本日もご乗車ありがとうございます。当ブログは[プラレールタウンながれやま流山検車区]
の1コンテンツ(ブログ記事)となっております。こちらの検車区には他にも多数のコンテンツをご用意しております。ぜひお越しくださいませ。


ただいま
プラレール化希望人気投票(通勤・近郊編)投票受付中です!みなさまのご投票をお待ちしています。

2009/3/22

プラレールにして欲しい車両・人気投票(特急編)!結果発表!+通勤編人気投票受付開始!  プラレール・車両
おまたせいたしました!
ながれやま人気投票!プラレールにして欲しい車両・人気投票!(特急編)、
自由回答欄・人気車両結果発表です!!

今回は、投票の中で皆様に自由にご記入いただいたプラレール化してほしい車両の人気ランキングです!

それでは早速発表に移りたいと思います。(※以下の写真はwikipediaよりお借りしました。)

まずは堂々の第1位です!
自由記入欄ながら、10票もの投票を得た、


クリックすると元のサイズで表示します


『京成電鉄 新型スカイライナー AE形(2代目)』です!(写真は初期AE形)


(参考:新スカイライナー公式ホームページ

上野〜成田空港間・2010年開業予定の「成田新高速鉄道(通称:Bルート⇒京成高砂駅から北総鉄道線(印旛日本医大方面)経由)」における、高速運転を行うために新造される新型スカイライナーで、大手私鉄初となる160kmの高速輸送を実現し、同区間をなんと15分も(!)短縮します。

(なお、第三セクター鉄道では越後湯沢方面・ほくほく線(北越急行線)で現在160km運行が行われており、特殊な『高速進行』という信号表示があります。)


この新型スカイライナーは、有名デザイナー『山本寛斎』氏により、車体は『風』、内装は『凛』をコンセプトにデザインされた車両です。

また、形式称号は原点回帰の思いを込めて『AE形』(2代目)が与えられ、フルカラー案内モニター・自動リクライニングシートの採用や、荷物スペース・デッキなどに防犯カメラを設置、駅などでよく見かける救命装置AEDも車内に準備するなど、最新の技術・サービスが惜しげなく投入される予定で、それまでのスカイライナーのイメージや伝統を継承しつつ、新しい可能性にも挑戦しています。

いまから開業がとても楽しみですが、これに伴い現在運行中のスカイライナー車両(AE100形)は全廃される予定だそうです。。
ちなみに現在AE100形で運行されている「モーニングライナー」・「イブニングライナー」などの通勤輸送は継続されるとのことです。

前回も言いましたが、新型スカイライナーが登場するとAE100形のプラレールは絶望的なんだろうな…『歴代スカイライナースペシャルセット』、本気で期待しますw





さて、第2位はいずれも6票という好成績で何と驚異の3車両同着!



クリックすると元のサイズで表示します


・近鉄22600系 新型ACE(エース)


近畿日本鉄道の2003年の「アーバンライナーネクスト」以来6年ぶりの新特急車両で、2009年4月から運行を開始する新型車両です。近鉄では初めて、車内の座席にコンセントを設置し、またトイレには温水洗浄便座を導入するなどアメニティが充実しています。一部を除くほぼ近鉄全線で運行が予定されています。

22000系統は連結・併合バリエーションが多いので、連結シリーズで商品化していただきたいところですが…流線形のほうが優先されがちなプラレールでは実現はまだ遠いかもしれません…会社限定でもいいので期待をしたいところです。





クリックすると元のサイズで表示します


・京急新1000形(6次車以降・ステンレス車)



「快速特急」=『快特』の高速種別で有名な京浜急行が、2007年ごろから、コストダウンを狙い導入されている初のステンレス車で、塗装されていない車体側面には赤と白のラインをイメージしたラッピングが貼り付けられ、きちんと京浜急行伝統のイメージを受け継いでいます。

京浜急行は会社限定のプラレールに以前から積極的で、すでに4車種(新1000系(赤・ブルースカイトレイン)・サウンド2100形(赤・ブルースカイトレイン))が商品化されており(いずれも京急の駅売店や通信販売「おとどけいきゅう」で購入可能です)、最新車であるこのステンレス車もそのうち出してくれるような気がします。ちなみにBトレインショーティではこの新1000形ステンレス車もすでに商品化されています。





クリックすると元のサイズで表示します


・スーパーはくと HOT7000系気動車

スーパーはくとは智頭急行が保有する特急車両で、京都駅からJR西日本の東海道本線を経由して鳥取駅まで向かいます。
ちなみに形式の「HOT」というのは智頭線沿線の

Hyogo  ⇒ 兵庫県
Okayama ⇒ 岡山県
Tottori ⇒ 鳥取県


の頭文字をとったものだそうです。
また、運転席にカメラが搭載されており、車内モニターに前面展望を映し出すサービスを行っています。
この特急車両は2009年までに「なごみの空間」をメインテーマに車内リニューアルを行う予定で、このリニューアルを受けて、グッドデザイン賞を受賞しました。

プラレールサウンド223系や321系などと並走させるにはぴったりの車両ですね。近日のリニューアルを記念して発売されないでしょうか…



なお、5位以下のランキングは以下のようになっています。


5位 JR西日本 『関空特急はるか』 4票

5位 阪神電鉄1000系 4票

7位 103系阪和線 3票

7位 JR東海『ワイドビューしなの』 3票

9位 そろそろ阪神のどれか・・・ 2票

9位 東急5080系(東横線特急) 2票


以下同着・11位

・683系 1票
・E233系京浜東北線 1票
・100000型XSI 1票
・TJライナー 1票
・181系とき 1票
・阪神1000系 1票
・ICE(ドイツ高速特急) 1票
・JR九州 キハ40-47 はやとの風 1票
・近畿日本鉄道 22000形 1票
・E217スカ色機器更新車 1票
・国鉄117系(オリジナル新快速色) 1票
・京阪1900系 1票
・大阪モノレール 1票
・伊豆急 アルファリゾート21 1票
・特急くろしお 1票
・JR西日本キハ187系 『スーパーいなば』 1票
・フレッシュひたち 1票
・JR西日本 関空紀州路快速 1票
・JR東日本 『STAR21(試験車両)』 1票
・阪神9300系 1票


自分が知っていた車両のバリエーション知識の浅さに愕然です。。
直通特急で有名な阪神電車シリーズ、海外の時速400km越えの高速特急や、胡座式のモノレールなど、まだまだプラレールになれる素質をもったカッコイイ車両が数多く眠ってますね…

プラレールも古い金型をいつまでも使い回して手を抜かず、昨年の私鉄・地下鉄シリーズのように積極的に新車両を出して、子どもだけでない新しいファン層の開拓を目指すような方針転換をし続けてくれることに期待しましょう。



さて、改めまして今回の人気投票にご協力いただきまして、ありがとうございました。
今回の企画で75票もの投票を頂き、予想以上の反響をいただくことができたので、早速第2弾となる


ながれやま人気投票!プラレール希望人気投票(通勤・近郊編)

を企画させていただきまして、投票受け付けを開始しました!

前回の結果の一部を反映して企画していますので、ご興味がありましたらぜひ投票をお願いいたします。(前回同様、おひとり様1回限りの投票となっています)

なお、車両の数がとても多いため、投票方法が前回と若干異なります。詳しくは投票ページでご確認ください。


また、今回流鉄『明星』号引退を受けまして、


クリックすると元のサイズで表示します


このまま自分が幼い頃育まれた、思い出いっぱいの大切な沿線を、だまって何もせずに廃れさせていくわけにはいかない、『流山線沿線をもっと元気にしたい!』と思い、

流山線沿線活性化・個人プロジェクト』を検討中です。
(流鉄株式会社さまとは直接関係ありません。個人的な企画です。)

このプロジェクトは、東京から1時間足らずにもかかわらず、どこか懐かしく、あたたかみのある流山線沿線風景の魅力を、 自分なりのカタチ(特集サイトもしくは冊子など)で発信していこう、というものです。

その関係で、この人気投票の最後に2問ほど活性化プロジェクトの参考にさせていただくための質問があります。
みなさまの率直なご意見をお聞かせください。ご協力をお願いいたします。


それでは、みなさまのご投票をお待ちしております!!
15

2009/3/17

GOGOトレインvsプラレール 京阪電車8000系・三本勝負!!  プラレール・車両
人気投票結果後半の記事はただいま編集中です;
次回発表予定なので少々お待ちください。

さて、京阪電車特集最終回、というかほとんどオマケ企画、


GOGOトレインvsプラレール 京阪電車8000系・三本勝負!!」


内容もそのまんま、どちらからも製品化された京阪8000系を比較してみよう、というものです。
それぞれ新塗装・旧塗装なので完全な比較にはなりませんけど。。

※あくまで個人的・主観的な比較ですのでご注意ください。異論反論大歓迎です。



まず1回戦、先頭(顔部分)比較です。



クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



プラレールは顔周りの窓など対比が実車に近くリアルです。
GOGOトレインは縦に少しつぶれ気味でしょうか?

また、スカート周りはギミックの関係でプラレールは短く縮小されていますが、GOGOトレインは形状から色分けに至るまでかなりの再現度です。



クリックすると元のサイズで表示します


そして上から。
一目瞭然、プラレールよりGOGOトレインのほうが車体が短い(デフォルメ気味)です。ですが、屋根上の塗り分けは圧倒的にGOGOトレインのほうが細かくしかもつや消しの豪華仕様です。


これは、お互いに一長一短なので両者に1ポイントずつ。


つづいて2回戦、中間車(ダブルデッカー車)対決です。



クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


京阪8000系の顔ともいえるダブルデッカー車。

プラレールは新塗装の「ELEGANT SALOON」の表記を再現しています。
GOGOトレインは旧塗装のロゴマークや「時代祭行列絵図」をシールで再現しています。
これは比較できないので採点外ですが、ここは互いにカッコイイ!

注目したいのは連結面のディティールと屋根上の塗装です。
プラレールは屋根は白一色で、連結面はいつもどおり、のっぺりです。
GOGOトレインは屋根上の塗り分けがすさまじく、連結面の小さな部分までこだわりの再現がされています。

これはリアリティの面で圧勝のGOGOトレインに1ポイント




そして最後の3対決は高速で走行する京阪8000系には欠かせない、スピード対決です。
※電池はどちらも新品を使用しました。

結果は…



クリックすると元のサイズで表示します


お見苦しい写真で申し訳ございません;動画さえ撮れれば…orz
でも、なにがなんだかわからないですよね?

これは、写真下の複々線の駅から同時に、同じ方向にスタートさせて複線を1週走らせ、後者がゴールした瞬間を撮影したものです

つまり、「GOGOトレイン」がゴールした瞬間ということです。
ですので勝者はもちろんプラレールです。

写真から見るに、半周分の差に見えますが、実はすでに1週抜かされています。
つまりGOGOトレインに1周半の大差をつけています。

加えて、お気づきの方もいるかもしれませんが、実はGOGOトレインがインコース(内側・距離が短い)を走っているので、直線で勝負したらさらに差が広がることになります。なんというハイスピード。

これは、GOGOトレインがもともとゆっくりめのスピードであることに加え、プラレールが2段階のハイスピード仕様であるため大きく差が出たと思われます。

言うまでもなくこの勝負はプラレールに軍配で、1ポイントです。



ということで、総合結果発表!!


1回戦(先頭車)…両者引き分け

2回戦(中間車)…GOGOトレイン

3回戦(はやさ)…プラレール


結果……の同点!!

…ナンテコッタイちっとも比較になっていないorz
うーん、どちらもカッコイイので両方買いましょう(ぇ



クリックすると元のサイズで表示します


冗談は置いておいて、GOGOトレインはすでに販売終了していますが、プラレールの京阪電車8000系は定番商品でいつでもどこでも売っているので、京阪ファンならずとも、この美麗なカラーリング・スタイルとすさまじいスピード感をぜひお手にとって味わってみていただきたいです。値上げも近いことですし。。




クリックすると元のサイズで表示します


さて、なんだか駆け足になってしまいましたがこれにて検車区・ブログで掲載してまいりました京阪電車特集は終了になります。お付き合いいただきましてありがとうございます。少しでも楽しんでいただければ幸いです。

こういった○○特集といった企画は、これからも継続いきたいと思っていますので、ぜひぜひこれからもこのブログと検車区をよろしくお願いいたします。
18

2009/3/15

プラレールにして欲しい車両・人気投票!結果発表!前篇  プラレール・車両
・・・の前にどうしても気になったニュースを。

京急初の”萌えキャラ”で「京急検定」アピール

ええええーーーーーー
音速のKQさんもそっちの世界に行ってしまわれるんですか。。

画像を拡大しての右下をよく見ると…
実はみかん箱でできている京急2100形。これはかわいい。

ゲームソフトとのタイアップ企画とのことですか
この戦略で先をゆく東武鉄道の某キャラへの対抗のように思えます…

…はい、どうでもいい余談でした。


さて、本題です。いよいよ今回は
約3週間ほど投票を受け付けさせていただいた、

「プラレールにして欲しい車両・人気投票!(特急編)」

の結果発表です!!

はじめは10票くらい入ればいいかな…と思っていたのですが、なんと合計75票もの投票を頂きまして、より詳しい結果を得ることができました!!投票してくださったみなさま、ありがとうございます!

さてさて、それでは早速結果発表に移りたいと思います。
※以下の車両写真はwikipediaよりお借りしました。


まずはJR特急です。


堂々の第1位は、21票を獲得しました、



クリックすると元のサイズで表示します


JR西日本283系「オーシャンアロー」

でした!!

ウォーターブルーとパールホワイトの車体カラーにゴールドの細いラインが配され、海岸線を駆け抜ける「オーシャンアロー」として爽快感・スピード感のある特急のイメージを確立させていて、その人気も抜群です。


プラレールでは一度アーバンライナープラスのリペイント品としてプラレールオーシャンアローが商品化(すでに販売終了)されていたようなのですが、知りませんでした。。

イルカやシャチのようなかわいらしさとカッコよさをあわせ持つオーシャンアローなら子どもウケも良さそうですが…
夏季限定プラレールとかでセット売りしたら季節感あっていいかも?


ちなみに、


クリックすると元のサイズで表示します


オーシャンアローの貫通扉側が、


クリックすると元のサイズで表示します


タンゴディスカバリーにしか見えないのは自分だけでしょうか。。

旅先の京都で見たときに勘違いしてました。。







クリックすると元のサイズで表示します


さてつづいての2位15票で、JR九州783系「ハイパーサルーン」です!

JR九州発足後、初のオリジナル特急として製造され、現在はおもにハウステンボス行きの特急などに使用され、博多、鳥栖、早岐などで見ることができます。カラフルなカラーリングはおもちゃっぽさ満点で、デフォルメしてプラレール化したら子ども受けも良さそうです。






クリックすると元のサイズで表示します


そしてつづく第3位12票を獲得したJR東日本E751系「つがる」です!

八戸から青森・弘前を結ぶ特急車両ですが、朝の1往復のみ普通列車としても使われています。
顔の形がちょっと異なりますが、すでにプラレール化されているフレッシュひたちの弟分にあたります。なのでプラレール化も期待大??


そして、3位以下は

第4位 JR北海道789系「スーパーカムイ」・10票

第5位 JR東海キハ85系「ワイドビューひだ」・9票

第6位 JR四国8000系「特急いしづち・しおかぜ」・7票


となっております。
いずれの特急も5票以上獲得しており、古くから活躍する特急でも、登場したばかりの新しい特急でも、十分にプラレール化する価値のある人気がうかがえます。




さて、次は私鉄特急編です。


第1位は、2位に10票もの大差をつけ22票を獲得しました



クリックすると元のサイズで表示します


小田急電鉄 60000形「地下鉄千代田線直通特急・ロマンスカー・MSE」です!!


日本の私鉄特急=「ロマンスカー」というブランドイメージは鉄板ですね。

MSEのこれまでのロマンスカーにない、ブルー基調のメタリックボディは、新世代を感じさせる近未来的なデザインで、貫通扉や連結器までもがその計算されたデザインの一部となっています。
東京メトロ千代田線に直通し、地下路線をも颯爽と駆け抜けます。そのため地下の反射音を防ぐ防音装備が一段とハイグレードだそうです。
メトロホームウェイ号などの通勤特急としての側面も併せ持ち、新しい通勤スタイルを開拓しました。また、祝日などにはベイリゾート号として、豊洲・新木場方面へ、一部東京メトロ有楽町線にも乗り入れます。

鉄道ファンだけでなく世間的にもMSEの運用開始に注目が集まる中、Bトレインショーティ・ミニモータートレイン・Nゲージなどでグッズの商品化が相次ぎました。

そんな中プラレールはこの年地下鉄シリーズを大々的に売り出し、マーケットのチャンスとしても、話題性抜群のMSEは目玉となる特急であると思われましたが、現在も沈黙を続け商品化される様子はありません。

サンダーバードのように連結・ライト点灯仕様で
ライト&連結・プラレール小田急ロマンスカー60000形MSE」として商品化されないかなぁと期待です。






クリックすると元のサイズで表示します


つづいての2位は12票で、北近畿タンゴ鉄道 KTR001形『タンゴエクスプローラー』です。

さきほどオーシャンアローのそっくりさんと紹介したタンゴディスカバリーの仲間です。
特急のセオリーである流線形のデザインを取り入れつつも、どこか近未来の宇宙船のようで、他にはないスタイリッシュなカッコよさを持っています。福知山線を経由するので新大阪や宝塚などで見ることができます。もともと3両編成なのでプラレールにはぴったりだと思うんですが…




そしてつづく第3位は10票で2つの特急が同着です!



クリックすると元のサイズで表示します


京成電鉄 AE100形『スカイライナー』



クリックすると元のサイズで表示します



西日本鉄道 8000形『天神大牟田線特急』
です!


京成スカイライナーAE100形は京成電鉄の顔というべき特急で、上野・日暮里・京成船橋・空港第2ビル・成田空港を52分で結びます。
子どもの頃一番身近な特急だったので、ずーーーーーっとプラレール化を待っているんですが、いまだになんのアクションもないまま、新スカイライナーが京成電鉄から発表されてしまったので、もし新スカイライナーがプラレール化されてしまうと現在のAE100形は絶望的かもしれません。。

朝と夕方で異なる姿になるリアクタブルヘッドライトで、どっちの形にしようか悩んでて決まらないとかじゃないですよね…

成田新高速鉄道開業時に、AE形(復刻版)・AE100形(新造形)・新スカイライナー(新造形)の
歴代スカイライナースぺシャルセット』とか期待しています。


そして、福岡県を南北に結ぶ、大牟田駅発の特急車両、西鉄8000形です。
大きな前面展望・カーディナルレッドというあたたかみのある赤とアイボリーのカラーリングが特徴的な西鉄の代表特急です。いまだにプラレール化がない西鉄車にも、そろそろ光を当てて欲しいところです。3000形とかも


そして、3位以下は


第5位 東武鉄道 200系『特急りょうもう』    6票

第6位 名古屋鉄道 2200系『特急・一部特別車』  5票

第6位 近畿日本鉄道 26000系『さくらライナー』 5票

第8位 南海電鉄  30000系『特急こうや』    2票

第9位 富士急2000系『フジサン特急』       1票

第9位 富山地方鉄道16010形『アルペン特急』   1票



となっております。
地方鉄道の特急は、全国的な知名度を考えると少し厳しい感じでしょうか。
個性的な車両ばかりでどれもカッコイイんですけどね…

名鉄2200系やアルペン特急はリペイントなどで発売できなくもない気がしますが、限定品が限界かもしれません。



いかがでしたでしょうか。
みなさんが投票した特急車両は何位にランクインしていたでしょうか?

偶然にも

・青がメインカラー
・先頭車が流線形
・後尾車は貫通扉つきの連結面

という特急がJR・私鉄ともに1位でした。
人気の傾向みたいなものもあるのでしょうか。奥深いです。


今回はあくまで「プラレール化」してほしい車両、ということで、特急車両そのものの人気とは異なるものだと考えられます。もしかしたら投票数が少なかったものでも、どういうわけか突拍子もなく商品化(名鉄モ510とか人吉号とか)してくるのがプラレールの通例なので、いい意味でも悪い意味でも、油断は大敵です。
これからの展開に期待しましょう。プラレール50周年ですしね。


たびたび申し訳ございませんが、これはあくまで当ブログ独自の企画であり、実際のプラレールの商品化とは本当に微塵も関係ございませんので、発売元のタカラトミーなどへのお問い合わせなどはご遠慮ください。

ただ、これを商品化してくれ!って意見はじゃんじゃん送ったほうがいいかもしれませんw



さて、次回はみなさまにご自由にお好きな特急車両を回答していただいた結果の発表です!どうぞお楽しみに!

13

2009/3/11

第37話「ハヤテの如し、ハイパーガーディアン」  プラレールフィルムズ
お話は前回第36話「カムバック・マイフレンド」の続きです。
さきにそちらを見ていただいてからですと、お話がつながります。




〜〜前回までのおはなし〜〜





クリックすると元のサイズで表示します



ワルダーはワルダーロボとともに、突如現れた橋脚巨人ロボ、キョウキ・アークにとらえられた隊員Aの親友、猫のツナを助け出した。

しかし、親友との再会に喜ぶのも束の間、コアを奪われコントロールを失ったキョウキ・アークは暴走し、意志のない凶悪な破壊者、狂気アークになってしまった!

そんな狂気アークのあまりに圧倒的な力に成す術もなく、ワルダーロボはやられてしまった。このままでは街が破壊尽くされてしまう。絶体絶命のピンチの彼らのもとに耳慣れない声が…



クリックすると元のサイズで表示します



狂気アーク「グォォォオオオオオオ!!!」

ワルダー「くそ…もうロボが動かねぇ…ダメだ…」


隊員A「ワルダーのあのロボの力をでも敵わないのかよ・・・あきらめるしかないのか…」

ツナ「ニャー…」


???あきらめるのはまだ早いッ!


ミサ隊員「だ、誰なの?!」


ゴゴゴゴ・・・!!



クリックすると元のサイズで表示します



???てー♪てー♪てーてー♪ててててててってー♪ハイパぁーブルぅーポリぃ…しまったぁぁ!歌を間違えたぁぁ!!


隊員A「な、なんだ?俺より歌がうまいぞ?!」



クリックすると元のサイズで表示します



ハヤテ隊長ハイパーガーディアン大型輸送部隊所属、ハヤテ隊長!エクスガイナーとともにただいま到着ッ!!


ワルダー「で、でけぇ!」


ミサ隊員「あなたはいつもハイテンションなことで有名なハヤテ隊長!やっとエクスガイナーが配備されたんですね!」


ハヤテ隊長おうよ!!ウズウズしていたからな、配備されてから30分で飛んできてやったぜ!!ワハハハ!



クリックすると元のサイズで表示します



隊員A「30分!さすが行動が早いことでも有名なハヤテ隊長です!」


ハヤテ隊長「まぁそのかわり、武器も装備もおいてきちまったけどなぁ!!ワハハハ!!!」


ミサ隊員「……軽率なことでも有名だったわね、隊長」


ワルダー「隊長さん、なんでもいいから、とにかくあいつをなんとかしてくれよ!」


ハヤテ隊長ワハハ!まかせておけ!!



クリックすると元のサイズで表示します



ハヤテ隊長ピキーン!ガシュゥゥン!!


隊員A「じ、自分で効果音付けてる…さすが隊長はすげぇ…」



クリックすると元のサイズで表示します



ハヤテ隊長さぁ、そこのデカブツ!覚悟しやがれッ!!


狂気アーク「グォォォオオオオオオ!!!」


ハヤテ隊長貴様にはエクスガイナーとっておきの、ウルトラミラクルアルティメットスペシャルな秘密兵器をお見舞いしてやるぞッ!!


ワルダー「ネーミングセンスねぇ…」


隊員A「でも、一体どんな秘密兵器なんだ?よっぽどすごいものなのか?!」



クリックすると元のサイズで表示します



ハヤテ隊長くらえぇぇ!!ウルトラミラクルアルティメットスペシャルアタァァァァック!!





ドガガガガーン!!!!



クリックすると元のサイズで表示します



隊員Aワルダー突っ込んだだけだぁぁ!!!


狂気アーク「ウグァァァァァアアアアア!!」


ハヤテ隊長ワハハハ!!エクスガイナーの力を思い知ったか!!










こうして狂気アークはハヤテ隊長の操るエクスガイナーのウルトラミr(略)によって倒され、プラレールタウンは守られた!!ありがとうハヤテ隊長!



クリックすると元のサイズで表示します



ミサ隊員「ハヤテ隊長、あなたが助けに来てくれて本当に助かりました!」


ハヤテ隊長お安い御用だ!!またいつでも助けにいくからな!ワハハハ!


隊員A「心強いです隊長!(ホントにテンション高いなぁ…)」


ツナ「ニャー!(いいからツナ缶くれー)」


ワルダー「(俺はとんだ咬ませ犬じゃないか…)」




エピローグ



クリックすると元のサイズで表示します



ガラクタ橋脚たち「悪気はなかったんだ…ただ、ちょっと古くなっていらなくなったら、なんでもすぐ捨てる自分勝手なニンゲンたちに、やりかえしてやりたかったけなんだ。」


隊員A「そうなのか…それはすまなかった。おまえらもまだまだ使えるのにな。」


ガラクタ橋脚たち「ホント?オレ達またレールをのせて活躍できるかな??」


ハヤテ隊長ああ、それならちょうどいい場所があるぞ!俺に任せておけ!!さぁ、おまえら全員エクスガイナーにのってけ!ワハハ!!


隊員A「やっぱり隊長はすごいなぁ…」




さてさて、実はこの次のネタがきっかけで唐突に始めたこのお話ですが、ひとまずこれにて完結です。肝心のそのお話はまた別の機会に。

ここまでお話を見てくださいまして、ありがとうございました。
少しでも楽しんでいただけていれば幸いです。



次の更新では人気投票(特急編)いよいよ最終結果発表!
まだ投票していない方はぜひご投票ください!!


▽使ったもの

・プラレールハイパーガーディアンエクスガイナー
・トミカハイパーブルーポリスガードランナー
・トランスフォーマーアニメテッドサウンドウェーブ
・プラキッズ各種
・プラレールモノレール曲線
・橋脚いろいろ


9

2009/3/4

第36話「カムバック・マイフレンド」  プラレールフィルムズ
このお話は前回第35話「戦慄のプラレール橋脚」の続きです。
さきにそちらを見ていただいてからですと、お話がつながります。


〜〜前回までのおはなし〜〜

クリックすると元のサイズで表示します


街のはずれのガラクタ置き場で、再開発で捨てられ放置された橋脚たちが、ニンゲンに復讐するため隊員Aの友だちであるツナをコアとして取り込み巨大なモンスター「キョウキ・アーク」となって、プラレールタウンを襲おうとしていた!

追い詰められ大ピンチのハイパーブルーポリスを助けるため、突如あらわれたワルダーが、ワルダーロボに乗り込みキョウキ・アークに戦いを挑む!



クリックすると元のサイズで表示します


ゴゴゴ…

ワルダー「くらえ!ワルダーナックルッ!」


キョウキ・アーク「ソンナオモチャデ、オレヲタオセルトオモウナ!!アークボンバー!



クリックすると元のサイズで表示します



バシィィン!!


ワルダー「うわぁぁぁ!!!」


隊員A「ワルダー!!」





クリックすると元のサイズで表示します



ミサ隊員「あなたたち大丈夫?!」


ワルダーロボ「ギゴガゴゴ…(だめむりかえりたい)」


ワルダー「弱音吐くな!こうなったら例の作戦でいくぞ!」


ワルダーロボ「ギゴガ…(了解…)」



クリックすると元のサイズで表示します



ワルダー「くらえ!ギタースロー!」


キョウキ・アーク「ナニヲシテモムダダ!アキラメロ!」




クリックすると元のサイズで表示します



ザザザッ…

キョウキ・アーク「フハハハ!!ドコヲネラッテイル!ムノウナニンゲンメ!」


ワルダー「…無能なのはお前のほうだ!」





クリックすると元のサイズで表示します



ワルダー「スキあり!にゃんこ、いま助ける!」


キョウキ・アーク「ナ、ナニィッ!!」


ツナ「ニャー!!」



クリックすると元のサイズで表示します



ワルダー「レスキュー完了!フェイント作戦成功だぜ!」


キョウキ・アーク「シマッタ!!グワァァァ!!」



クリックすると元のサイズで表示します



ツナ「ニャー!!」


隊員A「ツナ!!待たせてごめんよ!」


ワルダー「よし、これで一件落着だな!」










クリックすると元のサイズで表示します



狂気・アークグオオオオ!!


ミサ隊員「まだよ!様子が変だわ!」


隊員A「ツナを失って、コントロールできなくなっている?!」




狂気・アーク「グォォォオオオオ!!」

ドガガガ!!!

クリックすると元のサイズで表示します



ワルダー「ぐわぁ!」


ワルダーロボ「ギゴガ…(もうダメ)」


隊員A「ワルダー!!」



ワルダーはフェイント作戦でキョウキアークをあざむき、ツナを無事救い出したものの、コアをうしない制御ができなくなり暴走する"狂気"・アークにやられてしまった!

このままではプラレールタウンまで攻め込まれてしまう!!
いったいどうなる!?

次回、たいしたオチもないのに笑撃の完結編!

5


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ