音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2017/7/5

最近の作品について(33)  作曲日記

前回5月10日の話から、今日まで5曲をsoundcloudに配信しております。 
生活費を得るための本業に加えて、作曲活動に力を注いでいるとブログを書いている時間も、ままならない日々が続きますが、自分の日々の生活を顧みる機会を得るためにも、頑張って書きたいと思っております。
最新の曲は次のとおりでございます。

"The Road To Shangri - La"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/the-road-to-shangri-la

"Heretical Children"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/heretical-children

上記の2曲は、今年の6月にbandcampからリリースしたアルバム"Cosmic Blue"に収められたものであります。

https://geuze.bandcamp.com/album/cosmic-blue

"Eisenlager & Yoshimichi Setsuda - Neu! Digital - Box"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/eisenlager-yoshimichi-setsuda-neu-digital-box

これは初のコラボレーション・アルバム"Eisenlager&Yoshimichi Setsuda special guest Leon 心を開いた人々のための音楽 Music for open minded people"に収められた曲であります。
音楽家として全くの素人である私に、こうしたアルバムを出す機会を与えてくれたドイツのFACEBOOK の友人Norbert Kutz氏には、感謝の気持ちでいっぱいでございます。
冒頭の子供の声は、彼の愛息レオン君の声であります。

"Chasma"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/chasma

"Xylodream"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/xylodream

上記の2曲は、次にリリースされるアルバムに収録される予定のものを先駆けて配信したものでございます。
既に次のアルバムに収録する予定の曲は他にも7曲が完成しておりますが、全部でいくつ入れるか、アルバムのタイトルやデザイン等については、まだ決まっておりません。
いずれにしても、日々、充実した創作活動に励むことができるのは、本当に素晴らしい事でございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: FLstudio DTM 作曲

2017/6/9


早いものでなんと8枚目(コラボレーション・アルバムを入れると9枚目)のアルバム"Cosmic Blue"を6月3日にbandcampからリリースすることができました。
今回は全12曲のうち、6曲がリズミカルなものなので、変化に富んだ、わりと聴きやすい内容ではないかと思っております。
もし興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、こちらをご覧ください。
購入方法は今までの作品同様、ダウンロード専用でございます。

https://geuze.bandcamp.com/album/cosmic-blue

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/6/4

"Music for open minded people - -心を開いた人々のための音楽"  エレクトロニック・ミュージック

多忙でブログの更新どころではない日々が続いておりますが音楽の方は、お陰さまで順調に進んでおります。
先月下旬には初のコラボレーション・アルバムである"Eisenlager & Yoshimichi Setsuda with special guest Leon - Music for open minded people - -心を開いた人々のための音楽"をリリースすることができました。
Eisenlagerとは、ドイツ人のFACEBOOKの友達であるNorbert Kutz氏のソロ・プロジェクト名であり、スペシャルゲストと銘打ったLeonとは、彼の愛息のことでございます。
このコラボレーション・アルバムを創るという計画は、なんとあちら様から打診してきたのであります。
勿論、私は喜び勇んで8曲程のベーシック・トラックを製作し、彼のdropboxに送りました。
金のためではありませんし、お金になる仕事ではありません。
しかし、自分の力を世に認められるかもしれないきっかけになるでしょうし、国も言葉も違う人と創作を通じて交流ができるという意味では、非常にありがたい貴重な経験でした。
数年前、FLstudioを使って曲作りを始めた時、正直言って、
「こんなことやっててうまくいくかどうかもわからんのに、ワシみたいな訳の分からん日本人の曲など聴いてくれる人など、おるんかいな。」
と、半ば悲観的な気持ちを引き釣りながら創作を続けておりました。
しかし気がついたら、曲数も友達の数もどんどん増えてまいりました。
それまでは、どんなに頑張っても報われないような人生を長きにわたって経験してきたので、このような喜びを得る人生というのは、私にとっては青天の霹靂でございます。
しかし、私の音楽人生はまだ始まったばかりであり、ここで気を抜かずに精進してまいる所存でございます。
さて、話はアルバムに戻しますが。私の創ったベーシック・トラックはノルベルト氏のエレクトロニクス処理によって生まれ変わり、その後、彼が自分の音やレオン君の声を付け加えることによって完成となりました。
自分のパートだけ聴いた感じでは、どのように完成されるのか想像もつかなかったのですが、どれも良い意味で期待を裏切ってくれる桂作となりました。
勿論、私の実力ではなく彼等の力によってここまでやってこれたのは、言うまでもありません。
完成された作品を初めて聴いた時、真っ先に頭の中で大戦後の復興から蘇るドイツの街並みが浮かびました。
日本人の私が加わっても、できた音はまさしくドイツの音でございました。
私の喜びと彼らの誇りが感じられるアルバムとなったのでございます。
興味のある方は是非、こちらで試聴、もしくはダウンロードしてみて下さい。
Eisenlager のページ、あるいは私のbandcampのページのどちらかでも可能でございます。

Eisenlager のページ
https://archive.org/details/Petroglyph539EisenlagerAndYoshimichiSetsudaSpecialGuestLeon-MusicForOpenMindedPeople

私のページ
https://geuze.bandcamp.com/album/eisenlager-yoshimichi-setsuda-special-guest-leon-music-for-open-minded-people

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/5/10

最近の作品について(32)  作曲日記

ゴールデンウイーク中も、作曲に励んでおりました。
前回3月14日の話から、既にsoundcloudに5曲を配信しております。

"Light Of Spring" 
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/light-of-spring

"Ediacara"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/ediacara

"Chengjiang(澄江)"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/chengjiang

"A Memory Of The May Wind"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/a-memory-of-the-may-wind

"Yin And Yan(陰陽)"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/yin-and-yan

休みの日には作曲に集中できるので、1日で1曲仕上げることができます。
1人悶々としながら孤軍奮闘しているかのように見えるかもしれませんが、世界中の友達が応援してくれているので、いつもやりがいを感じながら作業を続けております。
最近、うれしかったことは同じ日本人のFACEBOOKの友達が私のアルバムを2枚も買ってくれたことでございます。
自分がここまでやってこれたのは、自分1人だけではなく多くの人達の応援や友情に支えられているのだということを、あらためて認識している次第でございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: FLstudio DTM 作曲

2017/4/16


ようやく7枚目のアルバム"Kundalini Love"をbandcampからリリースすることができました。
休日は元より、出勤前の早朝や夜中にも作曲に打ち込んでいるとは言え、2ヶ月で完成することができたということは、素晴らしいことでございます。
収録曲は全て新曲で全10曲、合計演奏時間は、約75分であります。
Kundaliniとは、日本では真言宗に代表される密教のことですが、ここでは宗教的な意味合いは無く、ある種の癒しのための音楽と解釈していただければ、結構でございます。
前衛的なサウンドも多々使われておりますが、難しく考える必要も勿論ございません。
SF映画のサウンドトラックを聴くような感覚で気楽に聴いていただければ幸いです。
もし興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、こちらをご覧ください。
購入方法は今までの作品同様、ダウンロード専用でございます。

https://geuze.bandcamp.com/album/kundalini-love

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/4/16

今年も桜が見事だったのでございます。  つれづれ日記

今年も花見に参りました。
とは言っても、子供も大きくなったので今年も一人で散策がてら花見をいたしました。
普段は忙しくて疲れ気味なので、場所や人ごみを気にしながら花見をするよりは一人で桜を眺めた方が気が楽であります。
今年訪れた花見の場所の1つに名古屋市の平和公園内の軍人墓地があります。
ここは誰一人訪れる人がいないにもかかわらず、見事な桜の樹々があるのでございます。
勿論、ここは散歩しながら眺めました。
こんなところで1人さびしく酒を飲みながら桜を眺めているところを見られたら、この後、自殺でもするんじゃないかと間違われて通報でもされたらシャレにならないのでございます。
守山区にある緑地公園にも、わずかながら桜が美しく咲いておりました。
これらの写真をFACEBOOKに投稿したら、今回も多くの海外の友達に好評でした。
花の美しさに感動することに国籍、人種等、関係ないのでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 花見 散策 自然



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ