水野の数学参考書レビュー[高校数学・大学入試]

高校生・大学受験生とその指導者向け、数学参考書情報専門サイト。 教材選びならまずココ!と言われるサイトを目指す。

 

筆者プロフィール

水野 健太郎(みずの・けんたろう)
’73年(昭和48年)9月14日生
大阪府の私立中学・高校にて数学ほかを指導しつつ、当サイトを運営(教職を志した98年末から)。
一方、教科関係の執筆業を06年度から本格的に始め、現在ではもう1つの本業となりつつある。今後も現場・作り手両方の立場から、受験数学にまつわる諸問題を実践的に追求していく。
■肩書き
・数学参考書研究家
数学指導のコンサルタント
■自己紹介
プロフィール・活動歴
写真・動画のページ
■連絡先
・個人メール:
 reviewermizuno0914@yahoo.co.jp
・facebook:Kentaro Mizuno
・Twitter:reviewermizuno
・Instagram:reviewermizuno

筆者予定・イベント情報


'17 10/2-6 2学期中間考査
'17 10/13-14 体育祭
'17 10/14(Sat) 出張(市内)
'17 10/15(Sun) 行事準備
'17 10/22(Sun) 出張(府内)
'17 11/2(Thu) 文化祭準備
'17 11/3(Fri) 文化祭
'17 11/27-12/1 2学期期末考査
'17 12/2(Sat) 中学プレテスト
'17 12/27(Wed) 終業式

<詳細&過去の仕事は→こちら
 
 
★ ★ ★ 広告募集 ★ ★ ★
当サイトでは、サイト記事中に広告を掲載していただけるスポンサー様を募集します。詳細は→こちら

アクセス数(05年3月より)

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

facebookページ・掲示板


当サイトfacebookページ


水野の数学学習相談板
 教材選びの相談はこちらへ!
※ 上記リンク先は「入口」です。
 回答予定はこちらを参照のこと。

【数学指導のコンサルタント】
 各種相談・講演依頼受付中!

QRコード

過去の記事

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:s2
すみません、つい話を広げてしまいました(汗

荒らしてしまうわけにはいきませんので、閉めたいと思います。

http://blue.ap.teacup.com/s2homepage/
投稿者:水野 健太郎
水野です。
# 何やらいろんな方向に話がいってますが・・・

「こだわって」三角関数編というのは旧課程時のものですね。実戦に近いレベルの問題集の中では、狭い分野で解法の網羅性が高いという意味で随一の本だったのですが・・・。

最近、ナマの大学入試問題に触れる機会が少ないので、話題になったものを中心に見ていますが、問題の難易度設定にはどの大学も苦労されている印象を受けます。


http://www2.odn.ne.jp/~cbf13380/
投稿者:ブンブン丸
s2先生;
そうですね!一番の(2)問題のは一度類題
に触れていないときついかも知れませんね。
水野先生のお勧めの中のこだわって国立2次
三角関数編にも北大で類題がありました。

平面幾何の知識をいつでも引き出せるように
分野の垣根をはずす事は難しいですね。
先入観とは恐ろしい…









投稿者:s2
ブンブン丸さん;

なるほど。今年は(購読してるけど)月刊誌中身確認してないのでそういうことだったのですね。

話飛びますけど4月号ちょっとみたら、今年の北大の問題難易度がかなり上がりましたね。



http://blue.ap.teacup.com/s2homepage/
投稿者:水野 健太郎
○本物の、s2先生
# それこそ本来ですと(出版社への問い合わせも)私の仕事だと思いますのに、お手数をおかけしまして恐縮です!

・・・おおお!
3年分、ということは、私が買い始めてからの分が主になってしまうのでしょうかねえ。そういう意味では少し残念な気もしますが、期待して待ちたいと思います。


http://www2.odn.ne.jp/~cbf13380/
投稿者:s2
 東京出版様から回答を頂きました。

 過去3年分のものから70題を選んで、8月に書籍化するそうです。

以下は頂いた回答文です。
----------------------------------------

 「この問題が合否を決める!」(書籍) 8月3日発売予定 定価1680円

としてお届けすることになりました。
増刊号に対して、本書では、過去3年分の入試問題から各分野別・テーマについ
て漏れのないよう厳選し、合否ラインを見定めた入試対策学習が可能です。
増刊号「合否を分けた」で合格への到達点を見極め、本書「合否を決める」で合
格への筋道をつくる。増刊・書籍の“合否決定コンビ”を使い尽くし自らの合否
を決定してください!

水野先生の仕事がまた一つ増えましたね(笑)

http://blue.ap.teacup.com/s2homepage/
投稿者:s2
 合否をわけたこの一題って、バックナンバーを売ってくれても良いと思うんですけれどもねえ。。

 闘う50題みたいに。

 あれもなくなっちゃったの残念だなあ。。

http://s2homepage.hp.infoseek.co.jp/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ