| 投稿者: 久喜

<TOP画像>
        トップ更新  :H28.11.16
        トップ画像変更:H28.11.14

クリックすると元のサイズで表示します
上沼垂色(違)の並び(笑)
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
1

2017/3/20 | 投稿者: 久喜


こんばんは!
3月20日、今年度も残り10日あまりを残すところになりました。
おそらく今年度最後の車両導入となりますが、先日発売となったTOMIXのキハ40-2000形高岡色が入線となりました(パチパチ


気動車としては485系セットの「ゆうトピア和倉」以来、動力付きでは中古で購入したキハ58能登路以来となり、前者からでも10年ぶりの導入です。
クリックすると元のサイズで表示します
↑M車とT車の2両購入です。携帯で撮ったため横になっているのはお許しください。
購入の理由としては、北陸本線と七尾線ばかりになってきているのでテコ入れです(え
というか金沢に行くときによく見ていたので、単純に欲しくなりました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
HG仕様なだけあり、方向幕やジャンパ菅など細かい部分も再現されております。
クリックすると元のサイズで表示します
横から(M車)
クリックすると元のサイズで表示します
T車床下。作りが本当に細かいです。細いパイプもあり簡単に折れてしまいそう。
クリックすると元のサイズで表示します
テールランプ
クリックすると元のサイズで表示します
連結時。

久々の気動車の購入となりますが床下の細かさがすごいです。これからはちょっと気動車にハマってしまいそうですね。唯一残念なところといえば、M車のトイレタンクがうまくハマらなかったところですかね。やむなく接着剤を使いました。

次は何を買おうか・・・。
ではまた

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キハ40 2000(JR西日本更新車・高岡色)(T)
価格:3577円(税込、送料別) (2017/3/20時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キハ40 2000(JR西日本更新車・高岡色)(M)
価格:5521円(税込、送料別) (2017/3/20時点)


0

2017/3/11 | 投稿者: 久喜


 こんにちは。
今日は3月11日東日本大震災からちょうど6年になります。もうすぐ常磐線の一部区間で運転が再開されますが、今も被害の爪痕が数多く残されており、被害の規模の大きさを実感させられます。

 さて、KATOとTOMIXから夏の新製品情報が公開されましたね。KATOは今回、東急7000系のみの発表ですが、TOMIXは489系あさま色を約20年ぶりにリニューアルするなど横軽シリーズの強化を図る一方で、キハ58シリーズのラインナップも強化をするみたいです。個人的には489系とキハ58氷見線は悩みどころですね。

最近はリニューアルを行いつつも、ちゃっかりバリエーションも増えるのでさらなるバリエーションの強化にも期待ですね。
489系700番台の白山色とかキハ58の七尾線が製品化されれば買ってしまいそうです。

おっと、表題の件ですが、KATOから待望の製品化となった521系がついに発売されたため、入線させました。
クリックすると元のサイズで表示します
おそらく実車はデビューから10年近く経っていると思いますが、デビュー当時から製品化を望んでいたもので、なかなか製品化されず怒りを覚えていたところです(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
今回は1編成2両のみの購入ですが北陸氏も購入したため、並び。
右は併結用に装着する転落防止柵、右は実車と同様の転落防止柵です。併結すると接触するので短めに作成されています。
クリックすると元のサイズで表示します
待望の製品化とだけあって非常に出来がいいです。ただ最近JR西日本で流行りの転落防止柵がなければ・・・と思ってしまいます。
クリックすると元のサイズで表示します
屋根上機器。正直実車がどうなっているかわからないのでノーコメント(え

非常に売れ行きが好調のようで、もうほとんどの店で売り切れているみたいです。223系シリーズは再生産が頻繁に行われていますが、放置されてきた521系が欲しかったという方と2両で手頃だから買ってみるかという人が多かったんでしょう。

放置されているといえば223系5000番台のマリンライナーもそうですかね。出したら即完売でしょう。製品化に期待です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

10-1395 521系(2次車) 2両セット[KATO]《発売済・在庫品》
価格:8800円(税込、送料別) (2017/3/11時点)




0
タグ: KATO 521系

2017/3/4 | 投稿者: 久喜

お久しぶりです。
2月は1回も更新せず過ぎ去ってしまいました・・・。
トワイライトエクスプレスに室内灯を入れたことぐらいしかネタがなかったんですが。

ところで今日はダイヤ改正の日ですね。いつも3月中旬ですが今年は早いですね。何かあったんですかね。
東日本管内はあまり大きな動きはないですが、北海道では白紙に近い改正です。

ところで今日の本題ですが、再生産されたお題のものを昨日購入しました。最後の485系として新潟のR編成が快速「くびき野」で運用されていましたが、昨日が最終運行となり、奇しくも引退日の購入となりました。

紹介してまいりたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
基本4両と増結2両を購入
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
まずはクロハ481-3000
クリックすると元のサイズで表示します
クロハ前方。ちなみに元はくたか編成はエンブレムが付いてますが、こちらは付属パーツとしても付いていません。
クリックすると元のサイズで表示します
グリーン車と普通車の仕切りがあります。
クリックすると元のサイズで表示します
モハ485ー3000。屋根上、床下は485-200・300と同一にです。
クリックすると元のサイズで表示します
基本セットのモハ484ー3000。車掌室があります。増結セットの車掌室はこれよりも大窓となってます。
クリックすると元のサイズで表示します
ヘッドライト。「いなほ」が装着済み
クリックすると元のサイズで表示します
テールランプ
クリックすると元のサイズで表示します
「北越」ヘッドマーク
クリックすると元のサイズで表示します
上沼垂色リニューアル車との並び。連結器カバーは以前販売された上沼垂セットの緑色のものを装着しました。

最初に発売された時は資金的な問題から購入が見送られたため、待ちに待ったの導入となります。
485系のリニューアル車は色々と導入しましたが、大幅リニューアルされた車両の導入は初めてです。485系ファミリーの中では異端児となりそうです。

今月は西日本のKATO521系とTOMIXキハ40高岡色の導入も控えているため、導入次第更新したいと思います。



1

2017/1/13 | 投稿者: 久喜

遅ばせながら、明けましておめでとうございます!
2017年になりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

今年になってから私の模型の動きとしては、、、トワイライトエクスプレスに室内灯を入れました!所有車では初めての導入となります。具体的なことは後日載せていきたいと思います。あとレイアウトの作成に取り掛かりました?こちらも後日・・・。

 ところで先日、今日とTOMIX、KATOと今年初めて、製品化情報が公開されましたね。

TOMIX←N-gauge informationに飛びます

今回は581系きたぐに国鉄色や房総183系、キハ183サロベツなど痒いところを付いてきました。あとムーンライト九州もついに製品化ですか・・・思い切りの良さを感じるラインナップですね。地味に欲しい・・・。581系の「きたぐに」が今のところ購入有力です。
クリックすると元のサイズで表示します

KATO←飛びます
 一方KATOは、681系しらさぎ、209系武蔵野線、115系宇都宮線など既存のラインナップのリニューアルが多いですね。681系しらさぎは購入検討ですね。ついでに683系元スノーラビット編成も製品化して欲しいところ。


 あとTOMYTECの鉄コレの207系900番台と北越急行HK100「超快速」も欲しい!鉄コレは手頃なので買ってしまうかも・・・。

という夢が膨らむ新年最初の更新でしたw
ではまた
クリックすると元のサイズで表示します






0
タグ: TOMIX KATO

2016/12/31 | 投稿者: 久喜

こんばんは
あと5時間ほどで2017年になります。
2016年は模型を初めて以来の大量の車両導入となりました。正直、今年買った全てのものを把握仕切れていないかも・・・。

ということで購入順に振り返ります。

3月
@TOMIX 485系「かがやき・きらめき」6両
 JR化後、首都圏と北陸方面の輸送を航空機と争っていたことから「加越」「北越」らのスピードアップ・グレードアップ版として生まれた列車。北越急行が開業するまで活躍した。
 発売は今年ではなく2年ほど前、当時は金銭面に余裕がなく、購入を見送りましたが、今年になって急に欲しくなり、いろんな模型店を探索。yahooに「TOMIX 485系 かがやき」と検索して20ページも探して、最後に見つけたのが、通販ではなく地元の模型店でしたw。

8月
ATOMIX 485系「はくたか」8両
 実車は1997年、北越急行が開業して復活した列車。「サンダーバード」に683系が投入され、681系が捻出された2002年ごろまで活躍。
 これも発売は今年ではなく2年前。こちらもすでに品薄状態となっており、通信販売で必死こいて探しましたw。これでクロ481-2300が3両となりました。
クリックすると元のサイズで表示します

9月
BKATO EF81・24系「トワイライトエクスプレス」11両
 JR化後、1989年に登場。正確には定期列車ではないが、廃止までは日本最長距離を走破していた。昨年廃止されたが、その影響はのちに登場する豪華列車に多大なる影響を与えた。
管理人も幼少期に1度乗車経験あり。当時印象は、ラウンジが豪華だなとということ(小学生並みの感想)。TOMIXはさよならセットを発売してましたが、それよりも先にそれと同様の第3編成をモデル化。価格がお手頃なのでKATO製を選択しました。この車両導入により管理人の客車導入に火が(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

CKATO 489系「白山」9系
 上野ー金沢を信越線経由で結んでいた列車。1997年の長野新幹線開業による信越本線の廃止まで活躍した。白山色はJR化後に登場。
 485・9系列としては初のKATO製を導入。「白山」はTOMIXからも発売されていますが、品薄だったということもあり、走りも安定するKATO製に購入するに至りました。TOMIXとの違いは、TOMIXがタイフォンがヘッドマーク横のH02・03編成がモデルなのに対し、KATOはタイフォンがスカートに設置されているH01編成(運行当時はH01編成ではない)がモデル。
クリックすると元のサイズで表示します

DKATO 681系「サンダーバード」 6両
 高速バスとの生存競争のため、登場した車両。日本初の在来列車で時速160km走行が可能。
5年ほどまでに再生産されましたが、その時購入せず、時期を見失っためハードオフで中古品めぐりをしていた時に見つけ、購入に至った車両。安価でしたが付属品全て欠品だったため、まだ整備が必要な模様。

EKATO EF81・24系「日本海」12両
 大阪ー青森・函館を結んでいた寝台特急。JR化後は2往復体制が長く、1往復をJR東日本、1往復をJR西日本が運用を受け持っていた。
 KATOは東日本編成青森所属車をモデル化。こちらも品薄であったため、オークションや中古なども含めて必死こいて探しました(笑)。そしてなんと職場近くのポポンデッタで出品されていたので即決購入。

FTOMIX 485系上沼垂色「白鳥」18両
 大阪ー青森を結んだ日本最長の特急。運用を受け持っていた上沼垂電車区の485系はJR化後に塗色の変更やシート割の変更などリニューアルを実施、その姿をボンネット車と北海道用として登場した1500番台、200番台、先頭車化改造の700番台が再現。
 管理人はAセットとBセットの2セットを購入。
クリックすると元のサイズで表示します


GTEXT 419系 3両
 寝台特急が大量廃止になり余剰となった581・3を通勤・近郊型車両として改造して生まれた。JR化後15年以上全車健在という長生きっぷりだったが、521系の登場に淘汰された。
 TEXTは今はなき東京堂モデルカンパニー。オークションで安価だったため落札。出来があまり良くなく、モーターも動かないなどちょっとがっかりさせられた車両でした。モーターはTOMIX製がハマったのでそのうち交換か。

11月
HTOMIX 14系「北陸」12両
 2010年に引退した14系を使用していた最後の寝台特急。
引退時にTOMIXがさよならセットを出したのみでなかなかモデル化がされなかったため待望の製品化。晩年の8両ではなくJR化後個室化が進んだ1990年代の12両時の姿を再現。実車には2度乗車経験があり、ソロ個室のカードキーはまだ残っているかも・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

ITOMIX 475系新北陸色(旧製品) 3両
 一昨年購入した457系A13編成国鉄色仕様以来、2編成目の急行型電車の導入。オークションで落札。安価でもなかったがあまり思っていたものと物がが違うため、若干の怒りが・・・。室内灯入りだったが、モーターは旧製品のため不安定、そしてヘッドマークを接着剤で取り付け・・・・。なぜ両面テープを使わなかったのか。

12月
以下は最近記事で取り上げたため、省略

11.TOMIX DE10形1000番台 1両

12.TOMIX 14系客車急行「能登」 8両

13.TOMIX TOMIX EF81長岡運転所・ローズ色ひさし付 1両


合計 98両

正直こんなに買っているとは思いませんでした・・・。
去年までの所有車両が約200両だったことを考えると今年は買いすぎました(反省)。
ほとんど発売時の購入漏ればかりなんですが・・・やはり欲しいと思ったものは発売時に買うべきですね・・・。

今年で欲しい車両はほとんど取り揃えたので来年はレイアウトと所有車両のグレードアップに力を入れていきます。


ではまた来年、よいお年を。

0

2016/12/27 | 投稿者: 久喜


 こんにちは。今年も本当に残り少なくなってきましたね。
今年は厄年だったたんですが、厄払いに行かなかったせいかとんでもないことばかりでした・・・。厄払いは行ってもぶっちゃけ変わらなかったと思いますが(え

今年は、久々に新車を大量投入した年となりました。来年は本物の新車を導入しないといけないので、模型の新車は控え気味になりそうです。
とはいえ現時点での導入予定を

確定
2月
・KATO 521系2両
・TOMIX 485系3000番代上沼垂色6両

3月
・TOMIX キハ40高岡色2両

検討
1月
TOMIX 真岡鉄道50系3両

3月
TOMIX E501小山線仕様5両

時期未定・検討段階
KATO 683系サンダーバードリニューアル車
KATO 289系くろしお
TOMIX 475系青色・旧北陸色
KATO 85系ひだ・南紀
KATO E231系上野東京ライン5両
KATO E531系上野東京ライン5両


今までは北陸本線・七尾線にしか手を出していなかったんですが、氷見線や小浜線、信越本線など気分的には徐々に範囲を広げて行きたいと思ってます。あとは心機一転、地元の常磐線でもと・・・。

とはいえ来年は予算が厳しいので車両の導入は最低限でレイアウト作成に力を入れていこうかと・・・。

今年は特に客車が大幅に増えたので、室内灯の必要性を痛感いたしました。
あとは現況車両をTN化・室内灯装備など底上げも検討しています。

今年も残り少ないですが、厄年だけに残りだけは無事を祈りたいです。
クリックすると元のサイズで表示します



0
タグ: 鉄道模型

2016/12/25 | 投稿者: 久喜

こんばんは!
珍しく3日連続の更新です。何年ぶりのことでしょうか。

今日は先週購入したTOMIXの14系寝台急行「能登」の紹介をしてまいりたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
基本セットと増結セットで8両構成となっており、1〜5号車が座席車でそれ以外が3段寝台、5~8号車は金沢から七尾線の輪島まで乗り入れた時代もありました。実車の牽引機は上野〜直江津がEF62、横川〜軽井沢でEF63が補機として、直江津〜金沢はEF81、金沢〜輪島はDE10が牽引に当たりました。また交流区間ではJR化前はEF70も牽引していたようです。
クリックすると元のサイズで表示します
では車両の紹介を。まずは1号車のスハフ14。急行のヘッドマークが印刷済みで貫通ドア左にジャンパ栓を付属パーツとして装着します(写真は装着済み)
クリックすると元のサイズで表示します
オハ14
クリックすると元のサイズで表示します
オハフ14(5号車)。金沢での分割時に最後尾となるわけですが、ヘッドマークはなし・・・。ただテールライトはON/OFFスイッチで点灯します。あと幌もついていません(付属パーツにも)・・・。それはないだろう・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
オハネ14
クリックすると元のサイズで表示します
スハネフ14。ダミーカプラーが標準装備となっています。内装パーツやラジオアンテナを除けば今月初旬に導入した北陸と同じでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
見辛いですが3段寝台の内装。2段目が見えます。一番上の段は室内灯の関係で再現されていないようです。
クリックすると元のサイズで表示します
ジャンパ線とジャンパ栓受け。受けの方はつけるのに時間かかりました・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

実車の方は私が生まれて間もなく489系に置き換わっており、私の所有車両の中で唯一物心がついていない時の車両なので、実際がどうなのか過去に戻って見てみたいと感じさせる車両ですね。小さい頃ビデオで拝見したくらいです。

ほぼ同時に購入したDE10とEF81と一緒に走らせに行きたいですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

14系客車(能登)基本セット(5両)
価格:9487円(税込、送料別) (2016/12/25時点)




0
タグ: 急行能登 14系 TOMIX

2016/12/24 | 投稿者: 久喜

こんにちは、
今日、TOMIXの「EF81形電気機関車(長岡運転所・ローズ・ひさし付)」(品番:9149)が入線しました!
クリックすると元のサイズで表示します
長岡運転所のEF81はJR化後しばらくしてから赤に塗色変更されているため、あまりローズ色時代がしっくりこないですが、北陸や鳥海などを牽引していたようです。ちなみに「急行能登」は富山か長岡車かはわかりません・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
付属品 ヘッドマークは「北陸」「出羽」「鳥海」が1つずつ付属しています。2つ付属にして欲しいんだよなあ・・・。ナンバーは142・143・147・150から選択。TOMIXは手すりとかつけなきゃいかないから面倒ですね。ナンプレも破壊しやすいし・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
ということで2004年にJR貨物の富山機関区に移籍した142号機にしました。あとTN化しました
クリックすると元のサイズで表示します
このアンテナは初期装備でついてます・・・。485は初めから付いてないのに珍しい
クリックすると元のサイズで表示します

今後は能登・北陸の牽引についてもらうことにします





0
タグ: EF81形 TOMIX 鉄道模型

2016/12/23 | 投稿者: 久喜

こんばんは!
今年のクリスマスは3連休ですね。別にクリスマスはいらないんだよな〜(爆)

 先日、TOMIXの能登が入線しましたが、それと並行して七尾線の非電化時代に「急行 能登」を牽引していたTOMIXのDE10-1000(品番2222)を導入しました。能登よりも先にこちらを乗せてしまいます・・・すみません。
クリックすると元のサイズで表示します
「急行 能登」は一時期、14系4両で七尾線の輪島まで乗り入れており、そのこともあり、導入に至りました。
テールランプは点灯こそしませんがレンズが入っております。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ナンバーは能登の牽引経験もあり富山機関区に所属していた1030号機にしました。
クリックすると元のサイズで表示します
私としては記念すべき初のディーゼル機関車となりましたが、TOMIX製ということもあり付属パーツの取り付けに今回も苦労しました・・・。不器用ですね・・・。

12月26日にTOMIXから長岡機関区のローズ色時代のEF81が発売されますが、当初、北陸導入時は購入する意思はありませんでしたが、今回の能登導入で、購入を決意しました。。次回14系能登を含めてうpしたいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

■▽ カトー (7011-1) DE10 耐寒形 KATO鉄道模型Nゲージ『宝』
価格:8028円(税込、送料別) (2016/12/23時点)


0
タグ: DE10




AutoPage最新お知らせ