2010/11/22

東京でのイベント  行事案内(他団体主催)

祝島のこころみ 〜原発反対から、海とともに生きる自立した島へ〜

 瀬戸内海の中でも豊かな自然が残る麗しの周防灘をのぞみ、古くから漁業を生業として暮らしてきた祝島(いわいしま)の人々は、命を育む豊かな海の恩恵を未来の子どもたちにも残していこうと、長年にわたって開発に反対し、島の暮らしを守ってきました。
 中国電力が祝島から3.5キロの対岸、田ノ浦に上関(かみのせき)原子力発電所を建設する計画を発表したのは、1982年のことです。祝島の人々は以来28年に渡ってこの計画に反対してきました。いま、原発建設に先立って、田ノ浦の埋め立て計画が進行しています。
 計画への反対が若い世代の共感を呼んでいる中で、祝島には、海を守るだけでなく、エネルギーの自給自足を目指している人たちがいます。
「祝島島民の会」から、映画『ミツバチの羽音と地球の回転』出演者である山戸孝さんを招いてお話会を開きます。日本生態学会上関要望書アフターケア委員で、貝類多様性研究所所長の山下博由さんにもご参加いただき、「奇跡の海」とよばれる上関・田ノ浦の生態系のすばらしさを解説していただきます。
 みなさんのご参加をお待ちしています。


日時:2010年11月27日(土) 午後2時〜5時(1時半開場)
場所:カタログハウス本社セミナーホール http://www.cataloghouse.co.jp/study/
東京都渋谷区代々木2-12-2 カタログハウス本社ビルB2F/JR新宿駅南口から徒歩8分
お話:山戸孝さん(上関原発を建てさせない祝島島民の会)
   山下博由さん(日本生態学会上関要望書アフターケア委員、貝類多様性研究所所長)
*祝島と田ノ浦の写真展示あり

資料代:500円 定員:100人 / 要予約(氏名、連絡先をお知らせください)
TEL:03-3357-3800、FAX:03-3357-3801、E-mail:dousuru_net@goo.ne.jp
主催:上関原発どうするの? 〜瀬戸内の自然を守るために〜 http://kaminoseki.blogspot.com/
   認定NPO法人原子力資料情報室(03-3357-3800 担当:永井・伴) http://cnic.jp

3



2011/4/19  13:04

投稿者:mae

原発といえども製造物です。信頼性上0%の故障率はありません。
事故の場合の対策が述べられていません。
国立公園の海が汚染された場合、瀬戸内海の魚介物、農産物、海産物の被
害は甚大です。

学者、研究者を動員して検討し対処が必要でしょう。

2011/2/12  4:34

投稿者:多くの国民

原発建設妨害は違法な行為です。最高裁が判断を下しています。
民主党も自民党も原発を推進しています。
労働団体も原発を容認しています。
日本は法治国家であり民主主義を採用しています。

法律で定められたことが守れない、選挙による民主主義の結果を守らない人は日本に住まなければ良いのです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ