2009/4/11  9:27

保険に加入する  母子家庭

保険への加入を検討している母子家庭は多いと思います。
保険といってもたくさん種類もあり、また会社もたくさんあるのでどこを選べばいいのか分からないというのが本音だと思います。
母子家庭では自分の収入に見合った保険を選ぶ必要があります。
月に1万円以上かかる保険もたくさんあります。
あれもこれも保障としてつけたいと考えているとお金が足りなくなってしまいます。

母子家庭で多くの人が加入しているのが生命保険と学資保険です。
生命保険は子供ではなく自分自身にかけている人が多いです。
自分に万が一のことがあった時に子供が生活していけるお金を欲しいと考えるのです。
入院した場合であっても、仕事を休んだり、子供を預けたりとお金がかかってしまうので少しでもお金がもらえるのは助かります。
ただ、母子家庭の場合は自治体によって医療費を負担してもらえることがあります。
入院費が安く済む場合もあるのです。
その場合は、入院時の費用は少なくていい保険に入るようにしましょう。
その方が保険料は安くすみます。
また子供の場合は自治体で医療費を負担してもらえる所があります。
子供の医療保険や生命保険は削ってもいいかもしれません。

続きを読む
0

2009/4/10  18:17

母子家庭の子育て  母子家庭

母子家庭の場合、子育てにおいて様々な問題があります。
まずは子供のことについて相談できる存在が近くにいないという問題です。
何をするにも自分で決めなければなりません。
子供が病気になったり、不登校になったりした場合も自分で色々しなければならないのです。
そのためストレスが溜まりやすいとされています。

そして、一番の問題が子供と一緒にいる時間が取りにくいことです。
母子家庭であると、生活を支えるために母親が働くしかありません。
一般家庭の場合、父親か母親が家にいることが多いですが母子家庭だとそうはいきません。
シングルマザーは子供を保育所に連れて行き、1日働きます。
そのため、子供と一緒にいることのできる時間は朝と夜の僅かな時間になります。

小学生になるまでの時期は子育ての中でも大切と言われています。
人格形成にも影響する時期とされています。
この時期に子供とのコミュニケーションをとることが大切になってきます。
子供の話をたくさん聞いてあげ、スキンシップを取ることも大切です。

続きを読む
0

2009/4/10  3:07

職業訓練を受ける  母子家庭

母子家庭の大きな悩みと言えば収入です。
どんなに頑張っても正社員になれず、まとまった収入を得ることができないと言う人もたくさんいます。
今まで専業主婦で働いていなかった人にとっては、正社員になるのはとても難しいと言われています。

そんな母子家庭を助けるために職業訓練というものがあります。
職業訓練といっても民間のものもあれば、国が行っているものもあります。
各自治体によっても職業訓練はあるのです。

職業訓練とは母子家庭のために行われているものではありません。
ただ職業訓練の種類の中にシングルマザー向けの受講講座があることもあります。
自治体で行われている職業訓練講座は有料の場合が多いです。
有料講座は基本的に資格をとるためのものです。
その資格を持っていれば、就職するのに有利であるというものが多くなります。
例えば、ホームヘルパーの資格やパソコンの資格です。
社会に出て定職に就けるようにサポートしてもらえます。
有料講座の場合、講座終了後に一部講座料が返ってきます。

続きを読む
0

2009/4/9  11:57

奨学金を利用する  母子家庭

小学校・中学校までは義務教育であるため、そんなにお金もかかりませんが高校や大学に行くためには国公立であってもかなりのお金がかかります。
最近では、奨学金を借りるという学生が増えてきています。
もちろん必ずしも奨学金を借りることができるという保障はありません。

母子家庭の場合、経済的な理由から高校や大学に行かせることができないという親もたくさんいます。
しかし中卒か大卒かというだけで、給料面には大きな差がでてきます。
もちろん就職先を選ぶ範囲もかなり変わってきます。
できることなら、高校や大学まで行かせてやりたいと思う親は多いはずです。

奨学金制度を利用すれば将来にわたって子供が返済をしていくだけなので、高校や大学にいける可能性が高くなります。
そして母子家庭の場合は奨学金を借りる際にメリットがあります。
様々な条件はありますが、奨学金を無利子で借りることができます。
一般家庭の場合はやはり低金利ですが利子がついてしまいます。
また返済期間を延長できるところもあるのです。

続きを読む
0

2009/4/8  20:47

病児保育  母子家庭

母子家庭の場合、小さな子供を抱えて仕事をしている母親はたくさんいます。
多くの人が仕事中は保育所に子供を預けて働いています。
保育所自体は母子家庭の場合、優先的に入所できたり、自治体から保育料を援助してもらえたりします。

ただングルマザーが直面する問題として、子供の病気があります。
子供がまだ小さいうちは体調をすぐに壊してしまいがちです。
会社側もまだ小さい子供がいる母子家庭の場合、採用を嫌がる場合もあります。
その度に仕事を休まれても困るからです。
子供がいるだけで、仕事にならないと思う会社は少なくありません。

そんな母子家庭の強い見方が病児保育です。
病児保育とは症状にもよりますが、子供が病気であっても預かってくれる保育所のことを言います。
通常の保育所であれば、子供に熱がでるとすぐに電話がかかってきます。
そして子供を迎えに行って病院に連れて行く必要がでます。
その点、病気であっても預かってくれるのであれば、病院に連れて行くためだけに会社を休む必要もありません。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ