2008/12/15

ブログ移転  

ブログを移転する事にしました。
新しいブログはこちらです。ブログにブックマークされている方はお手数ですがリンクの変更をお願い致します。m(_ _)m
この旧ブログは閲覧のみ可能です。コメントは新しいブログへお願い致します。m(_ _)m
0

2008/12/14

『ドラゴンボール』がハリウッドで実写化!?  

ネットを散策していて、あの『ドラゴンボール』がハリウッドで実写映画化されるという話を聞いた
20世紀FOXが実写映画化の権利を2002年に取得していたらしい。
来年年3月に日本で先行公開、その後4月に全米で公開されるとか。
原作のピッコロ大魔王編をベースに映画オリジナルのストーリーが展開されるようで、悟空は18歳の現代的な高校生だとか……。え゛ぇ〜?
原作、特に悟空が小さい頃の話が大好きなんだけど、どうなっちゃうのか非常に心配
アメリカは今までにも『ストリートファイター』や『スーパーマリオ』を実写化してて、「ちょっとやめて……」って思った覚えが……。
何だか「日本の人気作品を実写化すればヒットするだろう。」って安易に考えてるような気がしてならない
0

2008/12/14

ありがとうございます!  ウェブ拍手御礼!

励みになります!
12月13日15時に拍手を下さった方
どうもありがとうございます!嬉しいです≧▽≦頑張ります
皆様からのエールが何よりの心の支えです。パワーをありがとうございます!

12月13日22時に拍手とコメント下さった円舞曲さん
ありがとうございますようやくうちのサイトもクリスマス仕様です♪
本当、寒くなってきましたね>_<ご自愛下さいませね。
0

2008/12/12

ありがとうございます!  ウェブ拍手御礼!

励みになります!

12月10日22時に拍手を下さった方

12月11日16時に拍手を下さった方

どうもありがとうございます!嬉しいです≧▽≦頑張ります
皆様からのエールが何よりの心の支えです。これからも頑張りますのでよろしくお願い致します。
0

2008/12/10

ありがとうございます!  ウェブ拍手御礼!

励みになります!

12月8日8時に拍手を下さった方
12月8日23時に拍手を下さった方

12月9日18時に拍手を下さった方

どうもありがとうございます!嬉しいです≧▽≦頑張ります
皆様からのエールが何よりの支えです。パワー頂いてます!ありがとうございます!
0

2008/12/7

コメントが反映されない><  

いつからかこのブログ、パソコンからコメント出来なくなってるみたい
ケータイからは出来てるけど、パソコンでレスしたら「投稿を受け付けました」って出るのに管理画面にコメントが残ってない
何でだー!
0

2008/12/7

ありがとうございます!  ウェブ拍手御礼!

励みになります!
12月6日4時に拍手を下さった方
どうもありがとうございます!嬉しいです≧▽≦頑張ります
皆様からのエールに支えられ日々創作に励んでいます。これからも頑張りますのでよろしくお願い致します。
0

2008/12/6

DS『アヴァロンコード』にハマり中!  マイブーム

11月にニンテンドーDSで出たアクションRPG『アヴァロンコード』が面白い
滅びを前にした世界。「預言書」に選ばれた主人公が精霊の力を借りながら、新たな世界を創世するために預言書を手に冒険する物語。
柔らかい雰囲気のイラストも好み♪
ダンジョンの謎解きも適度な難易度で面白いし、ミニゲームなんかのやりこみ要素も満載で時間を忘れて遊んでしまう^^;
0

2008/12/6

ありがとうございます!  ウェブ拍手御礼!

励みになります!
12月5日22時に拍手を下さった方
どうもありがとうございます!嬉しいです≧▽≦頑張ります
皆様からのエールが何よりの心の支えです。力湧いてきます!

12月5日23時に拍手とコメント下さった円舞曲さん
『天国の見つけ方』読んで頂きありがとうございます〜
そう言って頂けるととっても嬉しいです≧▽≦
猫大好きですし楽しく書けました♪クーは皆に愛されてこれからも幸せに過ごす事でしょう
0

2008/12/4

キャラメルボックスXmasツアー『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』  観たもの読んだものについて

昨日はキャラメルボックスのクリスマスツアー、『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』お昼の回を観に行ってきた♪

テレビドラマの脚本家・根室典彦は、来期の仕事を取る為マネージャーの真知子と共に、テレビ局のプロデューサーを接待していた。「前向きに検討する」という言葉だけに終わった長い接待の後、典彦は秘かに想いを寄せていた真知子を自宅に誘う事に成功する。真知子に想いを告げようとした正にその時、インターフォンが鳴り響いた。渋々扉を開けると、そこに立っていたのは若い女性。彼女は日高いぶきと名乗り、典彦を「お父さん」と呼んだ。14年前に離婚して以来一度も会っておらず、母親の亜希子と共に札幌で暮らしているはずのいぶきは、原稿用紙の束を取り出し「自分の小説を本にしたいから出版社の人を紹介してほしい」と言い出した。典彦は14年ぶりの再会の唐突さに戸惑い、そして立て続けに舞い込む仕事のトラブルを前にほとんどいぶきと向き合えない。すれ違い向き合えない典彦といぶきを家族と同僚達が気遣う中、典彦の同僚で作家の砂川はある事に気付く。いぶきの正体とその真の目的とは……?

父娘の、そして家族の絆の物語。それでいて「泣かせよう感動させよう」というあざとさが無く、素直にジーンとできた笑い所も満載♪
典彦の事務所・ダブルハーツの雰囲気がとても温かくて、気が弱く頼りなさげな印象の典彦ですが努力家で大きな器をしていて、尊敬され慕われる人柄の持ち主だというのが伝わってくる。
典彦のかつての教え子で今は共に仕事をする砂川の、知的な売れっ子作家でありながらまったく驕った所のない優しい穏やかな雰囲気に惹きつけられたし、事務所のマネージャー・真知子の献身的な仕事ぶりはダブルハーツの温かさの象徴のよう。典彦に対し恋愛感情は無さそうで、夢を追い勝手に物事を決めたご主人に腹を立てつつも見限れない、強さと優しさを兼ね備えた真知子のような女性は憧れるそして妄想を大暴走させる、笑わせ所の岩見沢の存在感が強烈! 何度も暴走して典彦に激しいツッコミ(飛び蹴り喰らってたり)を受けるんだけど、こういうのって下手に暴走を繰り返すとくどくなってしまう所を、素敵な三枚目っぷりを発揮されていて愛らしかった
で、病気で他界し幽霊として家族の傍にいる典彦の父・孝造が、自分が見えると言ういぶきとの会話の中で「苦労をかけた妻の花絵に何もしてやれなかった、せめて傍にいて見守りたい」といった事を語り、この物語のタイトルをさらりと口にしたシーンと、「あの人が傍にいる事はわかっている」と言った花絵にジーン
14年前、自分の過失でいぶきに大怪我をさせ、溝が出来始めていた亜希子との離婚を決定付けてしまい、自身も深く傷ついた典彦。淡々とした調子の台詞の底に流れる、家族への想いや物書きに対する不器用だけど熱い想いを感じた。
そしていぶきのころころと変わる表情、喜怒哀楽の表現の上手さに目を見張った素直になれず生意気になってしまったり、手料理を典彦に食べてもらおうと奮闘する姿、食べてもらえなくて怒る様等などに、14年間会えなくても父親の事がすごく好きなんだと感じさせた。いぶきが典彦に会いに行く際に立てた目標を一つ一つ語るシーンにうるうる

終盤で明らかになるいぶきの真実、そしていぶきの強い想いが起こした奇跡に胸を打たれた。
非現実的な事態が起きてるけど、たとえいぶきが××××(重要な部分なので伏せ)でなくても、いぶきは典彦に会いに来ていたと思う。
家族の絆は時間も場所も離れていても、深く繋がっているものなんだと感じた。この事をきっかけに典彦と亜紀子のよりが戻るといいなぁなんて思ったり
クリスマスに相応しい、心温まる素敵なお話だった

それと今回初めて、ロビーで売り子をされていた役者さんと少しだけお話できた
優しい目をしたカッコイイ人だった〜
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ