばっていこー。
2

島根旅行ですけん その4〜雲とうさぎさん〜  雑感

※島根旅行記です。無駄に写真多め&長文です。めんどくさくない方のみ、その1からぜひ!※

この日ふたつめの美術館に行く前にちょっと一服。
松江藩七代目のお殿様が茶人として一流だったらしく、松江ではお抹茶と和菓子が楽しめるお店が多いようなのです。
ガイドブックであたりをつけていたお店に行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
和菓子はおまかせにしたところ、栗のお菓子が出て来ました。これがまた美味で!

一息ついて、島根県立美術館へ。
ここは宍道湖のほとりにあって、湖側はガラス張りなので景観と夕日が楽しめます。
地元作家の作品のほか、モネやドガ、デュフィといった西洋画家の作品も。
「水」をテーマにした作品を多く集めているようです。

日没近くを狙って湖畔に出てみました。…っつーか寒!小雨もぱらついてる!
…と、何やら女の子たちが群がっているオブジェがあるので行ってみました。
するとうさぎさんが!

クリックすると元のサイズで表示します
先頭のこの子から…

クリックすると元のサイズで表示します
ずらっとぴょんぴょん!
2羽目のうさぎの前にしじみの貝殻をそなえて恋愛祈願をするんですと。
なので、2羽目の子の前には大量の貝殻が。

クリックすると元のサイズで表示します
記念にぱちり

クリックすると元のサイズで表示します
もうちょっとお天気が良ければ夕焼けが撮れたんですけどね。

その後、彼と地元の居酒屋さんでご飯を食べたあと、ホテル近くの評判の良いバーで一杯。

クリックすると元のサイズで表示します

翌朝は早起きして帰京。とっても良い旅でした。
というか…もっと長くいたかった〜
次はもっとゆっくりして、温泉なんかにも行ってみたいと思います。
それにしても島根は、空気がゆっくりと流れていてとても良いところでした!

余談:
帰ってから、一枚も彼との写真が無いことに気づきました。
もうほんと鳥の写真撮り過ぎ!
2

島根旅行ですけん その3〜目の保養〜  雑感

1泊目の夜は相当疲れていたらしく、うっかり化粧も落とさず着替えずお風呂にも入らず、あげく布団にも入らずで朝まで寝てしまいました。
起きて愕然としつつも、さっさと身支度をして朝食へ。
バイキングでしたが、ほとんどが和食でした。むりやり洋っぽいものを集めて

クリックすると元のサイズで表示します
こんなことに。
ちくわみたいなのは名物の「あごの焼き」というかまぼこみたいなものです。
これを食べたらお米が食べたくなって、結局ご飯も食べてしまいました。

この日は彼が家の用事があるため、夜までひとり行動。
まずは電車に乗って安来(安来節で有名)まで出て、足立美術館へ。
足立美術館は横山大観のコレクションと庭園で有名らしく、アクセスがいまいちな場所なわりにはかなりたくさんの人でした。

庭園はミシュランのグリーンガーデンジャポンで三ツ星のほか、アメリカの雑誌が選ぶベスト日本庭園で8年連続1位みたい。

クリックすると元のサイズで表示します
創始者の足立翁。「見て見て!」みたいなポーズ

クリックすると元のサイズで表示します
「枯山水庭」
水を用いず、砂や石で山水の趣を表現しているとのこと

クリックすると元のサイズで表示します
「生の額絵」
窓枠を額縁に見立てて、枯山水庭をひとつの絵画に見立てて鑑賞できます

クリックすると元のサイズで表示します
「池庭」

クリックすると元のサイズで表示します
砂が波紋みたいでした

クリックすると元のサイズで表示します
「白砂青松庭」
横山大観の名作「白沙青松」をイメージした庭園です

これらの庭のすごいのは、どこの位置に立っても絵になるところ。
なので、混雑していたとは言えシャッターチャンスを逃すということが無かったです。
(お天気はいまいちでしたが…)

ここでのお目当ては実は林義雄さんという童画作家の方の作品でした。
しかし!横山大観スペシャル展のおかげで童画コーナー自体がお休みでした…No〜
なので、これまた自分用のおみやげを山ほど買って無理矢理満足としました。
ちょっと写りが暗いですが、買った絵はがき

クリックすると元のサイズで表示します
こんなのとか

クリックすると元のサイズで表示します
こんなのとか!
鳥や動物の絵が多くて、めちゃくちゃ癒されます。画集も買いました。

またもお昼は出雲そばを食し、安来から松江まで戻りました。
このあともまた美術館です。
その4につづく…)
0

島根旅行ですけん その2〜鳥さんがいっぱい〜  雑感

さて午後からはいよいよ松江フォーゲルパークへ!!!

ここは鳥好きなら知らない人はいない、花と鳥の楽園です。静岡の掛川花鳥園や神戸花鳥園などと同じ花鳥園グループというところの経営です。
島根に行くならここは外せない、ということで行って参りました。

お天気がいまいち&寒い日だったので、それほど混雑はしておらず。
入ってすぐはフクロウ天国。そりゃもうたくさんのフクロウさんがガラス越しに見られます。

クリックすると元のサイズで表示します
いらっしゃい

夜行性なせいか、みなさんおやすみ中orおねむな感じでした。
そしてさらに中にはたくさんのお花のほか、色鮮やかな鳥さんたちがそりゃもうたくさん!ムッハー!

クリックすると元のサイズで表示します
ルリコンゴウさんとベニコンゴウさん。

クリックすると元のサイズで表示します
おおきなくちばし!ちょっとおじいちゃんぽい

クリックすると元のサイズで表示します
あれ?上の子と同じポーズだ…。目まわりと足が鮮やかな水色!

多くはガラス越しのご対面ですが、直接エサをあげられるコーナーがあります。
人を怖がらないので、普通にテケテケと寄って来ます。
ちなみに手から直接エサやりをしても全然痛くありません。
強く突っついてきたりする子はおらず、みんな優しいの。

クリックすると元のサイズで表示します
おしゃもじみたいなくちばしのこの子は一番の欲しがりさんでした

クリックすると元のサイズで表示します
この子はあまり寄って来ませんでした。貫禄だなぁ

クリックすると元のサイズで表示します
だんご三兄弟(寒いから丸まってる子が多かったです)

クリックすると元のサイズで表示します
このあと見たファルコン(ハヤブサ)ショーご出演の方々。
一触即発って感じです…。こわもて。

クリックすると元のサイズで表示します
ペンギンさんのお散歩ショー。まぁ、歩いてるのを見てるだけなんですが…

クリックすると元のサイズで表示します
再びふれあい広場にてオオハシさんにエサをやりたくて必死の図。
お腹がいっぱいでなかなか降りて来てくれんかった

クリックすると元のサイズで表示します
無事あげられました。
おとなしくてすごく可愛かった!

クリックすると元のサイズで表示します
ペリカンエサやりショー。フーリガンのようだった

お花もきれいでした。見たことの無いようなのがたくさんありましたが、鳥に夢中でほとんど写真を撮ってませんでした…

クリックすると元のサイズで表示します
バラがみんなこっち見てる!

クリックすると元のサイズで表示します
ハート形に整えられたベゴニアの前で。
普通はカップルで撮るんですけどね;

ここでは自分用おみやげを購入。

クリックすると元のサイズで表示します
おともだちが増えました(オカメは園内にいなかったけどね…)

名残惜しみつつパークを後にして再びドライブ。
出雲名物のおぜんざいを食べたり

クリックすると元のサイズで表示します
もうほんと、めちゃ美味かった。あっさり完食

夜はぜいたくに出雲和牛をいただいたりしました。これまた美味でした…。
そんなこんなで1日目はおしまい。さすがに眠く…
その3に続く…)
0

島根旅行ですけん その1〜ペルちゃんといっしょ〜  雑感

ペルノのことでは、皆さまからたくさんの温かい言葉をいただきました。
ありがとうございました。
ときどきペルちゃんから話しかけられてる感じがしてます。
なので、いまも一緒にいてピヨピヨしてくれているようです。

さて先日、島根旅行に行って来ました。
実は彼が島根(出雲)出身の人なんですが、家の用事で数泊実家に帰るとのことなので
一緒に行くことにしました。(私はホテル泊、さすがに実家はハードルが高ぇ!)

もともと先月から予定していた旅行で、ペルちゃんは実家に預けるつもりだったのだけど、
一緒に行けることになったわけですね
ということで、朝早く飛行機に乗って…

クリックすると元のサイズで表示します
出雲に着きました!

(注:この日記は自分用旅行記でもあるので、無駄に写真が多く長文かと思われます…
 めんどくさければ適当に読み飛ばして!)

出雲空港ですが、最近?「出雲縁結び空港」という愛称が付いたらしいです。
それにしても島根は出雲大社や八重垣神社などのおかげですごい縁結びスポットになってるんですね。
飛行機でも後ろに乗っていた女子3人が「いいご縁があるといいな〜!」と言ってました。

彼が実家から車で迎えに来てくれたので、一路出雲大社へ。

…と、その前に。
出雲では知る人ぞ知る「コインレストラン コウラン」へ!

クリックすると元のサイズで表示します
珍しい(懐かしい?)自販機がたくさんです

おそらく地元の人しか利用しないであろう休憩所です。食べ物系の自販機がすごくたくさんあって、
30秒以内に出てくるカレーとかラーメンとか、面白いのがたくさんありました。
あと建物内にはアーケードゲーム機も。

クリックすると元のサイズで表示します
意外に清潔感あり。コントローラーはヒビ入ってましたが…

上海2とかアルカノイドとか脱衣麻雀とか相当懐かしい筐体ばかりでした。
そしていよいよ出雲大社へ。

クリックすると元のサイズで表示します
着いた!

写真で奥に写っているしめ縄が有名ですが、あの切り口の部分に向かって小銭を投げ、それが刺さると縁起がいい?だかで、ものすごい勢いでお金を投げてる人が大勢いました。

ちょうど今年の神在祭最終日だったので、平日でしたが観光客が大勢でした。
ここで神様たちにご挨拶をして、境内を散策。
しかし置かれている絵馬に書かれてるお願いごとが、かなり必死感溢れるのが多くて驚いた…
(もうほぼ9割が恋愛ごと!)
いや人のを見るのもいい趣味じゃないけど、多すぎて目に入っちゃうんだよ!

さて散歩をしていると鳩さんに遭遇。エサも売っていたので購入。
普通はエサを撒いて鳩がやって来るのを楽しむのでしょうが、私の場合は

クリックすると元のサイズで表示します
直接あげちゃうよ!

さすが鳥マスター(自分で言う)。野生の鳥だってお手の物だぜフフ。
そんなこんなで鳩さんからのモテモテを楽しんでいたら、彼の方にも寄ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
粗相をされないかビクビクしてました

小腹が空いたので、彼おすすめの「荒木屋」へ。出雲大社からもすぐです。
人気店らしく、開店してすぐ行列してました。

クリックすると元のサイズで表示します

割子そばをいただきました。
薬味を乗せて、つゆを直接上からかけていただきます。
器はざるではないので、つゆは残るようになってます。で、一番上の器のを食べ終わったら残りのつゆを2段目にかけて食していく…というシステム。
歯ごたえがあってめちゃめちゃ美味しかったです!

さて、腹ごしらえも済んだので次は個人的メインイベントへ。
その2につづく…)
0

ペルノ  ペット

2010年11月1日月曜日の昼、ペルノが天使になりました。

そのからだはお寺で真っ白の小さな骨にしてもらいました。(A子、いろいろ教えてくれてありがとう)
いつものごはんと、いつも夢中になって食べてた小松菜と、私とペルノが一緒に写った写真を一緒に焼いてもらいました。ずっと一緒だよって伝えたかったから。
それから白くてきれいなお花もたくさん。彼が一緒に、ていねいに並べてくれました。
きれいな刺繍の袋に入った小さなお骨は、私の部屋に連れて帰って来ました。
すごくいい天気の日だったので、神様?仏様?とにかく空の上にいるえらいひとにごあいさつに飛んで行くのも気持ち良かったんじゃないかな。
ごあいさつがすんだらすぐに戻っといで、と言っておいたので、たぶんいまペルノはいつものように私のひざに乗って羽繕いをしてると思います。それか、うつらうつらしてるかも。

お寺に行く前の日の夜、目を閉じたペルノを撫でながらたくさんお話ししました。そのとき、
「ペルちゃん、これからもずっと一緒だけど、ときどき夢の中にも出て来てね。また、ペルちゃんのこのふかふかの羽を撫でさせてね」
とお願いしました。

本当に驚いたことに、その夜、ペルノが会いに来てくれました。

夢の中で私はペルノの横たわった箱を抱えてお寺に行くところでした。
歩いていると突然、箱がカタカタと暴れはじめました。
驚いて中を見ると、目を閉じてお花に包まれたペルノの横から、ペルノとおんなじ姿の子が「ぴょい!」と鳴きながら出て来ました。
びっくりしながらもペルノの横たわった箱を抱えつつ、元気なペルノも抱えつつ慌てて家に戻りました。
目が覚めて、本当にすぐに会いに来てくれたことが嬉しくて、またたくさん泣きました。

よく友達に
「この子は卵から孵ったんじゃなくて、私が産んだような気がする!」
と言って笑われていましたが、実はあれ、かなり本気でした。
ペルノとは言葉が通じなくても私は心から愛しているし、ペルノも私を心から愛してくれていると思います。そういう意味で、彼女のおかげで私は「ほんとうの愛」を知ったのだと思います。
私たちはトリとヒトという形で産まれては来たけど、魂どうしはしっかりつながっているんだなと。

だからペルノはいつでも、いつまでもずっと私のそばにいることを感じています。
だけど、ふかふかで暖かい羽やあの重さ、いいにおいのことを思うとところかまわず涙が止まらなくなります。
すごく幸せで、すごく寂しくて、まだとうぶん、こんな感じでゆらゆらしていると思います。

すぐに普段通り、とはいかないと思うので、しばらくそっと見守ってもらえると嬉しいです。
それから、ペルノの話をたくさん聞いてくれた方、写真を見て可愛いと褒めてくれた方、一緒に遊んでくれた方、ペルノにかわってお礼申し上げます。
ほんとうにありがとう。

しばらく開店休業のブログでしたが、また書きたいことができたら書こうと思います。
あ、これからもペルノの記事も書くと思います。ここにはあげていなかった写真もたくさんあるので。
ゆっくり少しずつ、一緒に歩こう。

クリックすると元のサイズで表示します
2

このところ  雑感

なんか月一日記になってきたな…ぼちぼち覗いてくれるひとがいたらすみません。
元気です。

最近はすっかりtwitterです、しかし働き始めたのでそれも若干減ってる。
でも元気です。

元気です元気です言うと嘘くさく聞こえるかもしれませんが、元気(略)。

新天地で働き始めて1ヵ月経ちました。
ありがたいことに周りのひとにも恵まれ、仕事も順調、上り調子で言うことナスであります。
そうだなーあえて難を言うとすれば太ったことくらいか。
去年のパンツとかきっついの。センタープレス?何それ?みたいな!
まぁでもこれは会社のせいじゃないですね、おそらく。

恋は若干ごぶさたしていましたが、まぁいつ何があるかわかんないしね!フヒヒ。
日々、メイクやおしゃれには気を抜かずがんばっとります。

なんか面白いネタでも…と思ったけど、ここに書けるほどのことは…
あ、先日歓迎会(私の)があったんですが、二次会で「天城越え」やっちゃいました。振り付きで。
モテより受けを取りました。大受けでした。良かったよ!(半泣きしながら)

次は氷川きよしの「ときめきのルンバ」と「きよしのズンドコ節」を歌おうと思います。
0

サクラサク  雑感

すっかり春ですね。
ってもうだいぶ桜の満開から過ぎてしまいましたが…

クリックすると元のサイズで表示します

えー、ようやく仕事が決まりました。

実に、実に長かった!!(ニート期間が)
いやーーーほっとした。
正直いちばん辛かった時期はもう過ぎてはいたのですが(年明けぐらいが落ち込みピークでした)、「まぁなるようになるかな!」と思ったところ、ほぼ希望通りの職に就くことができました。

真の意味で「リラックスする」ということができるようになってから、いろいろと上手く行っている気がします。
やっぱ肩の力が入り過ぎは良くないね!なにごとも。

今日は母方のおじいちゃんの命日でもありました。
桜の季節で、近くのお城の桜が満開だったのを思い出します。
母が「おじいちゃんが守ってくれたのよ!」と言っていましたが、本当にその通りだと思います。

おじいちゃんやご先祖さま、家族、友達、支えてくれた人たち、可愛い鳥、すべてのひとやものに支えられて生きているんだなぁなどど、大げさかもしれませんが思いました。ありがとう!

「頑張ります」というよりも、「楽しみます」と言いたい感じ。
頑張るとね、どうしても「私いま無理してる」って思っちゃうからね。
面白いことばかりじゃないでしょうが、なにごとも楽しんでいこうと。

明けない夜はないし、春は必ずくるし、穂は必ず実をつける。なんてね。
6




AutoPage最新お知らせ