2014/7/17

ファイブ・フィンガーズ  ドロミテ

クリックすると元のサイズで表示します
中央の五本の指を持った岩峰が「ファイブ・フィンガーズ」
小さく見えますが、奥にあるためです


クリックすると元のサイズで表示します
今回の予定では右から縦走して、左に抜ける予定。
最初の岩峰を登ってしまえば、あとはV級くらいの縦走となるが、雪渓が多く残っていて下降に無理があるため、当初の目標は断念して、日帰りでは此処だけ登られているという右の鋭い親指を目指す


クリックすると元のサイズで表示します
今シーズンは何処も残雪が多く、本来の取りつきは雪渓に埋まっていたため、ノーピンのところからクノがスタート(後続パーティーも取り付いている)


クリックすると元のサイズで表示します
私がVからそのままW級のピッチまで進んでしまったため、支点を取れるギアが最小限度になって冷や汗もの


クリックすると元のサイズで表示します
露出感抜群です!


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
チビで海外だとボルトが届かず普通に腰クリップとなる私は、スポーツルートだと極端にビビリィなのですが、ナチプロのクラシックルートでは

「・・・水を得た魚ですな」とクノに言われる


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
「もー楽しすぎっ♪」


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
これで親指の鋭い頂へ


この先はいずれにせよ、寒すぎて不可能でした・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
で、核心部の下降


クリックすると元のサイズで表示します
トポには鋭い山頂からU級クライムダウン40mとされているが、あり得ない狭さと高度感ときたもので、始めから下降点を使ったラペルダウンを3回行う


クリックすると元のサイズで表示します
実は、まだ安全圏ではありません


クリックすると元のサイズで表示します
この地点を歩いてトラヴァースって!

「アソコ歩いてたんですか???」帰りのゴンドラから見てビックリッ


そこから更に露出感の凄い下降点まで行き、2回のラペルダウンで小屋の前に戻れます。


「これぞ、ドロミテ!!」って感じの、素晴らしく楽しいルートでした♪


おススメ度bPかもネ!?








※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ