音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2017/1/15

名古屋の初雪でございます。  写真、CG

今日、1月15日は名古屋に初雪が降りました。
例年に比べると遅いし積雪も少なかったのですが、他の地方では大変な被害にあわれている所もあって、受験生の皆様も含めて大変ご苦労様でございました。
まだ大雪が降る可能性が春までに大いにありそうですので、皆様、どうかお気を付けください。
本日は、いつもなら緑地公園まで出かけて野生の鳥達とのどかな時間を過ごすところでしたが、積雪で車の運転を断念したため、桜の名所である鶴舞公園まで行きました。
そこで氷の張った池等の写真を撮ってFACEBOOKに投稿したら、とても好評でした。
そこの池には中央に石灯籠や石塔のある小島があって、いかにも日本情緒豊かなのでございます。
午前中の気温は0度で小雪が降り、曇りがちな天気でした。
手持ちのiPhoneで撮ったのですが、モノクロームに近い仕上がりで意外にも綺麗に撮れました。
まるで水墨画のようだと言ったら、素人のくせにちょっと言い過ぎかもしれませんが。
こういう日には、お金があったら日帰りで奈良か京都へ行って写真を撮りまくれたら、とも思いましたが、地元にも探せば知られていない山場が、まだまだいくらでもあるものでございます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 写真 CG 芸術

2017/1/13

最近の作品について(30)  作曲日記

年末から今年1月上旬にかけてsoundcloudに配信された曲は下記の5曲でございます。

"In The Jungle Of Planet X"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/in-the-jungle-of-planet-x

"Lutz Thuns & Gueuze Music- Twitters of A Water Sprite"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/lutz-thuns-gueuze-music-twitters-of-a-water-sprite

"Charnia"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/charnia

"Fountain Of Saraswati"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/fountain-of-saraswati

"Ivory Dream"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/ivory-dream

この中で"In The Jungle Of Planet X"と"Fountain Of Saraswati"は最新アルバム"Destruction And Reconstruction"に収録されたものであり、"Lutz Thuns & Gueuze Music- Twitters of A Water Sprite"はドイツ人のFACEBOOKの友達であるルッツ・トゥンス氏とのコラボ、そして、残りの2曲は単独で投稿されたものでございます。
正月中も創作意欲は性欲同様、旺盛で、これら以外にも次のアルバムに収録するために完成されているが、まだ未発表のものも数曲ございます。
息つく暇もないほど打ち込んでるように思われるかもしれませんが、立ち止まっている暇はありません。
私のような運の無い人間は最後に一瞬気を抜いただけでこれまでの努力が水の泡になる、なんてことにもなりかねないのであります。
音楽以外のことですが、実際、過去にそうした挫折や失敗をしたことがありますので、周りから褒められても謙虚であり続け、向上心を持ち続けて日々精進してまいりたい所存でございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: FLstudio DTM 作曲

2017/1/4

充実した正月でございます。  作曲日記

早いものでもう、2017年がはじまりました。
あけましておめでとうございます。
今年もよろしければこのブログのご愛読の程をよろしくお願いします。
さて、私事でございますが今年の正月も午前中は森の中で心身を癒し、午後は作曲に励む毎日でございました。
本業の方は、相変わらずストレスのたまる仕事なので、休日でのリラックスが欠かせません。
旅行にも行きたいのですが、今は正念場だと思って創作活動の方をがんばっている次第であります。
今は種蒔きの時期だと考えております。
たくさんの作品を投稿して多くの人に聴いてもらい、少しづつでも実績を作っていくわけであります。
何もせずにただ夢を見ているだけでは、絵に描いた餅を眺めているのと同じでございます。
「自分のようなものが、このままやり続けていて果たして認められる時がくるのだろうか。」
と迷う時も、もちろんありますが、その時は仕事に追われて疲れ果てて何もできなかった頃や、独身時代に家族に反対されていた時のつらい思い出を思い起こして、今の現状に多少なりとも感謝して頑張り続けているわけであります。
裕福で理解ある家族の元で育って芸術大学までいってきたような人間から見たら、私は社会の底辺でもがきながら生きているような人種にしかみえないでしょうが、幸いにも海外のFACEBOOKの友達がいるおかげで、どれだけ励みになっているかと思うと、嬉しくて創作意欲も毎日のように湧いてくるのであります。
順風満帆な人生を歩んできた人間には、私の気持ちなど理解できないでしょうが、いや、理解されなくても構いません。
今年も己の道を歩んでいく所存でございます。
0
タグ: FLstudio DTM 作曲

2016/12/31

2016年の大晦日でございます。  つれづれ日記

あわただしい1年でしたが、やっとで大晦日を迎えることができました。
実家は商店経営ですので、今日まで仕事をやっておりました。
家からはショッピング・モールがすぐ近くにあるので、この辺の小売業は常連の多い飲食店やコンビニを除いて、ほぼ全滅状態でございます。
それでも営業をやったのは、もちろん私の意志ではございません、私の親の世代の人間が意地になっているだけのことでございます。
私自身は、学生並みに冬休みが続いて取れるくらいになってほしいのであって、世間体や過去の栄光等、どうでもよろしいのであります。
今は夕食を済ませてほっとしているわけですが、元旦からはまた、森に出かけて作曲の構想に明け暮れようかな、と思っております。
では、読者の皆様もどうか良いお年をお過ごし下さい。
0
タグ: 大晦日 人生

2016/12/14

ムール貝  グルメ

今月の初めに名古屋の台所と言われる柳橋市場へ行ってムール貝を買ってきました。
愛知県の日間賀島産で1キロ1000円のものを2キロ買ったのございます。
実は、はるか昔の新婚旅行先のベルギーで、これを初めて食べたのですが、それ以来病みつきになりました。
今ではパエリア等、様々な料理に使われていて人気の貝なのですが、スーパーでは意外と置いてありません。
あっても割高でございます。
そこでその日の早朝6時半頃に柳橋の卸売市場まで行って買ってきたのであります。
調理は勿論、女房殿の担当であります。
トマトやニンニク等を加えて酒蒸しにしてくれました。
酒は勿論、ベルギービールであります。
この日はトラピストビールのオルヴァルを飲みました。
FACEBOOKに写真を投稿したら、意外と海外の方々から多くの反応がありました。
「私は白ワインと一緒に食べる。」
「君の妻は優秀だ。うちは私が調理している。」  
「オルヴァルは良い。でも私ならカステール(アルコール11%のビールです。)を飲むだろう。」
などなどであります。
この日の夕食は、ご馳走であったのは言うまでもありません。
さて、残ったスープは貝から出た水分で意外と多くできました。
しかもけっこう塩辛いのです。
しかし、貝の出汁がきいてけっこういけるので捨てるにはもったいないと思いました。
そこで女房殿は、次の日、これにトマトを足してパスタソースを作ってくれました。
このソースで味付けしたスパゲッティも、なかなかおいしいものでした。
このように、美味しくて使いまわしがきくので我々のような貧乏人には、誠にありがたい食材でございます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/12/7

"Destruction And Reconstruction"  エレクトロニック・ミュージック

今日は、なんと早くも5枚目のアルバム"Destruction And Reconstruction"をbandcampからリリースすることができました。
前作から、たった1か月のことでございます。
自分でも信じられないくらいであります。
しかも全11曲で合計の演奏時間は1時間を軽く超えておりますし、勿論、パソコンがなかったらこんなことは到底不可能な事でございます。
内容はタイトルの「破壊と再生」を意味するように、変化にとんだものであります。
エスニック、アヴァンギャルド、クラシック、テクノ、と様々な要素を含んだ曲想が、時にはぶつかり合ったり調和しあったりして既成の音楽の観念を破壊して、そこからまた新しいものを創り出していこうという概念の元で作曲したものばかりでございます。
私は20世紀に生まれた革新的な芸術や音楽が大好きです。
これらの作品には、今語った新しいものを創造しようという試みや意気込みが、はっきり伝わってくるのです。
それらの作品に影響された私も、その精神を受け継いでいく意味で、これからもこうした作品を創り続けていきたいと思う所存でございます。
もし興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、こちらをご覧ください。
購入方法は今までの作品同様、ダウンロード専用でございます。

https://geuze.bandcamp.com/album/destruction-and-reconstruction

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ