大江戸ウォーク  心と体
5月29日さわやかな五月晴れ。幕末・竜馬が駆けた江戸のコースを追ってウォーキングをしました。日比谷公園を9時出発、銀座を通って、佐久間象山砲術塾、現中央区役所の土佐藩邸築地屋敷跡、千葉定吉道場跡、現東京国際フォーラムの土佐藩邸上屋敷跡、桜田門、現憲政記念館の井伊邸跡、国会議事堂、山王日枝神社から勝海舟邸跡、氷川神社、南部坂、スペイン大使館より浜離宮へ。およそ14キロのコースでした。老体には少々ハードでしたが、浜離宮まで無事完歩しました。浜離宮は、ゆっくりと散策したかったのですが、余力がありませんでした。改めて、ゆっくり訪ねようと思います。竜馬さんがひょっこり出てきそうな町並みも随所に見かけられ
ました。
1

 

URLの訂正  
先にご案内いたしましたURLに間違いがありましたので、訂正いたします。

http://members3.jcom.home.ne.jp/mrs.miyakawa
よろしくおねがいいたします。
宮川 輝子
0

 

ミセスみやかわのHPの変更について  

aolの私のホームページ”ミセスみやかわ”は、中止になりました。2001年に立ち上げて以来、多くの方々に、お励ましとご意見をいただきましたことありがたく厚く御礼申し上げます。尚、別のアクセスでページを立ち上げておりますので引き続きご覧頂ければ幸いでございます。松宮 竹のペンネームで人間ドキュメント”松竹梅”も上梓致して居りますのでご購読頂ければ嬉しく存じます。
<a href="members3.jcom.ne.jp/mrs.miyakawa ">http://members3.jcom.home.ne.jp/mrs.miyakawa</a>
0

 

朝青龍のこと  ニュース
ちよっと気に入いらないことがあると布団をかぶって不貞寝を決め込む幼稚な我侭者のことを、昔は「不貞腐れ」とよんだ。現在では、天下の横綱となると{解離性障害}とかいう大仰な病名が付いて、ちやほやと大騒ぎをする。{6ヶ月の治療を必要とする}との診断書を書いた医師の元でその通り治療を受ければ済むことで、何ら難しいことではない。モンゴルの空港での大男の後ろをヒョコヒョコ付いていく小さな相撲協会の主治医とやらの姿は、滑稽以外の何者でもないという印象を全世界に披瀝したものです。
問題の本質を見損なわない様、外部の雑音に惑わされないよう、相撲協会の毅然たる態度を切に願います。
「不貞腐れ」には、放って置くことが最大の療法であり、本人に対する親切でありました。
0

 

アルツハイマー発言について  ニュース

問題の本質は、米の値段格差です。この重大な事実について国民は、どのように考えるのか。又考えなければならないのか。軽薄なコメンテーターに、怒りを覚えます。
0

 

年金問題に象徴される公務員の堕落  ニュース
年金問題は、支払われるかどうかの問題ではありません。
いかに公務員が、自己の責務をおろそかにし、公務員としての自覚に欠けているかであります。法律で、掛け金を徴収する以上、その管理と、記録と、通知という、いとも単純な任務を怠ってきたことが、問題なのであります。(給付を受けるかどうかは、個々の自由なのです)長い間、これ等税金からまかなわれてきた多大な公務員の給与は、まさに、どぶに捨てて来たも同然であります。
年金問題を契機に、国民は、公務員に対する責務と勤務状態について、関心と監視を深める必要があるのではないでしょうか。
0

 

コムスンの問題は、福祉政策の幼稚さ  ニュース

介護の問題を企業の損得勘定で処理をしようとする体質は、わが国の福祉政策の幼稚さを披瀝すものです。介護問題は、あくまでも行政の範疇であって、最低ケアマネージャーは、行政サイドの業務でなければならない。業者に補助金を大量譲渡して一括任せてきたやり方に根本的な問題があるのです。政策の怠慢、行政の怠慢がこの問題を醸成してきたのです。これを契機に福祉政策の根本的な猛省をすることです。
この問題を一括譲渡など、営利企業の餌食にすることなく、介護問題は、自治体の責任であることの自覚を、茲に強く望みます。
ミセスみやかわ
0

 

74歳になりました。  心と体

今日、74歳になりました。74年の生涯の中で今が一番充実しているように思います。
一時は、身体の自由が利かなくなるなど、人生に絶望したこともありましたが、70歳のときに、15キロのダイエットに成功してから生まれ変わったように、心身ともに元気になりました。贅肉は、身体にだけでなく、心や、脳みそにもどっかと着いていたのですね。現在の溌剌さを、何時までも持ち続け、社会に貢献できることを念じています。
0

 

媚外交の政治家たち  
媚外交の政治家たちには、ホトホト困り者です。
又、その情けないニュースを一生懸命報道する情けないマスコミ!殊に、NHK!いったいどこの国の報道機関なのでしょう?
媚外交を大々的に報道する感覚の低さ。こんな情けない報道は、見たくありません。
『靖国』にスタンスをおいているかどうかは、日本の現在、将来を真剣に見つめているかどうかのキーワードです。
しかし、この媚外交に終始する政治家たちを国会に送ったのも、実は私たちなのです。そして、こんなに情けない日本にしてしまったのです。気力のない若者や、引きこもりなどを大量生産してしまった。今後は、『靖国』を批判・反対する人を国会に出さないーーという、強い信念で、私たちも、真剣に、此の日本の将来を決めましょう。
0

 

ハイドンの天地創造を歌います。  
11月23日と27日に2月から練習をしてきたF.J.ハイドンの「天地創造」全曲を公演します。
指揮:ハンスGライナーツをベルギーより迎え、ソリスト:須崎由紀子、ヤン・キアベルガー、小松英典、オーケストラ:アンサンブルofトウキョウで私は、ソプラノのパートで熱演します。どうぞ聴きに来てください。ベルギー王国の後援を頂いております。
23日は、勝どきの第一生命ホールで14時より
27日は、セシオン杉並で14時よりです。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ