音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2018/1/16

師匠との別れ  FACEBOOK

その知らせは去年の12月30日にFACEBOOK上に伝えられました。
数多くの友達の中で特に交流があり、今迄にいくつものコラボレーション作品をいっしょに創り、私の創作活動に多くの貢献をしてくださったドイツ人のウォルフガング・グゼル様が突然、お亡くなりになってしまったのでございます。
享年61歳。
あまりにも早すぎる死でした。
去年からご本人のFACEBOOKの中で、入退院を繰り返している旨を書いた投稿を見かけましたので、体調が悪いのは知っておりました。
しかし、アルバムを何枚も出すなど創作活動は旺盛だったので、まさかこんなことになるなど、これっぽちも思っていなかったのであります。
ショックで、これほど重苦しい正月は人生初めての外国人の友達であるシャノンが亡くなって以来のことでございます。
さすがに、これにはこたえました。
グゼル様とは、通算、4年半程のおつきあいになったでしょうか、その間、何かと私を励ましてくれましたし、素晴らしい経験もさせていただきました。
グゼル様とのご縁がなければ、私のような素人が外国人のミュージシャンとコラボレーション作品を創ったり、自分のアルバムをbandcampから出したりなんてことは、到底、できなかったでしょう。
今の自分があるのは、あのお方のおかげでございます。
グゼル様は私にとって、まさに師匠と言っていいお方でございました。
いくら感謝しても、感謝しきれないほどのお方が、なぜこんなに早く逝ってしまわれたのか、正月中は、ずっと悲しく絶望的な気分でした。
しかし、悲しみ続けてもあの方は、もういません。
何も手につかないような心境でしたが、なんとか気持ちを奮い立たせて、元旦からまた作曲に没頭しておりました。
その間、ありがたかったのは、何人かの方々が私に励ましのメッセージをおくってくれたことでした。
それで昨日、ついに新しいアルバムを出すことができましたが、そのことに関してはまた後日、書くことにします。

グゼル様の音楽や写真は、まるで彼の人柄のように美しく牧歌的であります。
こちらは彼のアルバムに関するページです。
試聴もできます。
https://wolfganggsell.bandcamp.com/

こちらは彼のYouTubeのページです。
映像も彼の手によるものです。
https://www.youtube.com/channel/UCiEXpAG4fyGoUYjFLjTktbA

合掌。
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: YOUTUBE FACEBOOK bandcamp

2017/12/25


12月24日に11枚目のソロ・アルバム"Biosphere"をbandcampからリリースしました。
今回は全12曲でほとんどの作品にFPCというドラム・マシン型の音源を使ったリズミカルで変化に富んだ内容となっております。
もし興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、こちらをご覧ください。
購入方法は今までの作品同様、ダウンロード専用でございます。

https://geuze.bandcamp.com/album/biosphere

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/12/25

今年のクリスマス  つれづれ日記

なんと2017年も、後わずかでございます。
長らく更新が滞ってしまいました。
とりあえずと言ってはなんですが、昨日のクリスマスの写真を載せさせていただきます。
ケーキは最近、近所で見つけたドイツ風のケーキの店で買ったものです。
美味しく値段も良心的な商品が多いのですが、さすがドイツ風、重厚な味わいで食後に結構腹に来ます。
ビールはベルギーのゴロワーズ・クリスマス等を飲みました。
クリスマスにはクリスマス・ビールを飲む、というのはここ数年の我が家の定番でございます。
読者の皆様方も、風邪などひかないよう年末まで、お体に気を付けてお過ごしください。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/11/29

お笑いネタ(6)  FACEBOOK

たとえ相変わらず英語が下手でも、今もFACEBOOKの友達は9割以上が外国人でございます。
彼らのFBページから、新聞や国内のネットニュースでは得られない情報も多々、見ることが出来ますし、ユーモアやウィットに富んだ記事も多く見受けられます。
そこで今回は、最近、知り合った友達のページを見て特に面白かった画像をいくつかご紹介いたします。
因みに、その友達はオランダ人の男性です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

トドメの一撃は、この画像でございます。

クリックすると元のサイズで表示します

・・・
いかがでしょうか。
下ネタの苦手な人には生理的に受け付けられないかもしれませんが、根が度スケベの私は大笑いしながら見させていただきました。
日本人の中には、相変わらず日常の不満や愚痴、人の悪口等を書き連ねている人達が多いようですが、私的には、断然、このような内容の物が好きでございます。
0
タグ: ギャグ FACEBOOK 画像

2017/11/22

朝堂院大覚氏のこと  気になる人、モノ

私は、多忙な中でもYOUTUBEは毎日欠かさず見ておりますが、音楽関係の動画ばかり見ているわけではありません。
むしろ、政治や国際情勢に関する動画も積極的に見ております。
最近、毎日のように見てるのは、JRPtelevisionが投稿している朝堂院大覚氏の番組でございます。
氏の辛口の論説は、いつも勉強になります。
素人の私が、あれこれ言うのも何ですからご存じない方は一度ご覧になったらいかがかと存じます。

https://www.youtube.com/channel/UC5uDVXCTLx1RUgWItSTb57A

朝堂院大覚氏については、こちらをご覧ください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E5%A0%82%E9%99%A2%E5%A4%A7%E8%A6%9A
0

2017/11/11

最近の作品について(35)   作曲日記

本日、投稿したばかりの新曲を入れると、soundcloudに投稿した最近の作品は以下のとおりです。

"Oracles(part2)"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/oraclespart2

"Escape From The Predicament"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/escape-from-the-predicament

"Graptolite"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/graptolite

"Corona Austrina"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/corona-austrina

"In Curved Autumn Space"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/in-curved-autumn-space

毎日、こつこつと順調に作曲活動は続いております。
勿論、このような生活ができるようになったのは今まで何度も書いておりますが、自分一人の力によるものではありません。
今は亡き恩人シャノンや多くのFACEBOOKの仲間達のお力添えがあったからこそ、ここまでやってこれたのでございます。
彼らに出会ってなければ、私は今でも何もできずに毎日愚痴をこぼしながら夢を追っているだけの惨めな人生をおくっていたでしょう。
本当に紙一重の人生でございます。
まだまだ目標に達したとは言えませんが、それでもこの件に関しては自分は運が良いと思わなければならないし、また、そうした謙虚な気持ちを忘れてはならないと日々感じている次第でございます。
0
タグ: FLstudio DTM 作曲



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ