2010/4/13

田ノ浦のスギモクと祝島の棚田が全国放送されます!!  

長島の自然を守る会の高島美登里です。

3月に中国地方で放送されたNHK広島放送局製作のふるさと発スペシャル
 瀬戸内いのちのうみ「ふしぎ!!の海」が全国放送されるそうです。
長島の自然を守る会の海藻調査を指導してくださっている
海藻研究所の新井章吾さんがインタビュアーとして登場されます。

放送時間は以下のとおりだそうです。
是非、ごらん下さい。

番組タイトル:
ふるさと発スペシャル 瀬戸内いのちのうみ「ふしぎ!!の海」

チャンネル:総合/デジタル総合
放送日: 2010年4月16日(金)
放送時間:午後3:15〜午後4:00(45分)

瀬戸内海には世界でも珍しい「ふしぎ」がまだまだ眠っている。
一年のうちわずかな間しか見られない海底の神秘に挑む「海底にゆれる黄金の花畑」。
悲劇の伝説そのままに、島が消えてゆくという謎に迫る「伝説通りに消えてゆく島」。
平地がほとんどない島で、高さ30mを超える石垣を築き、
棚田を作りあげた一人の老人の苦闘を描く「島にそびえる天空の棚田」。
番組では、驚きいっぱいの「ふしぎ」を紹介する。

http://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20100416-21-32621

長島の自然を守る会
代表 高島美登里
5
タグ: 瀬戸内 棚田



2010/4/24  22:49

投稿者:シマリン

ススムさん、感想をお寄せいただき、ありがとうございました!
おっしゃるとおり、原発建設は人と人の関係を引き裂き、自然をズタズタに破壊してしまいます。埋立予定地は、“瀬戸内の原風景”のシンボルのような場所です。以前田ノ浦を潜水された関東の方が、稚魚の種類の多さに驚かれていました。生物の多様性を人工的に創ることはできません。
私たちにできるのは、せめて破壊しないことくらいと思います。

2010/4/20  20:37

投稿者:ススム

いい番組でした。原発を作ろうとしている人たちの感性というものが私にはとても理解できません。番組は上関原発の問題をとりあげているわけではありませんが、原発建設が何もかも(人も自然も!)破壊してしまうということに怒りを覚えます。
興味深かったのは、スギモクの群生地が砂地だということです。瀬戸内海のあちこちで海砂が大量にとられてしまったために、海底が回復不可能なまでに破壊されてしまったと聞きました。「瀬戸内の原風景」ということがよくわかりました。
なお、この番組の放送のことは、デイズジャパンにお知らせしました。番組を見た人もいて、社全体で共有するという話になっているそうです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ