音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2016/12/7

"Destruction And Reconstruction"  エレクトロニック・ミュージック

今日は、なんと早くも5枚目のアルバム"Destruction And Reconstruction"をbandcampからリリースすることができました。
前作から、たった1か月のことでございます。
自分でも信じられないくらいであります。
しかも全11曲で合計の演奏時間は1時間を軽く超えておりますし、勿論、パソコンがなかったらこんなことは到底不可能な事でございます。
内容はタイトルの「破壊と再生」を意味するように、変化にとんだものであります。
エスニック、アヴァンギャルド、クラシック、テクノ、と様々な要素を含んだ曲想が、時にはぶつかり合ったり調和しあったりして既成の音楽の観念を破壊して、そこからまた新しいものを創り出していこうという概念の元で作曲したものばかりでございます。
私は20世紀に生まれた革新的な芸術や音楽が大好きです。
これらの作品には、今語った新しいものを創造しようという試みや意気込みが、はっきり伝わってくるのです。
それらの作品に影響された私も、その精神を受け継いでいく意味で、これからもこうした作品を創り続けていきたいと思う所存でございます。
もし興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、こちらをご覧ください。
購入方法は今までの作品同様、ダウンロード専用でございます。

https://geuze.bandcamp.com/album/destruction-and-reconstruction

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/12/6

シッケ  グルメ

グルメの話では、引き続き韓国の物を紹介いたします。
シッケというのは、アルコールのない甘酒のような飲料でございます。
缶に記載された原料について見ますと、「砂糖、米、麦芽糖、生姜等となっております。
甘く爽やかな、どこか懐かしい味の飲み物であります。
今、韓国は政治や経済の問題で、いろいろと大変でございますが、同じアジアの民として早くこの国に平和が戻ることを記念してやまないのでございます。
そして、いつかソウル周辺のみならず慶州等の古寺も訪ね歩いてみたいと、思っているのでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/20

最近の作品について(29)  作曲日記

最近、soundcloudから配信された自作曲は、次の5曲でございます。

https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/ballet-cosmique

https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/homage-to-ix-and-gl

https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/quaoar

https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/argo

https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/white-noise-and-windy-violin

そのうち、上位2曲は最新アルバム"Pastoral Of Microcosm"に収録、"Argo"は私のFACEBOOKの友達であるCandy Lozier女史が運営するネット・レーベル"Studio4632"からのコラボレーション・アルバム"Studio 4632 Summer Fall 2016 Ambient Sampler"に収録、残り2曲が単独で投稿されたものでございます。
今のところでは、趣味のわりには手広くやってるなあ、といった感じに見えるでしょうが、私はこのままで終わるつもりは毛頭ございません。
これからも地道に励んでまいる所存でございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: FLstudio DTM 作曲

2016/11/13

人は財産でございます。  FACEBOOK

私のFACEBOOKの友達がもうすぐ1600人に達しようとしております。
最近は忙しくて自分からリクエストすることは滅多になくなりましたが、あちら様から多い時は週に10数人も来て下さる時もあるので、気がついたら、こんなに多くの方々と友達になることができました。
普段の自分は決して人に好かれるタイプでも、もてるタイプでもないと自覚しているので、内心、驚いております。
しかも、ただ友達になっただけでなく、彼らから本当に多くのものを学び、得ることができました。
今でもかなりヤバいのですが英語も少しはわかるようになりましたし、作曲に関しては彼らに会わなかったら未だに何もできずに悶々とする日々をおくっていたでしょう。
あちら様からのリクエストは、ヤバそうな者(Email等を取り込もうするために近づいてきた奴等)を除いては、ほぼ速効で承認しております。
国籍、年齢、性別、職業等、一切、問いません。
来るものは拒まずでございます。
大切なのは、本人の人柄でございます。
逆に、地元では有名人だったり他人から敬われる仕事を持っていても、人間としてカスだったので、こちらから削除したこともありました。
何を偉そうに、と思われるかもしれませんが、当時はさすがに当人の態度に腹がたったのです。
今更蒸し返すつもりはないので、これ以上書きませんが、肩書だけで相手を評価してはならないと思っております。
「人は財産である。」という言葉で今、一番思い浮かべるのは、韓国ドラマ「キム・マンドク」でございます。
飢えで苦しむ人々を救うために全財産を投げ打った伝説の女商人の物語ですが、最終回では、
「民を救った褒美に地位や財産を与えよう。」という王様の言葉に対して、キム・マンドクは
「私には大勢の未来のお客様がいるので、何も失ってはおりません。」
と答えたのであります。
単純かもしれませんが、この物語からも非常に感銘を受けました。
私は過去に、金銭的な理由や父親等の周りの無理解のためにそれまで苦労して集めた楽器や機材をほとんど全部失ったことがありましたが、海外の多くのFACEBOOKの友達のおかげで、今こうして作曲活動を続けることができました。
大切なのは物ではなく、人なのです。
このことは過去の自分の経験からも、身をもって感じている次第でございます。
1
タグ: 人生 FACEBOOK

2016/11/12

CGの世界は奥が深いのでございます。  写真、CG

今月のブログは、これで5話になりますが、最近、滞りがちなので書ける時に書いておこうと思います。
今、風邪気味で作曲はちょっとお休みしているので、今はブログを書いているわけであります。
なんだか、いずれにしてもじっとしていられなく貧乏性みたいな感じですが、時間がないので時を有効に活用したいわけでございます。
最近、FACEBOOKにCGに関する記事を載せました。
私の作品を多少でも褒めて下さる方がいらっしゃいますので、つい、調子に乗ってどのように創るかを画像で見せたのであります。
ネタをばらしてもええんかいなと思われるかもしれませんが、だいたいどのCGソフトも似たような機能を持っているわけですし、要は素材をどう芸術的に創り変えるかが重要なので、これくらいの公開は差支えありません。
むしろ、数年前まで全くの素人だった私が、急にこれらの作品を公開するようになると、中には盗作しているんじゃないかと思う人もいるかもしれません。
そこで、普段からこつこつと、このような創作活動をやっているという事実を見てもらう方が、私にとっては有利な事でございます。
写真を見てもらうとわかるように、素材はあくまでもこのような身近にあるものばかりでございます。
それを自分が納得のいくまで加工を繰り返していくことによって、出来上がるわけであります。
中には、加工を繰り返し続けたために元の画像からは想像もつかないようなものになることも、しょっちゅうありますし、むしろ、そうすることによって、自然の造形のすばらしさに改めて感心することも、しばしばあるのでございます。
ですから、制作を続けていると自分の才能で創っているなどという、大それた感覚は一切おきず、形を変えて素材の新たな美しさをどう引き出していくかという課題を心にとどめて創作しているのであります。
そして、出来上がった画像を見て、曲の構想が閃く事もしばしばあるので、凡人の私にとって、その相乗効果は絶大なものとなるのでございます。
CGを創るきっかけは、多くのFACEBOOKの友達が投稿した自作曲に、自分で創ったイメージ画像を添えつけているのを見て、
「ワシもやってみよう。」
と思ったのが始まりでした。
かつて、凡愚で引っ込み思案、劣等感の塊のような私がこうして、今、自発的に制作を続けられるようになったのは、師匠のグセル様をはじめとする海外の多くのFACEBOOKの友達のおかげであります。
この人達への感謝の気持ちは、一生、忘れないでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 写真 CG 芸術

2016/11/11

しつこい奴ら  FACEBOOK

関わりたくないがうっとおしい存在というものは、人生には多々あるものでございます。
例えば、以前にも書きましたが、私のパソコンに猛威を振るったスパムメールは今も週に2回はやってきます。
もう添付ファイルを恐る恐る開けるなどという愚挙はおかしませんが、相変わらず奴らはしつこくやって来ております。
そして、FACEBOOKにも、残念ながら困った人達が時折見かけます。
例えば時間に関係なく、しかも対して重要なことでもないメッセージを送り付ける人がおります。
私は友達リクエストがあると、速効で承認する方であります。
何故なら、これも何かの縁だと思って出会いを大切にしたいと思っているからであります。
しかし、だからと言って四六時中FACEBOOKを見ているわけではありません。
仕事もあるし、作曲もやりたいし毎日、時間が足りなくて困っている程でございます。
初めて友達になった人でメッセージを送ってきた人に対しては、
「リクエストしてくれてありがとう。
私は毎日忙しいので、なかなかチャットはできないかもしれないが、よろしく。」
と、丁重に返事を書いて送ることにしております。
しかし中には、それでも1日に何度もしつこくメッセージを送ってくる者がおります。
あまりにしつこいので、放っておいたらそのうち向こうから削除してきましたので、内心、やれやれと思いました。
こういうタイプの人間は、相手の都合など考えず自分さえよければいいと思うか、あまり利口でなくて相手の都合のことまで知恵が回らない人物か、どちらかと言えるでしょう。
勿論、日本人にもこのようなタイプの者がたくさんおります。
特に日本人は突然、クレーマーやストーカーに豹変する者が多いので、要注意であります。
学生時代や、他にも過去に出会った人間の中で、たまたまSNSの中で見つけた場合、当時の印象が悪かった者は必ずブロックするようにしております。
それで、休日は自然の中でのんびり過ごすことは精神衛生上、誠に好ましいことだと思うのでございます。
私は、人との出会いを大切にしていきたいと思う方ですが、ただ相手を利用するためか、陥れるために近づいてくる人間も多いのも、残念ながら現実のことでございます。
0
タグ: 人生 人間関係 SNS



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ