2009/10/27

3月のライオン  本・映画
「3月のライオン」羽海野チカ

ハチミツとクローバーは流石に読んだことはないけど、
Amazonの書評が気になって購入。
まず、作中のお姉さんが、
クラスの子に似ていてなんとなく親近感。

それはともかく、
主人公の高校生の胸の内が、
じわじわとしめつけてくる。

「自分ひとりぼっちに気をとられ
誰かのひとりぼっちに気づけないでいた」

「一人じゃどうにもならなくなったら
誰かに頼れ
−でないと実は誰も
お前にも
頼れないんだ」

まさしくこんな心境。
頼ったことがないと、
頼られてもそれと気づかず残酷な結果となる。
0

2009/4/20

長野マラソン  
河口湖マラソンに続いて長野マラソン。
前回と同じく2時間37分台

この冬は走り込みの質をあげるために、
クロカンスキーを取り入れようとして、
足首痛めて失敗してしまった。
で、直前一ヶ月になんとか走り込んで、
たまってしまった疲れを一週間で慌てて抜いただけで、
練習・体調自体はぎりぎり間に合った感じ。

当日は肉体的にも精神的にもよい状態で、
設定上限をきれいに推移する集団に25kmまで連れて行ってもらった。
スタート直後に、
同じくレースに出ていた先輩に並んで挨拶できたし。
沿道もよく見えていたし、
応援に応える余裕もあったし。

靴紐のきつさ、靴下の質、給水をかけまくったこと等もあって、
足にマメができてそうで自重したのもよかったし。

ま、その後の給水を取りに行く時に出すぎてしまって、
大人しくしてればよいものを飛び出して、
「スイッチ」が入ってしまったのがいけなかった。

一人旅になったあといっぱいいっぱいに追い込んでしまって、
スズキの女子選手やエチオピアのツル選手を40km手前で抜いたところまではなんとかなったのだけど、
そこからがくんと脚が動かなくなってしまった。
最後の2kmで10分以上かかってフラフラになってゴール。

さっき抜いた人達にも、
25kmまで一緒だった集団にも、
15人くらいに次々と無抵抗に抜かれていって、
なんだかなぁ。
ツル選手には結局3分以上差をつけられてしまったし。

それでも動かない体を、
有無を言わさずなんとかゴールまで運んだのは、
最近のいい加減な自分には考えられない態度だ。
忘れかけていた昔のレースや練習が自然と体に戻ってきた感覚だった。やればできるじゃん。

25kmで飛び出してしまってばてたのは、
脚筋力が単純にできていなかったというのもあるし、
「スイッチ」が入ると一杯一杯に追い込んでしまう性格もあるけれど、
この数カ月間にレースのことや走ることを「考えている」時間が、
単純に少なかったことがダイレクトに響いていると思う。
スキーばっかりやっていたもんね。
ま、これはある意味しかたない。

沿道の声援が続く42.195kmを走るのって非日常なんだけど、
自分にとっては、
とてもとても懐かしい場所に帰ってきた気分だった。

ゴールした後に、
自然とこれが最後なんだなと思えて、
フラフラなくせに、
振り返ってゴールの先に礼をしてしまった。

でもね、あと一本「走りたい」と思えてきた。
いまのチームはゆるゆるだけど(だから?)よい「チーム」だし。
この先10ヶ月で大切なことは、
国試と走ることなんだと思う。

勉強という動かせない最重要なことがありつつも、
今ならバランスをもって走れると思う。つうか走りたい。
ついでにそれで、
人の心を動かせるならばそれは望外の幸せというもの。
あぁ、それもきっとある。

ま、外見上は相変わらず茫洋としていも、
これから生きていく上でとっても大切な一年にしたいんだと思う。
0

2009/2/8

週末のjog  分類なし
なんか知らないうちにもといたプロバイダのサービスが縮小していて、
とりあえずこのブログを移す手続きだけはしたんだけど、
自分でどこにいっちゃったのかわからなかった。
ようやく発見。

この土日は冬の澄み切って引き締まった空。
といっても日差しが強くて走っていると気持ちよい。
昨日は120分、今日は100分ゆっくり気持ちよく走れた。
標高差300mくらい登ったのだけど、
ゆっくり、だけど心肺機能を追い込めるのって、
自分にとって一番心地よい。
0

2009/1/19

ひな菊の人生  本・映画
よしもとばなな「ひな菊の人生」
一息に読み終わった。
短いなかに大切なことがぎゅっとつまっていて、
息をするのを忘れて読んでいるような感覚。
0

2009/1/4

今シーズン初スキー  スキー
久しぶりにスキーに行ってきた。
混むと思って、
朝一で行って、
これまた混む前に食堂で昼を食べて撤収。

なんか、つまんなかった。
スキーってこんなにつまらないものだったけ?

要因と思われるものは、
・正月連休最後の日で混んでいた。
・シーズン最初で昨年まで練習してきたことを忘れていた。
・だもんで下手っぴになっていて面白くない。
・スピードが怖くなっている。
・クロカンスキーで土踏まずにできた巨大な水ぶくれがやぶれて痛い。
・久しぶりにブーツに締め付けられて快適でない。

うーん、
なにより最近きちんと走れるようになってきたから、
興味の対象が移ってしまったのかな。
あと、足。走っているうちにでかくなっちゃったのかな。
不思議だ。

で、そのあとクロカンスキーへ移動。
今シーズン5回目で、
なんとか続けられるようになってきた。
自分でも何が面白いんだか分からないけど。

そういやぁ、
西原理恵子の漫画で、
そこらへんのアホ坊主と父親が、
お互い無言のまま意味もなく、
グルグルと無限に公園を自転車で廻る、
というのがあったのを思い出した。
なんか安心した。
0

2008/12/26

クリスマス  本・映画
クリスマスということでDVD{マリア」をみた。
東方の三博士がお茶目で個人的には好き。
「宗教」っていうと、
ごてごてして人間的(社会的)で複雑なものになってしまうけど、
本来は単純で、信ずると言うことはよい意味で愚かにさえ見えるものなのかな、と。

鴨志田穣「遺稿集」
西原恵理子の漫画にもあったのだけれど、
男って大人になっても人生の迷子ちゃん。
はー。
0

2008/12/25

200分jog  
久しぶりにLSD200分。

最初は120分位走れればよいかな、
と思っていたのだけど、
走っているうちに気持ち良くなって、
とりあえ90分行った所で折り返し。

用水路沿いの平坦な自転車道だから、
楽に淡々と走れた。
風が強くてちょっと寒かったけど。

帰りは近道したくなって、
まっすぐ峠越え。
標高差200m近くを越して、
さっきまで走ってきた安曇野を見下ろして気持ち良かった。
けど、全然近道になっていなくて、
それどころか行きより20分もよけいにかかっちゃった。

こんな感じで今年も終わっちゃうんだなぁ。
なんだかなぁ、。
0

2008/12/7

なんもない土日  分類なし
久しぶりにお出かけのない週末だった。
起きて走って掃除機かけて洗濯して、
カレー作って後輩たちと食べて寝て、
起きて電話でまったりしゃべって、
買い物行って車に掃除機かけて、
走って洗濯して土日終了。

ま、こんなもんか。
暇があると際限なくまったりしちゃうけど、
ま、いっか。

最近、頭の働きが悪いなぁ、
と思っていたのだけど、
笑っていないからかなぁ、とちょこっと思った。
ま、いいけど。

明日からまた頑張ろうっと。
0

2008/11/30

河口湖マラソン  
忘れないうちにメモ。
快晴の河口湖マラソン走ってきた。
スタート時は2〜3℃くらいだったのだけど、
風もなく寒さに慣れちゃったからなのか、
スタート待っているときも寒くはなかった。

というか、
スタート並ぶの遅れたら後ろのほうになっちゃって、
せっかく前に並ぶために陸連登録したようなものなのに、
スタートラインまで1分41秒もかかっちゃった。
で、雑踏の中を「ごめんなさい」と声かけながらとにかく抜いて行く。
同じような人がけっこういるもので、
そういときは後にくっついて引っ張ってもらう。
そうしてもらっているうちに、
2〜3kmでまともに走れるようになってきた。

で、ラップ(スタートラインから)は、
19'07、18'54、19'05、18'43、18'00、17'50、18'08、18'41、8'48
後半あげて行くことができて、
走っていて気持ちよかった。
さすがにラスト5kmくらいで大腿に力が入らなくなって、
ちょっと自重したけど大満足。

後半上げられるような無理ないペースでも、
30km以上の距離走を一本もやっていなければ、
走りきる脚ができておらずもたないということか。

朝2時出発の当日車移動で、
現役の時にはありえないことだけど、
そういうことも含めて皆でワイワイ言いながらの一日だったので、
楽しくてよかった。

0

2008/11/28

The Gospel  本・映画
「The Gospel」
お話としてはシンプルで、
商業映画としてはどうかとも思うのだけど、
Gospel好きにはたまらないんだろうなぁ。
どっかで見た憶えがあるような人が結構でている。

向こうの黒人系の教会は、
日本のそれとは随分雰囲気が異なる。
日本みたいにあんまりかしこまりすぎるのもどうかと思うけど、
かといってGospel歌い踊っているところは日本人入り込めないだろうなぁ。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ