2016/11/7

秘密の庭にヤギが降る  カリムノス島

やはり暑いので、北面の「シークレットガーデン」に遠出する。


バイクを一日10ユーロでずっと借りているので、テレンドスの岩場は北面が多いとはいえ、頻繁にテレンドス島へ渡ってもいられない。


「シークレットガーデン」はカリムノス島の北東面。バイクでは30分ほど走って更に20分歩いた海辺にある。


クリックすると元のサイズで表示します

歩いて岩場の際まで来たとき、一人で歩いていた私は、頭上に落石の音を耳にして、思わず身をかがめて走った。「ヤギの落石だ!」


カリムノスでは島中に山羊が放牧されており、気を付けないと崖の上から落石を起こされることは稀じゃない。


が、その直後、ドサッと背後に落ちて来たのは・・・

山羊そのものだった。



「え?マジ?」恐る恐る近寄ってみたけれど、流石にピクピクしてるだけ。

諦めて離れたら、しばらくして体を起こそうともがき始めたが骨折しているらしい。


その後何度も立とうとしては地面を転げ落ち、メェ〜ッと哀しそうな悲鳴を上げるので、クライマーたちも気になって仕方ないが成す術もない。

私達も何度か傍に行ったが、水を飲ませてやるくらいしかできず、後髪引かれながら岩場を後にする。




足だけなら何とかなる?


翌日再びバイクを飛ばし、近くのヤギ使いのお爺さんに筆談で伝え、現場に赴いたけれど、最早瀕死の状態。

確認したら足ではなく、腰が折れていた。


クリックすると元のサイズで表示します

水をやったら頭を起こし、再びメェ〜ッと訴えるような目で見つめてくるけれど、「これ以上は何もしてやれない。ごめんよ」と別れを告げた。



「猿も木から落ちる」とは言うけれど、「山羊も岩から落ちる」んですね。

ガイドも人間だから、落ちたっておかしくはない訳です。

・・・気を付けよう。



そして山羊がヒットして、一緒にあの世行きにならずに済んだのは、不幸中の幸いでした。


事故原因が落石でもなく墜落でもなく、山羊・・・てのは、ちょっと笑えない話だしね。






コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ